FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2010'06.09 (Wed)

Handa Island の鳥たち

ハンダ島では、キタオオトウゾクカモメ、クロオオトウゾクカモメ
Red Grouse(和名不詳)ヨーロッパタヒバリなど初めての
出会いを含めた、たくさんの鳥との出会いがありました。

ハンダ島

マル島や、パフィンのいる断崖でも会ったことがあるハシグロヒタキは
ハシグロヒタキ

島のあちこちにいました
ハシグロヒタキ

マキバタヒバリ
マキバタヒバリ

切り立つ崖にいた…
ハンダ島

ウミガラスたち
崖上で集団営巣するウミガラス

崖にこだまする美声の持ち主ミソサザイ
ミソサザイ
☆このミソサザイの声→




ズキンガラス
ズキンガラス

島に散在する池の中には
アビがいた池

こんなヒトも…
アビ

アビ(Red Throated Diver)です
アビ
画像だと不鮮明ですが、頭部と首の模様が綺麗でした

ハンダ島

多分オオカモメ
オオカモメかな

植物に囲まれた素敵な巣にいたセグロカモメ
セグロカモメ

この前も載せたけれど、フルマカモメ
フルマカモメ
この個体は高い崖ではなく、低い岩場にぽつんといたのが気になって…

白く見える部分は砂浜。立ち入り禁止になっています
ハンダ島。コアジサシも繁殖している
コアジサシの繁殖地なのですって。飛んでいるのが見えました

ホンケワタガモと、ミヤコドリ
ホンケワタガモ ミヤコドリ

写真には撮れなかったけれど、この日は海の中にいるアザラシなども見ながら
島内を巡る約6キロのコースを、3時間くらい掛けて歩きました。
可愛いウサギもいたし、普段は見かけないお花なんかも
見られて、とっても楽しかったなあ。

ハンダ島の船着き場…。ここからスコットランド本土に戻ります
ハンダ島
※2010年6月現在、TarbetからHanda Islandまでの往復料金は£10

最大の目的だったパフィンはあまりいなかったし、家からはかなり
遠いし、スコットランドにはまだまだ行ってみたい場所がたくさん
あるから、この島を訪れることはもうないかもしれないけれど
ここで出会った鳥たちのことや、ピンクのハマカンザシがあちこちで
揺れる美しい景色のことは、きっと、ずっと、忘れないだろうなあ。

これでハンダ島の話は、おしまいです(^^)

☆きょうの別記事『Handa Island - ヨーロッパタヒバリ -』も見る☆

ながながと見て下さってありがとうございましたm(__)m
関連記事
 |  鳥+鳥さんいろいろ  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

考えてみたら、ずいぶん多くの鳥に会いました。
夏羽のアビ、首周りや頭の部分の模様が、とても美しかったです。
キーッ、キーッと甲高い声で鳴きながら、池の中を行ったり
来たりしていました。
こちらではそう数が多くない上に、我が家がある北東地域では
冬にしか見られないため、夏羽を見られたのは嬉しかったです。
見て下さってありがとうございます(^^)
binbird→vivi_kotaさん | 2010年06月11日(金) 16:27 | URL | コメント編集

色々な鳥がいるんですね。
ズキンガラスなんて知りませんでした。
アビの夏羽なんて見たことが無いです。
アビの夏羽を見てみたいです。
vivi_kota | 2010年06月10日(木) 23:53 | URL | コメント編集

ゆうきさん、はじめまして(^^)
いつも見て下さっているなんて、とても嬉しいです。
こちらに住むまでは、全く鳥には関心がなかったので
実は私にもまだまだ知らない鳥が多いんですよ。
出会うたび、図鑑とにらめっこしています。
写真を撮るのは得意ではないのだけれど、可愛い鳥さんの
様子が伝わっていれば幸いです。
こちらこそ、今後もどうぞよろしくお願い致します。
ゆうきさん、コメントありがとうございました♪
binbird→ゆうきさん | 2010年06月10日(木) 17:22 | URL | コメント編集

見たことがない鳥にも会えて、楽しいひとときに
なりました(^^)
パフィンはいつもの断崖で見られるし…(そばには
寄れないけれど)
わ、ミソサザイ、日本の子とは違っているのですか?
全く同じなのだと思っていました。ただ今回載せた子は
スコットランドのシェットランド諸島で見られる種として
図鑑に載っていた子と同じかもしれません。
カラーさんのミソちゃん、あとで見せていただきますね♪

無人島のハンダの船着き場には全く何もなくて、船が海辺に着くと
昼間の間島にいる自然保護員が、木星のの小さな桟橋をヨイショ
ヨイショと運んできて、足下が濡れないようにしてくれます。
大変そうだったけれど、人工物を設置しないのはとてもいいこと
だと思いました。
カラーさん、コメントありがとうございました♪
binbird→カラーさん | 2010年06月10日(木) 17:17 | URL | コメント編集

はじめまして!ゆうきです。
いつも楽しくブログをみさせていただいています。
スコットランド、すごいですね(^o^)丿
ぼくの知らない鳥ばかりいる。
写真もとても可愛いですね。
これからもよろしくお願いします。
ゆうき | 2010年06月09日(水) 18:46 | URL | コメント編集

お目当てのパフィンちゃんには会えなくても
たくさんの鳥さんに会えましたね。
あら、ミソサザイもいたのですね(今日私もアップしました)。
声は似ていますがこちらの子には、目の上の白い白斑はありません。
‘ハンダ島の船着き場’自然のままなのですね。
日本では、このようなところはほとんど無いのでは・・・
素敵な島だこと!
カラー | 2010年06月09日(水) 17:30 | URL | コメント編集

ハンダ島は、無人島(個人所有だけれど“Scottish Wildlife
Trust”という機関が が管理・運営している)であるためか
どの生き物も普段会うものより警戒心が薄く、のびのびして
いるのが印象的でした。
ハマカンザシがあちこちで咲いていて、とってもとっても
綺麗だったのも、嬉しかったの♪

海鳥ミソサザイの雰囲気が違うのは、ひょっとすると写真の
せいかも…(^^ゞ 普段は日本のものと同じに見えるのですよ。
ただシェットランド諸島にいる種は、全体的に白っぽく眉班が
目立つと図鑑に出ているので、もしかしたらそれかなあ…。
囀りは、たまたまこの場で録ったものがあったので、画像の下に
入れてみました、聞いてみて下さいな(^^)

それにしても鳥って、ホントにややこしい!!
ズキンガラスは、コクマルガラスの淡色型に似ていますよね。
私はニシコクマルガラス(Jackdaw)というのを、ズキンガラス
と勘違いしていたこともあります。
以前はハシボソガラス亜種と考えられていたそうで、ネットでも
そういう記述がいっぱい見つかるのだけど、 手持ちの図鑑には
近年は独立種として扱われていると書かれてありました。
ええっと…書いていてますます混乱してきました(笑)

お天気が良かったら、もっと空や海が綺麗だったろうなあって
それが残念。でも、目にした光景は大切な思い出になると
思います。
Yuponさん、見て下さって嬉しいです~(^^)
コメントありがとうございました♪
binbird→Yuponさん | 2010年06月09日(水) 16:51 | URL | コメント編集

filja831さん、こんばんは♪
お天気はいまひとつだったのですが、景色やたくさんの
鳥たちとの出会いに嬉しくなるひとときでした。
風や波の音以外は、鳥の声しか聞こえずとても落ち着け
たんですよ(断崖は恐怖の連続で、リラックスってわけには
いきませんでしたが(^^ゞ0
どのいきものも、悠々と暮らしているようだったのが印象に
残っています。
警戒心も薄かったため、普段出会う鳥さんたちより、じっくり
観察できたのも嬉しかった~(^^)

> アビさんは、ネッシーにも見えてきちゃうし・・・
しまった…モノクロにして騙してみるんだった!!(笑)
コメントありがとうございました(^^)
binbird→filja831さん | 2010年06月09日(水) 16:43 | URL | コメント編集

ハンダ島って本当に魅力的なところですねヽ(´▽`)/
鳥はたくさんいるし、お花畑がとてもきれいだし…。
びっしり並んだウミガラスさん、
みんな岩壁の方を向いているんですね。
お気に入りの場所なんですね~。
テラスが真っ白に染まってる(^ ^)
ミソサザイは日本のものとずいぶん雰囲気が違いますね。
眉斑がくっきりしていて、全体の色も淡いんですね。
鳴き声はどうなのかなぁ。
ズキンガラス、九州などで見られるコクマルガラスにそっくりですね!
図鑑と見比べてみたけど、コクマルは下尾筒が黒いことくらいしか
違いは見つけられませんでした。
コクマルを見ると「チョッキを着てるみたい♪」と思っていたけど、
こちらは頭巾なんですね。なるほど~(≧∇≦)
どの写真も絵になる景色ばかりで、
ハンダ島の美しさがすごく伝わってきましたよ~(^ ^)
Yupon | 2010年06月09日(水) 11:04 | URL | コメント編集

binbirdさん、おはようございます。

美しい景色!野鳥の楽園なんですね~
そこにいるだけで、風を感じることができそう!
どの鳥さんたちも、binbirdさんに話しかけてきそうな雰囲気がして、シャッターチャンスがいいなぁ~
ウミガラスさんたちのお上手に並んだ後ろ姿なんか面白くて・・・
アビさんは、ネッシーにも見えてきちゃうし・・・
オオカモメさん・セグロカモメさんフカフカのお布団に包まれてるみたいで、居心地よさそうですね~
私もいつか訪れてみたいなぁ~
filja831 | 2010年06月09日(水) 10:27 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/598-50663a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |