FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2010'06.04 (Fri)

こんなところにミヤコドリ?

車を運転中、目の前になにかが飛び出してきました。
こちらの動揺などモノともせず(当たり前ですね(^^ゞ)
やけにのんびりと道路を渡った“それ”はミヤコドリの幼鳥、2羽。
いったんはその場を離れたのだけど、気になってUターン。
近くに車を止めて2羽がいそうな場所まで歩いてみると…

いたいた、手前に親鳥。さっきの2羽はトラックの下です
ミヤコドリの親子

周辺はいろいろな会社が建ち並ぶエリアで、ここはある会社の駐車場。
この近くに営巣して、子育てもしているしょうか。

キーッ、キッと短い声を上げるおかあさん(おとうさん?)
ミヤコドリの親子
こどもたちは、あっちに行ったりこっちに行ったり…

用事もあったし、敷地内にはもちろん入れないので、いったんは
この場を離れたのだけど、約1時間半後、帰り道に同じ場所で
ふたたび彼らを目撃。

親の近くにいるちびちゃんと…
ミヤコドリの親子

ちょっと離れたところにいるちびちゃん
ミヤコドリの親子

ここじゃあ食べ物は探せそうにないけれど…
ミヤコドリの親子

親鳥は、子になにかを学ばせていたのかも…?
ミヤコドリの親子

このあと親子は、物陰に消えていきました
ミヤコドリの親子

ミヤコドリは住宅地でもよく見かけるし、海からかなり離れた
場所にも営巣するのは知っていましたが、それでも
『こんな場所で子育てしているの?!』とちょっとびっくりしました。

ちびちゃん、元気に大きくなあれ。
そして、くれぐれも道路には飛び出さないよう、お願いします(^^ゞ

きょうの別記事
☆Handa Island - Red Grouse - ☆
☆Handa Island - フルマカモメ - ☆

見て下さってありがとうございました♪
関連記事
 |  鳥+ミヤコドリ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ミヤコドリさんたち、こんなところでなにをしているの~?
と思わず首をひねる光景ではありました。
周囲には芝生がある場所もあるから、普段はそのあたりで
餌をとったりしているのかもしれませんが、駐車場じゃあ
なにもおなかに足しになるものはないですよねぇ…。
まさか、ちびちゃんたちの遊び場…?? って公園じゃないか(^^ゞ

Red Grouseは大きな目が可愛かったです。
あと、ふわふわのブーツを履いたみたいな足も(^o^)
冬に見たクロライチョウはとっても臆病だったのに、このヒト
たちは物怖じせず、堂々としているのにもびっくりしました。
鳥の行動範囲って、ふだんは知る機会がないですね。
種類によってかなり違いがあるようですけれど、Red Grouse♂
の1.5キロはさすがに狭いなあ~と…。

キョロちゃんなど家でよく見かける鳥に、遠く離れた場所にも
“顔見知り”の人間がいたら面白いなあなんて思ったりすること
よくあります。
あちこちでいろんな名前を付けられていたりして(笑)
もちろんYuponさんちのヒヨちゃんたちにも…(^o^)

フルマカモメに限らず、海鳥のみなさんの巣って、なにもそんな
場所じゃなくても…って思うような場所に作られているんですよね。
ホンニンたちには安全で、心地よい場所なのだろうけれど…(^^ゞ
ハンダ島の崖の高さには、いつも以上に目がくらんで、ほんとに
ほんとに怖かった~。
こちらでは柵などない断崖がほとんどですが、ハンダ島では数カ所
柵が設置されている場所があって、それがより恐怖心をあおのです。
ううっ、思い出したら私も不座臥ぷるぷるです~。
Yuponさん、コメントありがとうございました♪
binbird→Yuponさん | 2010年06月06日(日) 22:56 | URL | コメント編集

ミヤコドリの思いがけない登場(車道への飛び出しには
冷や汗ものでした(^◇^;))に、私もかなり驚きました。
ミヤコドリは毎年同じ場所で営巣するらしいので、人間の
思惑はともかくこの辺りが気に入っているのかもしれません、。
幼鳥はドライブ途中などに時々目にすることはあっても
まじまじと見たのは初めてでした。
ふわふわでとっても可愛かったです(^^)

Red Grouseは初登場です。
こちらのことはほとんど警戒していないようで、思いの外
近くで見ることが出来ました。
毛深い足に驚きです(^o^)
わっ、ヨーロッパヌマライチョウと言う和名も候補に挙がるとは…
もうお手上げですね~(^^ゞ
ネットって便利だけれど、どれがホントのことなのかわからない
ときもあって、混乱しちゃいます。
vivi_kotaさん、コメントありがとうございました♪
binbird→vivi_kotaさん | 2010年06月06日(日) 22:48 | URL | コメント編集

野鳥にとっては全然居心地のよさそうなエリアではないので
こんなところで子育てしているんだ!!って驚きました。
夏の間にはかなりの数のミヤコドリが内陸部で過ごすというから
珍しいことではないのかもしれません…
でも違和感たっぷりでした(^^ゞ
餌はなにを食べてるのだろうって気になります。
きっと住宅地の芝生などで、虫をとっていると思うのだけど。
ちびちゃんたちはもうかなりの大きさだったし、餌もいっぱい
食べそうですよね。
たくさん食べて、りっぱなニンジン鳥におとなになって欲しいです(^^)
Simcoさん、コメントありがとうございました!
binbird→Simcoさん | 2010年06月06日(日) 22:45 | URL | コメント編集

やっぱり海辺にいるイメージですよね、ミヤコドリ。
芝生の多い住宅地では、実はかなりよく見かける鳥なのだけど
さすがにここは驚きました。
工場見学だったんだ~! 妙に納得です(笑)
親鳥がやきもきするのをよそに、ちびちゃんたちは好奇心
いっぱいのように見えたんだけど…くれぐれも車には
気をつけて欲しいです~。

スコットランドには、約10万の繁殖ペアがいるそうですよ。
少なくはないですよね。毎日、けたたましい声をあげながら
上空を飛ぶミヤコドリの姿をみかけます。
binbird→ぴよこちゃん | 2010年06月06日(日) 22:23 | URL | コメント編集

うわ~、ミヤコドリの親子が街なかをお散歩しているなんて、
びっくりの光景ですね!
1時間以上も、草も生えてない駐車場で何をしてたんでしょうねぇ?
ちびちゃん、産毛が輝いてる♪
ぽしゃっとした尾羽もかわいいですね(^ ^)

アカライチョウ、まつ毛みたいな赤いびらびらがキュートです。
白いアイリングもあって、目がすごくぱっちりしてますね。
行動範囲の狭さにびっくりしたけれど、
考えてみたら、一般的な留鳥の生活圏って
どれぐらいの広さなのか知りません。
最初に独り立ちしたときには、
新天地を求めて長い旅をするのかな。
いつもうちにいるヒヨドリやキジバト、
それにbinbirdさんちのキョロちゃんは、
どの辺まで遠出しているんでしょうね。

ハンダ島のフルマカモメの巣って、
アップでみるとお花畑の中にあるみたいでほのぼのしているけど、
本当はえらいところに営巣しているんですね。
それを覗き込んでいるbinbirdさんを想像すると、
膝がぷるぷるします~(^ ^;)
Yupon | 2010年06月05日(土) 12:03 | URL | コメント編集

所変われば、なんて言ってはみるのですが、
スズメやハクセキレイならいざ知らず、こんな所にミヤコドリなんて。
ドバト並ではないですか(笑)
ミヤコドリの雛さん、初めて見ました。

red grouseはBlog初めての登場ではありませんか?
検索すると、アカライチョウ(赤雷鳥):英国産とか、アカライチョウ,ヨーロッパヌマライチョウ 《英国産の猟鳥》とかありました。
一つ、増やしてしまいましたね(笑)
vivi_kota | 2010年06月05日(土) 00:25 | URL | コメント編集

すごい~、駐車場にミヤコドリがいるなんて!
こちらで駐車場で見られるといえばセキレイです(^^;
ミヤコドリは海岸に行っても、めったに見られないようです。
車に轢かれたりしないだろうか?とちょっと心配になりましたが、親はちゃんと目を光らせているんですね。
ヒナちゃんの後姿、ふわふわのお尻が可愛いです^^
海からかなり離れたところにも営巣するのですか、ちゃんと食べ物を探せるのですね。
Simco | 2010年06月04日(金) 19:58 | URL | コメント編集

うわ~うわ~うわ~!ほんとに「こんなところにミヤコドリ?」
ミヤコドリと言ったら海岸のイメージが大で、そちらでは住宅街に居るのにも
ビックリだけれど、まさか工場見学までしているとは(笑
棲息数が日本とはだいぶ違うのでしょうね。。。
まだほわほわ産毛のおちびちゃん、かわいい~♡
親鳥さん、右を見て左を見て横断歩道を渡る事、しっかり教えて欲しいですねヽ(o゚ω゚o)ノ
ぴよこ | 2010年06月04日(金) 19:38 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/593-80a6bfb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |