FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008'05.05 (Mon)

この子はだあれ? (ムシクイの仲間)

コウライキジを見かけた散歩道の後半、頭上から聞こえる聞き慣れない囀りにふと上を見上げると

ん? キミはだれ?
キミはだれ?


はじめまして、だよね?(クリックで1200×900サイズになります)
キミはだれ? 



すぐに他の木に飛び移ってしまったので、写真はこれだけなんです。

ムシクイの一種だろうと見当をつけ手元の図鑑を調べると、かなりの数のムシクイ類が…。
明らかに形体の違うもの、地域的にまずみられないものを除き、残ったがこの2つ。

Willow Warbler(キタヤナギムシクイ)【RPPBのサイト】

Chiffchaff(チフチャフ)【RPPBのサイト】


う~~~~~~んうーん


とっても似ていて果たしてどちらなのかわからないままでいます。
足の色が違っているのも判断基準になるようですが、あいにくこの画像でははっきり色が確認できません(>_<)

声も少しとは言え聞いているのに、RSPBのサイトで囀りを聞いてみても、どちらもそうだったように聞こえてしまう始末です。
うう、人間の耳ってあやふやなのね。

binbirdとしてはWillow Warbler(キタヤナギムシクイ)ではないかなという気持ちが強めですが、もしかすると、このどちらでもないかも…?

可愛い鳥さんにめぐりあえたのはうれしいけれど、はっきりと名前がわからず、ちょっと心にモヤモヤが残っているところです。



11月13日追記
はりねずみさんからのコメントで、キタヤナギムシクイではとのご意見を
いただきました。
はりねずみさんは、ドイツに在住されていて、日本では見られない種類の鳥を多く
見ている方です。
キタヤナギムシクイ、チフチャフともに、鳴き声を聞いたことがある
はりねずみさんが、binbirdの記事から、推理をしてくれたのですね。
詳しくはコメント欄でご確認頂けるので割愛しますが、実際に両鳥の鳴き声を
ご存じのはりねずみさんの鋭いご指摘でした。
3拍子には聞こえなかったように思うし、やっぱりキタヤナギムシクイ??


はりねずみさんのホームページ【はりねずみの穴】では、ヨーロッパはもちろん
世界の各地域ごとに様々な鳥を見ることが出来ます。
キタヤナギムシクイとチフチャフもバッチリ見せてもらえます(^^) おすすめです♪
“VOGEL LEXIKON”って書かれてあるところが、鳥さんページへの入り口ですよ!
関連記事

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+名称未確認または不明  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

うわぁあぁ、こんな過去記事まで読んでくださって嬉しいです♪
キタヤナギムシクイですか!
私も悩みに悩んで、キタヤナギ…じゃあないかなとは思ったものの
やはりチフチャフかもとの思いも捨てきれずに悶々と…。
やがてまたの機会にかけるといった気持ちになってしまっていました。

聞いてからだいぶ経ちますが『チフ・チフ・チャフの3拍子』ではなかったと
思います。
聞いてすぐの時に鳥類保護団体のサイトで聞き比べた時には、もう~どっちも
そうだった気がする!って思った私なので、全然当てになりませんが…(^_^;)

ドイツで両方の鳴き声を聞き比べているはりねずみさんの仰る通りなのかも
しれないないですね。
百聞は一見にしかず…の説得力があります(あら、微妙に用法が違ってる?(^_^;))
貴重なご意見をいただけて、嬉しい限りです。
ありがとうございました!

そうそう
>TV犯罪ドラマの背景音に聞こえてきて「おぉおー!」とか一人で喜んでました…笑)
これすごくわかります!
初めてズアオアトリの声をドラマの中で聞いた時には、やっぱり喜んでましたよ、私(^o^)

binbird→はりねずみさん | 2008年11月14日(金) 08:14 | URL | コメント編集

うふ…。こんな過去の記事にレスをつけて申し訳ありません。「不明」というのについフラフラ惹かれてしまいました(笑)。
あの、ズバリ、キタヤナギムシクイだと思います。
それは、写真からの判断ではなくて

「頭上から聞こえる聞き慣れない囀り」

この一言! チフチャフの鳴き方は
「チフ、チフ、チャフ♪」という独特の三拍子で、はじめて聞いても絶対その単調なリズムは耳につきます。
(この間、TV犯罪ドラマの背景音に聞こえてきて「おぉおー!」とか一人で喜んでました…笑)

キタヤナギ君のほうは、ちょっとズアオアトリさんをメランコリックにしたような、とってもきれいな「メロディ」を歌ってくれるので、声さえ覚えれば一発で識別できます(春夏限定)。

「囀り」と書いていらっしゃるので、たぶん、キタヤナギ君の歌声だったんじゃないかと、勝手にシャーロック・ホームズしてしまいました(笑)。
はりねずみ | 2008年11月14日(金) 05:56 | URL | コメント編集

私もネットでその3種のムシクイを見ましたけれど、違いが本当にわかりませんでした~~。
最初に鳥の細かい違いを判別して、それぞれに名前を付けた人って天才だ!と思ってしまいます。
それに以前なら全て「スズメさん」(これもどうかと思いますけど…(^_^;))で片づけていたに違いない私にとって、ムシクイ類の数の多さは驚異です。
興味はあるけれど、なかなか難しい世界なのですね。
binbird→ぎんさん | 2008年05月05日(月) 21:46 | URL | コメント編集

混乱だなんてとんでもない!
貴重な情報ありがとうございます。
なるほど、チフチャフのようにも思えます! 体丸くみえますしね。
本当によく似ていて、あちらこちらで画像を探しているのですけれど、見れば見るほど謎が深まってゆくという…(笑)。
せめて全体像がもっとくっきりと、色もちゃんと撮れていれば手がかりになったのに…と残念です。

掲示板を探すか、ダメもとでRSPBにメール送ってみようかと思います。

日本では少数派の鳥さんなんですね。旅の途中で寄り道したりするぐらいなのかな。
binbird→vivi_kotaさん | 2008年05月05日(月) 21:35 | URL | コメント編集

 こういうウグイスの仲間って、識別が難しい種が多いですね。私にはもちろん分かりません。日本のムシクイ類の代表的な3種、センダイムシクイ、メボソムシクイ、エゾムシクイも識別できないですから(^^;
ぎん | 2008年05月05日(月) 21:21 | URL | コメント編集

可愛い小鳥ですね。
まだ鳥見の経験の浅い私には小鳥の名前がよくわかりません。

>ちょっと心にモヤモヤが残っているところです。

これは私も同じです。どこかの掲示板で聞ければいいですね。
日本の掲示板では回答は期待できないので、英国にそのような所はありませんか?

キタヤナギムシクイとチフチャフは日本の図鑑にも載っていました。いずれも「少数が観測されている」程度の様です。
キタヤナギムシクイは上嘴は黒褐色だが下嘴は暗赤色で色がはっきりしている。足は暗赤色。横長な体形に見えるそうです。
チフチャフは嘴と足は黒っぽく、丸みを帯びた体系をしているそうです。
こう見ると、どちらかと言えばチフチャフ見たいに見えます。
混乱させて申し訳ありません。
vivi_kota | 2008年05月05日(月) 21:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/58-95c7391d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |