FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2010'05.13 (Thu)

スタッファ島

前回の記事で、アザラシさんに“旬の過ぎた話”と
言われてしまったけれど…(^◇^;)

4月のはじめ、マル島滞在の合間にスタッファ(Staffa)に行きました。
マル島のフィナンポート(Fionnphort)から、ボートに揺られて約45分。
火山活動の名残で出来た六角柱の岩(柱状節理)がひときわ目立つ
無人島に到着です。

sf10051201.jpg

風の音がすごいのだけど…動画も少し(^^ゞ


sf10051204.jpg

sf10051205.jpg

sf10051206.jpg

“フィンガルの洞窟”の入り口
sf10051207.jpg
ボートが入り口より大きくて、中には入っていけません

島に上陸後に行ったみたフィンガルの洞窟の中
sf10051310.jpg

1829年にドイツの作曲家メンデルスゾーンがこの地を訪れ、洞窟の景観や
聞こえる波飛沫の音に感銘を受けて作曲したのが『フィンガルの洞窟』。
曲が有名になるにつれ、ここを訪れる観光客の数も増えたのだそうですよ。

洞窟内から外を眺める
sf10051311.jpg

乗ってきたボートは少し離れたところで待ってくれていて…
sf10051312.jpg

船着き場近くの岩の上にいたのは…
sf10051313.jpg

ヨーロッパヒメウさんたち
ヨーロッパヒメウ
きっといつもここに集まるのでしょうね(^^)

島からの眺め
sf10051314.jpg

雪化粧をした山並みは、マル島のもの
sf10051315.jpg

フィンガルの洞窟の上…
sf10051317ss.jpg

実は、この島はbinbirdが大、大、大好きなパフィンの繁殖地と
なっていて、4月の半ばから8月はじめまでは、島のいたる所に
いるその姿をたっぷりと楽しむことが出来るのです。
人を怖がらないため、平気で目の前にいたりもするみたい。
実際にこの島に行ったことがある義妹が以前見せてくれた写真には
手で触れられるところにいるパフィンや、地面に掘った巣穴から彼女を
見上げるパフィン、数十羽の集団がどんと目の前にいる様子など
パフィン好きにはたまらない光景が写っていました。

が、binbirdが行ったのは4月初旬。
島からかなり離れた海中に数羽のパフィンがプカプカ浮いて
いるのを確認できはしたものの、島には1羽もいなかった…。
それが唯一残念だったこと。
うちの近くでも見られるからいいや!と思ってみたけれど、やっぱり
それとこれとは別なんですよね。
いつかパフィンの季節に必ず再訪するんだ~っ!と強く思いつつ島を
あとにしたbinbirdでした。

さよならスタッファ島、またいつかきっと来るね!
sf10051319.jpg

☆その他のスコットランドの自然・風景はこちらからどうぞ☆

見て下さってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  Scotland+風景  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

yumiyumiさん、はじめまして。
メール、きちんと届いていましたよ♪
7月は日が長く一日をたっぷり楽しめますし、パフィンを
見るにも、スコットランドの風景を満喫するにもベストな
時期かと思います。いい時期にいらっしゃるのだなあと
なんだか私も嬉しくなってしまいました。

詳細はメールで別にお送りしますが、Dundeeからなら
Bullers O' Buchanへの日帰りは可能かと思います。
ただEdinburghからだと、少し時間的にキツイのでは
ないかな…と。

パフィンを見るという目的であれば、私は行ったことが
ないのですけれど、メイ島などいくつかの選択肢も
あるかなと思います。
日程に合った、よい観察場所見つかるといいですね♪
メールでの情報がお役に立てば幸いです。

妄想編をお楽しみいただけて、とっても嬉しいです。
今年も、妄想を刺激してくれる海鳥さんたちにたくさん
会いたいなと思っています。
yumiyumiさん、コメントありがとうございました。
楽しい旅になりますように!
binbird→yumiyumiさん | 2010年05月16日(日) 17:48 | URL | コメント編集

カラーさん、返信遅くなりましたm(__)m
パフィンにはまだ早いだろうと思っていたのですが
我が家から通える断崖そばでは、海中にいるパフィンを
見たあとでしたので、『もしかしたら』の期待大…
でもやっぱりだめでした(苦笑)
断崖の上は、広々とした草地になっていて、パフィンが
巣に使ったと思われる穴がたくさんありました。
場所柄、子育てにはうってつけのようだけれど、たまごや
ヒナを狙うカモメなどの天敵もいっぱいいるのですって。
次に行けたら、パフィンと一緒の写真を撮りたいです(^^)
コメントありがとうございました!
binbird→カラーさん | 2010年05月16日(日) 17:43 | URL | コメント編集

noahさん、コメント返信遅くなってごめんなさいm(__)m
この島は、迫力がありましたよ~。
ボートで近づくにつれ、その奇妙な岩で出来た島全体が
覆い被さってくるような…。
洞窟の入り口では、中から獣の咆哮のような音が聞こえて
きて怖いほどでした。
穏やかな日だったので、実際に洞窟内にはいると、ちょっと
拍子抜けするほど静かだったのですが。

パフィンには会えないのが前提で行ったのだけど、実際に
いないと、やっぱりガックリ(笑)
今度行く時には、パフィンが最大限に増えたところで
鼻息も荒く乗り込みたいと思います(^o^)
コメントありがとうございました!
binbird→noahさん | 2010年05月16日(日) 17:40 | URL | コメント編集

はじめまして

はじめまして こんにちは

先ほど メールを送ったのですが届いていないような気がするので こちらに書き込みます。
(パソコン万年初心者なもんで・・)

私も鳥や自然が大好きで 「puffin scotland」で検索してこちらにたどり着きました。

実は7月にscotlandに行くので ぜひpuffinやコケワタガモを見たくて調べています。

puffinの写真やコケワタの動画など 貴重な映像がもりだくさんですね 日本ではまず見られません。
なかでも妄想編がとても気に入りました 
写真といいせりふといい とってもおもしろかったです。

エジンバラかdundeeに宿泊予定ですがpuffinを見るなら やはり
Bullers O' Buchan
が近いのでしょうか 日帰りとかできる距離でしょうか レンタカーは借りる予定です
yumiyumi | 2010年05月15日(土) 14:12 | URL | コメント編集

まぁ~、なんて不思議な岩なんでしょう!
なんでこの島を訪れたのかなと思ったら、パフィンの繁殖地なのですね。
無人島なので、パフィン達も安心して子育てができるのかしら。
また訪れて、アップのパフィンを見せて下さい。
洞窟内から外を眺めた写真、素敵です。
波の音が聞こえてきそうです♪
カラー | 2010年05月14日(金) 15:53 | URL | コメント編集

凄い!

自然界が作り出す物って、本当に凄い!ですね~
見れば見るほど、言葉が出てこなくなりましたよ。
洞窟の中から撮影した写真・・・神秘的!
そしてフィンガル洞窟の大きさにもビックリです。
ボートがいいメジャー代わりになって、その大きさが覗えますね。
エメラルドグリーンの美しい海・・・私も訪れてみたい!パフィンちゃんがいる時に~(笑)

この時パフィンちゃんたちの生息する姿が見れなかったのは、かなり残念。゚(PД`q。)゚。 binbirdさんは、もっとガッカリしたことでしょうね~お気持ちお察ししますよ~
次回、binbirdさんが行った時には、あの抱きしめたくなるような姿で、お出迎えされますように・・・
noah | 2010年05月14日(金) 09:51 | URL | コメント編集

本当に人工的に一本一本組み立てていったような
そんな印象でした。精巧な感じって言うのかな。
私もこんな柱状節理を目にしたのは初めて!
まさに地球が作り出した壮大なアートです。
CGでの再現でもいいから、どんなふうにここが出来たのか
眺めてみたいものですね。
お隣のアイルランドにも、同じ形状の島があって、そちらは
世界遺産登録されているのだそうですよ。
こんな島がひとつあるだけでも驚きなのに、まだ他にもあるとは…!

うちから通える場所では、断崖にいるパフィンを眺めるだけ
ですが、ここでは芝生の上を歩いていたりするのですって(羨)
うちからはかなり遠い場所なので、またすぐにってわけにはいかない
けれど、きっとまた行ってみます。
パフィンと一緒に記念写真撮るんだ♪
ああっ、想像するだけでワクワク(笑)
Yuponさん、コメントありがとうございました(^^)
binbird→Yuponさん | 2010年05月14日(金) 07:05 | URL | コメント編集

>沢山の柱の上に藁葺きの屋根が乗っているみたいです。
船が島に近づいて行く時に、私も同じようなことを思いました。
島の周りをぐるりと岩の柱が囲んでいて、中は空洞に
なっているように感じるんですよね。
人工物のようにも見えましたよ。
ダイダラボッチではありませんが、この島にも巨人にまつわる
伝説があるのだそうです。
vivi_kotaさん、コメントありがとうございました♪
binbird→vivi_kotaさん | 2010年05月14日(金) 07:00 | URL | コメント編集

ここに行く前の数日前は悪天候に見舞われたので
青空と輝く海面、そして息をのむほどの美しい景色が
とても嬉しかったです。
これでパフィンがいたら、完璧だったのですが…
欲張ってはいけないですよね(^^ゞ
いつかまた、今度はパフィンがいるときに行けることを
楽しみにしようと思います。
redwineさんのカモ写真のように、義理の妹の写真も
コンデジのズーム機能すら使わず、バッチリ大きく撮れて
いるものでした。
私もいつか!!!!(今から妄想しちゃいそう(^^ゞ)
それにしても、人間を恐れずに近くに来てくれる生き物が
いるというのは(猛獣は困るけれど(汗))嬉しいですね。
彼らに恐怖感を植え付けることなく、人とのいい関係が
続くといいなと思いました。
redwineさん、コメントありがとうございました♪
binbird→redwineさん | 2010年05月14日(金) 06:56 | URL | コメント編集

いかにもパフィンがいそうでしょう。
このときには数羽のカモメにヒメウ、ミヤコドリが見えた
くらいだったけれど、夏にはうようようようよと(笑)
パフィンがそこら中を歩いているんだなと思ったら
頭がクラクラしそうでした。
我が家からはそうそう気軽には行けない場所ですが
いつかきっとパフィンの季節に訪れます♪

洞窟内には波の音がこだまして、ちょっと不思議な感覚でした。
ちょうど入り口をフレームにするような感じで“アイオナ島”
というのが、ずっと遠くに小さく見えています。
瞑想して心を落ち着けるのは良さそうな場所かも♪
ぴよこちゃん、見て下さってありがとうございました(^^)
binbird→ぴよこちゃん | 2010年05月14日(金) 06:52 | URL | コメント編集

この日がまさに今年初のスタッファ島行きのボートが出る日で
パフィンには会えなくてもまずは行ってみよう!となりました。
船酔いするかなって思っていたのだけど、揺れも少なくて
快適な45分でした。運が良ければイルカが見られるかもって
ことでしたが、遭遇はなし…(^^ゞ
スタッファと同じ柱状節理の岩は北海道にもあって、層雲峡の
あのそそりたつ断崖は同じ仕組みでできたもののようですよ。
洞窟内はホールみたいになっていて、打ち寄せる波音がこだま
するんですね、ちょっと不思議な感覚でした。
悪天候だと、まさに罪人が連れてこられる島って感じかも。
洞窟内に響く音も、怖いものになりそうです(^_^;)
パフィンには触ろうとすれば触れた、と義妹は言っていました。
羨ましいのなんのって~。
スコットランドには行きたい島がいっぱいあるのだけど
ここはパフィンを間近で見るためだけにまた行きたいです。

クロウタちゃんほど日光浴好きな鳥は、他に知りません。
我を忘れたように、クチバシもぽかーんと開けて日に当たる
姿には、癒されつつも笑ってしまいます(^^)
キョロちゃんは、ボスの座を奪われたのかと思いきや
相変わらず庭でいばりまくっています。
また子育ての機会があるなら、見せて欲しいものです。
Simcoさん、コメントありがとうございました♪
binbird→Simcoさん | 2010年05月14日(金) 06:48 | URL | コメント編集

国内の柱状節理は何ヶ所か見たことがあるけど、
こんな不思議な形のは初めて!
人工物としか思えないほど均一な柱状節理がとてもきれいだし、
上にモコモコの岩が乗っかっているのも面白~い♪
洞窟入り口の屋根のところが、
やわらかいパン生地にナイフを入れてぐっと広げたみたいで、
またなんとも…(≧∇≦)
どんな過程を経てこの島ができたのか、見てみたいです。
そしてそして、ここはパフィンの繁殖地でもあるんですね!
手が届くほどの距離で接近遭遇できるなんてヽ(´▽`)/
断崖絶壁から見下ろすのとは、
また全然違う体験でしょうね。
これはもうシーズンに行くしかないでしょ!゚.+:。(^ω^)b゚.+:。
Yupon | 2010年05月13日(木) 23:12 | URL | コメント編集

とっても不思議な島ですね。
沢山の柱の上に藁葺きの屋根が乗っているみたいです。
家にしてはチョット大きすぎるかも(笑)
でも、日本だったら「ダイダラボッチの家だ!」なんてことになるかもしれないです。
vivi_kota | 2010年05月13日(木) 22:49 | URL | コメント編集

素晴らしい景色ですね
無人島だから、いつまでもそのままの光景が残っているのでしょうか。
パフィンが足元で見られたら最高でしたね!
でも、見られなかったということは、また、楽しみが増えたということですよね。
うらやましいです。(^^)
私も奥日光の池で、人をまったく恐がらずに
近寄ってくる鴨がたくさんいてびっくりしたことがあります。
このときは標準レンズでもバッチリ大きく撮れて嬉しくなりました(^^)
redwine | 2010年05月13日(木) 22:15 | URL | コメント編集

スタッファ島を上から拝見して行って
”なんかパフィンちゃんが居そうな気がする・・・”
って思ったのです(o'∀'人)
そしたらやっぱり居るのね!しかも繁殖地!!!
ぴよこはなかなか行けそうにもないけれど、、、
binbirdさん、是非再訪してパフィンちゃんのレポートしてください!!
ん~、やっぱりぴよこも行きたいっヽ(*゚∀゚*)ノ!!!
義妹さんのめくるめく体験、羨ましい~ですね♪

フィンガルの洞窟内からの眺め、素晴らしいですね。
広い心を持てそう。。。
ぴよこ | 2010年05月13日(木) 19:50 | URL | コメント編集

おお、ここはすごい島ですね!
45分というと、結構長く船に乗ってるのですね。
動画拝見しましたよ~、クジライルカウォッチングをしたときを思い出しました。
船って風を受けますよね。
壁肌は火山の名残なのですか、すごく不思議な芸術的な岩ですね。

>フィンガルの洞窟
なるほど、有名な洞窟なのですね。
荘厳なイメージもあるのでしょうか、洞窟内からの風景がまたすごいですね。
あ、でも映画なら悪い事した人が連れて行かれる島にもなりそうw
どの風景も素晴らしいです。
いいなぁ~行ってみたいなぁ!
手で触れるくらいの近さでパフィンを見られるなんてすごいですねっ。
binbirdさんなら絶対また訪れますよね(今からもうパフィンとの妄・・想像始まってたり?(・▽・)

クロウタさんはみんな大胆に日光浴するのですね。
キョロちゃんはもうすっかり以前のマイペースに戻ってるのですね^^
Simco | 2010年05月13日(木) 17:42 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/576-6818e726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |