All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.06 (Thu)

Bullers O' Buchanのパフィンたち

日曜夕方のBullers O' Buchan
Bullers O' Buchan

崖にはパフィンの姿がチラホラと…
Bullers O' Buchanのパフィンたち

Bullers O' Buchanのパフィンたち

パフィン

パフィン

パフィン

パフィン

パフィン

パフィン

この日は寒さと強めの風に閉口し、早々に現地から引き返してきました。
手袋をつけない手がかじかんで、カメラや双眼鏡を持つのも辛かったほど…。

強風に乗って、断崖近くを飛んでいたのはフルマカモメ
フルマカモメ

幾度となくそばに来ては、スピードを緩め(?)こちらを観察?!
フルマカモメ

『なに見てるんだよう? 見せ物じゃないぞ』
フルマカモメ
べ、べつにアナタを見ているわけじゃあないのですけど(^◇^;)

フルマカモメは、実はカモメ科ではなくミズナギドリ科の鳥です。
断崖に巣を作り、近寄るものには、悪臭のする液体をはき出して撃退
するのだそうですよ。
いつも不機嫌そうな顔だし、飛びながら睨まれるとコワイです(^_^;

☆他のフルマカモメ記事はこちらからどうぞ☆


崖の上の草地で見つけたお花。寒い中けなげに咲いてました
Primrose Red Campion

見て下さってありがとうございます(^^)
関連記事
 |  鳥+パフィン  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

友人には『何度も見に行って飽きないの?』と言われて
いるのですが、とんでもない!
飽きるどころか、中毒になりそうです(~v~)
ヒナは巣穴の奥で育てるので、育児の様子を見るのは叶わないと
思いますが、せめてエサを運ぶところが見たいです(切実)

フルマカモメは風に乗って、かなりのスピードで崖っぷち
すれすれのところを通るのですが、ときおり目の前で停まる(!)
のです。空中で一旦停止というか…浮いているんですね。
観察しているつもりが、観察されているような気持ちになります(笑)
binbird→vivi_kotaさん | 2010年05月11日(火) 07:04 | URL | コメント編集

kimさん、せっかくコメントいただきましたのに、返信遅くなり
すみませんでした<(_ _)>

今の時期、断崖は海鳥たちの声が響き、とても賑やかです。
大好きなパフィンなどの多くの海鳥を比較的近くから観察
できるのはとても嬉しいなあと思っています。
Kimさんは以前たしかウミスズメを撮られていましたよね。
とっても見たいと思っているのですが、こちらは簡単に
見られそうにはありません。。
このあたりでは白色型フルマカモメがほとんどですが、ときおり
見られるという暗色型は北極圏から南下してくるのだそうです。

やはり野草にお強いですね!
崖上の草地がいかにもプリムラな環境というのもちっとも
知りませんでした。
Primula vulgarisは、こちらヨーロッパ圏では
ごくごく普通種のようです。
スコットランドでもほぼ全土で見られるそう。
他にピンクの花をつけるPrimula scoticaという希少種があり
こちらはオークニー諸島などのごくごく限られた土地でしか見られないと
いうことで、いつか見たいなあって思っているお花です。
以前はほとんど目が向かなかった野草ですが、最近はついつい気になり
色々調べるのが楽しいです(^^)
Kimさん、コメントありがとうございました!
binbird→kimさん | 2010年05月11日(火) 06:23 | URL | コメント編集

haruさん、コメント返信ものすごく遅くなっちゃって
すみませんm(__)m
パフィンはいつもなにかしら心配を抱えているような
もしくはなにか深く考え事をしているような顔をしている
ので、その真のこころうちを覗くのは至難の技かと(笑)
もっと近寄って、いっそガッシとパフィンを捕まえて
『なに考えていますか?』って聞きたいところですが…
落~ち~る~っ!! ひえええ。
私にも充分ひやぁ~の世界なので、いつも注意しつつ
崖下をのぞき込んでいます。
haruちゃん心配してくれてありがとう!
フルマカモメさんは、最後まで流し目でした。
目の前で止まるんですよ、一瞬。で、ジロッと睨んでいきます(汗)
基本的には可愛い顔立ちなので、もっと愛想良くしてくれたら
いいのに…なーんて(^_^;
コメントありがとうございました♪
binbird→haruさん | 2010年05月11日(火) 06:18 | URL | コメント編集

パフィン達、やっぱりインパクト有りますね。
通わざるをえませんね。
子育てを見たいものです。

フルマカモメの足が可愛いです。
こんな格好でとんでるんですね。
vivi_kota | 2010年05月08日(土) 22:22 | URL | コメント編集

ご無沙汰しております。
ようやく余裕ができたために更新再開いたしました。

素晴らしい海鳥の楽園ですね!
ニシツノメドリにフルマカモメ、オオハシウミガラス…
フルマカモメの白色型は日本では珍しいので羨ましいです。
見事に真っ白ですね。暗色型よりもずっと綺麗です。

そしてやはり花に目が行ってしまいます。
Primula vulgarisの原種ですね!クリーム色が綺麗です。
崖の上の草地とはいかにもプリムラな環境に生えているようですが、ヨーロッパ圏では普通種なのでしょうか?
kim | 2010年05月07日(金) 18:27 | URL | コメント編集

パフィンさま。
今年は君たちの表情から、ぜひぜひ心情を読み取れるようになるぞぉ~。結構難題?
binbirdさま。夢中になるあまり、くれぐれも崖の存在をお忘れになりませんように。強風の日なんて~。つり橋を渡りきれない私には、ひゃぁ~の世界です。
フルマカモメさんったら、最後の最後まで流し目で消えていったのでしょうね。2番目の画像なんて、尾羽と足までひゃら~んと風になびいっちゃって、なんか目線の冷たさとのギャップがおかしいっ。
haru | 2010年05月07日(金) 18:00 | URL | コメント編集

来月あたりは、もっとパフィンの“点々”が増えてくれるかな
って期待しています。
去年のピークに比べると、まだまだ数が少ないのです。
この時はかなりの強風でした。
もうすこし穏やかな日だとゆっくり観察できるのだけど…。
お花は野生のものと思います。
散歩の折りなどにふと目にすると、とても心が和むし、帰宅
したあと、図鑑で名前を調べるのも楽しみになりました。

キョロちゃん、また“ひとり”になったようです。
子育ての様子を観察したかったのに、拍子抜け…(苦笑)
カラーさん、コメントありがとうございました!
binbird→カラーさん | 2010年05月07日(金) 16:47 | URL | コメント編集

フルマカモメさんの滑空姿がカッコいい!!
ナイスショットじゃないですかぁ~v-424
爽快感さえ感じますね~。気持ち良さそうって、この日は物凄く寒かったんでしたよね~
巣に近づくと、クサクサ攻撃も受けちゃうんですね~
監視されてる風な目つきは、確かに眼力ありますね(笑)
パフィンちゃんたちの抱きしめたくなるような、愛らしさと比較しちゃダメと思ってみても・・・やっぱり、比べちゃいますね~(>_<)
断崖に見える姿は、チラホラですが、その愛くるしさは何十倍ですね~v-398
filja831 & noah | 2010年05月07日(金) 16:23 | URL | コメント編集

2枚目の点々と見えるパフィンの姿、お気に入りです。
もちろんアップも可愛いです。
強風と書いてありましたが、
写真を見ている限りでは、それが分かりません・・・
可愛いお花達は、野生のお花なのでしょ。
自然に咲いているなんて、素敵ですね。
↓キョロちゃんファミリーの写真、感激です。
カラー | 2010年05月07日(金) 16:12 | URL | コメント編集

パフィンとの距離は一番近いところで、十メートル位
だったと思います。
カメラのズーム最大にして、デジタルテレコン機能を
使い、でさらにちょっぴりトリミングしています。
何百枚も撮るんだけど、カメラの手ぶれ機能があっても
ブレブレなのがほとんどなの~、binbird式数打ちゃ当たる
作戦でございまする(苦笑)

フルマカモメは姿もカモメっぽいですものね。
初めて見たときには、図鑑のカモメ科のところを探して
『ない!!』って思ってました(^_^;
風に乗って崖付近を飛ぶクセ(ってのも変ですが)がある
らしく、かなり近い場所で観察出来ます。
必ずこちらを見ているようなのがおかしくて。
はき出す液体は、油脂分が混じったとんでもなくくさい物らしい
です…でもヒナの(時には成鳥の)食べ物にもなるのですって。
悪臭のするごはんか…でもヒナには栄養価の高いえさになるのかな。
そして意外に美味だったりとか…いやいや、このへんにしておきましょ(笑)
ぴよこちゃん、見て下さってありがとうございました♪
binbird→ぴよこちゃん | 2010年05月07日(金) 06:57 | URL | コメント編集

あきさん、おはようございます~♪
有り難いことに、今までフルマカモメのはき出す液体の
においは嗅いだことがありません(^^ゞ
なんでも胃に蓄えられている“くさいの”は油脂を含んだ液体で
敵を撃退する武器になるけど、ヒナや時には成鳥の栄養食にも
なるのだそうですよ。便利…よね(笑)
でも私は一生、縁がなくてもいいかも(^o^)
コメントありがとうございました♪
binbird→あきさん | 2010年05月07日(金) 06:52 | URL | コメント編集

わこさん、おはようございます(^^)
おお、本当ですか、構図やピントが去年より良くなって
いるとは!! 
パフィンは相変わらず舞い上がった状態で見ていますが
載せる前にフォトショップでシャープ掛けたり、載せて
からも、サムネイル画像をクリアなものに入れ替えたりは
しているので、そのせいで少しはマシにみえるのかも
しれないけれど、嬉しいです♪ ありがとう(^^)

今年はお魚をくわえた姿を見たいのです。
夏の終わりまで断崖通い続けます(^^)
コメントありがとうございました♪
binbird→わこさん | 2010年05月07日(金) 06:49 | URL | コメント編集

心配事があるような、物思いに沈んでいるような、少し
憂いがある表情のパフィンたち…確かに思索的かも!
海の道化師なんて異名もあるけれど、断崖の哲学者とも
呼びたくなっちゃいます。

フルマカモメのく~さい液体には、油脂が含まれていて
胃に蓄えられているんだとか。
近づく敵を撃退するための“武器”であるだけでなく
ヒナや時には成鳥の栄養を補う食べ物にもなるようです。

崖の上のクリーム色のお花はPrimroseというサクラソウの
仲間です。Yuponさん、さすが!!
私は最近まで、鳥ばかりでなく野草にも疎くて、まだまだ
パッと見ただけでは、何かの花かも判別出来ません。
ピンクのはナデシコ科のRed Campion。
最近は図鑑を見たり、野の花を眺めながら散歩するのが
とても楽しいです(^^)

きょうわずかな時間で見ただけの感じだと、キョロちゃん
もう全然子育てしている様子がありません。
きのうは餌も運んでいたのになあ…。
パパぶりを見る間もなく、幼鳥さんが自立したのだったら
嬉しいながらも、ちょっと寂しいような物足りないような…。
Yuponさん、コメントありがとうございまいした(^^)
binbird→Yuponさん | 2010年05月07日(金) 06:47 | URL | コメント編集

4~9枚目、近かったのでしょうか?
とってもクリアで綺麗にパフィンちゃんが見れて、嬉しい~♪
手ぶれせずに綺麗に撮れるbinbirdさんて、やっぱり凄いです~(p゚∀゚q)

フルマカモメさんは、カモメと名がつくからカモメ科と思ってしまう~。
ミズナキドリ科、、興味をそそられます。出遇ってみたいな~♪
なんかね、台詞が、もう、、、そう言っているようにしか見えなくなってしまいました。゚(ノ∀`*)゚。
悪臭のする液体って、どんな臭いなんでしょう・・・
知りたいような知りたくないような、、、うんうん、知りたくないっ(笑)
ぴよこ | 2010年05月06日(木) 22:26 | URL | コメント編集

こんばんは~

>悪臭のする液体をはき出して撃退する
と聞いて、どんなに臭いのか、
そのにおいをかいでみたいと思う私なのでありました。
binbirdさんはかいだことありますか?
ついたら何日もにおいがとれないとか嫌だな~(⌒⌒;)
あき | 2010年05月06日(木) 22:25 | URL | コメント編集

binbirdさんへ

こんばんは、パフィンの構図やピント 去年と比べると
すっごくお上手になったように思います^^。
パフィンを余裕でみるようになったからでしょうか

今年も来てくれて嬉しいです。
今年も こちらで楽しめます。
ありがとう♪
わこ | 2010年05月06日(木) 21:59 | URL | コメント編集

断崖に佇むパフィンって、どうしてこう思索的に見えるんでしょ?(^ ^)
カメラ目線で飛翔するフルマカモメさんもかっこいいです♪
でも臭い液体を吐きかけられるのはいやですねぇ(^ ^;)
魚のドロドロってこと?ひぇ~~。

そちらはまだ手がかじかむほど寒いんですね(>_<)
でも、野草はちゃんと春を感じて花を咲かせるんですね。
崖の上に咲いているのはサクラソウの仲間かな?かわいい(^ ^)
散歩道には、うちの花壇にあるのとよく似た花も♪

クロウタドリって、一度巣立ってしまえば
それほどつきっきりで雛の世話をするわけではないんですね。
もう餌取り訓練中なのかしら?
キョロちゃんのパパさんぶり、もう少し見せてほしいわ~。
Yupon | 2010年05月06日(木) 21:43 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/572-36fe2d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。