FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2010'02.24 (Wed)

これがホントのウタツグミ

イエスズメさんの賑やかな声が聞こえてきて、なにげなく前庭を覗いたら…

その後ろ姿は…
ウタツグミ

ウタツグミさんではありませんか!
ウタツグミ
お久しぶりですぅ~

色の薄いクロウタドリの♀を、もしやウタツグミでは…とつい最近まで
思い悩んでいた
のだけれど、こうやってみるとやっぱり違いますね。
お腹の色が明るくて、斑点もくっきり。

『ワタクシが正真正銘のウタツグミです』
ウタツグミ
※♂♀の区別、つきません…(^_^;)

ウタツグミは、カタツムリが好物。
固い地面に殻ごと打ち付けて、中身を食べるんですね。
そしてうちの庭には、暖かくなるとカタツムリが増えるのです。
カタツムリもなかなか可愛いもので、写真を撮った翌日などに
殻だけがコロリと玄関そばに転がっていたりすると、ちょっと
寂しいような悲しいような気持ちになってしまいます。
でも、同時にウタツグミがやって来た証拠を見ているわけでもあり
それはそれで嬉しいような、なんとも複雑な思いがした昨年。
今年もカタツムリハントに来るのかな。
今日は下調べに来ていたのだったりして…まさかね(^^ゞ



今朝もピキピキに冷え込んだ小さな庭では、朝一番に溶かした飲み水
用のお皿が、たちまちスケートリンク化しちゃうのです。
家にいる間は、何度か熱湯を入れるけれど

タイミングが悪いとこんなことに…
水を飲みに来たイエスズメさん

このイエスズメちゃんは、そんなお皿に愛想を尽かし…
イエスズメの女の子

雪を食べて喉を潤している??
イエスズメの女の子
何度も何度も、雪を口にしているように見えました

こちらはイエスズメシスターズ(^^)
イエスズメシスターズ

今朝はイエスズメさんご一行が、賑やかに来てくれていました



フェンスの上にいる、クロウタドリのキョロちゃん
クロウタドリ♂

今日も威張っているな~と苦笑しつつ、沸かしたお湯を持って
水皿の氷を溶かしに庭に出ると、最初はフェンスの上からじーっと
binbirdを見ていたキョロちゃんが、いきなり近くに寄ってきました!
なんだなんだ?と思いながら氷を溶かし終わり、カメラを手に
庭に戻ってみたら…

ますます近くに寄ってきた! いったいどうしたの?
クロウタドリ♂
『察してよ~。言わせないでよ~』

え~っ、愛の告白は困りますよ?

『そんなことあるわけないじゃない…』
クロウタドリ♂
あらそ(^◇^;)

今までも、ドアを開けると、トトトッと近寄ってくることはあった
けれど、外に出ているbinbirdに大接近してきたのは初めて。
自分の存在をアピールしながら、ちょこちょこと場所を変えつつ
ジリジリ近寄ってくるキョロちゃんに、びっくり仰天しました。
『甘いレーズンをちょうだい!』って訴えていたように思うのです。
だけど、野鳥と言うよりはペットの鳥さんみたいで、違和感いっぱい…。
仲良くなりたいのはやまやま、でも適度なな距離も保ちたい気がして
うろたえるbinbirdでした。

好きな人に追いかけられると、逃げたくなる複雑な乙女心かしら(*^_^*)

『はっ? 乙女ですと?! へそで茶が沸いてしまうわ』
イエスズメ♂
ないおへそでどうやってお茶を沸かせるんですか? 

『もう開いた口がふさがらないよ~』
イエスズメ♂
それは、ヒマワリの種を頬張ってるからでしょ(-_-メ)

ちょっと言ってみただけなのに…ひどいイエスズメのおじさんたら(涙)

なあんて(^^ゞ

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+ウタツグミ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

似てるでしょ、クロウタちゃんとウタツグミさん。
でも、おなかの色が全然違って…明るめに見えたクロウタ
ちゃんのそれも、この子のと比べると断然濃いです~。
こちらではプチグリって言う、大きなカタツムリが出没する
のです。それって人間の食用にもなるらしいですよ。
ほんとグルメだわウタツグミさん(^^)

生き物って、人間が想像する以上に賢く自然の中で生きて
いるんですよね。
とけかけた雪で喉を潤す鳥さんたちの姿を、今年はずいぶん
いっぱい見ました。
cocoちゃんが雪をパクッのお話に、昔実家で飼っていた犬が
散歩中に、やっぱり降る雪にかじりつこう(?)と、口を
ぱくぱくさせていたのを思い出しました(^o^)
わんこって雪が好きよね。

『binbirdになんてふられてないもん!』って、キョロちゃんが
言ってます(笑)
でも、ぴよこちゃんの慰めは欲しいんだって。おかしくなあい?
今日はきのうと同じように目の前に来たと思ったら、いきなり
ブツブツと語りだし(妄想じゃないです~)またまた驚きました。
キョロちゃんどうしちゃったんでしょうか、心配です(^^ゞ
ぴよこちゃん、見て下さってありがとうございました♪
binbird→ぴよこちゃん | 2010年02月25日(木) 07:04 | URL | コメント編集

そうよね、レーズンよね、お目当ては。
“レーズンぽい目”に笑っちゃいました(^o^) そういえば、黄色い
アイリングをよく見ると、シワシワなのです(笑)
ほどよい距離感について思わず考えてしまったきのうですが
haruさん、今日はさらに驚くことがあったんですよ!
キョロちゃんが目の前で、ブツブツと喋りました。
いや、夢を見たのじゃありません、私は正常です!(ホントかな(^_^;)
いつもの囀りとは全く違って…たとえるなら、かごの中で何ごとか呟い
ている飼い鳥のような感じでした。
野鳥もあんなことするなんて…驚きです。
その時の様子、動画でアップするからぜひご覧くださいな。
イエスズメのおじさん、キャラが変わってしまったみたい。
臍でお茶なんて、沸かせるものなら沸かしてみせてよ、ね(笑)
でも、口は悪くても(?!)可愛いおじさんです(^^)

湖の長編も見て下さったんですね(嬉)
Uターンするのはホントにイヤだったのだけど、装備も食料も
なんにもなくて…夏だったら日も長いし山越えをしたかも…
いや、しなかったかなあ(汗)
日暮れが迫っていたのでかなり焦った帰り道でした。
haruさんも、結構山歩きなどされるのでしょうか。
偶然にバス停に辿りつけたなんてラッキーでしたね!
迷ってたらしゃれにならないものね(^_^;
haruさん、コメントありがとうございました!
binbird→haruさん | 2010年02月25日(木) 06:58 | URL | コメント編集

ウタツグミさん、やわらか~な雰囲気で可愛い^^
先日のクロウタちゃんと、やはり似ていますよねー!
カタツムリが好物の美食家さんなのですネ(^◇^)

イエスズメさんのシスターズも可愛いですね^^
雪で喉を潤している姿に微笑みました。
家のcocoも舞い散る雪をなんじゃこりゃ?って
パクって食べてましたよ^^

そしてキョロちゃ~ん、ドアップでますますキュ~ト♡
でもbinbirdさんにフラれちゃったのね。
よしよし、ぴよこが傍で慰めてあげる^^
ブロークンハートな時が一番・・・^m^
なんて事考えちゃダメですよね;
binbirdさん、キョロちゃん、可愛いお顔見せてくれてありがとう♪
ぴよこ | 2010年02月24日(水) 22:31 | URL | コメント編集

キョロちゃん、きっと、レーズンですよ。目がレーズンっぽいもの(笑)
ペットのインコと庭に来てくれる鳥さん、それと丘陵地や山で見る鳥さん、お互いに良い距離とは何かなぁ。ふと思います。元気に生きてもらうには何が必要で、何はいらないのかなぁ~と。
しかし、このブログのお陰で、私にもウタツグミさんと、クロウタドリの♀の違いが分かりましたよ。これって、凄いことです。ウタツグミさんの♂♀は・・・?これは自分でも勉強しなきゃ^^;
なので、つかず、離れずの微妙な距離は大切なんですよね~。
それにしても、イエスズメのおじさん、口悪いですね~。へそで茶が湧かせたら、すぐにでも皆様の凍ったお水をとかしてさしあげます!
長編Loch Muich、はたして、無事に戻れるのか、少しハラハラ感があって、昔?三重県の赤目四十八滝を巡って、Uターンするのがいやで、無謀にも山をつっきって、日も暮れ、偶然にたどり着いたバス停で助かった~と大反省したのを思い出した私です・・・。
haru | 2010年02月24日(水) 21:34 | URL | コメント編集

今冬は、例年に比べて寒さが厳しく、水皿に氷が張る
回数が多いんですよ~。
朝一で溶かしても、ちょっとの間に氷が張って、お皿を
前に困ったような鳥さんを見ることもしばしばなのです。

数度ウタツグミがカタツムリ食べている現場を見たことが
あります。コツコツ、ガンガン!っと地面に殻を打ち付けて…(^_^;。
庭の草花を守ってくれている、と考えればありがたい存在だけど
力任せに地面に叩き付けられるカタツムリの身になると…微妙です。
こちらのカタツムリって、コーヒーの空き瓶なら、すぐいっぱいに
なりそうな大きさなのです、食べ応えあるんだろうなあ…(^_^;

Yuponさんの後半の文章には、全くもって同意です。
可愛いけれど…もしかすると“手乗りクロウタドリ”も夢では
ないのかもしれないけれど…でも一定の線引きはしておかないと
野鳥側に不利益が…思うと、どうしても歩み寄れないところが
あります。
他の人がドアを開けても近寄ったりはしないので“binbirdは
与しやすい”とナメられているだけなら、いいのですけどね(苦笑)
ツグミの仲間は確かに、うちに現れる他の鳥より警戒心が薄いような
気がします…。
お気楽派なのかな(まさか(^o^))
Yuponさん、コメントありがとうございました!
binbird→Yuponさん | 2010年02月24日(水) 17:11 | URL | コメント編集

そちらは水盤の水が何度も凍ってしまうほど寒いんですね(>ω<)
こちらは最高に冷え込んだ日でも、
日中に凍ることはありません。
一度だけ、膜みたいな薄氷が張ったけど。

ウタツグミさんはカタツムリが好物なんですね!
カタツムリは確かにかわいいけれど、
(子供のころ大好きで、インスタントコーヒーの
空きビンいっぱいに集めたことがあります ^ ^;)
庭の草花を食べてしまうのがちょっと困ります。
うちにも食べに来てほしい~。

3年位前にうちに来ていたシロハラさんが、
とても人慣れした子でした。
ツグミの仲間って慣れやすいのかしら?
こちらの姿を見つけるとそばにツツッと寄ってきて、
「ごはんちょーだい」という目をするんです(^ ^;)
そんな風にされるとついかわいく思ってしまうけど、
人間になつかせるのは、
野生の生き物との接し方としては不適切ですよね。
あまりに人への警戒心を失ってしまうと、
うちにいる間はいいかもしれないけれど、
他の土地に行ったときに
思わぬ危険にさらされることになるかも…。
binbirdさんのおっしゃる通り、
適度な距離を保ちつつ、楽しみたいですね(^ ^)
Yupon | 2010年02月24日(水) 16:18 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/516-b3c5c915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |