All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.20 (Wed)

怪我ではなかったコブハクチョウ

さて、日曜に発見した“傷ついた”コブハクチョウの件。
午前中にSSPCA(スコットランドの動物保護団体)に連絡を取り
binbirdが住む地域で、保護活動などをしている方から話を聞く
ことが出来ました。

わかったのは、
SSPCAではこのコブハクチョウのことを以前から把握していること。
Angel Wingという不治の病に冒されてはいるものの、現状では健康
状態や日常の活動に(飛べない、という以外の)問題は見られて
いないこと。
巡回監視下にあるので、何か異常が認められれば(餌がとれない
体力的に弱っている、怪我をしたなど)保護して適切な処置を取るが
現段階では治療のすべがないため保護はしない、ということでした。

きのう話を聞いた方によればAngel Wingという病は命に関わることも
ある、ということだったけれど(binbirdの解釈違いだったかもしれません)
今日の話では、翼に障害があることにより、餌が満足に得られない、
危険を回避できないといった様々な不都合生じた場合、命を落としやすく
なることもある、ということで、病気に冒されたからと言って即、生命に
危険が及ぶ訳ではないのだそう。
現状はbinbirdが心配したように、傷を負っているというわけではないし
状態はいつもチェックしているので心配しないでとのことでした。

コブちゃん、いつもは、今回出会った地点から3~4キロほど上流に
いるのだそうです。

病に負けるな、コブちゃん!

元の場所に戻っているのかな。
見たときは1羽きりだったけど、寄り添ってくれる仲間はいるんだろうか。
治らない病気を抱えて、鳥であるにもかかわらず大空を飛べないこと
どういう思いでいるのか…なんてとりとめもないことを考えてしまいます。
でも、きちんと状況を把握されていることがわかり、その点では安心しました。
SSPCAの方によると、コブちゃんがいた川や、その周辺の河川、沼には
多くのコブハクチョウが生息しているのですって。
binbirdがよく見かけていた親子兄弟はそのほんの一部なんですね。
またこのコブちゃんに会えるかなあ…。



☆庭の小鳥さん☆

いつもまんまるボディのヨーロッパコマドリちゃん、今日はほっそり
ヨーロッパコマドリちゃん
『普段は着ぶくれているのね♪』 ホント?

体にちりばめた星がご自慢、ホシムクドリさん
ホシムクドリ

地味だけど、可愛いヨーロッパカヤクグリちゃん
ヨーロッパカヤクグリ

みんな同じ方向向いている(^^ゞ



☆青空と教会☆

信心深いカモメさんはいなかったけれど、青空を背景にすっくと
建つ教会が綺麗で…
ch10012001.jpg

反対側から
ch10012002.jpg

見て下さってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+コブハクチョウ  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ぴよこちゃん、返信遅くなってしまいすみません!
不治の病に罹っているのはかわいそうでならないけれど
コブちゃんの状況が把握されているのは本当に良かったです。

コマドリちゃんは細くなったり丸くなったり変幻自在(笑)
細くなると、ちょっと大人びて見えるような気がします。
土曜日はいろんなカヤクグリさんを始め、いろんな鳥さんたちに
会えたでしょうか。
こちらは天気が悪くて、鳥見にはいけないでいます(T.T)
たくさんの鳥さんに会えているぴよこちゃんがうらやましい…。
鳥とりの神様に、私は見放されているかも(^_^;)
binbird→ぴよこちゃん | 2010年01月24日(日) 06:24 | URL | コメント編集

コブちゃん、SSPCAの方に把握されていて良かったですね^^
他の子みたいに飛んで移動できないのは不憫だけれど
健康状態も良いとの事、ひとまず安心ですね。

コマドリちゃん、ずいぶんほっそりスマートさん^^
まあるくなった姿も可愛いし、スマートな姿もかっこいいですね♪
ホシムクさんの模様、本当に綺麗☆ぴよこにも取らせてほしい~(^◇^)
そしてカヤちゃん、、この間撮れなかったのが引きずっているのか
ものすごく遇いたくて遇いたくて、、、
今週末、近くを探しに行ってみようと思っています。
鳴き声もかわいいですよね(*^_^*)
ぴよこ | 2010年01月22日(金) 22:14 | URL | コメント編集

最初から、地元の保護団体に尋ねればよかったんです
よね(^◇^;) でもどこも親切でよかったです。
保護団体ではコブハクチョウに限らず、いろんな野生生物の
生息状況などを把握しているようで、こんな時には心強い
見方だなあと思いました。

そうなんですよ~、ホシムクドリさんって、実は羽に光沢があって
光が当たると虹色、玉虫色に輝いて見えます。
夏の天気の良いときは特にすごいです。
私はそのギラギラ具合に『またポマードをたっぷりつけちゃって…』
なんて言っちゃったりしています(^_^;
えぞやまざくらさん、コメントありがとうございました!
binbird→えぞやまざくらさん | 2010年01月22日(金) 08:08 | URL | コメント編集

animamさん、おはようございます♪
コブちゃん、ちゃんと様子を見てくれる方がいて安心です(^^)
治しようのないものを無理矢理保護して窮屈な思いをさせるより
自然の中で自由にさせて見守る方が、確かに理にかなっているな
と思いました。

ホシムクドリさんのコートは、光の加減で色合いを変えるとても
不思議なコートです。
あんまりギラギラに光るから、たまに怖いくらいの時もありますが(^_^;
animamさん、コメントありがとうございました。
binbird→animamさん | 2010年01月22日(金) 08:04 | URL | コメント編集

vivi_kotaさん、コメント返信遅くなり、すみませんでした。
Angel Wing…かわいらしい名前なのに、その正体は鳥から
飛ぶことを奪ってしまう病気だなんて、しかも不治の病だなんて!
コブちゃんが決して一人なのではなく、見守ってくれる方がいる
ことには、ひと安心しました。
保護団体の対応はどこも大変親切で、信頼が置けるように感じました。
でも…野鳥情報も教えて貰えるのかしら??
『それは秘密!』なんて言われないでしょうか(^_^;

ホシムクちゃん、寄り道しているのかも(笑)
見て下さってありがとうございました!
binbirdvivi_kotaさん | 2010年01月22日(金) 08:01 | URL | コメント編集

コメントの返信が遅くなってしまい、すみません。
コブちゃんの状態がちゃんと把握され、監視下に置かれて
いることにはひと安心しました。
見かけたときは一羽きりだったけれど、きっと仲間と一緒の
時もありますよね。
鳥さんたち、周りをきょろきょろ見回していました(^^ゞ
あちらにもこちらにも気を配らなくてはいけなくて、外で暮らす
いきものは大変ですね。
カラーさん、コメントありがとうございました(^^)
binbird→カラーさん | 2010年01月22日(金) 07:57 | URL | コメント編集

あちらに相談,こちらに相談・・・とまわされて
大変でしたね。
でも,きちんと状況を見守ってくれているところがあるようで,一安心ですね。
コブハクチョウさんが,元気に安全に暮らせますように。

ホシムクドリさん,
いままで白い斑点のほうにいつも意識がいっていたのですが,
よく見ると,微妙な色合いがめっちゃきれいなのですね♪
えぞやまざくら | 2010年01月21日(木) 10:54 | URL | コメント編集

こんにちは~

コブハクチョウさんは、見守られているのですね。 野生の鳥さんはなるべく自然のままがいいのでしょうね。 一安心ですね。

コマドリちゃんは身軽になったけど
ホシムクドリさんは個性的なコートを着ていますね(*^_^*)

教会は重厚な造りで、素敵です。
animam | 2010年01月21日(木) 10:34 | URL | コメント編集

Angel Wing と言う言葉からはとても病気の名前とは思えないです。
すごいですね、しっかり監視対象になっていることと言い、市民からの通報に新雪に回答してくれるなんて。
日本ではそこまで行っていない気がします。
今度、binbirdさんちの廻りの野鳥情報を聞いたら教えてくれるかも知れませんね。
今時分のポイントなど。

ホシムクドリはまだ見つかりません。
vivi_kota | 2010年01月20日(水) 23:22 | URL | コメント編集

コブハクチョウさん、とりあえず巡回監視下という事なので、一安心ですね。
この子の近くには仲間がいるとか、一人ぼっちではないので良かったです。
あちこちに連絡して、ご苦労様でした。
鳥さん達が見ている方向には、餌台があるのですか?
カラー | 2010年01月20日(水) 20:30 | URL | コメント編集

不治の病なんて聞いてしまうと、一気にどよーんとしてしまいも
したのだけれど、いつも様子をチェックしてくれる方がいることが
判って、安心しました。
ハヤブサや、オジロワシも保護されるんですね。
以前、電線で感電した猛禽さんの話を読んだことがあります。
自然の中のハプニングで怪我をしたり命を落としたりするだけで
なく、人間のための設備などによる事故も多いのでしょうね。

庭の子たちはみんな元気です♪
今も、遅いお目覚め(?)らしいイエスズメさんのチュンチュン♪が
元気よく聞こえています(^^)

建物写真(に限らないけど(^◇^;))って、どうやって写したらよいのか
全然判らず、この教会はいつ撮っても全く同じに見えちゃう。
でも、なぜか見上げてしまうんですよね。
今行きたいのは、お城です!
まだ訪れていないお城をここでご紹介できたらいいのですが。
Simcoさん、コメントありがとうございました(^^)
binbird→Simcoさん | 2010年01月20日(水) 18:01 | URL | コメント編集

コブさん、深刻な状況じゃなくて良かったですね。
読ませていただきながら私もホッとして、ちゃんと守られていることにも安心しました。
そういう話は嬉しいです。
こちらも保護センターのあるところでは、保護されてる鳥達を外から金網ごしで見れることがあります。
昨年はハヤブサやオジロワシがいました(近くで見ると大きい!)

お庭の皆さんは元気なのですね、良かった。

教会の写真、すごく綺麗ですね!
また素敵な建築物なども楽しみにしています^^
Simco | 2010年01月20日(水) 17:28 | URL | コメント編集

怪我がひどいように私には見えたのだけれど、そういう
緊急事態ではないことが判り、すこしホッとしています。
腕白でもいい…ほんと、ほんと、コブちゃんにはたくましく
生きていって欲しいです。
こちらには数々の保護団体があって、ボランティアの方々に
支えられているようです。
チャリティ精神旺盛な英国らしいなという感じがします。
おそろいのジャンパーとか、あるのかなあ。
それは不明だけれど、人知れず地道に活動しているのだと思います。

梅が咲いた記事を、ある方のブログで拝見して、関東は春が遠く
ないんだなって思いました。
ポカポカ陽気は嬉しいものですよね。
こちらはきのう、またキーンと冷え込んでしまい、どうしてコマドリちゃん
がコートを脱いだ(?)のかわからない(^_^;
柔らかな春の空気が待ち遠しいです。
haruさんの別名? むむむっ?
binbird→haruさん | 2010年01月20日(水) 17:15 | URL | コメント編集

お疲れまさでした、binbirdさん。
コブハクチョウさん、とりあえずでも、命に別状なくて良かった!!
SSPCAの保護下にあって巡回で確認されているといのは、やはりお国柄なのでしょうか。
それらしい方々はおそろいのジャンパー(古い?)などを着ていて、分かるのかしら?
いくつも保護団体があると、心強い半面、どこにまず、連絡していいか、特に、命に関わると思うと焦ってしまいますね。私ならパニック(^^;
コブちゃん、わんぱくでもいい、逞しく生きてね~
(っていうCMあったような・・・)

今日、こちらは急に暖かく春の陽気らしい。
コマドリさんも暖かくて、スマートに?
ホシムクさんに地味なカヤクグリさん、みんな、太陽の方に向いてるのかしら?
教会のきりっとした佇まい、きれいですね。
別名のあるharuでした><
haru | 2010年01月20日(水) 08:29 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/486-81e51a72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。