FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008'04.19 (Sat)

今日の散歩道(今日は写真がてんこ盛り…かも)

夕方、家から車で5分ほどの場所にある地元のNature Reserve(自然保護区)で散歩を楽しみました。

そこで会った鳥さんたち+αをご紹介しますね♪

ハリエニシダ(Gorse)の群生する場所から海を眺めて、さあ出発
海辺のハリエニシダ


そうそう、この↑ハリエニシダはココナッツみたいに甘~い香りがするんです。こちらではよく見かける低木なのに、今日まで気が付きませんでした。泳ぐなんてとんでもない気温なのに、なぜか夏の浜辺やプールサイドの匂い…。
名前が表しているように針みたいにチクチクする葉っぱがあって、触れるとかなり痛いのも特徴です。

河口に近いのですぐ川沿いの道に入ります。

あ、あそこで泳いでいるのは…(後ろはマガモの♂)
カワアイサ(Goosander)1


カワアイサ(Goosander)さんのカップルです
カワアイサ(Goosander)2


気持ちよさそうに泳いでいたのに、急にバサバサと飛んでいってしまい、残念。ごめんね、じゃまして。
今度会ったらきちんと撮らせて貰えるかな…。


このあと桜の木があったので、うれしくなって立ち止まると…頭上からきれいな歌声が聞こえてきます。

あっ! そこにいるのはヨーロッパコマドリ(Robin)さんでは!?
ヨーロッパコマドリ(Robin)1


大感激。こんなに近くでみられるなんて
ヨーロッパコマドリ(Robin)2


美しい声でさえずり続けます
ヨーロッパコマドリ(Robin)3


binbirdの庭にやってくるヨーロッパコマドリは、とにかく敏捷で、神経質そうで、まともに写真が撮れた試しがないのですが、今日は歌うヨーロッパコマドリを間近に見て、大興奮のbinbird。
きれいな姿と声を楽しませてくれてありがとう!


さらに進むと、木の芽をついばむシジュウカラ(Great Tit)さんの姿が見えました。

逆さになったり
シジュウカラ(Great Tit)1


いろいろな姿勢になって、もう食べるのに夢中です
シジュウカラ(Great Tit)2


おっと、下から失礼。随分幅広のネクタイですね。エプロンみたい
シジュウカラ(Great Tit)3


おなかいっぱいになったかな
シジュウカラ(Great Tit)4


また会おうね♪


さて川の中州ではカモメさんたちが集まって、1日の報告会?
中州のカモメ


さらに先へ進むと

おっとこんなところにネコさんが?
林の中のネコ


こんな家並みがすぐそばにあるので、きっとこの辺の飼いネコさんでしょう
林のそばの家並


このネコさんは最後の最後までbinbirdに一瞥もくれないのでした。
ネコ好きbinbird、ちょっとがっかり。


うなだれつつ(ウソ)先へと進んで、こんどは川の向こう側にたどり着きました。

と、右手前方の林の中になにやらうごめく白いもの! あれは…
シカ?


かなりぼけていますが、シカさんです。
林の中のシカ1


binbirdに気付いてそろりと移動し始め…

木の向こう側へと消えてしまいました
林の中のシカ2


家の近くの、別の場所では遠目に見かけたことがあるけれど、こんなに近いのは初めてです。うーん今日はヨーロッパコマドリさんといい、ついているのかも!と気分が昂揚してしまうbinbird。
鼻歌が出そうな気分で更に進みます。


と、バサリと白っぽい鳥が川へ降りていきます。
カモメかな…と思ったら…

アオサギ(Grey Heron)さんでした
アオサギ(Grey Heron)1


なにやら深刻な(?)顔つきですね
アオサギ(Grey Heron)2


写真を撮り続けていると

あらら…いきなりすぼまったような形に!
アオサギ(Grey Heron)3


もうほっといてちょうだいよ!と言われているような気持ちになって、お礼とさよならを言ってその場をあとにします。


アオサギさんに出会った目と鼻の先の場所で撮った1枚
鳥たちの川


見づらいですが、木の隙間からは石橋が見えて、その向こうは海なんです。
一番最初ののハリエニシダの群生はあの橋と海の間で撮りました。
川の向こう側に見える細い道は、ヨーロッパコマドリさんや、シジュウカラさんなどに出会った場所です。


いろんな鳥の歌声を楽しみながら更に歩き、橋を越えて、さあ、いよいよ散策も終わり。
もう少しで車を止めたところに到着です。

とその時、先ほどとは別の個体と思われるアオサギさんが川に降り立ちました。

さっきのアオサギさんより、すこし小柄。まわりにあるのは海草…?
第2のアオサギさん



これで今日の散歩はおしまいです。

天気がよくて、いつもより暖かめ(といっても最高気温8℃くらいですが)の穏やかな1日でした。
この時期日照時間が長くなり、今ですと午後7時半くらいまでは日が射しているので、野鳥の観察は随分遅くまで楽しめるんです。
思いがけずたくさんのいきものに会えて、とてもラッキーな1日でした。

最後まで見てくださってありがとうございますm(__)m
関連記事

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+鳥さんいろいろ  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

vivi_kotaさん

自然だけは豊富なんです~。
でも今の時期、あたりはものすごく殺風景ですね。木はあっても、まだ葉がなかったり…原っぱは枯れ草で埋め尽くされていたり…。

河北潟にコンクリートが目立ってしまうのは、仕方がないとはいえ残念ですよね。
でも、珍しい鳥さんがいっぱい見られるし、素敵な場所じゃあないですか!

イ、イタチですか~。ここにもいるのかなあ。見たことないけど、いそうな気はしますよ(笑)



>わこさん

ピーターラビット言えば、イギリスが本家ですもんね。
確かに絵本に出てきそうな森がこちらにもありますよ~。ウサギもピョンピョン跳ねまくっています。
こちらには"hare"という名の付く地名が結構あります。Harehillとかですね。このhareは野ウサギという意味なのでharehillだと野ウサギの丘~みたいな感じでしょうか。
日本で富士山が見える場所につけられる名前みたいですよね。

そうそう、アオサギさんにはとてもたくさん写真を撮らせて貰ったのですけど、最後の方は、なんだか見ないふりしつつ実は迷惑そうにジロリと睨まれてるみたいな気がしてしまったんですよ。
binbird | 2008年04月21日(月) 20:41 | URL | コメント編集

binbirdさんへ

おはようございますv-22
海が近く 素朴で素敵な街並み
いいところですね。

コマドリが青い空に可愛いですね。
nekoちゃんも日本とちがうゴージャスですね。
アオサギさんナイスキャッチです。
大好きなピターラビットの絵本を思い出しました。
わこ | 2008年04月21日(月) 10:12 | URL | コメント編集

こんばんは。
皆さんと感想は同時ですね~
ヨーロッパコマドリはなんとも言えない可愛らしさで一杯です。

同じ車で5分でも河北潟と違って自然が一杯と言う感じです。
木があるのが素晴らしいです。河北潟の干拓地はどうしても
人工的な匂いがしますし、潟の護岸はコンクリートが目立ち
ます。
シカはいませんね。代わりにイタチをたまに見ます。猫はよく
見ますよ(笑)
vivi_kota | 2008年04月20日(日) 22:54 | URL | コメント編集

>meadowさん

こんなにいろいろな動物たちに会えるとは考えていなかったので、とてもうれしかったです。

ヨーロッパコマドリ、やっぱり♂ですよね?
 よく鳴く=♂くらいの知識しかないのです…(^^ゞ
日本では夏鳥のコマドリさんも、こちらでは留鳥のようで年中見られるようです。冬にも庭に来ていました。

ヨーロッパだけに、家並みなどは美しい場所も多いです。ただパチリとしてもそれなりに絵になるといいましょうか。
もうすこし写真のことを学習して、いい写真が撮れるようになりたいです。

>飛んでいるところを追いながら
この神業で、あの迫力あるシーンが撮れるのですね。ズームしただけで鳥さんを見失ってしまうことが多く、やっと元の場所がわかったときには飛び立ったあと、なんてこともよくある私には絶対無理です~。
この先も、コンデジの手ぶれ防止機能に全面的に頼りつつ、よろけながら撮っていこうと思います(笑)。



>りもふさん

自然だけは豊富というか、きれいなところなんですよ~(笑)
寒いし、冬は日照時間が短くて、ほんとうにドヨ~ンとする場所なんですが。

アオサギさんは全く同じですよね!
ネコちゃんは…どうなんでしょうねぇ、やっぱりヨーロピアン系なのかな~。すんごい気位の高そうなネコ様ではありました。声をかけてもかけても、徹底的に無視されてました(>_<)ヽ



>luluさん

ヨーロッパコマドリはホントにかわいいですよね。こんなに近くで撮れたのには私も驚いています。

luluさんのところでも鹿が見られるのですね。
鹿ってこっち見てなくても(いやあの機能的なお目目で見ているには違いないけど)気配を察してジリジリと移動していきますよね。
それでもって、最後にピョンピョンと跳ねていってしまうという…。ちゃんと写真に撮りたいものですよね!
鹿と言ったら昔、日勝峠でエゾシカみたことありますよ~~~(#^.^#)

ネコちゃんはたぶん飼い猫だと思うんです。こちらでは野良猫がほとんどいなくて、日本ではまさに「binbirdが歩けばネコさんにあたる」という状態だったのに、めったに見かけないんです。
たま~~~に出会うとたいていお散歩中の飼い猫さんで、毛並みがいいのと人慣れしているせいで愛想がいいです。


binbird | 2008年04月20日(日) 18:59 | URL | コメント編集

わーい♪ヨーロッパコマドリ大好きなので見れてとっても嬉しいです♪
世界の野鳥図鑑見て一目惚れした鳥です。
小鳥好きの私としては、こんな愛らしい小鳥が生見、そして撮れちゃうなんて羨ましすぎです。
うちも、鹿を見る度に撮りますが、警戒心が強くてボケボケ写真ばっかり・・
今日も鹿撮りましたがやっぱりボケ~
猫ちゃんも可愛いよーこの子は野良なのか飼い猫なのか気になる^^;
下のリスのコメント・・ペストですよね...もっと気をつけようと思いました。
lulu | 2008年04月20日(日) 13:02 | URL | コメント編集

とっても自然環境豊かで綺麗なとこにお住まいなんですね。
ヨーロッパコマドリさんいつ見ても可愛いです!
ねこちゃんも、ちょっとヨーロピアンな感じ?(笑)
アオさんだけは日本と変わりませんね(笑)
りもふ | 2008年04月20日(日) 07:47 | URL | コメント編集

こんばんは。
一日で様々なシーンが撮れましたね。

ヨーロッパコマドリは囀っているので♂なのでしょうね~。
日本のコマドリは地上近くで囀ることが多いですが、ヨーロッパコマドリは木の上なのですね。
こっちは夏鳥は未だです。

家並みの写真は、風景写真としても良さそうな場所ですね。

それから、
>ああいう写真はやっぱり、カメラを固定して、ここぞ!という瞬間にシャッターを押すのですよね? 私のようにカメラを持って、鳥さんの姿をよろよろと追いかけているのではないんですよね? 

手持ちもやりますが、普段は三脚を使っています。
飛んでいるところを追いながら、ガッガッガッガ~と連写することが多いですね~。
私も疲れてヨロヨロするときがありますよ。(笑)

meadow | 2008年04月20日(日) 02:32 | URL | コメント編集

jamさん

楽しい気持ちが伝わったみたいで、と~ってもうれしいです!
本当に楽しい散歩だったんです。

jamさんと同じく、私もにゃんこ好きなんですよね。
日本にいた時には猫を見かけると、写真を撮っていました。
ここでは外でほとんど猫を見かけないので寂しいんですよ(>_<) 

シジュウカラ君であっててうれしい♪
以前は興味もなかったし、それ故、声などを聞いてもなにも
わかりませんでしたが、今は自分にも区別の付く鳥さんたちが
増えてきてとても楽しいです。どちらかというと出不精ですけど
鳥さんみたさに出かけることが多くなりました。
これを一石二鳥と……あれっ、いわないかな。
binbird | 2008年04月19日(土) 10:15 | URL | コメント編集

おはようございます。
素敵な散歩されましたね~♪
記事からbinbirdさんの楽しさが伝わってきます。

それにつられてヨーロッパコマドリも楽しく囀ってますね♪
日本では、コマドリは見つけにくいです。
僕も見たことありませんからとても羨ましいなぁ。

そして何といってもニャンコが可愛いです!
写真もバッチシですよ。
日本のと違ってふさふさ♪してるところがいいですね。

風景も”自然!”って感じでめちゃくちゃ美しいです。

凄く楽しい記事読ませていただきました。
ありがとうございます(^▽^)/

PS.シジュウカラ君です!見分けももうバッチリですね。
jam | 2008年04月19日(土) 09:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/45-de9298b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |