All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.17 (Thu)

ニュースの時間です

(キャスター)News Birdの時間です。

えー、スコットランド特派員、binbirdからのリポートによりますと
本日スコットランドで、鳥族とリス族の間に不穏な動きがあった模様です。
binbird、状況を説明してください。


(binbird)はい、こちら時間の昼過ぎにふと自宅2階の窓から外を見ると、物置の屋根の上に怪しい物体が見えたんです。
猫のようにも見えましたが、リスでした。


リスだったんですね?

はい…リスです、灰色リスです。

ハイイロリス


大きいですね、30センチくらいありそうじゃないですか?

え~そうですね、そのくらいだと思います。かなり大きかったです。

そのあとの展開は?

え~、それがリスが大きな木の中に隠れてしまって…。

はあ…。え、で、それから?

ええと、この数十分後に、外がやけに騒々しいような気がしましてですね。
再度外を見てみますと、ピーナッツを入れるためのバードフィーダーにしがみつこうとしている灰色リスと…そしてそのリスのまわりを威嚇するように飛び回る10羽ほどのイエスズメがいたというしだいです。


なるほど、かなり緊迫した状態でしたか。

そうですね、私の立てた物音に驚き、何羽かのイエスズメは一旦飛び去りましたが、残りは緊張の面持ちで灰色リスに詰め寄っていました。

スズメvsリス1


ああ~これは、イエスズメかなり怒っていますねぇ。

はい、今まで聞いたこともないような大きな鳴き声を振り絞るように出していました。木の上にいる仲間に応援を求めているものもいましたね。

スズメvsリス2


この続きの画像をお願いします。

えっと…それが。

なんですか、画像ですよ、次のが・ぞ・う!

それが、ここで電池が切れてしまっ…。

………、あなたハイタカが現れた時にも同じ過ちのために、飛び立つ瞬間を取り損なってましたよね? 

うっ、すみません、それでぇ…ええっと、電池交換をしながらキッチンに向かったんです。

それから。

キッチンに入ると、別のフィーダーを狙うリスと、イエスズメ軍団の激しい攻防戦が見えました。

見えましたって、あの~画像はないんですか?

ええと、もちろんシャッターはきりました。
私の気配を感じたのか、灰色リスは木の方へ戻ろうとしていますが、イエスズメ軍団が一歩も譲らず、行く手を阻んでいる瞬間です。


スズメvsリス3


あ~しかし~これはかなり見えにくいですね。

で、この直後、イエスズメ軍団を蹴り散らすように、リスは撤退していきました。

スズメvsリス4


これもブレブレですね。

え~、このあと鳥たちはフェンスの上に集まり、リスのニオイに反応してなのか、身をくねらせたり飛び跳ねるという、奇妙な行動をとるものが随分いました。
それで…今回騒動の発端になったと思われるピーナッツ用容器なんですが、ピーナッツは入っていなかったんです。


なるほど、空のバードフィーダーを狙ってきたわけですね。リス側の下調べは十分ではなかったということなんでしょうか。

そうですね~。場当たり的な犯行…いえ行動とも思われますね。それで、今回の騒動なんですが、やはりテリトリーを脅かすものはたとえ自分たちより大きな動物でも躊躇せず、一致団結して戦うというイエスズメ軍団の強い姿勢を示す結果になったように感じます。実はイエスズメ軍団の中には、カワラヒラやズアオアトリのオスも混じっていたんです。

ほう、援軍がいたと。それで、今後の展開については…

え~、今回イエスズメ軍団の激しい抵抗にリスサイドもかなり苦戦を強いられていましたので、なにがしかの作戦を立て直して再攻撃してくる可能性は十分にあると思います。
以前はUK全域には存在しなかった種類のリスですが、19世紀後半から20世紀前半にアメリカから「輸入」されて以来、あっという間に増殖し、ネイティブのキタリスを北へ北へと追いやってきたなかなかの切れ者です。油断は出来ませんね。なお、灰色リスはこちらでは有害動物とされています。


イエスズメ側にもなんらかの対策が必要ですね。

そう…ですね。あと、私たち人間もこういった事態に対して何が出来るのか考えていく必要があるように感じます。

わかりました。
今後の動きに注目して、また何かあったらリポートしてください。

えー、ゴホン、思ったより小さな事件ではありましたが、鳥族が団結して大きなリスを追い払ったニュースをお伝えしました。

画像に見づらい点があったことをお詫びします。
関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

luluさん

この灰色リスもペスト扱いです。
絶対私の知らない間に何度も来てるはずなんです、だってフェンスにガジガジ囓ったあとがあって、もうぼろぼろなんですよ~。エサを盗めない(?)腹いせとしか思えません(>_<)ヽ

それにしてもluluさんのところに来るリスも、とんだ置きみやげをしてくれますね。
負けないでくださいネ♪
binbird | 2008年04月19日(土) 09:09 | URL | コメント編集

状況がよーく判るニュースでした♪
こちらでもリスは有害動物で、うちのフィーダーはsquirrel proofです。が、
フィンチが落とした種を食べに来て、こんもりと糞と尿をして帰ります...
binbirdさんのお宅のように、一軒屋だと糞尿も土に帰りそうですが(笑)、
アパートメントのバルコニーなので…
リスは頭いいですからね・・こっちが負けそうです(苦笑)
lulu | 2008年04月19日(土) 02:22 | URL | コメント編集

>わこさん

力を合わせてリス撃退を試みる姿には驚いてしまいました。
やっぱり『指揮官』みたいな鳥がいて「かかれ~!」とか命令した
のかな…なんて考えたりしています。

この灰色リスは、こちらでは招かれざる客のようなんですよ。
顔は確かにかわいいのだけれど、あの大きさを目前で見てしまうと
被害を受けていなくても、ちょっとコワイ感じでした。



>りもふさん

リスはかなりいるみたいなのです。
一応住宅地なのですけれど…たまにウサギも見かけますし
…まだまだ自然に恵まれた場所だということなのでしょうね。

今回は強力なスズメの反撃にリスもたじたじといった雰囲気でした。
私がリスなら、もうここには来たくない~っ!って感じですけれど
実は今朝もちらっと見かけたんですよね、リス(^_^;)
binbird | 2008年04月18日(金) 20:00 | URL | コメント編集

おはようございます。
中継、楽しませて頂きました(*^_^*)
スズメさん強いですね~!

リスさんが家に来るって・・・
スゴイですね!
りもふ | 2008年04月18日(金) 09:53 | URL | コメント編集

おはようございます。
とっても楽しい実況中継でしたよ^^

ワクワクしました。
鳥って集団になると 結構 強いのですね。体をくねらせるなんて、ナイスショットですねv-363

リスさんて所によると 害を及ぼすと困ってられるようですね。
可愛いのに~とっても楽しい記事でしたv-323
わこ | 2008年04月18日(金) 09:22 | URL | コメント編集

>kenkenさん

そうなんですよ、ジャンボリスです。 初めて見た時には、リスだなんて思わなかったですよ~。

スズメさんたちが声を合わせての「帰れ!」コールには、びっくりでした。もう体を震わせるように声の限りを尽くして抗議してるんですもの。かわいいけど、本当に強っ!!って感じでした。

v-285は狩りのせいで、うーんと昔に絶滅してしまい、今はスコットランドにはいないと聞いたことがあります。だからその点では安心(?)ですv-411



>vivi_kotaさん

それが、山の中ってわけでもないのですよ~。どちらかと言えば海に近い、けっこう密集した住宅地です。
ただ多くの自然がまわりに残っていますから、ウサギv-530がものすごく多く生息しているみたいで、実際よく散歩をする途中の原っぱでピョンピョン跳ねているのを見かけます。同じ場所で野生の鹿を見たこともあるんですよ~。最初は目が点v-11になっちゃいましたけど。

日本にいた時は、自然と触れあうためには2,3時間くらい電車に乗らなくてはならない場所に住んでいましたので、今の環境はラッキーです(と思いたいです)。


>momochanさん

ご訪問ありがとうございます。
あのメジロンちゃんの姿には心打たれるものがありましたよ…(しみじみ)

ホシムクドリは日本と同じ種類のように思います。けっこうコワイ顔をしているなと思うんですけど、行動がなんとなく憎めません。

ゴルフがお好きなのですね。私はあまりゴルフはしませんが、ゴルフ好きの夫によると、ゴルフの聖地、セント・アンドリューズには、おいしいアイスクリームと素敵な教会があるというので、行ってみたいと思っていたりします。


binbird | 2008年04月18日(金) 04:53 | URL | コメント編集

binbirdさん、こちらでは初めまして(*^_^*)
”メジロン”への暖かいコメント、ありがとうございました。

リスさんも必死なのですね。リポートお疲れさまでした。(^_-)-☆
素敵なバードフィーダーが目に止りました。
日本でも馴染みの鳥やホシムクドリ?に似た鳥、ヨーロッパコマドリなど・・・楽しませて頂きました。

スコットランド・・・素晴らしい自然豊かな地でお住い・・羨ましいです。
ゴルフ好きの我夫婦は毎年全英オープンはリアルタイムでテレビ観戦しております。(^^ゞ

またお邪魔いたします。


momochan | 2008年04月17日(木) 23:01 | URL | コメント編集

インタビューお疲れ様です。
楽しく読ませていただきました。

binbirdさんの家、山の中ですか(笑)
リスなんて出てくるものですから。
vivi_kota | 2008年04月17日(木) 20:20 | URL | コメント編集

なかなか楽しいニュースですね。
リスでかっ!スズメさん強っ!
binbirdさんのところにはいろんな動物がやって来ますね。
そのうち「熊が来ました」なんてニュースも出るんじゃないかと。
kenken | 2008年04月17日(木) 19:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/42-390575e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。