FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009'09.20 (Sun)

新入りさん?/永遠の誓いは青空の下で

最近時々顔を出すようになったカササギ
こどもカササギ

よく見かけるカササギより随分小さくて、表情も幼いので、今年生まれの
こどもでは…と思っています。
こちらでは『嫌い』という人が少なくないカササギだけれど、可愛い…。
庭の仲間になる?

☆他のカササギ記事も見てみる

一方こちらは相変わらずひとりぼっちのイエスズメ、カエデちゃん
イエスズメ♀
かなり近寄っても逃げずに見つめ返してくる

でも…

そんなところでウトウトしちゃあ、だめ~っ
イエスズメ♀

ちゃんと知恵をつけていけるのか、心配です…
イエスズメ♀

ヒガラちゃん&ヨーロッパカヤクグリさん
ヒガラちゃん ヨーロッパカヤクグリちゃん



☆永遠の誓いは青空の下で☆

9月は結婚式が多い…ような気がします。
教会での式のあと、ホテルなどで披露宴というスタイルの他に、景色の
良い場所、新郎新婦にとって思い出の場所で式を挙げてから、披露宴…
というスタイルも少なくありません。

青空の下で愛を誓う二人
屋外での結婚式

こちらは湖のほとりでの結婚式
湖の畔で結婚式

湖の畔の結婚式

永遠の愛を誓う二人(*^_^*)

お幸せに

ところで、披露宴が行われる場所からこの“式場”までは、徒歩で片道約20分。
舗装された道ではないので、高いヒール付きの靴だと歩くのに四苦八苦です。

慣れたひとは往復をこんな格好で(^^)
長靴シスターズ(^^)

次は結婚式出席の際の持ち物リストに“長靴”を入れようと思うbinbirdです(^◇^;)

見てくださってありがとうございます。
関連記事
 |  鳥+カササギ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

redwineさん、今朝出かける前に確かにコメント書いて送信したはず…と
思っていたのに、どうやら手違いで返信がなされていなかったようです。
返信遅くなってしまったこと、お詫びいたしますm(__)m

パンダ風カラスというの、とってもよくわかる感じがするカササギさんです。
今朝は、大きいの小さいのあわせて4羽、目の前を飛んでいきました。
笑い声のような鳴き声が愉快です。

結婚式の写真は、1枚目と、それ以降のものは別の日に撮ったものなのです。
わかりにくくてすみません。
こちらに来てから出席した結婚式は、いずれもスコットランド人同士、あるいは
一方がスコットランド人というもので、バグパイプの生演奏がつきものでした。
素朴で手作り感溢れる式が多いように感じます。
心あたたまる式に、新郎新婦の幸多かれと願わずにはいられません(^^)

園芸用のものも含めて、こちらでは明るい模様の長靴がたくさん売られています。
実は私もピンクにカラフルな星を散りばめたものを、庭作業用に持っています。
買うときには『年齢にふさわしくないのでは…』なんて思ったのだけれど、履いて
みるとこれがまたなかなか心ウキウキするのです、たとえ庭でしか履かなくても。
困ったものだな…と思うことも少なくない国ですが、年齢にとらわれたり、人の目を
気にしたりすることなく、、楽しいこと、素敵なことを追求する人が多いのは見習い
たいなと思う点です。
redwineさん、コメントありがとうございました。
ミスで返信遅くなってしまい、ほんとうにすみません。
binbird→redwineさん | 2009年09月22日(火) 04:58 | URL | コメント編集

カササギさんは、パンダ風の
小さいカラスさん、といった雰囲気ですね

結婚式のお写真は、いかにもスコットランド
という感じがします。もっとも一度も見たことが
ないのですが・・(笑) 
風景もキルトという服装も・・
結婚式ではbagpipeの演奏もするのでしょうか

良く見ると新郎新婦が二組?のようですね
ピンクの花柄模様の長靴、子供用では
見かけますが大人用は見たことがありません。
やっぱりお国柄(それとも私の見識不足)
でしょうか。華やかでいいですね。
 結婚式はどこのお国でも笑顔が一杯!!
 素敵な人生をおくられることをお祈りします
redwine | 2009年09月21日(月) 06:57 | URL | コメント編集

カエデちゃんは、餌を食べに朝夕うちに戻ってきているみたいなので
こんなに頼りなくても毎日それなりに頑張って生きているのだと思うの
ですが、仲間がいない…というのが本当に心配で…。
このままどこの群にも入れなかったら、この子は普通のイエスズメとして
の一生を送れるだろうか…なんて余計な事まで考えてしまいます(^_^;

式場までの道のりは、砂利道あり、ぬかるみあり、牛や馬のものと思われる
大きな“落とし物”ありで、とても結婚式に行くという感じではなかったです(^_^
荷物にもなるし、いちいち靴を履き替えるなんて面倒そう…と思ったのも
つかの間、やはり現地の事情に慣れた人のやることには理由があるものだ…
と思った次第です。
コメントありがとうございました!
binbird→vivi_kotaさん | 2009年09月21日(月) 04:55 | URL | コメント編集

普段見かけるカササギさんは、もっと大きくて、ビー玉をはめ込んだ
みたいな目はもう少し眼光鋭いのだけれど、この子はちょっと頼りなげ…。
全体的に、ぽよぽよした感じが可愛かったです。
幼少の頃から使うよだれかけは一生もの、大事にしなくちゃね(笑)

そうなんです、カエデちゃん、警戒心が薄いんです!
仲間と一緒ではないので、学ぶべき事を学べないのでは…と心配です。
普通だったら、親や仲間が『危ないよ!逃げろ!』といってくれるんだろう
けれど…。
うちにはハイタカも来たことがあるし、なんといっても野生の暮らしには
いつも危険が付きもの。
なんとなく、他のスズメとは雰囲気が違ってしまっているこの世間知らずの
カエデちゃんには、早く仲間を見つけて欲しいなと思っています。
ぴよこちゃん、コメントありがとうございました!
binbird→ぴよこちゃん | 2009年09月21日(月) 04:51 | URL | コメント編集

こんばんは♪
タータンチェックのスカートはキルトといって、スコットランドにおける
正装なんですよ。
イングランドでも、たとえばチャールズ皇太子などは公の場でキルトを
着用することがあるようですけれど、普通はスコットランド人以外は
なにかの理由がないと(配偶者がスコットランド人であるとか、こよなく
スコットランドを愛しているとか)あまり着ないみたいです。
日本人の着物みたいなものかな。
スコットランド人の結婚式だと、かなり大勢のキルト姿を見ることになりますが
なかなか壮観です。どんな人も、普段より2割り増しくらい素敵になるような(笑)

カエデちゃんのくつろぎぶりはもちろん嬉しいものの、あんまり“中身”の
成長が見られず、ちゃんと大人になれるのか心配しています(^_^;)
カササギは、ここではカラス並にいっぱい見ます。
なんでも食べちゃうし(ということになっているようです)、不吉な言い伝えも
あるしで、カラスよりも歓迎できないと思う人もいるようですが、ただ
止まっている分には、なかなか可愛い鳥さんだと思うのです。
青い羽根も綺麗だし。
わこさん、いつもコメントありがとうございます(^^)
binbird→わこさん | 2009年09月21日(月) 04:47 | URL | コメント編集

「カエデちゃん」、binbirdさんちの平和に慣れ過ぎていなければいいですね。
なんとなく心配になってしまいます。
カササギさんはきっと要領がいいので大丈夫なんでしょうけど。

結婚式の披露宴にゴム長が必需品とは!
世の中広いです(笑)
vivi_kota | 2009年09月21日(月) 00:34 | URL | コメント編集

カササギさん おしゃれなモノトンカラーですね☆
お顔を見ると確かに幼い感じしますね。
よだれかけが似合う年頃なのでしょうね。かわいい(*^_^*)
イエスズメのカエデちゃん!名前がぴったり☆ミ
なんて可愛いのでしょう。。。
うとうと眠る姿、日光で出遭ったニュウナイスズメのおチビちゃんを
思い出しました^^
警戒心が薄くちょっと心配にもなりますが
やはり可愛いですよね^^
binbirdさんのお庭、比較的外敵が少ないのでは^^?
ぴよこ | 2009年09月20日(日) 22:09 | URL | コメント編集

binbirdさんへ

こんばんは、結婚式にいかれたのですね。
イギリスでは正装はやはりチェックのスカート(?)なのですか?
自然の中で永遠の愛の近いお幸せそうですね。
肩をだしたドレスの来賓の方も素敵ですね。
ころんでは大変ですね~長靴がないと^^

カササギさんこちらのいたずらカラスのような
立場なのかな~配色が面白いですね。愛嬌がありますね。

カエデちゃんくフサフサつろいでいますね^^。

わこ | 2009年09月20日(日) 21:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/400-d3c71b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |