FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009'09.18 (Fri)

観察者はどっち?/イングランドでエトピリカ?

川に行くとアザラシが泳いでいるのをよく見かけます。

立ち止まって観察…。するとあちらも立ち止まる(?)
アザラシさん

binbirdは思っています『ただいまアザラシ観察中♪』
でも、アザラシさんはきっとこう思ってる。
『ただいまヘンな人間を監視中…』

水中から“覗く”アザラシさんです


潜っては浮かび、じーっと観察(監視?)
binbirdが見ている間、ずーっとこれの繰り返しなのでした(^^)



☆イングランドでエトピリカ??☆

ついさっきTVで見たニュース。

イングランドはケント州の海岸でエトピリカ(Tufted Puffin)らしき鳥が
見つかったという。
まだ正式には確認されていないものの、通常北大平洋で見られることが
多いエトピリカが英国で見つかったのは初めて、ヨーロッパ全体でも2回目
ということで、現地にはバードウォッチャーが続々と詰めかけているそうです。

☆英語ですが、BBCニュースのサイト。エトピリカらしい鳥が写っています。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/kent/8260386.stm

日本では北海道のごく一部で見られるそうですね。
図鑑など見る顔つきは、こちらで見るパフィンとはまたひと味違って個性的。
なかなか見られる鳥ではないので、英国入りしているとなれば見に行きたい!
でもイングランドはちょっと遠い…。
スコットランドまで足を延ばしてはくれないかしら。

『言っておきますけど、私はエトピリカじゃないわよ』
ヨーロッパコマドリちゃん
う…。わかってますって、ヨーロッパコマドリちゃん…(^_^;

証拠写真だけれど、今朝のズアオアトリ♂
ズアオアトリ♂
とてもとても久しぶり! 嬉しいな

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  自然+いきもの  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

まさに人間ウォッチングのアザラシさんでした!
じーっと見てから水中に消えたと思ったら、またすぐ顔を出してじ~っ…。
人間は鳥観察だ、生き物観察だ…って言うけれど、アザラシだって人間観察
しているんですよね、きっと(^o^)
Robinちゃんの可愛さには釘付けになります。
この可愛さゆえ、私の中では『お嬢様キャラ』『女王様キャラ』が定着中(笑)
前ほどは姿を見られないのが寂しいけれど、一目見るだけで一気に元気が
出る鳥さんです。
そちらのコマドリちゃんはそろそろ旅支度はじめている頃でしょうか。
今年あった日光の幼鳥さんも、初めての旅に出るんですよね。
無事でね~!声を掛けてあげたい。

水族館という手がありますよね、エトピリカ。
それすら面倒がる私は、うちの近くの海に立ち寄って!と思っているんだ
けれど…横着すぎてバチが当たりそう(^◇^;)
コメントありがとうございました!
binbird→ぴよこちゃん | 2009年09月20日(日) 18:45 | URL | コメント編集

とてもカメラ目線のアザラシさんでした。
好奇心旺盛なのかな。
コマドリちゃんの可愛さといったら、もうひれ伏したくなるほど(笑)
鮮やかなオレンジのエプロンは、どこにいてもよく目立ちます。
木がなくなり、見かける回数は減ったけれど、声はよく聞こえてくるので
近くにいるんだろうなあ…といつも耳を澄ませています。
寒くなるにつれだんだん賑やかになる庭…だといいのですが、今年は環境
変化があったので、どうなることかちょっと心配。

恨まれてもいい!
エトピリカ、エトピリカがみたいです~~(笑)
カラーさん、コメントありがとうございました。
binbird→カラーさん | 2009年09月20日(日) 18:42 | URL | コメント編集

コメント返信遅くなり、すみませんでした。
エトピリカは、日本では絶滅が危惧されているのでしたっけ?
環境の変化によって、いきものの存続が左右されるのは寂しいことですよね、
イングランドに現れたのは、海水温の変化が原因ではという説があるようです。
このままもっとエトピリカが来るようになって、夏はパフィンとエトピリカを両方
一度に見られる…なんていうのも夢ではないかも?(妄想かな(^_^;)
コマドリちゃんは、見るたびに心が和みます。
頻繁に来てよ~と思っているのだけど…それってやっぱり贅沢でしょうか?(笑)
コメントありがとうございました(^^)
binbird→えぞやまざくらさん | 2009年09月20日(日) 18:40 | URL | コメント編集

コメント遅くなってすみません。
わっ…北大西洋じゃなく、北太平洋の間違いでした、すみません!
(北大西洋に多く生息しているのは、こちらで見かけるパフィンの方(^_^;)
世界的に見ると、かなり広範囲に生息しているらしいですね。
北海道にいるエトピリカはかなり数が減っていると聞きましたが、絶える
ことなくまた数を増やして欲しいですね。
見てくださってありがとうございます(^^)
binbird→アヒルの歌さん | 2009年09月20日(日) 18:36 | URL | コメント編集

Simcoさん、コメント遅くなりすみません!
アザラシさんは、見ているとたいていカメラ目線になるんです。
このアザラシさんは今まであった中でも、特に好奇心が強かったのか
こちらが見ている間中、目の前を離れることがありませんでした。
じーっと見つめ合っては、むこうが水中に…また浮き上がって見つめ合う…
の繰り返し。
もしかしたらアザラシ語で何か話しかけていてくれていたのかもしれない…
なんて思ったのだけれど、あいにく何も解らなかった私です(^_^;

エトピリカの出現は、こちらのバーダーさんを大いにときめかせているようです。
水温の変化が原因かもという説もあるみたい。
パフィンとエトピリカを一緒に見られる夏……うふうふうふ、想像するだけで
よだれが垂れそうわくわくするけれど…ないんだろうなあ、そんなことは。

女王様キャラ(私の中で(^_^;))のコマドリちゃんを冬の間中楽しめると思って
いたので、木がなくなり姿をあまり見かけなくなったのはちょっと寂しいです。
こんなふうに現れたときには『たまには可愛い姿を楽しませてあげるわよ~フフン♪』
って、言って…ないか(^◇^;)
コメントありがとうございました!
binbird→Simcoさん | 2009年09月20日(日) 18:34 | URL | コメント編集

コメント返信遅くなり、すみませんでした。
自然が豊かで素晴らしいと言ったら、Rekioさんがお住まいの『里』の
なんとすばらしいことか!
Rekioさんのブログにおじゃまするたび、風景の美しさ(特に海)に心惹かれずに
いられません。
海を見下ろす場所に立つ建物や、その周囲の小道など、実際自分の目で見て
自分の足で歩いてみたいなあといつも思うんですよ。

はじめてアザラシさんを見たときには、とてもびっくりしたのですけれど
結構な数がこの辺にいるようで、最近ではすっかり慣れました。
ひとなつこいのか、好奇心が強いのか、こちらの視線に気づくと、じっと見つめる
個体が少なくないのです。
脳内会話がぐっと盛り上がる瞬間です(笑)

エトピリカ、気が向いてスコットランドに足を延ばしてくれたら最高なのですが…。
そんな幸運はあるまい…と思いつつ、つい期待してしまう自分がいます。
Rekioさん、コメントありがとうございました!
binbird→Rekioさん | 2009年09月20日(日) 18:28 | URL | コメント編集

わこさん、返信遅くなってすみません。
アザラシさん、こちらをじーっと見ているのがすごくおかしくて…。
すごく好奇心の強い動物なのかもしれないですね。
エトピリカの出現には、全国各地からその姿を一目見ようとバード
ウォッチャーが集まっているのですって。
私も見てみたいけれど、自分で出向くよりは『スコットランドまで来て
くれないかなあ』なんて期待してしまう横着者です(^◇^;)
コマドリちゃんはいつ見ても可愛いです。
庭のそばにあった木がなくなり、見かけるチャンスは減ったのは残念ですが
こうやってたまに現れるととても癒されます~(^o^)
コメントありがとうございました!
binbird→わこさん | 2009年09月20日(日) 18:24 | URL | コメント編集

返信すっかり遅くなりまして、すみません。
アザラシさんは、人間に興味津々なのかも(^^)
あんまりジロジロ見ているので。おかしかったけれど、自分も同じこと
しているんですよね(笑)
珍鳥を見るには、やはり熱意が必要なのでしょうね。
イングランド…と聞いただけで『無理!』と思ってしまった私はエトピリカに
会えなくても仕方がないのかも…(^◇^;)
1羽の鳥を見るためにドッと人が集まる場面を見たことがないので、今回の
エトピリカ騒動で全国各地から集まっているというカメラマンさんの群を見て
みたい気もします。
コマドリちゃんはすっかり見かける機会が減りました(>_<)
まだエサに近寄ることをしていないので、冬のエサ不足の時期になったら
食べ物目当てで来てくれることを願っています。
ズアオアトリは一瞬でした。
冬に備えて、エサ場の情報集めをしている鳥が多い時期なのかもしれません。
コメントありがとうございました(^^)
binbird→vivi_kotaさん | 2009年09月20日(日) 18:22 | URL | コメント編集

binbirdさん こんばんは^^
川から頭だけチョンと出して人間ウォッチングの
アザラシさん可愛いです❤
Robinちゃん、あなたはどうしてそんなに可愛いのぉ~!!
この子に Yes,fall in love. ですが、日本の子は
もうすぐ会えなくなってしまいます(T_T)/~~~
こちらで、お顔見させてくださいね^^
ヨーロッパの子は優雅な雰囲気ですね☆

エトピリカちゃん、ぴよこもそろそろ見に行こうと思っています。
水族館に(笑)
ぴよこ | 2009年09月19日(土) 22:56 | URL | コメント編集

アザラシさんの、見つめる目が可愛いですね。
さらにつぶらな瞳のヨーロッパコマドリちゃん。
オレンジ模様がおしゃれ~。
ズアオアトリさんも、お庭に来てくれて、ほんとにだんだん賑やかになりますね。
その上、エトピリカまで見たら、日本のバーダーに恨まれますよ(笑)。
カラー | 2009年09月19日(土) 17:27 | URL | コメント編集

世界的には生息数が多いものの,
日本のエトピリカはかなり個体数が減っていますので,
新しい繁殖場所,生息場所として
イングランドを気に入ってくれるといいですね。

パフィンもいるのに,
エトピリカを見にイングランド行きたい~なんて,
binnbirdさん,贅沢ですよ~。
それに,こんなにかわいいコマドリちゃんもそばにいてくれるなんて,ほんと,うらやましいです♪
えぞやまざくら | 2009年09月19日(土) 14:27 | URL | コメント編集

へ~!
エトピリカって北海道にしかいないのかと思ってました。
北大西洋にもいるんですか。
そしてイングランドにも?

あひる
アヒルの歌 | 2009年09月19日(土) 12:11 | URL | コメント編集

ぷぷ・・♪ アザラシさん可愛い!
最初の写真が目に飛び込んできて、思わず笑いました。
動画の首がにょき!と出るところなど表情豊かですね^^
binbirdさんと、暫くにらめっこしてたのかな?(アザラシさんとやったら絶対負けますよね)
野生のアザラシを間近で見られる環境、想像つかないのですが羨ましさいっぱいです。

イングランドでエトピリカの記事も見てきました。
ほんとにエトピリカのようですね!
もしエトピリカの繁殖に適しているなら、イングランドで増えてくれれば・・と思いました。
スコットランドにも行って、来年はパフィンと一緒のシーンなんかあったら最高ですね!(ひそかに期待♪)

ヨーロッパコマドリちゃんの可愛さは格別!
「当然でしょ?」と言われても、素直にハイ、その通りです!と言えます^^
Simco | 2009年09月19日(土) 11:44 | URL | コメント編集

そちらは本当に自然が豊かな素晴らしい所ですね!

色々な野鳥たちが見られるだけでも凄いな~って
感じていたのにアザラシさんもいるしその上、
見つめ合える観察されるなんてBinbirdさん、イイナ~♪羨ましい^^;

エトピリカさんもそちらの方まで遊びに来てくれるとイイですね~!
そしたら私もきっとこちらで見る事できるし..(^^ゞ
ただ他の鳥さんたちが焼きもち妬くかも~^^
Rekio | 2009年09月18日(金) 23:38 | URL | コメント編集

binbirdさんへ

こんばんは、アザラシの動画最高~(*^▽^*)ゞ
頭だけだしてプカプカ可愛いお互い観察中だね
(=^▽^=)

エトピリカさんのニュースきっとすごいことなんでしょうね。どんなんだろう~
相変わらず可愛いヨーロッパコマドリちゃん
癒される~~♡♥(^▽^)♥♡
わこ | 2009年09月18日(金) 21:22 | URL | コメント編集

アザラシ君、binbirdさんに見惚れていたんですかねぇ(^○^)
エトピリカを見に北方領土近辺まで行かれる方がいました。熱意が違います。
ヨーロッパコマドリはやっぱり何とも言えず、かわいらしいです。
日本のコマドリより優しい感じがします。
ズアオアトリさんが来て、さらに増えてきましたね。すごいお庭です。
vivi_kota | 2009年09月18日(金) 21:03 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/399-2a0f9d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |