FC2ブログ

All archives    Admin

08月≪ 2019年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009'09.02 (Wed)

木が消えた

きのう帰宅したら庭の様子が一変していました。
庭の外にあった大きな木が消えていたのです。

庭に覆い被さるように立っていた木がない…
鳥の憩いの場が消えた…

多くの鳥が羽を休めに来るだけでなく、クロウタドリ、ヨーロッパカヤクグリ
ヨーロッパコマドリなどの住まいにもなっていた場所なので、憩いの場
住処を突如奪われた鳥たちはどうしただろう…と胸が痛みます。

午後7時過ぎ。クロウタドリのキョロちゃんがフェンスの上に
クロウタドリ。おうちはどこ…?
帰る場所がなくなり、混乱しているように見えました

木は、庭に隣接する空き地の端にあって、近所のこどもたちが遊べるよう
遊具などが取り付けられていました。
ひと月ほど前に木の一部が折れて落ち、その後、遊具が取り払われています。
実は、今年の春くらいから、木の枝や葉が部分的に変色し、枯れたようになって
いたので、遊具が撤去されたことを知った時『木を切っちゃったりなんてことに
なるかも…?』と漠然と思ってはいたのです。
けれど、いきなりこんなことになるとはショックですね。
安全等を考えて役所が木を切り倒したのだったら、それは仕方のないことだし
うちの木が無断で切られたわけではないので、文句を言う筋合いではないです。
食べ物を求めて、鳥はまた来ると思う。
だけど、朝に夕に心を和ませてくれた常駐組の居場所がなくなってしまったこと
それが悲しい。

この新入りさんも、木の中に戻っていっていたのな…
いえすずめのちび

こんな光景はもう見られないんだな
鳥たち、動物たちが集まった木

うちに来ていた多くの鳥が、危険を感じた時にはサッと逃げ込めた木。
クロウタドリがひなたぼっこをしながら、あたりを見回していた木。
通りすがりの鳥たちが、てっぺんで羽を休めていた木。
賑やかな囀りが聞こえてきた木。
そこに住んでいた鳥たちと一緒に、消えてしまいました。

きょうは楽しい話題じゃなくてごめんなさい。
見てくださってありがとうございました。
関連記事
 |  その他  |  TB(0)  |  CM(28)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

redwineさん、おはようございます(^^)
今回redwineさんや多くの方にコメントいただいて、私も本当に心が
あたたかくなりました。
ブログを通じて知り合った方々は、野鳥に関係あるなしに係わらず
みなさん魅力的な世界を見せてくださる方ばかりです。
私自身は、コメントなどなかなか残せないことも多いのに、がっくり来ている
時にあたたかい言葉を残してくださったことに、驚き感謝するばかりです。
ネットは仮想の世界とは言うけれど、思いやりの気持ち、やさしさなどは
実世界で感じるそれと同じように、心に伝わってくるものなんですね。
ありがたいことです。
コメントありがとうございました。
今日も1日良い日になりますように♪
binbird→redwineさん | 2009年09月04日(金) 05:29 | URL | コメント編集

binbirdさん、
僕はbinbirdさんにたくさんよせられている
コメントをみて、お会いしたこともないbinbird
さんのお人柄を想像してしまいました。
そして、コメントを寄せられている皆さんのお人柄も・・。
その一つ一つを読ませて頂くだけで今日は
幸せな気分になれそうです。人のつながりと
やさしさを感じてしまいました。
 binbirdさん、そして、みなさんに、乾杯!   
redwine | 2009年09月03日(木) 23:50 | URL | コメント編集

ろくろくさん、おはようございます。
そうですそうです、鳥のいい休憩所になっていたあの木です。
毎朝毎晩、鳥が木の上で見張り(?)をしていたり、木の合間からちょこちょこ
出てきたり、カラ類が枝に器用にぶら下がって、虫か何かをつついているのを
見るのが楽しみだったのですけれど…。
ばっさりとなくなってしまい、鳥も困惑しているだろうと悲しくなるのです。
あはは、ろくろくさんがお詫びだなんて。
みんないろいろの事情がありますものね。
今回の場合は、放置しておくと、さらに崩壊したりして危険ということで
切られたんだと思います。
クリスマスツリー、植えたいんだけれど、あんまり巨大に成長されると
大きくない庭なので、困ってしまうんですよね~(^_^;
低木の庭木もかなり増えていてスペースの問題もあるし。
いろいろ工夫してみて、鳥たちに気に入ってもらえる庭にしたいです~。
コメントありがとうございました!
binbird→ろくろくさん | 2009年09月03日(木) 18:04 | URL | コメント編集

すいませーーん;

あらっ! この消えた木って、この直前のポストでも鳥さんたちが座っているように見えた、あの木ですね、うーん、今までいろんな鳥がやってくる場所だったのに、それは残念;;;
とはいえ、うちも今夏、雀たちがさっと隠れる場所や中継地点として重宝がっていた木を、場所塞ぎとツタの撤去をする邪魔になるという理由で切り倒してしまったので、行政とおんなじことをやってしまいましたね、代わってお詫びいたしますです;
木の葉の一部が枯れていたということなので、もしかしたら枯れる寸前と判断されたのかもしれませんね。
ところで、クリスマスツリーの木はすごく早く生長するという話を聞くので、Binbirdさんちにでっかくなるクリスマスツリーの木を植えるというのはどうでしょうか!?
ろくろく | 2009年09月03日(木) 17:37 | URL | コメント編集

りもふさん、こんばんは!
似た気持ちを味わった方がここにも…(>_<)
本当に悲しい気持ちになりますよね。
でもゴイサギさん、戻ってきてくれてよかったです。
草簡単にへこたれはしないんですね。
うちに来てた子も、ゴイサギさんのように逞しく生きてくれますよね!
今朝はクロウタドリ来てました。
『木がないじゃ~ん、なんとかしてよねぇ』くらい思っていたかもしれない
けれど(妄想妄想(^_^;) 姿が見られて嬉しかったです~。
りもふさん、コメントありがとうございました!! 嬉しかったです。
binbird→りもふさん | 2009年09月03日(木) 17:12 | URL | コメント編集

庭に被さるように立っていた木が消えて、がらーんとした印象です。
引っ越し当初は、これがなければ日当たりがよくなるのになんていって
いたけれど、もし今もう一度同じ大きさの木を植えるよと言われたら
喜んでしまうと思います。
鳥たちが、木の間を出たり入ったりする姿が好きでした。
キョロちゃんのひなたぼっこ姿も。
木があるからこその光景だったんですよね。

カラーさんの家の周りも随分変化してしまったのですね。
鳥だけでなく、木々も泣いているというカラーさんの言葉、胸に染みました。
ほんとよね…。
色々なおもいの人が存在する以上、仕方のないこと場合もあるのでしょうけれど…。
動植物にも命があるということ、よく考えていきたいと思います。
カラーさん、コメントありがとうございます。
binbird→カラーさん | 2009年09月03日(木) 17:08 | URL | コメント編集

私も呆然としましたが、切られた木が住まいだった鳥たちはさぞ困惑
しただろうなと思います。

今朝は強い雨が降る中、クロウタドリが姿を見せました。
木はなくなっても、『ここが自分の庭』と思っているのか(妄想?)、うちの
庭で虫探しをしていたのが、なんだか嬉しかったです。
小さい庭なので大木は植えてやれないけれど、安心して過ごせるような庭
にして、またたくさんの鳥たちに来て貰いたいです。
のびさん、コメントありがとうございました!
binbird→のびさん | 2009年09月03日(木) 17:01 | URL | コメント編集

Rekioさん、こんばんは。
そんなことがあるかもしれない…と漠然とは考えていたものの、いざ木が
なくなってみると、呆然としました。
鳥たちはもっと驚き、困惑したのではないかと思います。

プチトマトを食べてたのは、ヒヨドリの仕返しかも、なーんて(笑)
落ちたヒナを思い、胸が痛んだというRekioさんのような方もいれば、そこに
巣があろうが頓着なく“邪魔な物”を排除する人もいるんですよね。
今回はしかたのない理由でしたけれど、理不尽な人間の都合で、住処を失う
いきものも少なくないのだろうと思うと胸が痛くなります。

今朝はクロウタドリが来て、土の中の虫探ししていました!
嬉しかった~。
うちには大木はないけれど、鳥たちが安心して過ごせるよう、色々工夫しながら
庭造りして行こうと思っています。
やさしいコメントありがとうございました(^^)
binbird→Rekioさん | 2009年09月03日(木) 16:58 | URL | コメント編集

こんにちは!
お気持ちお察しいたします・・・。
こちらの広瀬川でゴイサギがコロニーを作ってた木を伐採された時は悲しかった・・・。
もう来年は来てくれないのかと思いきや、今年も元気に来てくれました!
ちょっとコロニーの位置はかわりましたが。
確かに庭からの眺望は変化するでしょう・・・。
けど、野鳥や動物たちはきっとたくましく生活を続けてくれるはずですよ!
何よりbinbirdさんの庭の居心地のよさはみんな知ってるはずですから!(*^_^*)
りもふ | 2009年09月03日(木) 16:53 | URL | コメント編集

ベンジャミンのお話、毎年のことだなんて、それもハチドリの巣がある時期だ
なんて、鳥好きから見れば納得出来ないこと、そして巣を奪われるハチドリ
たちにはなんとも気の毒なことですよね。
なんの手助けも出来ない自分にジレンマ…というluluさんのお気持ち、とても
わかると思いました。
自然の中で暮らす生き物たちのことを考えていない人ばかりでは、もちろん
ないと思うけれど、人間の事情と動物たちの事情を秤にかけた場合、どうしても
人間に都合のいいようになってしまいがち。
辛いことですね。
今回はやむを得ない事情だったけれど、それでも、すぐに庭に代わりの大木を
植えてやれるわけでもない自分がふがいないような気になっちゃって…。
今日は朝から強い雨です。
そんな中、庭でクロウタドリが地中の虫探ししている姿を見つけ、ウルッ…と
しています。
こうやってずっと遊びに来てくれたら、嬉しいなあ。
luluさん、コメントありがとうございました!
binbird→luluさん | 2009年09月03日(木) 16:53 | URL | コメント編集

1枚目の写真、唖然としているbinbirdさんの気持ちが伝わってきます。
あんなにたくさんの鳥達の憩いの場所だったのに・・・

私も鳥見のきっかけになった、我が家の隣の畑。
ここにはたくさんの木々がありました。我が家の2階から鳥見ができる特等席でした。
いろいろな小鳥が来た綺麗な枝垂れ桜。
猛禽が一休みした杉の木。
畑に姿を現した親子連れのキジ。
みな切り倒され、今はただの広い空き地です。
鳥だけでなく、切り倒された木々も泣いていると思いました。
でも、隣の家のものですから、仕方がないです。
鳥達にとって、人間との共存が一番難しいと思います。
カラー | 2009年09月03日(木) 16:36 | URL | コメント編集

命を奪われたわけではないにしても
何とも心傷む話ですよね。
とても残念なことですが、
きっと鳥たちのお気に入りはbinbirdさんの庭でしょうし、
徐々に新しい生活スタイルを見つけていってくれるんじゃないでしょうか?
あまり気落ちしないで、鳥さんたちを見守ってあげて下さいね。
のび | 2009年09月03日(木) 13:04 | URL | コメント編集

こんにちは

そんな事は突然起こるなんて、お気持ちお察しします。
なんだかbinbirdさんの気持ちを考えると私もドキドキしてしまいます。

全然内容は違うのですが、うちでも前に伸びすぎた木々の枝を
落としていたらヒヨドリの雛が落ちてきた事があり、しばらく心が痛みました。
でもその木に巣があったわけではないので巣立ちの練習中だったようです。
その後うちのプチトマトをつつきに来てましたので安心しました。(仕返しかな^^;)

きっと野生に生きる鳥や動物はしっかり次の休憩場所を
すぐに見つけてくれるし、きっと又binbirdさんの用意してくれる
餌場は安全だと判っているはずなので顔を見せてくれると思います♪
Rekio | 2009年09月03日(木) 12:22 | URL | コメント編集

お察しいたします。

こちらも年に一度、家の周りの大木達こと、ベンジャミンの葉を全て刈られてしまいます。
オットに、「なぜ切る必要があるのか?」と聞いた所、
「ベンジャミンは、またすぐに葉っぱだらけになるから、たまにこうやって刈るんだよね」
と、結局、納得できるような答えはもらえませんでしたが(笑)、
ベンジャミンは、ハチドリ達が好んで暮らしています。
しかも毎年、ハチドリの巣がある時期なんです・・・
戸惑うハチドリの顔を見るだけで、
なんの手助けも出来ない自分にジレンマというか切ないというか虚しいというか・・・
誰も鳥(動物)たちのことなんて考えてくれてないんですよね・・・
binbirdさんの所は、木ごとなくなってしまったので、
呆然、唖然だった事でしょう。
鳥達も、吃驚した事と思いますが、
落ち着いたら、また戻ってきてくれる事を願っています。
lulu | 2009年09月03日(木) 07:32 | URL | コメント編集

はりねずみさん、こんばんは。
もしやそんなことも…とは思っていたけれど、いざ木が切られてしまうと辛くて…。
恥ずかしながらしばし号泣しました。
理不尽な理由や、お役所の杓子定規的な考えで切られたのではないし、仕方ない
ですが…。
9月に入ってから切ったのも、ひょっとすると子育てが終わる時期を見計らって
ということだったのかもしれない、と思っています。

はりねずみさんも、おなじ思いを経験されているんですね(>_<)ヽ
アオガラちゃんの話のようなケースは、きっとそこここにあるんでしょうね。
色々な状況があり、さまざまな考えの人がいるから、何が正しい正しくないとは
一概に言えないけれど、辛くなります。

フィーダー目当てに、これからも姿をみせてくれる鳥はいると思うのだけれど
以前のようにくつろいではくれないだろうな、と寂しいです。
でも、少しでも居心地良くなる庭造り考えていきます!
自分に出来ることはやらなくちゃですものね。
あたたかい言葉、うれしかったです。
はりねずみさん、ありがとうございます。
binbird→はりねずみさん | 2009年09月03日(木) 06:52 | URL | コメント編集

いきなり木がなくなってしまって、私は呆然としたけれど、鳥たちは
もっと困っただろうなあと思って…。
でも、ちゃんと次の場所探しますよね。
ほんとはうちに来て欲しいけれど、庭には小鳥たちが安心して隠れられる
ほど大きい木がまだ育っていないんです。
餌があるから、来るかもしれないけれど、今までのようにのんびりと過ごして
くれることはないのじゃないかな…と。
だからこれから、どんな風にしたら、彼らにとって居心地よくなるのか考え
ながら、庭づくりしていきたいです。
『鳥のウチ』目指します!
birdyさん、コメントありがとうございました(^^)
binbird→birdyさん | 2009年09月03日(木) 06:47 | URL | コメント編集

高さ十数メートルはあったと思うんですけれど…今の家に引っ越して
きた時に『この木がないと、庭の日当たりもう少し良くなるのになあ…』
って言ったことあるんです。
でも日当たりなんか多少悪くても、鳥たちが集まる木があるほうが
ずうっとよかったなあ…。
個人の身勝手な理由出来られたわけではないはずなので、怒りの感情は
全くないですが、本当に残念です。

わこさんも似たような気持ちを経験されたんですね。
色々事情はあっても、楽しみがなくなるのは寂しいし、なによりその木を拠り所に
していた鳥たちのことが気に掛かってしまいいます。

朝出かける前に、クロウタちゃんをチラリと見かけたけど、庭に置いた好物の
マスカットにも口を付けず飛んでいってしまい、帰宅してもまだマスカットは
そのままでした。
大きな木がないと、きっと落ち着かないのよね…(悲)
わこさん、やさしいコメントありがとうございました。
binbird→わこさん | 2009年09月03日(木) 06:42 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

いい子のキョロちゃん、木がなくなった夕方には、帰る場所が
なくなりました…とでもいうような表情で、フェンス上に佇んでいました。
今朝は出かける直前にチラリと見かけたけれど、飛び去ってしまって…。
どこかよそに行ってしまうのかな…と寂しいです。
今度の冬は、コマドリちゃんの姿が庭から消えそうなのも残念…。

木は見るからに状態の悪そうな部分があったので、病気だったのかも
しれませんね。
居場所をなくした鳥も気の毒だけれど、切られた木だって生きていた…と
思うとかわいそうに思います。
コメントありがとうございました(^^)
binbird→vivi_kotaさん | 2009年09月03日(木) 06:38 | URL | コメント編集

帰宅したら、庭の光景が激変していて呆然としました。
木で暮らしていた鳥は一体どうなってしまうのかと…。
でも、redwinneさんのおっしゃる通り、自然のいきものは、こんなこと
くらいでへこたれたりはしませんよね。
幸い近くには木々も少なくはないし、少し離れたところには林もあるので
みんな新しい居場所を見つけてくれると信じます。
冬の楽しみだったヨーロッパコマドリが見られなくなるのは残念ですが
時々フラッと遊びに来てくれるかもしれませんし。
早く気分を切り替えて、姿を見せてくれるのを待ちたいです。
redwineさん、あたたかなコメントありがとうございました(^^)
binbird→redwineさん | 2009年09月03日(木) 06:35 | URL | コメント編集

寿命だったのか、病気だったのか…。
人間の勝手な都合だけで切り倒されたのではないのが救いです。
考えてみれば、色々な理由で切られる木が少なくないんですよね。
木も生きているのにね。
私にも思い入れの深いポプラの木があるんですよ~。
ボギパパさんのコメントを読み、今も元気に立っているだろうかと
思い出しました。
コメントありがとうございました(^^)
binbird→ボギパパさん | 2009年09月03日(木) 06:32 | URL | コメント編集

piyo_bearさん、はじめまして(^^)
アオガラちゃんは、美しい色と可愛い姿で、見るだけでハッピーになれる
鳥なんですよ♪
今の時期は幼鳥さんも見られて、喜びも倍増です。
ピ^ナッツが大好物で、夢中で食べていきます♪

木が切られたのは残念ですが、理不尽な理由によってではないので
仕方ないですね…。
すぐには無理かもしれないけれど、これからは我が家の庭の環境を
小鳥たちが安心して過ごせるよう、少しずつ整えていきたいと思います。
コメントありがとうございました(^^)
binbird→piyo_bearさん | 2009年09月03日(木) 06:30 | URL | コメント編集

 binbird さん、こんばんは。
 「木がない…」という文を読んだとき、つーんと胸に痛みが走りました。わたしも鳥を眺めるようになってから、幾度か、鳥やリス達にとって計り知れない大切な役割を果たしていた木が、人間の都合で切られてしまったケースに会ってきて…。

 枯れ木は倒れたら事故になりかねないからもっとも仕方ないケースとはいえ、やっぱり泣いてしまいました。アオガラちゃんが巣をつくりはじめたばかりの木が、「光を遮る」という理由で隣人に切られてしまったこともあるんです…(T_T)
あとは、たんに工事の邪魔なんて場合も…(T_T)

 鳥さん達に、またあたらしい餌場、隠れ場、休憩の場が出来るといいですね。元気出してくださいね。
はりねずみ | 2009年09月03日(木) 04:30 | URL | コメント編集

こんばんは

残念ですね、木が切られたのは。
あまり知らずに無責任なコメントを出しますが
野生の動物たちは強いので、すぐに新しい落ち着き先を
見つけると思いますよ^^
とくにbinbirdさんの庭という野鳥やハイイロリスくんが好きな
もうひとつの場所がありますから、
全部無くなったワケじゃないかなと。

ウチもベランダから見える
野鳥が集まる庭のある家を「鳥のウチ」
鳥がたむろする木を「鳥の木」と名付けてますね。
カオグロガビチョウを見つけたのもその木です。
その「鳥のウチ」や「鳥の木」が無くなったりすれば
結構ショックかもですね。

お気持ち察しますが、野生の強さに期待しましょう^^
birdy | 2009年09月03日(木) 00:21 | URL | コメント編集

binbirdさんへ

こんばんは、こんなに大きな木が切られたのですか????
わたしも同じ思いを冬にしました。

前の空き地の野鳥のねぐらや休憩所にしていた
ニセアカシアの木でした。

それはうちのマンションの一階のお宅の眺望をさえぎるので
うちの管理組合が前の土地の了解をえて30万ぐらい遣って切ったのです。

一階の人にとったら毛虫は来るし、枯れ葉はベランダに入るしでいい事はまったくなくて

でもわたしには毎朝楽しみにしていた
野鳥観察の木でした。

立場かわれば・・・・・ですよね。
とっても お気持ちわかります。

けれどbinbirdさんのお庭にはきっと
少し遠くなるけれど、来てくれるような気がしますよ^^。
わこ | 2009年09月02日(水) 22:34 | URL | コメント編集

大きな木が切られてしまったのですか。
「お庭に来る鳥さんが減ったりしなけれがいいけど」と思っていたら、
キョロちゃん、来てくれたのですね。
いい子だ。

日本では松くい虫で多くの松が切られていますが、同じように線虫に
おかされたのか病気になったのかもしれませんね。
vivi_kota | 2009年09月02日(水) 22:24 | URL | コメント編集

大きな木が、突然なくなってしまったんですね。
小鳥もリスも隠れ家がなくなってしばらくはとまどうかもしれませんね。
binbirdさんのがっかりされた様子が伝わってきます。
でも、フィーダーもあるし自然の生きものは強いですから、小鳥たちはくじけないと思いますよ。
なにより、binbirdさんの暖かい心があるから、きっとみんな戻ってきてくれると思います。
元気だしてくださいね~          ~redwine~
redwine | 2009年09月02日(水) 21:46 | URL | コメント編集

木にも寿命があるのでしょうね、周りの木を助ける為にも
仕方なく切られた木も有ります。
工事の邪魔で切られる木もあります。
幼い日の学校の校庭の木、いつも遊んだ神社の境内の木
思い出に残る木もいっぱい有りますが、
それらの木もだんだん減ってきています。
私も歳をとって来た証拠でしょうか。
ボギパパ | 2009年09月02日(水) 19:15 | URL | コメント編集

初めまして♪
アオガラちゃんを検索していて、このブログにたどり着きました♪見ると…なんてツボなんでしょう♪かわいい野鳥がイッパイで♪
これからも楽しみにしております…が、木が切られたんですね~
お役所のすることなので口出しできないのがもどかしいです。子供への安全を求めると、どうしても小さな動物たちの住処が犠牲に…
自然の豊かなスコットランドでも日本と同じようなコトが起こるのですね。。。
piyo-bear | 2009年09月02日(水) 17:34 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/386-5c29a29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |