FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009'08.06 (Thu)

Footdee ~小さな漁村~

スコットランドはAberdeen(アバディーン市)の片隅にあるのが
ここFootdee(フィッティ)。

Footdee

かつては漁業に携わる人々とその家族が住んでいた小さな漁村ですが
現在では関係者は殆ど住んでいないそう。
2区画から成っていて、その佇まいはAberdeenの他のどの区域とも違った
独特な雰囲気を持っています。

車が入っていけない細い通り…
Footdee

石造りの小さな家が建ち並びます
Footdee

かつてはここを漁師たちが行き交い、その妻たちが通りに出て、お喋りに
興じながら漁網の繕いものなどをしていたことでしょう。

海辺の村らしい雰囲気ですね(^^)
Footdee

Footdee

“BAYVIEW” 家の中からの眺めを、建物につけたのですね
Footdee
家に独自の名前を付けるのは、こちらではわりとよくあることなのです

貝殻などの、海にちなんだ小物を窓辺に美しく飾ったお宅が多かったけれど
覗き見撮影は申し訳ないので、見るだけ。

と言いつつ、離れたところから、こそっと1枚だけ…(^_^;)
Footdee

こちらには親指姫と7人のこびとが住んでいそう
Footdee

独特でありながら、村全体がこぢんまりと、可愛い印象です。
でも、ここの雰囲気が独特なのには別の理由があると思うのです。

それが、これ
Footdee
いわゆる『住宅』ではありません。『小屋』の扱いです

各戸が1件ずつ所有しているという『小屋』には、持ち主の好みがそれぞれ見事に
反映されていて、眺めていると見飽きません

ふつうの物置場みたいなのもあれば(でも、門と塀がちゃんと付いてる!)
Footdee

↑上の『小屋』の番人?
Footdee
塀の上のクロウタドリ(ニセモノ)

貝殻をいっぱい壁に付けた海の家風なもの
Footdee

メルヘンチックなもの
Footdee

どの『小屋』も本当に個性的です
Footdee

Footdee

こんな一角を設けた『小屋』もあったりして…
Footdee
テーブルの上には灯台の置物がさりげなく置かれていました(^^)

こちらの2軒は春に来た時に見たもの
Footdee Footdee

とにかく個性的な『小屋』は見ているだけで楽ししくなるのです。
ここを見に来る観光客などがいるというのも頷けます。
住居のような役割を果たしているものも少なくないようで、binbirdも庭にこんな
『小屋』があったらな…なんて思ってみたのでした。

今回はスコットランドの小さな小さな“元漁村”をご紹介しました(^^)
Footdee



☆現実は厳しい?☆

『う~ん…』
クロウタドリ♂
なあに、唸っちゃって

『うちの庭じゃあ、Footdeeみたいな小屋は置けないんじゃあない?』
クロウタドリ♂

『庭が小さすぎるから!』
クロウタドリ♂
(;゜〇゜) だーかーら、あくまでも夢なの! あったらいいな…なの(‐_‐)

だいたいクロウタちゃん“うちの庭”ってなんなんですか。
いつからキミはうちの子になったんだ~(笑)

うちのクロウタドリさん(^o^)
クロウタドリ♂

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  風景+街並  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

人のの気配がする小屋もありましたし、実際に、お茶のセットを
トレイに載せて中から出てきたご老人もいましたから、居住
スペースの役割を果たしているものも少なからずあるようです。
充分な広さもあるようだし、追い出されなくとも自ら出向きたい
スペースなのかも(笑)
いかにもがらくたが詰まっていそうな怪しげな小屋もありましたが(^_^;

トホホ…いまや店子のbinbirdです。
小さな庭の横に立つ家を、クロウタちゃんから借りてます…。
なーんて。
でも、最近のクロウタちゃんのくつろぎぶりは、まさに“家主”の貫禄…。
乗っ取られたらどうしましょう(笑)
コメントありがとうございました!
binbird→vivi_kotaさん | 2009年08月11日(火) 05:07 | URL | コメント編集

この小屋、何が入っているんでしょう。
中には、家を追い出された可哀そうなお父さんが住んでいたりして。
各戸で1つの小屋があるとなると、そんなこと想像してしまいます。
夢が無いな~ ...自分で感じてます(笑)

クロウタさん、いよいよ本音が出てきたようで。
自分が家主でbinbirdさんが居候と思い出し始めたかも(笑)
vivi_kota | 2009年08月11日(火) 00:16 | URL | コメント編集

Simcoさん、コメント返信遅くなり、すいませんでした!
小屋と言うにはお洒落すぎ…本当にその通りだと思います。
私は最初、ここもれっきとした住居なんだと思っていまた。
石造りの家々は17世紀のものですが、小屋の方はかなりあと、19世紀に
なって続々と建ったようです。
何度か建て直しなどしているのでしょうね。
写真が上手に撮れないから、本来の良さをちゃんとお伝え出来るかは
わからないのですが、今後もスコットランドのなにげない表情を見て頂けたらい
いなと思います♪

クロウタさんの置物(ニセモノと書いてしまい、怒っているようです(^◇^;))は
実物より少し大きめでした。
うちにおいたら、数羽のクロウタドリが威嚇しに来そうな気もしますよ(笑)
でも、ちょっと置いてみたいかも。
いつか可愛いのを見つけたら置いてみます(^^)
コメントありがとうございました!
binbird→Simcoさん | 2009年08月08日(土) 18:44 | URL | コメント編集

素敵な家並みですね、小屋というにはお洒落すぎます^^
壁が石や木や漆喰であったり、ちょっと古びているのが趣になってるのでしょうね。
ガーデニングや装飾、街路灯まで可愛らしくて、どの写真もほんとに素敵です。
こんな通りが続いてたら、知らないうちにかなり遠くまで歩いていそう。
上の記事の「とんがり」の建造物も、実際に見てみたいなと思うのばかりです。

スコットランドの名所とは、また違うような素敵な風景も見せてくださり、いつも嬉しいです。豊かな自然、素敵な散歩道や家々など、とても目の保養になります。

クロウタさんの置物、可愛いですねー。
実物大くらいの大きさなのでしょうか?
あれをbinbirdさんのお庭に置いたら、binbirdさんちのクロウタさんはヤキモチやきそうですね、置物だとわかっても^^
Simco | 2009年08月07日(金) 20:43 | URL | コメント編集

メルヘンチックでカラフルな小屋が目を惹くのとは対照的に
静かな佇まいも魅力の場所でした。
家につける名前は屋号とはまた違うみたいですよ。
思うに、富士山がよくみえる場所だったから『富士見坂』…みたいな
そういう感覚でつけているのではないかと。
今度、家の名前コレクションでもしてみようかな(^^) 面白そうです。
クロウタちゃん、さすがにあちらこちらにいる鳥だけあって、置物にまで
なってました(笑)
こんな置物さりげなく置いてみたいです。
コメントありがとうございました!
binbird→ふく*たまさん | 2009年08月07日(金) 18:01 | URL | コメント編集

わぁ、素敵ですね~!
生活や仕事に汲々としていない、心の余裕の様なものを感じます。豊かですね。
家に独自の名前をつけるのって、「赤毛のアン」の“グリーンゲイブルズ”を思い出しました。
日本だったら屋号になるのかしら。
クロウタちゃんの置物もあるだなんて、実は、クロウタちゃんは家の守り神か何かだったりして?(笑)
ふく*たま | 2009年08月07日(金) 15:57 | URL | コメント編集

こちらには石畳の道路が多くて、細いヒールの付いた靴だと歩き
にくい…なんて思ったりもするのですが、こういう趣のある場所を
歩く時にはやっぱり石畳が良いなあと、勝手な事を思うのです(^_^;)

家をカラフルに塗る…ってそういう意味もあるんですね。
ちっとも知りませんでした。
おうちの裏手は見なかったのですが、海に面しているはずなので
もしかしたら、色が塗ってあるかもしれないですね。今度見てきます。
オモチャ風なのあり、おとぎ話風なのありで、楽しい小屋は確かに
どれがいいとは選べないかな…。
マリン風のが時期的に素敵かなとは思ったのですが。
なにしろ楽しい気分になる場所でした。

うちの庭にも小さな小さな小屋があるんだけど、草刈機やら自転車やら
スコップなんかかが入っていて、メルヘンとはほど遠いの…って、それは
小屋じゃなくて、ただの物置でした(笑) もちろんとっても殺風景(^_^;) 
時々クロウタちゃんが、物置の屋根でぼーっとしてます。
わこさん、いつも見てくださってありがとうございます♪
binbird→わこさん | 2009年08月07日(金) 06:52 | URL | コメント編集

漁村を見る機会って結構あるのですが、やはり日本のそれとは少し感じが
違うかなと思いつつ、共通した雰囲気も持ち合わせているような気がします。
ここは、普段見慣れた街並みとも全然違った風情がありました。
ガーデニングには、みなさん力を入れているようでしたよ(^^)
コメントありがとうございました。
binbird→おーちぃパパさん | 2009年08月07日(金) 06:46 | URL | コメント編集

海辺の街らしい、素朴で感じの良い飾り付けをお宅が多くて
ウキウキしながら歩きました。
ここからそう遠くない場所に、埠頭があって、いつもノルウェーなど
外国から来た大きな船が見えます。
埠頭は街の中心からほど近いのだけれど、車で近くを通り抜ける位で
立ち寄ったことはないんですよ(^_^;)
今度じっくり見てこようかな…と思いました。
小さなお船が浮かんでいるのは、もう少し小さい町の港でしょうか。
カモメが舞う空に、色とりどりの漁船が浮かぶ光景、ドライブの途中などで
目にすることがあります。
大きくても小さくても、海に浮かぶ船は素敵だなあと思います(^^)

我が家の庭には、多い時で7~8羽のクロウタドリが来るのですが、今回
登場したクロウタちゃんは常駐していて、朝、庭のドアを開けると、フェンスの
上から走り寄ってきたりすることもあるのです。
冬の間、レーズンを何粒かずつあげていたのを覚えているのかも。
とても可愛いくて、ちょっと話し掛けてみますが、ブログの中のように、あれこれ
喋ってくれることは残念ながらありません(笑)
でも、ほどよい距離感を保ちながら、目と心を楽しませてくれています♪
redwineさん、見ていただきありがとうございました(^^)
binbird→redwineさん | 2009年08月07日(金) 06:44 | URL | コメント編集

binbirdさんへ

こんばんは、素敵な小屋にお洒落な石畳ですね。

以前 漁にでた夫が自分の家がわかるように、
妻達が網がほどきながら、
自分の家をカラフルに塗って目立つように仕上げるのという外国の事をテレビでみました^^。

家が個性的なのはそんな理由もあるのかもしれませんね。
船のかじとか 貝殻とか マリン風いいですね。

どれがいいなかなって思っても迷いますね。
気持が明るくないと こんな色でませんよね。

binbirdさんのお庭にも作ってクロウタドリさんをおどろかしちゃえ!!!笑




わこv(●^v^●)v | 2009年08月06日(木) 21:45 | URL | コメント編集

こんにちは。
町並みが日本にない風情を感じます。そしてガーデニングが良いですね!ぽち
おーちぃパパ | 2009年08月06日(木) 21:44 | URL | コメント編集

いつも素晴らしい風景
そして街並みと生活道路
さりげない、飾り付けをした住宅
あ~、やっぱり日本にはない風景
スコットランドなんだ
そう思いながら一つずつじっくりと見てしまいました。
元、漁師街ということですから
ちかくに岸壁があるのでしょうか。
船着き場からの、街の眺めも素敵なんでしょうね。
勝手に、街の路地から海辺に続く道を想像してしまいました。
船着き場には小さな漁船が浮かんでいる光景です。
勝手に家族になってるクロウタドリさんもとってもかわいいですね。思わずなにかあげたくなってしまいます・・。
暖かい写真とコメントで、読ませて頂いた私のほうもあたたかくなってきます。
     ~redwine~
redwine | 2009年08月06日(木) 20:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/362-8ddb676d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |