FC2ブログ

All archives    Admin

11月≪ 2019年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009'07.22 (Wed)

メガネを掛けたウミガラス?

わぁ、パフィンに、オオハシウミガラス、そしてウミガラスがまた揃ってる
ウミスズメ科自治会議再び?
もしかして、また会議なんですね?

と、妄想スイッチオン!…のはずだったけれど、ちょっと待って、何かヘン!
違和感の原因は、右端にいる鳥。ウミガラスだと思ったけど…。

なんだか眼鏡を掛けているみたいじゃありませんか?
右端のヒト、誰?
左上の一段高いところにいるのが普通のウミガラスです

別の岩場にいたウミガラスのグループには眼鏡付きはいないみたい
ウミガラスの群

こんなの見たことな~~い!と、家に戻ってから図鑑を片っ端から
ひっくり返したところ、1つの図鑑に答えが見つかりました。

ウミガラスでよかったんです。
目の周りの模様から、"Bridled Guillemot"(馬勒*をつけたウミガラス)と
呼ばれることが多いものの、亜種とは見なされておらず、二形性の一例に
過ぎないとされているようです。
全体の数パーセントに当たる個体が、この面白い模様を目の回りにつけて
いるのだそうですよ。なるほど…。
でもbinbirdは、メガネウミガラスと呼んでしまいたい気分です(笑)

馬勒とは、馬の頭部につける、おもがい、くつわ、手綱の総称のことだそう。
ピンと来なくて、ネットで検索してみたら、確かに目の周りの模様と同じかたち
のものが、お馬さんの顔についていました。
興味のある方は調べてみてね♪

この時の様子は動画にも撮ったので、ご興味のある方はぜひどうぞ。
メガネさんがせっせと相棒(?)の羽繕いをする様子、あとからやって来た
オオハシウミガラスさんが、先に岩に陣取っていたウミガラスさんをシッシッと
追い払う(?)様子、そしてもちろん可愛いパフィンの姿がご覧いただけます。
約40秒です。



ところで…。
この夏ひたすらかよっているBullers O' Buchan
Bullers O' Buchan

Bullers O' Buchanのパフィン

崖上からの海の画像や、断崖の上にいるパフィンの姿などはお見せしたことが
あっても、実際どんな感じの場所を海鳥たちがコロニーとしているかは
なかなかわからないと思います。

今回は崖周辺の様子を少し動画でアップしてみました。
出演者(^_^;は少ないですが、なんとなく雰囲気はお解りいただけるかと思います。
約33秒





☆ほんとは目立ちたがりやさん?☆

『今日の主役はわたしじゃないの?』
Bullers O' Buchanのパフィン
最近沢山出てもらっているから、今日はウミガラスさんが主役よ

Bullers O' Buchanのパフィン
今『チェッ!!』って言わなかった?

人柄の良いパフィンさんがそんなこと言ったりしませんよね?
きっと空耳…(笑)

見てくださってありがとうございます(^^)

関連記事
 |  鳥+ウミガラス  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

あきさん、おはようございます。
メガネさんは、ピングーみたいな可愛さだなって思いました。
“普通”のウミガラスに比べて、どことなくユーモラスですよね。
羽繕いは、やたらと熱心にしていましたよ。
されている方はちょっとうるさがっているような感じもしたんです(笑)
仰る通り、いつも鳥ばかりアップで鳥勝ちで、周りの景色をちゃんと
見て(写して)いなかったりするんです。
今回は、どんなところにパフィンたちがいるのか見て頂きたくて
断崖の景色を少し動画にしてみましたが、雰囲気が伝わったようで
よかったです。
うっかりすると、本当に崖下に転落する場所なので、充分気をつけ
つつ、パフィンが海に帰るまで、観察を続けます。
お気遣いありがとうございます♪
見てくださって嬉しいです(^^)
binbird→あきさん | 2009年07月24日(金) 06:46 | URL | コメント編集

可愛いパフィンくんたちとも、お別れの時が近づいているようです。
後何回会えるかな…今日はまだいるかな…とドキドキする気持ちで
毎回会いに行っています。
いつも見てくださってありがとう!
binbird→おーちぃパパさん | 2009年07月24日(金) 06:40 | URL | コメント編集

こんばんは。

メガネウミガラスさんオチャメで可愛いですね♪
動画のウミガラスさんの羽繕いも可愛い♪♪
全体の景観。。。ついつい忘れてアップで鳥さんを撮りますよね。
断崖絶壁というのは分かっていましたが、
想像以上の場所でした!ちょっと怖いです。
これからも足元に注意しつつ、観察&撮影を楽しんでくださいね!
 あき | 2009年07月23日(木) 23:31 | URL | コメント編集

最近当たり前のように登場しているパフィン君!ホントかわいいですよね。今日は℃アップですし!景色も素敵ですのぽちり。
おーちぃパパ | 2009年07月23日(木) 22:46 | URL | コメント編集

漫画っぽい顔ですよね、メガネさん。
クレイアニメの『ピングー』のようだな、と思いました(^^)
ほんの少し、仲間と違う印があるだけで、がらりと雰囲気が変わる
ものなんですね。
二形性なんて言葉は、私も知らなかったのですが、なんとなく意味は
把握出来るかな…と。
曖昧でごめんなさい(^_^;
コメントありがとうございました!
binbird→vivi_kotaさん | 2009年07月23日(木) 04:23 | URL | コメント編集

メガネウミガラスさん、『ピングー』みたいで、可愛かったです。
パフィンにも負けない可愛さですよね(^^)
羽繕いしてもらっていたウミガラスさんは、実はカットした部分には
『やめろ~!!』と嫌がっているようなところも写っていたんですよ(^_^;
メガネさんは一生懸命だったのに…(笑)

崖上にいるパフィンを探すのは、難しそうでいて、目立つオレンジの足が
目に飛び込んでくるから、実際はわりと簡単なんですよ。
あと、落ちつきなくキョロキョロしているせいもあるかも(笑)
エトピリカも似たような感じだから、もしいたら案外パッと見つけられそうな
気がします。
希望を捨てずに、出会いを夢見て探してみてくださいね!
陰ながら応援しています♪

パフィンちゃん、舌打ちしましたよねぇ?(笑)
控えめだと思ってたのに、主役が良かったなんて…(^o^)
見てくださってありがとうございます!
binbird→ぴよこchan | 2009年07月23日(木) 04:18 | URL | コメント編集

やった!マンガチックな顔の珍鳥と思ったのですが。
”二形性の一例”なんて言葉は使ったことはないのですが、意味はわかります(笑)
vivi_kota | 2009年07月23日(木) 00:26 | URL | コメント編集

メガネをかけたウミガラスさん、おしゃれでかわいいですね^^
1枚目の画像でパフィンちゃんとウミガラスさんペアが、
2人で同じポーズしているので笑ってしまいました(^◇^)
足の出し方が一緒~♪かわいい(*^_^*)

メガネウミガラスさんに羽繕いしてもらっている相棒さん
気持ち良さそうですね^^いいな♪

本当に色んな鳥さんで賑やかな断崖の様子
見せて下さってありがとうございます(*^_^*)
やはりスケールの大きさを感じます。。。
パフィンちゃんとか注意してよ~く探さないと気づけないですよね?!
私もエトピリカちゃんに出遭ってみたいですが
家の近くでは無理かな~・・・
って諦めてしまったらおしまいなので、頑張って探してみますね(^_-)-☆

あれっ?パフィンちゃん?・・・私も今『チェッ』って聞こえたような・・・
まさかね、、空耳ですね(笑)
ぴよこchan | 2009年07月22日(水) 20:03 | URL | コメント編集

メガネさん、ほんとにひと味違った顔に見えますよね(^^)
他の子たちは、目がどこにあるかよく見えないし(それは私の写し方が
悪いだけかも(^_^;)
場所によっては、全体のたった1%がこのメガネタイプという記述もネットで
見たので、そうそう見られる姿じゃなかったのかもしれないと思うとラッキーです。
天売のオロロン鳥にもメガネさんがいるのかな。
オロロン鳥もエトピリカも国内では絶滅が危惧されているんですよね?
なんとか数が増えてくれたらよいのですが。
どちらも生息地が限られているから、同じ道内とは言っても見るのはなかなか
難しそうですが、あえたらいいですよね。

動画両方見ていただき、ありがとう!
メガネくん、しつこいくらいに羽繕いしてたけど、納得するまでしたかったのね(笑)
私も納得しました(^o^) 副会長だし!(笑)
動画を撮った時は、穏やかな天気で風もなく、あまり恐怖を感じなかったです。
強風の時は、ボウボウと風の音がすごいし、手もブレブレなんですけど(^_^;

散歩道はクルリと回って大体3~4㎞でしょうか。
日によってコースを変えたり、時間があればコブちゃんを求めて同じ道を
2度3度と歩いたりもするんですよ(しつこいなあ(^_^;)
今時期は、野草なども美しいので歩くのが楽しいです。
マガモの後ろの巨大鳥、アザラシかなとも思ったのですけれど、それにしては
小さいし…。結構な大きさだし…ホント誰だか気になっています。

Simcoさん、いつも見ていただき感謝感謝です♪ ありがとう(^^)
binbird→Simcoさん | 2009年07月22日(水) 18:08 | URL | コメント編集

メガネさん、目の横の線がちょっと下がりめで、気が弱そうというか、やさしそうに見えます^^(副会長に推されてパフィンさんと頑張ってるのでは? 笑)
全体の数パーセントなら、撮影や録画ができたのは、とても貴重ですよね!
動画も楽しませていただきました♪
納得するまで(?)羽繕いをやりたい様子や、後ろのオオハシさんも面白かったです。
そういえば、こちらにいるウミガラスって、天売島のみで繁殖してる、オロロン鳥なんですよね。オロロン鳥もエトピリカもなかなか見られそうにないなぁ・・( TーT)

海岸の風景の動画も見入ってしまいました。
風強くなかったですか?揺れないでちゃんと撮ってらっしゃいますね。
パフィンさん、最後のシメを飾ってやっぱり主役ですねー( ・∇・)

「散歩道」の風景、とても素晴らしかったです。
流れるように紹介してくださってますが、けっこう長い距離を歩かれてるのでは?
散歩の中で、アザラシやハクチョウがみられるなんて素晴らしい環境ですね。
遠くに見える船や素敵な橋、可愛らしい家と小道、全て一度体験したいと思えるような散歩道でした。
マガモさんのそばにいた、大きな鳥さんが何なのか気になります^^
Simco | 2009年07月22日(水) 17:32 | URL | コメント編集

ロンゲのおやじさん、はじめまして。
ウミガラスやオオハシウミガラスなどは、いつ見てもペンギン
みたいだなと私も思います。
可愛くて好きな鳥さんたちです(^^)
お立ち寄りと応援_ありがとうございました。
binbird→ロンゲのオヤジさん | 2009年07月22日(水) 17:24 | URL | コメント編集

おじゃまします。

ウミガラスって初めて見ました。

何だか、どちらもペンギンのようですね。

ポチして帰ります。
ロンゲのオヤジ | 2009年07月22日(水) 17:21 | URL | コメント編集

メガネさん、すわ珍鳥かと思いましたが、ウミガラスさんでした。
よく目立っていたんですよ。
ペンギンの『ピングー』みたいとも思いました。

二形性という言葉は、私も初めて見たんですよ。
説明文を読んでいる時に"dimorphism"という単語が出てきて、意味が
わからず、調べてみたら出てきた言葉だったんです。
広辞苑で調べても、二形性の意味は載っていなかったので、なんとなく
わかったようなわからないような感覚ですね(^_^;
同じ性質だけれど、2つの異なる型(種類)がある…といったところでしょうか。
動画も見てくださってありがとう。
この場所に通うのも、あと少しかなという気がしています。
コメントありがとうございました!
binbird→カラーさん | 2009年07月22日(水) 17:20 | URL | コメント編集

おぉ~、ほんとにメガネをかけていますね。可愛い!
「二形性」という言葉を初めてしりました。
数の少ない子が見られて、ラッキーかも。
動画も2つ見させてもらいました。
ほんとに断崖絶壁、よく撮影されたと改めて感心してしまいました。
カラー | 2009年07月22日(水) 16:59 | URL | コメント編集

メガネくん、やたら目立っていました(笑)
なにしろ今まで見たことがなかったので、珍鳥かとも思ったのですが(^_^;
目の位置がわかりやすい…あはは、ほんとにね(^o^)

この場所に行くたびに、怖い思いをするわけですけれど、パフィンはいるし
おまけに景色も綺麗なので、得るものが多いんです。
命綱を用意して、崖ギリギリに立って、パフィンを接写したい!とも思ったほど…。
いえ、思っただけですが(^◇^;)
動画も見てくださって、うれしいです。
いつもコメントありがとうございます(^^)
binbird→真丸さん | 2009年07月22日(水) 16:29 | URL | コメント編集

ここに目があります!って印を付けた親切ねメガネウミガラスくんですね。
何しろウミガラスくんは目の場所が判りにくいし。

動画も見ました♪
崖周辺の動画は撮影も危なそう。
改めて見ると凄いところなんですね。
でも、ここなら天敵も少ないだろうし。
真丸 | 2009年07月22日(水) 14:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/350-2b66c3b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |