FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009'06.23 (Tue)

巨大なたまご?

昨夜は、先月末に訪れて、その場所では初のパフィンや、ヒメウの巣を見た
Bullers O' Buchanまで、足を延ばしてみました。

Bullers O' Buchan

ヒメウの巣を見た場所に直行しようと思っていたけれど、一番最初に見つけた
のは、断崖の上の巨大なたまご…??

セグロカモメのヒナ
いえいえ、たまごじゃあなくて、ヒナですね

この子たち、セグロカモメのちびちゃんです。

ヒナたちがいたのはこんな場所
Bullers O' Buchan

近くにはちゃんと、親鳥もいましたよ
セグロカモメ
親鳥は、まだ他の卵を温めているのかな

なんだかウズラ卵みたいな模様をしていて、頭部は、どこが目なのか
わかりにくいセグロカモメのヒナ。
じっと見ていると、斑点模様がいろんな顔の表情に見えてきます(^_^;)

一番下にいる子だけトリミング。岩側を向いています
セグロカモメのヒナ
あどけないですね(^^)

これが、憎まれ口を聞くお節介なカモメに成長するのかと思うと、なんだか
切ないわあ…なんて(^◇^;)
幼鳥は見たことがあるけれど、ヒナを見たのははじめて。
商業施設などの屋上に営巣するセグロさんもいるようですが、こんな場所での
子育ては、きっと快適でしょうね。
ちびちゃん、大きく育つんだよ~♪



☆何が待ってる?☆

Bullers O' Buchanに到着して、車を止めた場所から見えた光景
小走りの牛たち

『帰るどぉ~~!』の雄叫び(単なるモゥ~♪という説もあり(笑))で
みんな小走りで同じ方法へ向かっていました。

午後8時前。もしかして、晩ごはんが待っているのかな
牛さん、おうちに帰る…



☆がっかり☆

少し前の小雨が降る日、うちに来ていたホシムクドリのちびちゃん
ホシムクドリの幼鳥

バードテーブルには、なにも置いていなくて、がっかり…かな?
ホシムクドリの幼鳥
もう少し寒くなるまで、今しばらくお待ち下さい

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+セグロカモメ  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

セグロカモメのちびちゃんの、意外な可愛さに釘付けになりました。
双眼鏡でよーく見ないと、顔がどこなのかわかりませんでした。
ふわふわの毛玉みたいなのヒナが、コワモテの大人になるまでの
様子を、ドキュメンタリー風に追ってみたい!…なんて(^^ゞ
ヒナは私も、ほとんどみたことがありません。
イエスズメと、クロウタドリくらいでしょうか。
ヒナを見た後で、成鳥を見ると『あんな、か弱そうなヒナが、こんな風に
成長するんだ…』と、感慨深くなったりします。

スコットランドの風景って、北海道のそれに似ているところが多いんですよ。
何を隠そう道産子なので、よく懐かしい気持ちになります。
binbird→ぴよこchan | 2009年06月25日(木) 05:16 | URL | コメント編集

セグロカモメちゃんの赤ちゃん かわいい~(*^_^*)
産毛がほわほわでたまりませんね~(*^_^*)ぴよ♪
私はまだ、赤ちゃん状態の鳥さんを、この目で見た事がなくて
見てみたいです~!
でもこうしてbinbirdさんの所で見れたから幸せです(*^_^*)
大きくなって憎まれ口を聞くようになるのも案外楽しみです(^^)ニコ

雄大な自然の中を歩く牛さんの光景も良いですね^^
日本で言うと北海道みたいですね^^
ぴよこchan | 2009年06月24日(水) 22:42 | URL | コメント編集

こんばんは(^^)
ここも、恐ろしい崖さえなければ、良い景色が楽しめるのですが…。
あっ、崖がないと、海鳥さんたちも見られないですね(苦笑)

洞窟みたいな場所は、その昔、まさしく洞窟だったそうで、天井が崩れて
今のような形になったのですって。
“元洞窟”の中には、集団のオオハシガラスなどは全くいなくて、なぜか
カモメ類が多いです。
カモメのヒナの意外な可愛さには、私も驚きました(カモメが怒る~(^_^;))

ここへ行くまでの途中には、北海道風の牛たちが固まっている場所も
あったんですよ。
郊外に行くと、驚くほど北海道と似た景色を見ることがあって、そんなのも
スコットランドが好きだなと思う理由の一つです。
積丹半島あたりの雰囲気に似た場所もあるし…うう、北海道懐かしい(>_<)

食べ物を期待してくる小鳥さんたちをみると、確かに気持ちが揺れますね~。
でもここはグッと我慢、寒くなったら、どん!大盤振る舞いしたいです。
(↑大盤振る舞いはないか…(^◇^;))
Simcoさん、見てくださってありがとうござした♪
binbird→Simcoさん | 2009年06月24日(水) 16:37 | URL | コメント編集

いつもいいですね~Bullers O' Buchanの景色。
海鳥達には快適な場所でしょうね、そして洞窟のような場所は、冒険心をくすぐられるような雰囲気がありますね。
雛さんたちも柔らかそうな場所で、親がそばにいて安心で快適なんだろうな。
カモメは雛のときはコロコロしてて、とっても可愛いのですね(カモメに失礼かな^^;)、初めて知りました、見せていただきありがとうございます♪

牛達のいる広大な高原、いろいろな色の牛が緑に映えて素敵な風景になっていますね。
牛達の柄が白黒のホルスタインなら、北海道風になるんだろうな~と思いました。
バードテーブルのホシムクさん見て、うちに来てたヒヨちゃん思い出しました。
ガッカリしてる様子を見ると、つい心がユラッとなりますよね、でも鳥さんとお互い寒くなるまでの我慢ですね~^^
Simco | 2009年06月24日(水) 11:03 | URL | コメント編集

この場所には午後9時過ぎまでいましたけれど、ちゃんと周りの光景が
見える明るさでしたよ。
今晩も出かけたかったのですが、夕方から出ていた濃い霧が、少し
ドライブしても晴れる様子がなくて、諦めて途中で引き返してきました。

セグロカモメのヒナは、思いの外可愛かったです。
立ち姿のヒナがいないか探したのですが、今回は見られませんでした。
コメントありがとうございました(^^)



> これ、夜に行ったのですね!
> こちらだったら、そろそろホタルを見る時間帯ではないかと。
> セグロカモメは一杯見れるのですが、雛を見たのは初めてです。
> ゴマフ頭をモフモフしたくなりますね。
binbird→vivi_kotaさん | 2009年06月24日(水) 04:57 | URL | コメント編集

もこもこですよね~、もっと可愛くない(セグロさん、ごめん!)と何となく
思っていたのに、意外なほど可愛かったです。
世の中には、色々な絶壁マニアさんが存在するらしいですけれど、私は
決してその一人ではないですぅ(>_<)
この時も、緊張してガクガクしながら歩いてました(^_^;)

ホシムクちゃん、がっかりさせて申し訳なかったけれど、真丸さんの仰る通り
小さいうちから楽はいけませんものね。
庭の虫たちを掘り出して、もりもり食べて欲しいと思います(笑)
コメントありがとうございました♪
binbird→真丸さん | 2009年06月24日(水) 04:54 | URL | コメント編集

おはようございます(^^)
あはは、決死の覚悟ですか…いや、でもここは本当に怖い場所がいっぱい
あって、ものすごく緊張しながら歩きました(^◇^;)
近くに親鳥がいなければ、すぐにはセグロカモメのこどもと判らなかったと
思います。2羽で大人しく座り込んでいる様子が可愛かったですよ。
見事すぎる2を作ってくれたコブちゃんには感謝、感謝です。
いつもコメントありがとうございます♪
binbird→おーちぃパパさん | 2009年06月24日(水) 04:49 | URL | コメント編集

これ、夜に行ったのですね!
こちらだったら、そろそろホタルを見る時間帯ではないかと。
セグロカモメは一杯見れるのですが、雛を見たのは初めてです。
ゴマフ頭をモフモフしたくなりますね。
vivi_kota | 2009年06月24日(水) 00:43 | URL | コメント編集

セグロカモメのちびちゃんもやっぱりモコモコなんですね。
ナデナデしてみた~い♪
やっぱり、binbirdさんは断崖絶壁好きなんですね(笑

ホシムクドリくんも期待して来たのにがっかりかな。
でも、楽を覚えちゃいけませんぜよ。

真丸 | 2009年06月23日(火) 20:07 | URL | コメント編集

日本時間でこんばんは、今日も自然の雄大さを感じさせるbibbirdさん決死の覚悟の写真、見事です。上の写真これだけ見ただけではセグロカモメには見えませんね!もこもこさんかわいいですね。下のコブハクチョウも数字の2を見事に?書いています。ポチッ
おーちぃパパ | 2009年06月23日(火) 18:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/325-8353215b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |