FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008'04.08 (Tue)

濡れても平気?

1日小雨の降り続いた今日、、鳥さんたちの訪問はグッと少なかったようです。バードフィーダーのエサがほとんど減っていません。

それでも外に目をやるたび誰かしらやって来て…


イエスズメさんのくちばしの先に雨のしずくが…。寒そうです(>_<)
イエスズメ(House Sparrow)♀



はーっ…また雨なのね~、とため息の聞こえそうなアオガラくんの後ろ姿
アオガラ(Blue Tit)



珍しく、フィーダーからこぼれ落ちたエサをついばむヨーロッパカヤクグリ(Dunnock)
ヨーロッパカヤクグリ(Dunnock)



こちらもおなじくヨーロッパカヤクグリ。物置の屋根の上に移動しました
ヨーロッパカヤクグリ(Dunnock)


最近ちっとも顔を見せてくれなかったヨーロッパコマドリ(Robin)さん
ヨーロッパコマドリ(European Robin)



明日は晴れるといいなあ。
イエスズメ(House Sparrow)


ぼやけた写真ばかりでごめんなさい。。。


ところで、スコットランドは天気が変わりやすいことで知られています。1日に晴れたり、雨が降ったりを繰り返すことはよくあること。

ただ雨が降ってもすぐ止むことが多いし、雨量もそれほど多くないので、こちらの人には雨の中でも傘をささない人がかなりいます。雨の中、平気な顔で歩いている人が多いのです。

平気な顔で歩ける理由の1つに、天気事情をふまえた上で着用していると思われる、フード付の防水コートみたいなものを来ている人がやたらと多い、っていうのもある気はするのですけれど。フードをかぶってしまえば、傘、いらないですもんね。

でも、1日雨降りの今日も「なにがあっても傘はささない(もちろんフードもなし)派」が相当数、街なかを闊歩していました。体中に雨のつぶつぶを乗せている庭の鳥さんたちみたい…というにはあまりにもびしょぬれで、なぜそこまでして傘をささない、もしくは、さしたくないのですかぁ?と、心の中で叫ぶbinbirdでした。

関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/30-eb92c692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |