FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2019年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009'03.27 (Fri)

Bullers O' Buchan

今年はどうしてもパフィン(ニシツノメドリ)が見たいbinbird。
行き当たりばったりじゃダメだなということで、この数週間情報収集と
下見を続けています。今回は、以前の記事に書いたTroup Headに続き
パフィンが見られそうな候補地の様子をご紹介しますね。

Bullers O' Buchan

タイトルのBullers O' Buchanはここのこと
Bullers O' Buchan
海の洞窟だったものが崩壊してこんな形状になったのだとか

近くには小さな小さな村もあって、それを含めたこの辺り一帯をBullers O' Buchanと
呼ぶようですね。

さて、自然のトンネルが見える『元洞窟』の内側には…

ヨーロッパヒメウ(European Shag)がいました
(ヨーロッパヒメウ
岩壁を上へ上へと移動しているのです

やがてたどり着いた先にはもう1羽のヨーロッパヒメウがいて
ヨーロッパヒメウ
あっち行け!とばかりに、追いやられてしまいました

『フンッ!』と鼻息が荒かった…気がするもう1羽(^_^;)
ヨーロッパヒメウ

このエリアでは、印象的な断崖絶壁がそこここで見られるだけでなく、そこに集まる様々な海鳥(もちろんパフィンを含む!)の姿を観察することが出来るのだそうです。

オオハシウミガラスやフルマカモメの姿に混じってパフィンもちゃんと描かれてる!
Bullers O' Buchan

パフィンに会うには時期尚早ですが、なんと言っても下調べ、周辺を歩いてみる
ことにしました。
崖すれすれの細い道を(柵なんかないのです(>_<))、海に向かって進みます。

海、そして崖(>_<)
Bullers O' Buchan
前回のTruoup Head ほどじゃないけれど、高さと絶壁にクラクラします

この周辺は断崖に挟まれた入り江が多いのです
Bullers O' Buchan

Bullers O' Buchan

"断崖のアパートメント"には、フルマカモメ(Fulmar)さんが入居中
フルマカモメ
世帯数はかなり多いようでした

Bullers O' Buchan

崖の上にはセグロカモメさんカップルが
セグロカモメ
あちこち、カップルだらけです(^^)

Bullers O' Buchan

上の画像の入り江には、オオハシウミガラス(Razorbill)の姿が
オオハシウミガラス
入り江の外側にも100羽程姿を確認できましたが、ここでは少数

こちらの断崖はオオハシウミガラスさん専用のよう
オオハシウミガラス
不鮮明だけど、ペンギンみたいな姿ご覧いただけますか

この場所は、かなり期待できそうです!
いくつかの断崖は"パフィン様専用"になるという話もあって、パフィン遭遇も
夢じゃないように思えてきます。
もう少し暖かくなって、パフィンが出没しそうなころまた訪れてみます。



☆アオガラちゃんの憂鬱☆

ピーナッツの減りが気になるアオガラちゃん
アオガラちゃん
『暖かくなったら補充はなくなるって、ホントかなぁ…』

ホントです!(キッパリ!)

『ピーナッツの切れ目が縁の切れ目って言うんだよ』
アオガラちゃん
そんなぁ…。アオガラちゃんの脅迫? 憂鬱じゃなくて?

こんなお客様(?)も
ミヤマガラス
ミヤマガラスさん。大きい~

"ふわふわ"を銜えるイエスズメさん♀
イエスズメ♀
巣の材料にするのね(^^)

見てくださってありがとうございました♪

関連記事

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

 |  風景+自然  |  TB(0)  |  CM(21)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ゆんさん、はじめまして(^^)
パフィンを見に行かれるんですね~!
ツアーだとポイント押さえてますから、見られる確率がグンとアップ
しますよね。Staffaならバッチリなような…羨ましい!
時期もギリギリ間に合うように思います。
会えるといいですね! 絶対会えますように!
私も、崖上から探すのは怖いので、どうしてもだめならツアーかなと
思っています。今月Skye島周辺に行くので、その時にでも試してみる
かもしれません。
Mull島、いいですね~。私も行ってみたいです。

こちらは身近に鳥が感じられるので、自然と目がいくようになりますよね。
私も最初は名前も解らず、姿を見るのも初めての鳥ばかりで、ひとりで
大騒ぎをしていたんですよ。
これからも色々な鳥に出会っていきたいなって思っています。
あっ、まずはお互いパフィンを目指さなくては(笑)
見てくださって、そしてコメントくださってありがとうございました(^^)
binbird→ゆんさん | 2009年04月01日(水) 06:56 | URL | コメント編集

私もパフィン見に行きますー

初めまして!Bath在住のゆんと申します。
鳥たちの写真、かわいいですねー。私もイギリスに来てから、より鳥たちを身近に感じるようになりましたが、名前も何も知らないのが多かったので、こちらの写真、とってもとっても助かります!ありがとうございます!
この夏、私たち一家もパフィンを見に行きますー。Mull島に7月30日から3泊し、天気のいい日をねらって半日ツアーでStaffa島に行く予定。シーズン終わりかけなので、微妙ですが、どうか会えますようにー。。お互い、パフィンちゃんに会えるといいですねー。
ゆん | 2009年03月31日(火) 20:56 | URL | コメント編集

猫山さん、こんばんは~。
自然のトンネルがある場所も、もとは洞窟だったのだと知ると
色々想像が膨らみます。
このあたり、景色はとてもよいのですが、見るからに危険な断崖が
多くて歩くのが怖いのです(>_<)

アオガラちゃんたら可愛い顔して脅かすんですから(笑)
今日は気温が2℃くらいしかなくて、おまけに雪まで降っちゃってます
が、今入れてあるナッツがなくなる頃には、少しは暖かくなっていると
思うんですよね。
縁の切れ目などと言わず、庭に顔を見せて欲しいものです(笑)
コメントありがとうございました!
binbird→猫山さん | 2009年03月28日(土) 20:37 | URL | コメント編集

こんばんわ

すごい崖というか橋というかトンネルというか…(笑)
物語を感じる景色ですね。
海の色も綺麗なブルーグリーンですね(*^^*)

アオガラちゃんの脅迫、笑っちゃいました(笑)
確かに~、あたたかくなったら自力でごはんみつけなきゃ、ですよね(笑)
真冬の駆け込み寺もそろそろお休みですね。
猫山 | 2009年03月28日(土) 20:26 | URL | コメント編集

luluさん、こんにちは~。
最近はパフィンに会うための下調べをしているので、海沿いの
画像が多くなっちゃってます(^_^;)
風景は素晴らしいのですけれど、高所恐怖症の私には断崖
歩きが辛かったりするんですよね~。夜もうなされます(>_<)
『ナショナルジオbinbird』は無理かも(笑)
とはいえ、いろんな海鳥に会えるので、楽しいです。
オオハシウミガラス、図鑑で見てらしたんんて、ほんとタイムリー!
崖にも海にも沢山いましたけど、遠くて、私の12倍ズームコンデジ
ちゃんじゃこれが限界です(先日20倍のも手に入れたんだけど
それでも多分ダメだと思う)
luluさん&オットさまなら、きっと素晴らしいショットを撮られるのに…。
スコットランドにいらっしゃいませ~(笑)
クッキリ写ったオオハシウミガラス見てみたい!(恐ろしく他力本願)
今日も断崖目指して出かける予定でしたが、雪が降っちゃって、おまけに
強風なので、諦めました(ホッとしていたりもする(笑))

luluさんとこのムービー、あれはすごかったですね。
とても感動しました。なかなかあそこまで撮れないと思います。
コメントありがとうございました♪
binbird→luluさん | 2009年03月28日(土) 20:11 | URL | コメント編集

すばらしい!!!!!!!

お写真がいつもと違う感じで、
違う所にお邪魔したかと思い(._+ )☆\(゚▽゚ )バシッ

いえいえジョークデス(笑)
いやーすごい!こんな所にふつーに行けちゃうんだから、
『ナショナルジオbinbird』ですね!(←FLAT-6さんから借)
こんな珍しい鳥や、カモメが崖に居る風景なんて
普通見れませんから、楽しい撮影でしょうね。
タイムリーで、最近、図鑑でこのペンギンみたいな鳥を
撮りたくて毎夜寝る前見てたんです。
まさかこちらで拝見できるとは!感激しました。
貴重なお写真見せて頂きありがとうございました♪
lulu | 2009年03月28日(土) 12:52 | URL | コメント編集

> パフィンに燃えてますね(笑)
はい、メラメラと、ボウボウと燃えています(笑)
海のピエロって表現、ほんとにぴったりで、なるほど!と思いました。
水中で随分上手に魚を捕るらしいですね。
嘴の先いっぱいに魚を銜えた写真、よく見ます。
会えないと、恐怖の断崖歩きを続けなくてはならないので、なるべく
早い時期に会えたらいいな~と思っていますが、果たしてどうなり
ますことやら(笑)

vivi_kotaさん高所恐怖症ですか。
私もです! パフィンを見たいという気持ちがなければ絶対こんなところ
行かないです。自分でも驚いています。。
オオハシウミガラス沢山いました。点在する少数グループ、入り江の外の
大きなグループの他に、断崖の上にペアが何組か。
一度は鮮明な画像撮りたいですが、運任せですね(^◇^;)
ミヤマガラスの嘴、やはり日本のミヤマさんとは違うんですね。
ひょっとしてミヤマガラスじゃないんじゃないかと図鑑を見直しましたが
間違いないようです。
同じ名前でも、姿形に違いがあるのは面白いですね。
見てくださってありがとうございました♪
binbird→vivi_kotaさん | 2009年03月28日(土) 05:18 | URL | コメント編集

からーさん、おはようございます(^^)
ありがとうございます。パフィンには絶対会いたいんです。
想像していたよりもかなり小さいらしいので、カメラで鮮明に撮る
事が出来るかはわかりませんが、一目でも見られたら満足です。
断崖の高さは30メートルほどという事ですが、柵も何もないので
本当に怖いです。
オオハシウミガラスの写真は、地面にほぼ腹這いになって
手だけ伸ばして、液晶画面を見ながら(画面が動くのです)写しました。
とても崖っぷちに立つ勇気がありません。
今後も気を付けて、パフィン探しをするようにします。
お気遣いに感謝です♪

> お庭にくる鳥達の写真を見たら、何故かホッとしました。
私も家に戻って、庭の小鳥さんを見るとホッとします。
恐怖心と闘いながらの断崖歩きは、結構神経が疲れるみたいです。
コメントありがとうございました(^^)
binbird→カラーさん | 2009年03月28日(土) 05:09 | URL | コメント編集

noahさん、おはようございます。
落ちたら…わーっ、考えたくないです!
大体30メートルくらいの高さのようです。足すくみます(>_<)
断崖マンションには、フルマカモメのカップルがいっぱいいたし
セグロカモメもそこここで仲睦まじい様子を見せてくれました。
子育てシーズンにはものすごく賑やかになるんでしょうね~(^o^)
最初、カワウだと思ったヨーロッパヒメウでしたけれど、トサカが
いい見分けポイントになりました。
ウの仲間ってあんまり可愛くはないな(^◇^;)と思ってましたが
ひょうきんな感じでなかなか可愛かったです(^^)
パフィンを見られた暁には、断崖絶壁にはもう近寄りたくないです。
でもsれまでは足下に気を付けつつ、頑張ります。
お気遣いありがとうございます♪

イエスズメちゃんは去年の今頃も、せっせとふわふわを集めてました。
お気に入りの素材なんでしょうが、どこから見つけてくるのかな~。
見てくださってありがとうございました(^^)
binbird→noahさん | 2009年03月28日(土) 04:59 | URL | コメント編集

パフィンに燃えてますね(笑)
NHKのダーウィンが行くで以前に放映していました。
タイトルは「海のピエロ”水中を飛ぶ!」
会えるといいですね。

パフィンもそうですが、オオハシウミガラスも会ってみたいです。
でもこの崖は高所恐怖症になった私には無理そう(汗)
ミヤマさん、こちらで見るミヤマさんよりずいぶん立派な嘴ですね。
vivi_kota | 2009年03月27日(金) 21:10 | URL | コメント編集

こんなに下調べをしているのですもの、絶対にパフィンに会えますよ!
それにしても断崖絶壁、
入り江に浮かんでいるオオハシウミガラスの写真を見ただけで、
こわ~いと思ってしまいました。
ほんとに気をつけて撮影して下さいね。
お庭にくる鳥達の写真を見たら、何故かホッとしました。
カラー | 2009年03月27日(金) 19:37 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年03月27日(金) 19:29 |  | コメント編集

こんばんは~^^

binbirdさん、凄い!ここ落ちたらどうなるんですかぁ~(>_<) 考えただけでも背筋がゾクッてなっちゃいました\(◎o◎)/!
かなり崖上から海までの距離もありそうですね~そして、春なんですね~カップルさんたちが沢山いて、仲睦ましそう!
ヨーロッパヒメウさんの頭には、冠のようなトサカがあるんですね~
鵜と聞くとどうしても、東京湾に群生しているイメージがるのですが、このヨーロッパヒメウさんは綺麗ですね~
これは、パフィンさんたちに会えるのが本当に楽しみですね~下調べが役に立つといいですね~
それから、くれぐれも足元気を付けてね~\(◎o◎)/!

イエスズメちゃん、ふわふわが似合いますね~可愛いなぁ~
noah | 2009年03月27日(金) 19:28 | URL | コメント編集

あら、ちょうど真丸さんのところから帰ってきたところです(笑)

海鳥いっぱいいました。
北のへ向かう、シロカツオドリもこの辺りを通過していくのですって。
画像、どれも不鮮明で申し訳ないのですが、オオハシウミガラスは
立ち姿がペンギンっぽくって可愛かったです。
あとは念願のパフィンさえ見られれば!
そしたらもう、断崖には近づきたくないです(笑)
この辺りの崖は大体30メートルほどの高さなのだそうですが、足が
すくんでしまいます。
今朝はみぞれ交じりの雨が降ってましたが、鳥さん達は活発です。
寒いけど、春はもうすぐそこまで来ているんですね(^o^)
コメントありがとうございました♪
binbird→真丸さん | 2009年03月27日(金) 17:39 | URL | コメント編集

いいな~いいな~海鳥一杯♪
いろんな海鳥に会えるのなら断崖の高さなんて...でもやっぱり怖そう。

オオハシウミガラスさんホントにペンギンみたいでかわゆい!
イエスズメさんも新居の準備で忙しそう。
鳥さんも動きが活発になってきましたね。
春ですね~
真丸 | 2009年03月27日(金) 17:19 | URL | コメント編集

こんばんは~。
崖っぷちに脅えながらも、素晴らしい景色と、鳥の姿を楽しめました。
海岸近くではほとんど木は見かけません。
ウミガラスは、はるか遠くにいるのしか見たことがなかったので、双眼
鏡で表情が確認できる位、近くで見られてうれしかったです。
あとは、パフィンにさえ会えれば…。
転落しないよう気を付けつつ、パフィン遭遇を目指します(^◇^;)
コメントありがとうございました。
binbird→りもふさん | 2009年03月27日(金) 17:18 | URL | コメント編集

こんばんは。
絶壁だらけで、人もいないと思いますでしょう?
でも、家族連れや、明らかに鳥見が目的の方、それに地元の方とおぼしき
老婦人がおふたり、犬を連れてお散歩にいらしてました。
とても“散歩”という雰囲気の場所ではないのですが…(^_^;)
景色は素晴らしくよかったです。
これからのシーズン海鳥も沢山見られそうで、期待しているところです。

ミヤマガラス、そちらでで見られるのとは違うのですか?
写真で見た感じではよくわかりませんでした。
大きくて厳つい見た目の割に、とても臆病ですぐに逃げてしまうミヤマガラス
ですけれど、庭にいるのをみると、いつも“ギクッ!”としてしまいます(笑)
コメントありがとうございました。
binbird→MGさん | 2009年03月27日(金) 17:14 | URL | コメント編集

素晴らしい風景ですね!
岩場の為か、樹木が少ないのですね~。
ウミガラスさん、良いですね。
ウミスズメ類は見たこと無いのです。羨ましい~!
くれぐれも転落にはお気をつけて^^;
りもふ | 2009年03月27日(金) 14:41 | URL | コメント編集

お早うございます。

すごい場所ですが、たくさんの海鳥達の楽園のようです。人もいないのでしょうね。
素晴らしい所だと思います。

ところで、ミヤマガラスですが、こちらで見られるミヤマガラスとは全く違います。驚きました。
MG | 2009年03月27日(金) 10:41 | URL | コメント編集

おはようございます~~。
おぉ、よくぞ理解してくださいました!
怖いんです、怖いんですぅ~~。
記事には書かなかったのですが、最近、崖っぷちに立っていると崖が
崩れて転落! ぎゃ~!と叫んだところで、ハッ!と目覚めるという事が
何度かあって、パフィンを見たいという夢のためだとはいえ、なかなか
辛いわぁ~(>_<)とくじけ気味でもあるのです。
高いところが苦手なのと、なんといっても、柵も何もない断崖の上という
状況に、ものすごく緊張&脅えているんだと思います。
オットも高所が苦手なため『パフィンを見たいなら、ボートツアーとかを
利用して海から見ようぜ』などと言い出す始末。
全て自己責任ですから、気をつけてパフィンとの遭遇を目指したいです。
でもねぇ、こんな危険な場所でもあるのにも関わらず、柵なんかなくて
“高いし、岩は崩れやすいから、気を付けて~。特にお子様連れの時や
犬の散歩の時には、しっかり管理してちょうだい”という“注意書きが
ちょこっとあるだけって、お国柄なんでしょうか…。
あっ、景色がすごくきれいなのには、息を呑んじゃうんですよ!
コメントありがとうございました(^^)
binbird→FLAT-6さん | 2009年03月27日(金) 09:21 | URL | コメント編集

おお~!

これまた怖そうな場所ですね~~

しかし、これだけのフィールドがあれば

かなりいろんな鳥に出会える確率は高そうですね!

くれぐれも撮影に夢中になって落っこちないようにしてください~~
FLAT-6 | 2009年03月27日(金) 08:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/271-889ecedf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |