FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008'11.07 (Fri)

Castle Moil  -スカイ島の小さな廃城-

タイトルをご覧なって、まだスカイ島ネタを出すのか!?と思った方、多分、これが最後のスカイネタでございます…。

スコットランド本土とスカイ島を結ぶ橋、スカイ橋(Skye Bridge)のスカイ島側にあるのが、小さな村カイラーキン(Kyleakin)。(なんだかじゅげむじゅげむ…の早口言葉みたいになってしまいましたね(^_^;))

1995年にスカイ橋が開通する前は、島と本土を結ぶフェリーが運航していて活気があったようですが、今は静かな村という印象でした。

さて、その小さな村を通り抜け、埠頭へ出てみると…
☆クリックで大きめの画像になります☆

船が並ぶ波止場の向こうに
カイラーキンの波止場

小さなお城がみえるのです
Castle Moil

モイル城(Castle Moil)
Castle Moil

Castle Moil

現在の建物が建てられたのは15世紀ごろということですが、言い伝えではもっと
もっと古くからあったと言われているのだとか。
お城の大部分は消失していますが、残っている部分にこれ以上ダメージがないよう
今は管理・保護されているのですって。

そう遠くない場所にあるエイリーン・ドナン城のように有名ではないけれど
スコットランドとスカイ島の間に浮かぶ小さなお城は、ずっと眺めていたくなるような
魅力がありました。(ずーっと見ているには、風が強くて寒かったのですけれど(^_^;))



☆おまけ・今朝のゴシキヒワさん☆
おまけというにはあまりにおこがましい画像なのですが…
きのうに引き続き、今日も姿を見せたゴシキヒワさん
木の上のゴシキヒワ

ねぇ、下に降りてらっしゃいよ~!
木の上のゴシキヒワ
庭に来てくれると、もうすこしはっきり写せると思うのに(>_<) シャイなんでしょうか

見てくださってありがとうございます♪
関連記事

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

 |  風景+お城  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございます。
ブログ見ていただいていたなんて、嬉しいです。
庭の小鳥さんが中心だったはずが、最近は風景写真なども
増えてきました。
手つかずの自然が多く残るスコットランドですので、少しでも
雰囲気をお伝えできたらいいなと思っています(^^)
ボギパパさんのブログは、いつも楽しく拝見していますよ~。
今後もどうぞよろしくお願いいたします
コメントありがとうございました(^^)

binbird→ボギパパさん | 2008年11月10日(月) 05:09 | URL | コメント編集

はじめまして。

今晩は、始めましてボギパパといいます。
FC2訪問者リストからお伺いしました。
と言うより、いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。
ご挨拶しようと思っていても、筆不精(初対面者には・・笑)のため
ご挨拶が出来ずにいました。
私もbinbirdさんのこのブログを楽しみに拝見しています。
珍しい外国の風景&野鳥新鮮な気持ちです。
これからも素敵な写真を撮って見せてください。
今日はご挨拶まで(汗)

日本の片田舎の街より---ボギパパでした。
ボギパパ | 2008年11月09日(日) 21:58 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年11月09日(日) 20:55 |  | コメント編集

晴れていた割には風も強く、とても寒かったので、早々と車に戻って
しまったのですが、暖かければ、この景色を眺めながら数時間は
過ごせたかもと思うくらい、気に入った場所でした。
原型をとどめないほど崩れていますが、それがかえって想像力を
かき立ててくれるのです(笑)

ゴシキヒワ、せめて庭まで降りてきてくれればよいのですけれど
なかなか思うようにはいきません。
binbird→みぃこさん | 2008年11月09日(日) 10:26 | URL | コメント編集

モイル城、風格有りますね。
風景の中に溶け込んで、「ずっと見ていたいような」・・とおっしゃる気持ちが分かるような感じです。
新しいものには無い魅力ですね。

ゴシキヒワさんが、またいらっしゃいましたか♪
いいですね、binbirdさんのところほんとに可愛い鳥が訪ねてきてくれて。
みぃこ | 2008年11月09日(日) 08:31 | URL | コメント編集

猫山さん、こんばんは♪
かつてはどんな佇まいで、ここに建っていたのかな…なんて想像しながら
お城を見つめていました。
美しく見えるように…そうかもしれないですね。
大昔から船が行き交う場所だったはずなので、船上からここを色んな思いで
眺めた人がいたんでしょうね。
エジンバラ城のように自然の要塞(岩山)の上に建つ頑健で巨大なお城も
よいけれど、私はこんな小さなお城の方が好きかもしれません。
崩れたお城にロマンを感じる…なーんて(笑)
コメントありがとうございます(^^)
binbird→猫山さん | 2008年11月08日(土) 21:04 | URL | コメント編集

こんばんは。
コメント遅くなってしまいすみません。
石造りのお城は、見慣れていないせいもあって、崩れ落ちたお城でも
とても魅力的に感じます。
でも、姫路城みたいな日本のお城も大好きです。
独特の形や風格が素晴らしい~!
スコットランドには有名無名、大小さまざまなお城が点在しているので
機会があればあちこち見てみたいと思っています。
そのときにはブログでご紹介するのでぜひご覧くださいね♪
見てくださってありがとうございました(^^)
binbird→あきさん | 2008年11月08日(土) 21:00 | URL | コメント編集

こんばんは~!
コメント遅くなってしまいごめんなさい!
私も、Saa。さんと同じ様な事を想像していましたよ~。
船が行き交う場所だったはずなので、船上でこのお城を眺めた人は
なにを思っていたのかなぁとか、想像が止まらなくなります。
2枚目ほめていただき嬉しいです♪ 
なにを隠そう、お城が目に飛び込んできた時の私の第一声…
『すてき~』そして『きれい~』。
お城や、綺麗な景色と言われる場所を見ると、いつもこればっかりです(笑)
見てくださってありがとうございます(^^)
binbird→Saa。さん | 2008年11月08日(土) 20:56 | URL | コメント編集

こんばんは。
お返事遅くなりましてすみません!
ゴシキヒワ、春・夏の間も声は聞こえていたのだけれど、茂った木の
葉で姿はなかなか見られませんでした。
葉が落ちた今は姿を容易に確認できるものの、写すのが難しいです(>_<)
せめて庭まで来てくれれば…と思うのですが、ゴシキヒワさんの気分
次第のようです。
お面顔が可愛くて好きな鳥なので、なんとかズームアップ写真が撮れる
よう頑張ってみますね。
さて、いつになりますことやら(笑)
コメントありがとうございました♪
binbird→meadowさん | 2008年11月08日(土) 20:52 | URL | コメント編集

こんばんは~!
コメント遅くなってしまいごめんなさい!
どんな形でここに建っていたのかなぁなんてことを色々想像しながら
眺めていました。
数十年前に嵐で崩れる前は、もう少し原型に近かったらしいですよ。
ほんのすこしみたいですが。
ゴシキヒワ見てくれてありがとう(^^)
顔が赤いのは恥ずかしがり屋さんだったからなんだ!
だから庭には来ないのね…(笑)
いつも応援ありがとうございます♪
binbird→noahさん | 2008年11月08日(土) 20:49 | URL | コメント編集

こんにちは

こちらもまた素敵なたたずまいのお城ですね~
クリックして大きな写真でしばらく鑑賞してしまいました(^^)
遠くから見た時も綺麗に見えることを計算して作
られたんですかね。
景色に溶け込んでますね。
猫山 | 2008年11月08日(土) 12:19 | URL | コメント編集

日本のお城とは全く印象が違って洋風のお城もまた魅力的です。
日本にはほとんどないんで、見る機会もありませんが、一度間近で見てみたいな~♪
あき | 2008年11月08日(土) 01:53 | URL | コメント編集

やっぱり古城は絵になりますね~。

こんばんは。

2枚目のお写真、素敵ですね~。
もう私ったらそんな言葉しか出てこない…。
(完全にボキャブラリー不足★苦笑)

元はどんなお城だったんだろう…。(うっとり♪)
どんな人が住んでて… とか、
どんどん空想(妄想)が始ってきちゃいました♪

Saa。 | 2008年11月08日(土) 01:19 | URL | コメント編集

こんばんは
ゴシキヒワという名前に何となく覚えがあったので、
左のカテゴリで写真を見せて頂きました。
binbirdさんが以前にも撮られていましたね。
写真を拝見して思いだしました!。
そうそう、仮面を被ったような赤ら顔の鳥でしたね(笑)。
これからの季節が見られる機会が多くなるのでしょうか?。

正面顔のズームアップ写真に期待します。
meadow | 2008年11月07日(金) 22:27 | URL | コメント編集

こんばんは~。

お城って古ければ古いほど、言いようの無い特別な雰囲気が漂ってくるんですね~。
モイル城も残されている箇所を見れば本当に少ないのでしょうが、そこにあるだけで悠久の時を旅することが出来ますね~。
寒くなければ、私もずっと見ていたと思います(^^♪。
ゴシキヒワさん、見えてますよ~v-433。赤いお顔は、恥ずかしがりやさんの証?
ポッチン応援!
noah | 2008年11月07日(金) 21:03 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/202-cf113c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |