FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008'10.27 (Mon)

Edinburgh Castle -お城と、エジンバラの街並み-

とある休日、binbirdはエジンバラ城の真ん前に立っておりました…。

☆クリックで大きめの画像になります☆

お城の入り口
エジンバラ城

入り口を抜け、入場券を購入して城門の中へと入ります
エジンバラ城
落とし格子門になっています

門の内側。画像右側は、ラング階段
エジンバラ城城門と、ラング階段

ラング階段は70段の急な階段で、中世にはここがお城の頂上に続く主要登り口
だったそう。

ロイヤルパレス正面
エジンバラ城

ロイヤルパレスは、王族の住居部分だったところです。
撮影禁止だったのでお見せできなくて残念ですが、この建物内のクラウン・ルームというところには、スコットランドの象徴とも言える“運命の石(※この記事の下に簡単な説明を書いておきました)”など興味深いものがたくさんありました。

スコットランド国立戦争記念館
エジンバラ城

聖堂のようにも見えますが、上の戦争記念館の裏側
エジンバラ城・スコットランド国立戦争記念館

巨大な“モンス・メグ”
エジンバラ城
重さ6トンの重砲です

エジンバラ城

モンス・メグは1449年にベルギーで造られたもので、1457年にスコットランドの
ジェームス2世に寄贈されました。
1550年には“引退”しているそうですが、活躍当時は重さ約150キログラムの砲弾を発射できたのだとか。
射程距離は3.2キロメートルだそうですよ。

波を打ったような屋根部分は、昔の火薬庫。今はカフェになっています
エジンバラ城

上の画像右端部分に、細身の大砲が見えますか?
これは“ワン・オクロック・ガン”と呼ばれているもので、クリスマスと日曜、復活祭の金曜日を除いた毎日午後1時に発砲されます。
1861年に最初の空砲が撃たれて以来、2度の世界大戦時に中断されたことはある
ものの、約150年間、エジンバラの街に轟音を響かせているそうです。
今回は聞けませんでしたが、数年前にこの大砲の発砲音をエジンバラ城近くで
聞いた時には体全体ににドン!と衝撃が伝わるほどのすさまじさだったように
記憶しています。

こちらはハーフムーン砲台
エジンバラ城
お城の正面から見ると、緩やかにカーブしている部分です

ここからは、エジンバラの街並を見渡せます
エジンバラ城

黄色いクレーン車が見えるのは、お城の正面入り口広場
エジンバラ城

砲台を下から眺めたところ
エジンバラ城

お城からの眺め。街の向こうは、フォース湾
エジンバラ城
画像右端にある小高い丘は、カールトン・ヒル

カールトンヒルには、さまざまなモニュメントが建っていて、そのうちの1つがアテネにあるパルテノン神殿を模したと言われるナショナル・モニュメント。
ナショナル・モニュメントはナポレオン戦争の戦没者記念碑として建設が始まった
ものの、予算不足で中断されたままになっています。


8年ほど前にフィルム写真で撮ったナショナル・モニュメント
エジンバラ城
※スキャナ取り込み

こちらも同じ時期に撮った写真。中央から右より部分が、エジンバラ城。
エジンバラ城
高いがけの上にお城が建っているのがおわかりいただけますか

さて、今のお城に戻って…。もうちょっとだけ景色を眺めてみましょうか。

ひときわ高さが目立つとんがったゴシック様式の塔は、スコット・モニュメント
エジンバラ城

スコット・モニュメントは、スコットランドを代表する作家、ウォルター・スコットを記念
して建てられたもの。高さは60.1メートルあるそうですよ。

エジンバラ市内
エジンバラ城

今回はエジンバラ城からの景色をご紹介しました。

※運命の石は、何世紀にも渡ってスコットランドの王様が即位する際の王座として
使われてきたもの。
1296年にイングランド王エドワード1世によって奪われて以来、イングランド君主の
戴冠式に使われていましたが(1714年以降は、グレートブリテン島すべての君主が
使用)、1996年11月にスコットランドへ返還されました。

☆おまけ☆ 
ホリールードハウス宮殿
エジンバラ城

16世紀にスコットランド王の宮殿として建てられたホリールードハウス宮殿は現在
英国王室のスコットランド公邸となっており、エリザベス女王など王室メンバーがスコットランドを訪れる時にはここに滞在するのですって。

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

 |  風景+建造物  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

やっちゃん、こんばんは。
他の国のお城のことはあまりよく知らないのですが、市内を
見下ろすように岩山に佇むお城の様子は、ヨーロッパにある
他のどんなお城とも違っているのだそうです。
『丘の上の要塞』とも言われるだけに、人を寄せ付けないような
厳しい顔も併せ持っているように見えました。
見てくださってありがとうございました!
binbird→やっちゃん | 2008年10月28日(火) 19:43 | URL | コメント編集

いかにも

スコッツマン達のお城というかんじです!
記事楽しかったです。有難うございます!
やっちゃん | 2008年10月28日(火) 14:06 | URL | コメント編集

ふみさんへ

お城は観光客で埋め尽くされている感じでした。

大砲の弾詰め…重労働だったでしょうね。
数人がかりで詰めたのか、なにか特別な道具でも使ったりしたのか
ちょっと気になってきました。

ワン・オクロック・ガンは、エジンバラ在住のビジネスマンの提案が
きっかけになって始まったようですよ。
市民は大砲の音で時刻を合わせている…ってある本には書いて
あったけどさすがに今はそんな事してはいないですよねぇ…?

パノラマ景色に挑戦したくて連続で写真を撮ってみたのですが…。
ふみさん、ゆうさんのところのパノラマ写真のようにはうまくいかず
断念しました。
4枚くっつけたら、明らかにゆがみが見えるんです(>_<)
2枚だけ繋げてみましたが、ちょっと微妙ですよね。

みてくださってありがとうございます(^^)
binbird→yuufumiさん | 2008年10月28日(火) 04:17 | URL | コメント編集

そうなんですよ~! 
街並のほとんどは、メインストリートを見渡せる、観光客がひしめく
砲台から撮ったのですけれど、あとから、この旧火薬庫を見下ろす
位置からの景色が一番よかったかも!と思いました。
家に戻ってきてから気づいたって、時すでに遅しなんですけれど…(苦笑)

エジンバラ城ツアー、30~40万円ですか? たっ、高い…。
でも少し前までのポンド高の時に比べると『来るなら今かも?』かなと
いう気もします。
私は、2ヶ月ほど前に日本のサイトで購入した品物の決済が先週あり
円高に泣いています…。
今日本には絶対帰れないです(>_<)
binbird→vivi_kotaさん | 2008年10月28日(火) 04:12 | URL | コメント編集

こんばんは~。
エジンバラはスコットランドの首都だけあって、歴史にまつわる興味
深い話がギューッと詰まった街だなあと思います。
街のそこここに、中世の面影が残っていて、歴史上の人物がその場に
いてもおかしくないような雰囲気がたっぷりです。
史跡や、様々な建築物も豊富なので、歴史や建築に関心がある方には
ぴったりな場所かもしれませんね。
いつかこのエジンバラ城を見に来られる機会があるとよいですね♪

お天気がよくてラッキーでした。
街並みも遠くまでよく見渡せましたし…なにより青空は気持ちいいですものね(^^)
見てくださってありがとうございます~。
binbird→Saa。さん | 2008年10月28日(火) 04:08 | URL | コメント編集

りもふさん
コメントが遅くなってごめんなさい!

風景が増えてきて、鳥さんの登場回数が激減しているような気もする
今日この頃、庭のみんなに文句を言われないよう気を付けねば…(笑)

大砲、あんまりにも大きすぎ重すぎで移動するのも大変だったらしいですよ。
建築物の高さなどに制限があるようで、この辺ではあまり現代的な建物は
見かけませんが、場所によっては近代的なビルもあります。
エジンバラより、グラスゴーの方に斬新なビル等が多い気がします。
いずれにせよ日本の大都会のような高層ビル群にはお目にかかれません。
binbird→りもふさん | 2008年10月28日(火) 04:03 | URL | コメント編集

noahさん、こんばんは。
コメント遅くなりましてすみません!

あとから考えると、見所はもっといっぱいあったはず!と思うのに
見学に夢中になってしまいあまり写真を撮っていなかったんですよ~。
一番見たかった礼拝堂も洗礼式で中に入れず残念だったので
また機会を見て行きたいと思っているのですが、いつになるやら…。
ハーフムーン砲台は、半月のように湾曲している形が名前の由来の
ようです。
説明不足でごめんなさい(>_<)
でも、ここから見たらハーフムーン…ってアイディア、とってもロマン
チックだと思いました♪
見ていただき、うれしいです。
いつも応援ポチありがとうございます(^^)
binbird→noahさん | 2008年10月28日(火) 04:00 | URL | コメント編集

ふみより^^

こんばんわ^^
エジンバラ城。スコットランドを代表するとても有名なお城なんですね~
沢山の人達は観光客の方なのかな~?
歴史を感じるステキなお城ですね^^

巨大なモンス・メグはすご~い!
重さ150キロもある砲弾を発射できるなんて・・・
大砲の中に砲丸を詰込むだけでも大変だったでしょうね><

ワン・オクロック・ガンで時刻を知らせていたんですね。
今でもそれがずっと続けられてきているんですね。
日本で言うお寺の鐘が鳴るのと同じような感じなのかな~^^;

どのお写真もステキですね^^
特にお城から眺める景色は最高です~(^O^)
yuufumi | 2008年10月28日(火) 01:19 | URL | コメント編集

昔の火薬庫が写っている写真からの街並みが綺麗です。小高い所に
立っているのが良くわかります。

エジンバラ城ツアー、お値段にずいぶん開きがありました。円高が進
んでいるとは言え、ちょっときつそう。272,000円~ 406,000円
vivi_kota | 2008年10月27日(月) 21:14 | URL | コメント編集

憧れの街なんですー♪

こんにちは。

またもや素敵な古城写真がぁ~♪♪v-10

エジンバラには、1度是非訪れたいんですよー。v-10
以前、仕事でエジンバラの写真を沢山見る機会があって、
その時にすっかり魅了されたのです♪
その中の史跡写真で、ローマ軍がエジンバラまで来てたのとか知ったり…。
歴史的にもなんだか奥深く感じて… 
是非いつか行ってみたいんです~♪

今日、今再び~魅了され♪ v-10
お天気良かったんですね、古城と青空が素敵ですね♪

Saa。 | 2008年10月27日(月) 18:11 | URL | コメント編集

binbirdさんの風景写真も、いつも楽しみにしてます(*^_^*)
この大砲スゴイ!!けど、この砲弾じゃなかなか狙い通りには
当たらなかったでしょうね^^;(笑)
歴史を感じさせる建物ばかりですが、日本のような近代的高層建築物はあるのでしょうか?
りもふ | 2008年10月27日(月) 11:34 | URL | コメント編集

おはようございます

お写真じっくり見させていただきました。お城の感じや周りの情景などとってもよくわかりました。
戦争記念館の黒く焼けた跡は、印象的でした。
ハーフムーンと名づけられた、砲台。きっとあそこから月を覗き見ると、ハーフムーンに見えるのかもと思ってしまいました(笑)。覗き込んだ砲台から、街並みを撮った写真は、いい感じですねぇ~(^^♪
v-34pochi応援
noah | 2008年10月27日(月) 10:40 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/194-31d72ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |