FC2ブログ

All archives    Admin

11月≪ 2019年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008'10.14 (Tue)

Isle Of Skye -羊さんにご注意-

スカイ島をはじめとするスコットランド西海岸側島々や、ハイランド地方の一部では
今もゲール語が日常的に使われているそうです。
ケルト系の言語、ゲール語には、スコットランドで話されるScottish Gaelicの他
アイルランドで話されるもの、マン島(グレートブリテン島とアイルランドの間の海に
ある島。 自治権を持つ英国の属国)で話されるものがあるんですね。

スカイ島では、もちろんScottish Gaelicが使われていて、道路脇の道案内には英語
だけでなく、ゲール語も使われていました。

上がゲール語、下が英語
スカイ島の案内標識


こちらはそれぞれの言語で書かれたもの
英語版
スカイ島の案内標識
ゲール語版
スカイ島の案内標識

電光掲示板にも、英語・ゲール語
スカイ島の案内標識
うむ…。ゲール語はちんぷんかんぷんです。

ところで、言葉でなく、図で視覚にバン!と訴えてくるのがこちらの標識
スカイ島の道路標識

スコットランドはどこででも羊の姿を目にしますが、スカイ島は本当に羊が多いところだなあと感じました。

スカイ島の羊

スカイ島の羊

岩山の斜面にも
スカイ島の羊
『落ちないかって? まさか~(呆)』
スカイ島の羊

海のそばにだって
スカイ島の羊

とにかく至る所に羊さんがいるのです

道路の脇も例外ではありません。
羊たちがのんびり草をはんでいたり、寝ていたり(!!)、羊さんののんびり具合とは正反対に、こちらはいきなり飛び出してくるんじゃないかと冷や冷やしながら車を
運転することになるのです。

と、狭い道路のど真ん中で羊さんが小競り合い
スカイ島の羊
あの~、道を…空けていただけませんか(^◇^;)

『勝負がつくまで無理!』 『とりゃああっ!』
スカイ島の羊

これ2頭の羊さんがくっついて、グイグイ押し合っているのです。
スカイ島の羊

幸いなことに、勝負はあっさりとついたようで(笑)
スカイ島の羊
また先へと進むことが出来ました…。

特に幹線道路を離れた場所では、こんな光景が至るところで繰り広げられているといっても過言ではありません。
運悪く車と衝突してしまったのか、足を引きずりながら歩いている羊さんも何頭か
見かけました。

そんなわけ(?)で、もしスカイ島に行かれる機会があったら、そしてその際に運転
されるのであれば、ぜひぜひ羊さんたちにはご注意を!

スカイ島の風景
スカイ島の風景

スカイ島の風景

スカイ島の風景

見てくださってありがとうございます♪
関連記事

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

 |  自然+いきもの  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ゆうさんへ

ゆうさん、おはようございます。
コメントへのお返事が遅くなってしまい、すみませんでした<(_ _)>

インナー・ヘブリディーズ諸島にご興味を持たれたとのこと、私の
拙い記事がその小さなきっかけになったのならば嬉しい限りです(^.^)
私自身はまだ全然ヘブリディーズのことをよく知らなくて、いずれ島々を
訪れる機会があればいいなと思っています。
スコットランドは北海道ほどの大きさなのですけれど、行きたいところが
山のようにあり、悩みの種です。

羊さんお楽しみいただけましたか。
羊が多い土地柄、ブログネタに困った時には羊頼みも出来そうな気が
します(笑)

携帯の写真、ブログに載せておられましたよね!
素敵なお写真と、何で撮るかが問題じゃないな…と思ったことをよく
覚えていますよ。
いつも丁寧にお写真撮られていて、ちょっとは私も見習わなければ…
と思うことしきりです。

あの…、歳についてのコメントには別に深い意味はありませんでした
けれど、もしゆうさんを不快にさせてしまったのだとしたら、お詫びします。
お嫁にいくような娘がいてもおかしくない私ですので、あんなコメントに
なってしまいました。

いつもみていただき、ありがとうございます。
楽しい記事になるよう、今後もマイペースではありますが、続けていきたいと思います♪



binbird→yuufumiさん | 2008年10月20日(月) 06:26 | URL | コメント編集

ゆうより^^

binbirdさん。こんばんわ~^^

スカイ島のことを沢山ご紹介頂けたので、アイラ島のことも合わせて、
インナー・ヘブリディーズ諸島っていう今まで私の知らなかったことに興味が持てて、
大変良かったと思います。ありがとうございます^^

以前のアイラ島の記事にも羊さんが登場してましたよね。
「土地買いませんかぁ~」って・・^^;
今回は押し相撲を取ってくれて、結構楽しませてくれる羊さんですよね^^

そういえば以前の記事で、メル・ギブソン主演のハムレットのロケ地、
ダノター城のこと書いていらっしゃいましたけど、同主演、監督のブレイブ・ハートは
まだ見てなかったので今度見てみようと思いました。

あの・・それで・・
私binbirdさんと同世代だと思っておりましたし、そう思っておりますので、
前回のすご~く・・っていうのは・・勘違いかと思われます。
(この歳っていうの社会人となってという意味で・・
深い意味はなく・・その・・失礼致しました。もうこれ以上ございません)

私ね、自分の中にいつもマイブームがあって、今はデジカメで撮影することに
熱中してるんですけど、少し前まではそうでも無かったんですよ。
(カメラ付き携帯で撮影してるだけで十分だったんですよ^^;)
だから、デジカメの撮影もまだやり始めたばかりで、そんなに詳しくはないですよ。^^;

う~ん。上手く言えないですけど、今こうしてbinbirdさんの記事を読むことも、
デジカメで色々と撮影することも、撮った写真を乗っけてブログを続けていくことも、
私の中のマイブームなんですよ~^^
yuufumi | 2008年10月19日(日) 06:09 | URL | コメント編集

ふみさんへ

ふみさん、おはようございます。
英語、ゲール語両方表記してあるのは、もしかして『ゲール語しか
話さない人』がいたりするから?って一瞬思ったのですけれど
今の時代、たぶんそれはないですよね(^_^;

スカイ島やその周辺ではこの白と、黒い顔の2種類しか見かけません
でしたが、家の近くでは茶色い羊を見たことがあります。
茶色い毛糸が出来るんですって。ほんとかな。
2頭の羊さんの小競り合いには実はあんまり(全然?)緊迫感がなかった
んですよ~。
暇つぶしの押し合いなのかしら。
>羊と聞いただけで親近感が湧く…
もしかして、ふみさんは未年なのですか(^^)

スカイ島は、今回3度行ったのですが、たいてい天気が今ひとつだったせいか
荒れた厳しく暗い土地だなという印象を持ちました。
ハイランド地方も同じような荒野が続いていて、見るたびに昔この地で
生きていた人たちの、暮らしの厳しさを想像せずにはいられません。
あ、でも、青空の時はうっとりするほどきれいなんですよ~。

見てくださってありがとうございます(^^)
binbird→yuufumiさん | 2008年10月16日(木) 05:59 | URL | コメント編集

ふみより^^

こんばんわ~
ゲール語。初めて見ました。
英語もままならない私ですのでゲール語はほんとぜんぜん解からないですね^^;
でもこうやって英語、ゲール語と二通り書いてくれているのは親切ですよね^^

羊さんは看板の絵のモデルになるくらいなので、
ほんとに沢山見るんですね^^
真っ白な色の羊さんもいれば顔だけ黒くてツートンの羊さんも居たりして、
沢山の種類の羊さんが居てるのでしょうか?

羊さん同士が小競り合いをしている2つのお尻がなんとも面白いですね(笑)
じゃれ合って遊んでるいるようにも見えますね~
羊と聞いただけで親近感が湧くのですが・・・^^;

スカイ島の景色は広々とした開放感があって
大地の力強さみたいなものを感じますね(^O^)
yuufumi | 2008年10月16日(木) 01:38 | URL | コメント編集

Rei †さん、こんにちは。
まさに羊だらけな島でした。
昔どこかで見たスコットランドの絵はがき(羊が道路の真ん中で
どーんと群れを作っているものでした)、あれは大げさでもなんでも
なかったんだなぁと妙に感心したりして…。
羊が好きな方にとっては楽園かもしれません(笑)

羊さんのバトルは激しいものではなく、なんだか押しくらまんじゅうを
しているようにも見えました(^^)
グググーッと押された方が負けだったみたいです。

だんだん寒くなってきましたが、羊さんたちはモコモコのセーターを
着て快適そうです。

見てくださってありがとうございます♪
binbird→Rei †さん | 2008年10月15日(水) 16:40 | URL | コメント編集


『とりゃああっ!』気に入っていただけましたか(笑)
どうしても妄想が抜けない私ですが、この羊さんはホントに踏ん張ってて
そう言ってみたいでしたよ~(あはは、これが妄想、なんですよね(^_^;)

標識に目がとまるとはさすが、birdyさん! 
前にアヒルのも見たことがあるんですけれど、どちらも可愛いと思いました。

Obanは、そうです、そうです、birdyさんのお好きだというObanのオーバンです。
10年近く前になりますが、蒸留所を訪れたことがあります。
ウィスキーの味には詳しくないですけれど、飲みやすいですよね、Oban。

本当のところは解りませんが、ゲール語、北欧の言葉に近いイメージって
なんとなくわかります。
テレビではたまに、ゲール語の番組(語学番組ではなく、ふつうのプログラム
です)目にすることがありますが、もちろん意味不明です(笑)
スコットランドだけでも数万人はゲール語を話しているのですって。
binbird→birdyさん | 2008年10月15日(水) 16:33 | URL | コメント編集

猫山さん、こんにちは~♪

そうそう!私も同じこと思ったんですよ~。
『海の前のガムくちゃ羊』(笑)
近くまで寄っていっても逃げるでなし、カメラ目線でくちゃくちゃ
モグモグしてました(^^)

こちらの人たちって、狭い道でも平気で車を飛ばしている人が多いように
思うのですが、さすがに道ばたにまで羊さんがわらわらと集まっている
ところではスピード出したくても出せないような状況なので、必然的に
大きな事故は少ないんじゃないかなと思います。
それでも足を痛そうに引きずっている羊さんはみましたけれど(>_<)
羊さんに道を塞がれて立ち往生、日常茶飯事みたいです。
がに股羊さんは、ふんばりを聞かせていたのかも。勝負には勝ってましたよ~(^_^;
binbird→猫山さん | 2008年10月15日(水) 16:24 | URL | コメント編集

こんにちは♪
羊さんだらけの島なんて
ぜひぜひ行ってみたいですー(^0^♪
暖かそうな毛並みですね。

羊さんの喧嘩、なぜか微笑ましくみえてしまうのは
”とりゃああっ!”のおかげでしょうか(笑)
貴重なシーンをありがとうございましたi-178
Rei † | 2008年10月15日(水) 13:44 | URL | コメント編集

『とりゃああっ!』のセリフいいですね^^ 
ウケました。さすがbinbirdさん、ストーリー全開です。

羊の標識もグラフィカルでかわいいし、
あともうひとつ気になったのが、1番最初の看板。
いちばん好きなシングルモルトウィスキーが
Obanなんですね。きっと、この地名かな^^

ケルト系の音楽でゲール語の歌は聴きますが
英語よりも北欧のコトバに近いような気がします。
何となくのイメージですが。
birdy | 2008年10月15日(水) 12:21 | URL | コメント編集

こんにちは

海の前の羊さん、良い顔してますね(笑)
「なんだよ~(くちゃくちゃ)」と草をガムのように噛んでそうです…(笑)
道路の上でも小競り合いするなんて、あまり交通事故とかないんですかね。
なんかほほえましいです(笑)
右側の羊さん、常にガニ股で可愛いですね(*^^*)
猫山 | 2008年10月15日(水) 09:55 | URL | コメント編集

musamatsuさん、おはようございます。

動きのある鳥だけでなく、風景も写すのが苦手な私ですが
スコットランドならではの景色や野鳥の姿を少しだけでも
お伝えできているなら嬉しい限りです。

日本にはいない鳥も多そうなので、できるだけそういった鳥の
姿を写したい!…とこれは私の小さな夢なのですけれど
そうそう都合よく目の前に現れてはくれませんね(笑)

musamatsuさんのお写真も楽しみにしていますね。
見てくださってありがとうございました。
binbird→musamatsuさん | 2008年10月15日(水) 07:42 | URL | コメント編集

おはようございます

いつも御笑覧頂き、ありがとうございます。
素晴らしい各地の風景1
此方では中々見られもの。
同じ鳥でも日本とは色合いが違う。
等々興味深く拝見させて頂いています。
これからも楽しみにしています。
musamatsu | 2008年10月15日(水) 07:10 | URL | コメント編集

みぃこさん、おはようございます♪
神奈川はいいお天気ですか?

キーボード直ってはいませんが、かな入力と組み合わせて
文字を打つのに慣れて幾分早く入力できるようになってきた
気がします(全然うれしくない(>_<))

羊さんたちはクラクションを鳴らしてもお構いなしで、押し合い
へし合いしてました。
道ばたの石にアゴをのせて寝ている羊もいたりして、まぁなんとも
のどかではありました。

黒い顔の羊は私も好きです♪
ちょっとお洒落な感じかな(笑)
binbird→みぃこさん | 2008年10月15日(水) 06:36 | URL | コメント編集

ろくろくさん、こんばんは~!

え~っ、夏にスカイ島に行かれたのですね!
あぁ、そのときにパフィンに会わなかったなんて
ろくろくさんたら、なんてもったいないことを!!
なーんて(笑)
私の場合は完全に時季はずれだったようなのでまたの機会に
かけたいと思っています。
あ、今度はろくろくさんが行かれた時のように、いい天気も希望!

ゲール語さっぱりわかりません。
思うに、スコットランドの地名はゲール語に由来があるものが
多いせいか、英語でも読みにくいし、発音も困難ですよねぇ。
“LOCH”すら未だに、完璧に言えません(>_<)
どーすりゃいいのやら…。

キリンはもしかするとCuillinかも!
この記事の前の記事で“クーリン”としてちょっとだけ画像を
載せています。
私も最初はなんて読む? クィリン?と思って、夫に確認したところ
クーリンが一番カタカナ表記にすると近いように聞こえたのですけれど
キリンなら音も似てますよね。

キリンがCuillinだったとして…最後の写真はそのCuillinかどうか
100%の確信が持てません。
島内をグルグルドライブしていると、あちこちに山並みが見えますでしょ。
で、方角とか考えずなにげなく撮った1枚なの…。
頂上の形が似ているようには思うのですけど、あいまいで、ごめんなさい。

牧羊犬はいい仕事していますよね。
それにしても、“どんなところ”にも羊がいるってのはどういうことなんだ…と
思ってしまうほど今回は羊がたくさんでした。
羊ブログだったらよかったかも(笑)

コメントありがとうございました。長いなんてとんでもない!
見てくださってうれしいです♪

binbird→ろくろくさん | 2008年10月15日(水) 06:15 | URL | コメント編集

キーボード直ったのでしょうか。

羊の写真が良いですね!
一匹、二匹・・(笑)
黒い顔の子が好きです、二匹並ぶとなお可愛いです。
道の真ん中で悠々と小競り合いとは面白いですね。
パッと逃げて行かないのですね。


みぃこ | 2008年10月15日(水) 06:11 | URL | コメント編集

キリン!?

BINBIRDさん、ご無沙汰しています
ご無沙汰している間にもかわいい小鳥さんの更新がずらり~(これはあとでゆっくりと♪)、そしてスカイ島!

スカイ島、子どもが生れる前に、一度真夏のいい時期に行きましたが、パフィンの生息する西の端までは行けなかったの・・・あぁ、なんて残念なことをしたのでしょう・・・。
スカイでは珍しく、非常に晴天に恵まれた旅行で、今でもスカイ旅行はいい思い出です、なので懐かしく記事を読ませていただきました。
ゲール語、わかりませんよねぇ(^^;)
島や地名山の名前もやっぱり普通の英語読みとは違うようで、大きな山脈名がどうしても読めなかった我々、ずーっと「キリン キリン キリンまで行くぞー」なんて云っとりました。
その連山は最後のお写真そっくりです、もしかしてキリン!???

羊、私達が行ったときは運良く牧羊犬連れた羊飼いのおじさんに出会えたんですよ、山肌を逃げていく羊を追いかけていく牧羊犬の仕事ぶりが印象的でした。

いつもコメ長くなってしまってごめんなさいね。
では、続き、楽しみにしております~。
ろくろく | 2008年10月15日(水) 05:13 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/184-b88f3d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |