FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2019年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008'07.14 (Mon)

イエスズメさんにまつわる2つの出来事

今回の記事には、イエスズメさんの悲しい画像が含まれています。
ご覧になりたくない方は、『イエスズメさん、だいすき』をご覧いただければと思います。

今朝、庭の芝生刈りをすると言って外に出た家族が『イエスズメが庭にいるよ』と戻って来ました。
どういことかと見に行くと…。

庭の隅にうずくまる子スズメちゃん…
子スズメちゃん

じっとして全然動かないので、もしやケガでも?と考えていると

いきなり動き出して、頼りない足取りで歩き始めました
子スズメちゃん


ケガはしていないようです。ホッ…
子スズメちゃん


大急ぎで すずめSOSというサイトを見てみると、この子はどうやら巣立ちヒナのよう。巣立ちヒナの条件にズバリ当てはまる見た目と行動です。

巣立ちヒナなら、親は近くにいるはずと、家の中から様子を見守ることにしました。

いったん花壇の花の中に隠れたかのように見えたチビちゃんは、庭にイエスズメさんたちがやってくると、再び姿を見せ、チュンチュンと鳴き、親を呼び始めます。

親を探す、子スズメちゃん
コスズメちゃん


何羽もイエスズメさんはいるのに、誰もチビちゃんに関心がないようです。
近寄るイエスズメもいません。

やがてチビちゃんは花の陰へ姿を消し、鳴き声も聞こえなくなりました。

『ここで出ていくと、そばにいるかもしれない親が来ないかも』
気になるけれど、もう少し様子を見ることにしました。

しばらくたって、キッチンで洗い物をしていると、ピヨ…という弱々しい声が、いやに近くから聞こえます。

まさか!?と思いつつ、周囲を見回すと…

チビちゃんがキッチンに!!!
子スズメちゃん


開けておいたキッチンのドアから、いつのまにか家の中に入っていたのでした。

最初に見つけてからすでに2時間以上経過していて、その間なにも食べていないはずのチビちゃんは、少し元気がなさそうに見えました。黙ってキッチンの隅にうずくまっているのです。
連れ戻しに来た親に見つけて貰えないと困るので、家に置いてはおけません。
でも、このまま外に出しても、鳴く元気がないのでは困ります。
熟したバナナがあったので、潰して、竹串の先に付けて差し出すと、最初は口を開けてくれませんでしたが、何度か試すうちに食べてくれるようになりました。
少し食べると、バナナにはもう見向きもしなくなり、おっかなびっくりbinbirdが伸ばした手から、逃げるように動き始めたチビちゃん。
ドアの方に誘導するとまた外へと出ていき、ピヨ!とさっきよりも大きな声で一声鳴き、跳ねるようにして草の陰へと入りました。

なんの声もせず、さすがに心配でちょっとだけ…と見に行くと

寝てる?
子スズメちゃん


疲れたのか、それとも、ほんの少しのバナナで空腹がとりあえず満たされたのか、羽を丸めて休んでいました。

その後しばらしてから、親を呼ぶ声がまた聞こえはじめ、どうか、親が来てくれますように…と祈るbinbird。

1時間ほどあと…。
庭には鳥の姿が全くありません。
チビちゃんの声も聞こえないので、親に無事連れ戻されたかな…と庭を点検していると…庭の奥でこんな姿を見つけました。

これはチビちゃんではありません。♂のイエスズメさんです
イエスズメさん♂
後ろ姿がまるで眠っているようで…。一枚写真を撮りました。

朝、花に水やりをしたときには気づきませんでした。
一体なにがあったのか…。
目立った外傷はなく、元気だったときと同じように、まあるい眼が開いたままでした。
なきがらの周りに、少し土が散らかっているのが気に掛かりましたが、イエスズメさんの死と関係があるのかは判りません。

悲しかった。
辛いなあと思うことがあっても、かわいくて、ひょうきんな姿でいつもbinbirdの心をなごませてくれるイエスズメさん。
どの子がこんなことになってしまったのかなんてわからないけれど、毎日見かけていた子の中の一羽だろう、少し前までは元気に飛んでいたに違いないと思うと、自分でも驚くほど涙が出てしまい止まりませんでした。

イエスズメさんを庭に葬ったあとに、木の上に集まってきたイエスズメさんたち
イエスズメさんたち
仲間の死を悼んで…なんて考え過ぎかな。静かに止まっていました。

この亡くなったイエスズメが、巣立ちヒナのチビちゃんの親だった場合はどうなるのか。
親がこんなことになって、チビちゃんが一羽でいたのなら、それは死活問題。
場合によっては、しばらくうちで保護することも考えないと…と思い、庭をくまなく探しましたが、チビちゃんの姿はもうどこにもありませんでした。
親を呼ぶ声も聞こえません。
binbirdとしては、親に見つけられて、無事に元の生活に戻れたと思いたいのですが、真相はわからないままです。
しばらく注意して、庭の周りをみていくつもりです。

見つけたイエスズメさんのなきがらは今、彼が毎日来ていたであろう庭の、カエデの木の下で眠っています。

おやすみ、ちゅんちゅん


こちらの一方的な感傷に過ぎないとわかっていても、毎日を心和む楽しいものにしてくれた一羽のイエスズメさんの死を悼まずにはいられません。
辛いときにも、可愛いしぐさで癒してくれた小さなイエスズメさんに『ありがとう』と言ってお別れしました。

この記事と一緒に『イエスズメさん、だいすき』と題して、主にイエスズメさんの♂が写っている写真記事をアップします。
今日見つけたイエスズメさんも、きっとこの中に写っているはずです。
もし、お時間があったらbinbirdの“こころのこどもたち”の姿をご覧いただければ…と思います。

長くなりましたが、二羽のイエスズメさんに関わる話でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+イエスズメ  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

今は新しいヒナたちが登場して、庭はイエスズメで大にぎわいです…(^_^;
バナナを食べた巣立ちヒナちゃんも、この中に混ざっているに違いないと思ってます。

今回のスズメさんの姿には、涙が出てしまい困ってしまいましたが、野鳥が集まって
くる以上、楽しい面ばかりでなく、こんな悲しいことにも直面して当たり前なんですよね。

binbird→vivi_kotaさん | 2008年07月18日(金) 06:30 | URL | コメント編集

「イエスズメさん、だいすき」の写真をサーとスクロールしてみると、とってもイエスズメさんがリラックスしているように見えました。

こんなお庭だからこそ、多くの鳥たちが集まり、そして悲しいこともあるんでしょうね。

チビちゃん、何ともいじらしい感じです。無事に親の所へ行っていることを祈ります。
vivi_kota | 2008年07月17日(木) 22:58 | URL | コメント編集

そうなんですよね、今回は自宅の庭で、身近な鳥の身に起きたことなので
自分でも驚くほど動揺してしまったのですが、実際、外でも悲しい場面、ヒヤ
ヒヤする場面に、出くわし、野生動物が生きていくことの厳しさを感じています。

クロエリセイタカシギの赤ちゃん(>_<)
1羽は無事に育ってくれるといいなあ…

なんでスズメさんが、こんなことになったのかわからないし、庭に埋めたのも結局は
自己満足なんだけれど、こんな姿を見せてくれたのも、なにかの縁(大げさだけど)
だから、頭の隅っこでずっと覚えていたいなと思います。
うーん…。良い気があるのかなあ…。
気のよい鳥さんたちがいるのは確かですね♪
binbird→luluさん | 2008年07月17日(木) 15:33 | URL | コメント編集

野鳥探索をしていると、鳥も含め、他の動物達の様々な出来事に遭遇します。
生きるって、生き抜くって大変なんだなと思わされている所です。
例えば、大きな道路を渡ろうとしてオポッサムが道路の途中で轢かれていて、
歩道のすぐ降りた所を見たら、小さな小さなオポッサムの赤ちゃんが・・・
向こう側に渡りきれなかった母はいつまでたっても自分を呼んでくれず、
そのまま凍死してしまった赤ちゃんを見た時はやるせなくなり胸が痛くなりました。
この間アップしたクロエリセイタカシギの赤ちゃんもどうやら一羽になってしまいました・・・

話がそれそれで失礼しました。

亡くなったスズメさんは、binbirdさんの天国(お庭)で楽しく暮らし、
安らげるその場所から本当の天国に行ったのですね。
普通、最期の姿って見せないと思うので、
本当に良い気のある場所なんだなと思いました。
lulu | 2008年07月17日(木) 04:02 | URL | コメント編集

こんばんは。

下手は下手なりに、見てくださる方に楽しい気持ちになって貰えるブログに
したいと思っているのに、なんだか湿っぽい記事になってしまい、おまけに
jamさんの目に涙まで…すみませんでしたm(__)m
気持ちが高ぶったまま記事にしてしまったんですよね。

巣立ちヒナは迷い込むわ、イエスズメさんはこんな事になっているわで、私も
ちょっと動揺してしまいましたが、同じような状況に遭ったら、みんな似たような
行動になるのではないでしょうか。
巣立ちヒナの保護の事を考えたときには、正直「なんてこった…」って気持ちでしたよ~。
関わったからには、放置はできませんものね。
確実ではないですが、今回は親の所へ戻れたと思っています。ホッ。

イエスズメさんの死は、自然の中で起きる普通の事なんだ、そして相手が野生の
いきものなんだと言うことを忘れてはいけないと考えつつも、癒しをくれる鳥たちを
愛しく思う気持ちはなくしたくないです。

空を見上げると…。スズメさんの顔が…。
ある~ありますぅ。
空じゃなくて木の上だけど、イエスズメちゃんたちが鈴なりです。
第3次か4次かのベビーラッシュもあって、庭が大変なことになってきました!
いなくなったイエスズメさんの親族もたくさんいるに違いありません。

優しいコメントありがとうござました。
binbird→jamさん | 2008年07月15日(火) 21:41 | URL | コメント編集

こんばんは。
こういう時どういう声を掛けたらいいのか?
正直悩みます....

お昼休みにこの記事を読んで涙が溢れてきました。

僕は、binbirdさんのとられた行動にとても感動しました。

死んでしまったイエスズメさんに出来ることといえば精一杯思ってあげることしかできません。
それが素直に出来るbinbirdさんが、とても素敵な方だなと思いました。

きっと、その優しい思いが伝わった時、空にイエスズメさんの姿が浮かんでくると思います。

なので、悲しくても空を見上げましょう!
そしてその時が来たら、笑顔を返してあげてください♪(^▽^)/
jam | 2008年07月15日(火) 19:24 | URL | コメント編集

『新しい命と向き合って、また幸せを分かち合っていく…』
私も一緒に暮らした犬や猫との辛い別れや出会いがあったので
この言葉の意味が分かる気がします。

今回のことは、予期せずこんな姿を発見してしまいショックだったのは
もちろんですが、自分一人が、家にやってくる鳥たちに必要以上に思い
入れを感じてしまっていたのかなとも思いました。
彼らが厳しい自然の中で生きているいきものであることを忘れず、適切な
距離を置いて関わっていきたいと思います。

ヒナは無事に親元に戻れたと信じます。
元気なヒナたちの姿が、今日も庭にありました。可愛い姿には、やはり癒されます。

コメントありがとうございました!
binbird→uriboさん | 2008年07月15日(火) 04:36 | URL | コメント編集

みぃこさん、コメントありがとうございます。
予期せず悲しい姿を見てしまい、ものすごく残念でした。
いつも可愛い姿を見ているもので…自分でも気が付かないで
感情移入していたのだろうと思います。

亡くなった鳥に対する涙は、ともすれば独りよがりなものにもなって
しまうのでは…とも感じ、愛らしい姿をみせてくれる野鳥たちが、厳しい
自然の中で生きていることを忘れず、もしまた、このようなことに遭遇して
場合には、もう少し冷静でいたいなと思った今日1日でした。

チビちゃんは親のところへ戻ったと私も信じます。
元気なヒナが何羽か、親とともに来ていましたから、その中にきっといるはず
だと思いながら眺めていました。

命をつないで…って、優しい表現ですね。
みぃこさんのブログを拝見するときによく感じる、あたたかい気持ちになりました。
ありがとう。
binbird→みぃこさん | 2008年07月15日(火) 04:28 | URL | コメント編集

おっしゃるとおり、目の当たりに見た可愛いスズメさんの死が
思いの外辛かったです。
でも楽しい思い出をくれたのだし、庭には血を受け継いだ子がいるはずだから
あんまり落ち込まないよう自分に言い聞かせています。
今日もたくさんのスズメさんたちが、元気な姿をみせてくれました。

チビちゃんは、親が迎えに来てくれたというkenkenさんの言葉通りだと思います。
何羽かのヒナが今日も来ていましたけれど、あの中にきっといたと思う!

コメントどうもありがとうございました。
binbird→kenkenさん | 2008年07月15日(火) 04:22 | URL | コメント編集

りもふさん

こんばんは。
命あるものいつかは…と解っていても、いきなり目の当たりにすると
残念な気持ちになります。
毎日見かけていて、可愛いなあと思っているので、余計に感情移入
してしまったんですねぇ。

チビちゃんは親が迎えに来てくれたと信じます。
今日も何羽かのヒナが、親とともに遊びにきていました。

運転中に遭遇する動物の飛び出しは本当に恐ろしいですよね。
こちらの高速道路では、事故にあったたくさんの動物たちが無惨な
姿をさらしていて、見るたびに胸が痛みます。
せめて自分は気を付けようと思うけれど、こればかりは…。
りもふさんも、お気をつけて運転なさってね。
コメントありがとうございます。
binbird→りもふさん | 2008年07月15日(火) 04:16 | URL | コメント編集

命あるモノ、いつかはこの世から去っていきます。。
自然界では、特に自然の営みがあります。。
人間ではどうする事も出来ないような事も。。
 
亡くなったイエスズメさんは、binbirdさんの優しい気持ちに出会えて良かったと思います!
子供のイエスズメは・・はっきりした事はわかりませんが、無事これから成長していけたら良いですね!
 
uriboも、過去に2匹のハムスターを見送りました。。
寿命と病気と・・どちらも悲しくて3日間は泣き明かしたほどです。。
でも、悲しんでるばかりでは良くないと言います!
新しい命と向き合って、また幸せを分かち合っていく・・そういう進み方も良いと思います^^
 
これからも、たくさんの鳥たちと楽しい時間を過ごしてください^^
uribo | 2008年07月15日(火) 01:09 | URL | コメント編集

雛はきっと親に会えて一緒だと思いますよ。
成鳥の死はショックですね。
でも、命をつないで次の世代が生まれてると思います。

水浴びしてる子だったのかしら。。。
雪の中に止まってる子だったのかしら。。
binbirdさんの優しい気持ちがにじみ出ています。
みぃこ | 2008年07月14日(月) 21:11 | URL | コメント編集

ヒナっ子は親スズメさんが来るまでじっと待っていることが多いですから、姿が見えなくなったということは、親スズメさんが迎えにきたんだと思いますよ。
生きているものにはいつかは死が訪れると分かっていても、こうして目の当たりにするスズメさんの死は悲しいですね。
でも彼の遺伝子を受け継いだ子供達がbinbirdさんの庭にやって来てると思いますよ。
kenken | 2008年07月14日(月) 20:00 | URL | コメント編集

大変でしたね~(>_<)
亡くなったイエスズメさんの冥福とチビちゃんの無事を祈ります。
仕事で車を運転してると、今の時期は危なっかしい鳥さん達にいっぱい出会います。
車の直前をいきなり飛んだり・・・^^;
きっと巣立ったばかりのヒナ達なんだろうなと思いながらヒヤヒヤしてます。
自分の車で、大好きな鳥さん達をはねるなんてイヤですものね^^;
りもふ | 2008年07月14日(月) 17:38 | URL | コメント編集

コメントありがとうございます。

毎年鳩さんが巣を作りに来てくれるなんて、すてきですね。
安心できるいい場所なんですね。

チビちゃんは、今朝も庭の中を見て回ったのですが、見つけられませんでした。
今日は親鳥と一緒だといいなと思っています。

私が見たのは、自然の中で常に起こっていることの一片に過ぎず、メソメソしない!
って自分に言い聞かせるのですが、毎日見ていると愛着が沸いてしまうんですね、
寂しい気持ちです。
今日はこちらにしては暖かくなると言うことで、鳥たちもいつもより元気に飛び
回っているように見えます。私もシャキッとしようと思います。
binbird→猫山さん | 2008年07月14日(月) 15:35 | URL | コメント編集

こんにちは

うちも毎年鳩のご夫婦が巣を作りに来るので、感情移入してしまいました。
カエデの下で安らかに眠ってください…

巣立ち中のチビちゃんも、無事親鳥が見つけてくれたと信じます!
猫山 | 2008年07月14日(月) 11:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://birdavenue.blog27.fc2.com/tb.php/110-9d7db1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |