FC2ブログ

All archives    Admin

03月≪ 2012年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2012'04.24 (Tue)

巣作りは適切な場所で/PuffinCam

こちらワライバト(Laughing DoveまたはPalm Dove)
ld12042401.jpg
ホリデー先のシャルム・エル・シェイクで見かけました

昨秋同様ホテル敷地内のあちこちにいたんですよ
ld12042402.jpg

鳴き始めるところからピンぼけなのですけど…動画もどうぞ


声をもっと聞いてみたいという方は↓下のプレイヤー↓から♪♪





ところで、あるワライバトのペアは…こんなところで巣作りを始めていました
ld12042403.jpg

ビーチの外れとはいえ…パラソルの真下
ld12042405.jpg
ランチタイムだったのでひと気は少ないけれど、混み合う時間もあるのに…

せっせと枯れ草を運んでます
ld12042404.jpg

いいのかなあ、ここで…

『いいの、もう決めたんだから!』
ld12042406.jpg

そうなの…?? これが3月27日のこと

翌28日夕方
ld12042408.jpg

『邪魔しないでちょうだいね』
ld12042407.jpg
うーん…

30日
IMG_8617.jpg

31日…
ld12042409.jpg

ビーチの整備をしていたホテルの人に聞いたら、巣には2個の卵があって、日中人の数が多いときにも、じっと親鳥が温めているのだということでした。だれからも苦情はでないのか気になったけれど、ビーチでくつろぐゲストのなかにはこのワライバトを眺めるのを楽しみにしている人たちもいるとも言ってたなあ。もちろん、わたしもそのひとり。

人々になんとなく見守られている感のあったワライバトたち…

4月2日の夕方には…ゴソゴソと巣の『お直し』をしていました
ld12042412.jpg

新たな枯れ草を運ぶワライオット(想像)さん
ld12042410.jpg

『補強しなくちゃね』
ld12042411.jpg

頑張ってるんだなあと感心したのだけれども、実はこのヒトたちをここで見たのは、この日が最後でした。次の日の夕方見に行ったときには、巣に親鳥の姿なし。ホテルの人によると昼間、この巣めがけてウォータガンで水を放った子どもがいたのだそう。
逃げていったワライバトとそのパートナーは戻ってこず、2日後には巣はすっかり片づけられていました(悲)

たしかに巣作りと子育てに適切な場所だったとはいえないですよね。今回のことで学習して、次は広大な敷地内の、もっと安全で落ち着ける場所に巣を作って欲しいなあ。



☆PuffinCam

今年もシェットランドのパフィンをライブ映像で見られる、PuffinCamが設置されています。日本時間の早朝からお昼くらいにかけてはこちらの夜間になるので、真っ暗でなにも見えないとけれど、それ以外の時間なら見られるはず♪ まだ抱卵始まっていないので、夕方(日本の深夜)くらいまで巣の中にパフィンはいないことが多いけれど、たまごを温めるようになれば長時間可愛い姿が楽しめると思います。

↓下記のURL↓から(^^) カメラはいくつかあるので切り替えてみてくださいな。

http://www.shetland.org/puffincam/index.php?file=stream1

今年も巣穴に戻ってきたパフィンの様子をとらえた映像。可愛いですよ



パフィンといえばね、きのう月曜の夕方、パフィンに会いに行ってきたのです。一日雨が降ったりやんだりの不安定な天気だったけれど、家を出てBUllers O' Buchanに向かう途中では日が射したりもしていたら、楽観していたのよね。

車を停め、断崖に向かう途中で出会った、牧場のヒツジさん
sheep12042401.jpg

『こんな日にノコノコやってくるなんて、アナタ、おばかメェ~』
sheep12042402.jpg
んま~っ、いきなりバカとは、なんて失礼なヒツジさんなの(怒)

プンプンしつつ(ウソ(^◇^;))ヒツジさんと別れてまもなく、ポツポツと雨が…。そして風と雨あしが強まってくる~(涙)

いつもの崖にたどり着いたときには暴風雨状態で立っているのも辛い感じでした。カメラをジャケットの下に入れて、ボーゼンと立ちつくすこと15分くらいだったかしら。…この間断崖にいたパフィンが飛び立ち、まるでホバリングしているような状態(下からの風に強く押されて動けない感じだった)になっているのを見られたりはしたのだけれど…雨がやや小降りになって我に返ったときには、ずぶ濡れでした(×_×)

撮れたパフィンの姿はこれだけ…
pf120424.jpg

大荒れな断崖。崖下にウミガラスの姿もナシ
bob120424.jpg
嬉しそうにしていたのは、風に乗ってとぶフルマカモメだけだったかも

このあとまた激しい雨が降り始め、風も『帰れ~!』とばかりに容赦なく吹き付けるのでやむなく退散。牧場のヒツジさんを横目で見つつ駐車場へと急ぐときには『確かにわたしはバカでした…』と、なんだかものすごい敗北感~(泣)

いくらパフィンが好きでも、いくら会いたくても、雨の日は避けよう…。
きょうはちょっぴり風邪気味です(^◇^;)

見てくださってありがとうございました♪
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+ワライバト  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |