FC2ブログ

All archives    Admin

06月≪ 2011年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011'07.19 (Tue)

断崖の鳥たち

bob11071901.jpg

この前の日曜日、パフィンに会いにBullers O' Buchanに
行ってきました。

でも、遠くに1羽しか見えなかった(涙)
その1羽もすぐに飛んでいってしまったし。
いつもは20時以降に行くことが多く、この時はまだ15時くらいだった
から、まだ外出中?とも思ったのだけれど…

ウミガラスさんでにぎわっていた岩も…
bob11071902.jpg

ガラーン…
gm110719.jpg

もういなくなっちゃったわけ…?
今月末までにはパフィンはみんないなくなり、ウミガラスも姿を消して
しまうのはわかっているけど、ちょっと早すぎるような…。寂しいなあ。
数日中にまた様子を見に行ってみたいです。

さて、パフィンには会えなかったけれど…
kw11071901.jpg
ミツユビカモメが多いエリアでは可愛いちびっこの姿がいっぱい

この子はごはんをもらっている最中(^^)
kw11071902.jpg

親鳥はまだまだ子育てに忙しいみたい
kw11071903.jpg

『わたしのママは寝てばっかり』
kw11071904.jpg
そっ、そう言わずに寝かせてあげて…お疲れなんでしょうから(^_^;)

他にも…

見づらいけれど、ヨーロッパヒメウ親子
shag110719.jpg
ちびちゃんは重なり合っていて、少なくとも3羽はいそう

オオハシウミガラスの親子(右端がちびっこ)
rb11071901.jpg

『おなか空いたぁ』とキィキィ鳴いていたセグロカモメ兄弟
hg11071901.jpg

フルマカモメ親子
fm11071901.jpg

短い夏の間に、新しいいのちがいっぱい誕生しました。
もう独り立ちしたこどもも、これからの子も、みんな強く生きて
いって欲しいな。




Bullers O' Buchanを訪れる数日前に行ったFowlsheughには…

fh110719.jpg
(奥の岬の先端に先日ご紹介したダノター城があるのだけど…見えるかな)

予想に反してパフィンがいたのですよ!
pf11071901.jpg
5羽、ここからすごーく離れた場所にもう1羽

パフィンを初めて見たのは実はこの場所。以来何度か行っているけれど
Bullers O' Buchanと比べると数が少ない(あるいはいない)のが常で
6羽もいるなんてこれまた初めてのことでした。

気のせいか…みんな覇気がない感じ
pf11071903.jpg
今年、この断崖から巣立つ幼鳥はいるのかなあ

パフィン、元気出して~
pf11071902.jpg

来年はもう少し、ここにもいっぱい来てみようかな。

Fowlsheughにもフルマカモメが。仲良しご夫妻
fm11071902.jpg

やっぱり可愛いフルマ親子の姿(^^)
fm11071903.jpg

Bullers~よりも、近くで見られるオオハシウミガラス
rb11071902.jpg

セグロカモメ親子
hg11071902.jpg

もうすぐセグロカモメ以外は、みーんな断崖から旅立って行きます。
北海に面した海鳥たちのコロニーが、一時の賑やかさが幻だった
みたいに静かになると、スコットランドの夏も終わりに近づいていく
んですよねぇ。
毎年ちょっと寂しいような気持ちになるのだけど、また同じ巣に戻る鳥
たちに来年も会えるんだなと思うと、それはとても楽しみでもあるんだ
な…ってこれはちょっと気が早すぎよね(^◇^;)



ちいさな庭にも可愛い親子が♪

クロウタドリのおかあさん(左)と子
bb110719.jpg
餌探しに奔走している親鳥と比べ、こどもの大きいこと…(^◇^;)

仲間であるキョロちゃんは、このおかあさんが大キライ(?)でいつも
イジメているのだけど、連れられてやってきたこどものことはイジメ
ないんですよ。超接近しても見ているだけ。あるいは逃げる…。

『逃げてないのネ。コドモは社会の宝物なのネ。大事にしなくちゃなのネ』
kyoro110719.jpg
(゜◇゜)………よーくわかりました

なんちゃって(^_^;)



メイプルさん、拍手コメント残してくださってありがとうございます♪

見てくださってありがとうございました♪
スポンサーサイト



関連記事
 |  鳥+鳥さんいろいろ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |