FC2ブログ

All archives    Admin

2010'06.02 (Wed)

Handa Island -キタオオトウゾクカモメ-

スコットランドの北西、Tarbetという小さな村から
ボートに乗って(約5分)、Handa Island(ハンダ島)に渡りました。

※『大きな地図で見る』をクリックするとTarbetの場所がわかります

大きな地図で見る

パフィンに会いたい! パフィンに囲まれたい!
夢と希望で胸をいっぱいにして訪れたこの島だったけれど
結論から言うと、パフィンはあんまりいませんでした(号泣)

Puffin Bayという名の場所にも…
Handa Island
(ただし、ここにはパフィンはあまり姿を見せないそう)

パフィンがいるというGreat Stackにも…
Handa Island
パフィンの姿なし(涙)

タワーのようなミニミニ島の上に…
Handa Island

やっと見つけたパフィンも遠いこと遠いこと
Handa Islandのパフィン Handa Islandのパフィン
思いっきりトリミングしてこの大きさ(>_<)

目の前でパフィンに囲まれ、夢見心地になるというbinbirdの
夢はもろくも崩れ去るのでした…。

船を下りてから、パフィンに会えるポイントまで1時間ほど
ひたすらひたすら楽しみに歩いていただけに、現実を知ったときには
呆然、愕然…思いっきり脱力しちゃいました。
普段、家から通える範囲にいるパフィンの方がもっともっと数も多いし
近くでも見られる。
なんのために350キロのドライブ+ボートに乗ってきたの…ううう。

でも、近くを歩いていた人たちが、遠くに見えるパフィンを見て
ものすごく興奮したり喜ぶ様子を見て、それだけパフィンって、簡単には
会えない鳥なんだ…ふだん当たり前のようにパフィンに会いに行けて
今後も何度も近くでパフィンを見られる機会があるであろう自分って
すごくラッキーなんだと思ったら、なんだか落ち込んでいるのが
恥ずかしいような気持ちになっちゃって…。
ここでは他の鳥さんや、自然の美しさを楽しもうと気持ちを
切り替えたのでした(^^ゞ

というわけで(?!)、いつもながら異様に長い前置きに続き
島であった鳥さんたちを数回に分けてご紹介したいと思います(^◇^;)

今回は、キタオオトウゾクカモメ(Great Skua)
キタオオトウゾクカモメ

大きさは53~58㎝。繁殖のために春夏をここで過ごします。
スコットランドには、1万弱の繁殖ペアがをいると推定されていて
その多くは、シェットランド諸島、オクニー諸島で営巣し
残りがスコットランド北部の海岸地域やヘブリディーズ諸島に
散らばっているのだそうです。
以前に一度だけ、スカイ島で姿を見かけたことがあります
普段はなかなか会えない鳥さんなのですね。

キタオオトウゾクカモメ

その名前が示すとおり、他の鳥たちの獲物を横取りするのが
得意(?)な鳥です。
獲物を盗るだけでなく、海の殺し屋でもあり、パフィンなどの
小さな鳥はもとより、ガンサイズの鳥も殺してしまうのですって。
自身は、イヌワシのような大型のワシ以外に天敵なし、という
ことだから、まさにやりたい放題の凶悪犯罪者的イメージ…

でも、こうやって見ているとそんな凶暴には見えません
キタオオトウゾクカモメ

『見るなあ、蹴るぞ~』
キタオオトウゾクカモメ
(゜_゜;) 見、見てませんから蹴らないで!!

今回ラッキーだったのは、ヒナがまだ孵っていない時期だったこと。
ヒナがいると、この島のキタオオトウゾクカモメたちは、島を訪れた
人間めがけて執拗に攻撃してくることが多いのだそう。
頭に蹴りを入れてくるんだって~、ひええ。
binbirdは攻撃よけのために傘を持って行ったのだけど、使う機会が
なかったのはなによりでした…ホッ

『じっとしているのはいまだけよ』
キタオオトウゾクカモメ
……(^_^;)

♂♀同色で、普段は見分けは難しそうなキタオオトウゾクカモメ。
でも、たまごを温めるのは主に♀のシゴトということだから
近くを通ってもじっとしていた上の個体は♀かもしれませんね。

さてトウゾクカモメ科の鳥ががもうひとつ
クロトウゾクカモメ

距離がかなりあったので、不鮮明だけれど
クロトウゾクカモメ
クロトウゾクカモメ(Arctic Skua)

抱卵中のようでした
クロトウゾクカモメ

近くにいた別のクロトウゾクカモメたち
クロトウゾクカモメ

クロトウゾクカモメ


♂♀で色が違うのかと思いきや、クロトウゾクカモメには
淡色型(右)と暗色型(左)がいるのですね。
淡色型の方がたまごを温めているようだったけれど、先に
登場したキタオオトウゾクカモメとは違い、彼らは♂♀ともに
抱卵するということなので、性別は予想出来ずじまい。

キタオオトウゾクカモメさん、クロオオトウゾクカモメさん
お目にかかれて嬉しかったです。
元気なちびちゃん、生まれますように♪

☆『Handa Island -ノウサギ-』を見ていく☆
☆『Handa Island -ミツガシワ-』もついでに見ていく☆

長々と見て下さってありがとうございました(^^)
スポンサーサイト



 |  鳥+キタオオトウゾクカモメ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010'06.02 (Wed)

Handa Island  -ノウサギ-

Handa Island(ハンダ島)には、鳥ばかりでなくノウサギもいっぱい

歩いていると、そこここで彼らの姿を見かけます
ハンダ島のノウサギ

ウサギさんも、お花(ハマカンザシ)も可愛い(^^)
ハンダ島のノウサギ

後ろにも…
ハンダ島のノウサギ

いる(^^)
ハンダ島のノウサギ

普段も、ちょっと散歩にでかければ、ウサギさんに出会うことは
珍しくないのだけれど、みんな臆病だし、逃げ足も早い。
だから、近くを通りかかっても堂々としているハンダ島のウサギさん
たちには、ちょっとびっくりしました。

数メートルの場所に人間がいてもおかまいなしで
ハンダ島のノウサギ

お食事続行(^^ゞ
ハンダ島のノウサギ

食べ終わったら
ハンダ島のノウサギ
海向こうのスコットランド本土を眺めつつ(ホントかなあ(^_^;))

悠々と毛繕い…(?_?)
ハンダ島のノウサギ

『いけないの?』
ハンダ島のノウサギ
いえいえ、いけなくないです(^_^;) 

いけなくはないけど…昔いっしょに暮らしていた猫を思い出させる
ような、くつろいだその毛繕い姿に、驚きました…(^^ゞ

毛繕いが終わって、去っていく後ろ姿
ハンダ島のノウサギ
バイバ~イ。可愛い姿を見せてくれて、ありがとう♪

キタオオトウゾクカモメなど、天敵は多いはずだけど、ずいぶん
のんびりして見える、島のウサギさんたちなのでした。

☆『Handa Island -キタオオトウゾクカモメ-』を見てみる☆
☆『Handa Island -ミツガシワ-』も見てみる☆

見て下さってありがとうございました♪
関連記事
 |  自然+いきもの  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'06.02 (Wed)

Handa Island -ミツガシワ-

島には小さな沼が点在していて、そこでは、可憐な
小さなお花が咲いていました。

沼に咲くミツガシワ

ミツガシワ(Bogbean)
ミツガシワ

ミツガシワ

花期は5月から7月。
スコットランド中の、沼地や湖で見られる花ということ
だけれど、もっとも分布しているのは西海岸側なのだとか。
高熱を下げる要素はなにも含まれていないにも関わらず
解熱剤として処方されていたこともあるのですって。
ただ、実際には消化や食欲を促進する成分が含まれていて
ハーブとして葉っぱを利用したりする…ってこれはみんな
図鑑に書いてあったこと(^_^;)

水の中の花と言ったら蓮くらいしか思い浮かばなかったけれど
ちょっと調べてみると、水生植物ってけっこう種類が多いのですね。
今度からは、注意深く観察していこうっと。

こちらは水中ではなく、島の至る所で見かけた野生ラン…
Heath Spotted Orchid(Dactylorhiza maculata
Heath Spotted Orchid
和名はないのかな…わかりません

何度写してもうまくいかなかったのだけど、実物は何倍も
美しかったです。濃いのと薄いの色々ありました。

☆『Handa Island -キタオオトウゾクカモメ-』を見る☆
☆『Handa Island -ノウサギ-』を見る☆

見て下さってありがとうございました♪
関連記事
 |  自然+植物  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |