FC2ブログ

All archives    Admin

04月≪ 2010年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2010'05.03 (Mon)

クロウタドリのキョロちゃん

Early May Bank Holiday(May Day)で祝日のきょう、スコットランドの
小さな庭には、明るい日射しが降り注いでいます。
でも…さっ、寒い~(>_<)
午前10時の外気温は7度…とても5月とは思えません~。

さて、先週金曜日に、衝撃(?)の子連れ庭デビューをした
キョロちゃんですが、その後ちびちゃんと一緒のところが
写真には撮れないでいます(^_^;

キョロちゃんを追いかけるちびちゃんの姿(ちょっとの間にすごーく
大きくなっている感じ)などは見ているし、おやつ用の干しカラントの
実をいくつか銜えて持ち去るキョロちゃんも見かけているので
ちゃんと子育てはしているようです。

でも数日前までのように必死で餌を運ぶ姿はなく
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪
のんびり虫捕りりしたり…

たまに物置の上で歌っていたりもするキョロちゃん
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪

もう少し、ちびちゃん見せてくださいね!
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪
『気が向いたらネ』

うーん…幼鳥さんどこにいるんだろ。

きょうの別記事『Tyrebagger Stone Circle』を見てみる
もうひとつ『ああ勘違い』も見ていく
スポンサーサイト



関連記事
 |  鳥+クロウタドリ  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.03 (Mon)

Tyrebagger Stone Circle

スコットランドには、紀元前3500年から紀元前1200年ごろにかけて
建てられたと言われているストーンサークルなどの巨石群が
百数十あるのだそうです。

ここはその中のひとつ
Tyrebagger Stone Circle
アバディーンシャーにあるTyrebagger Stone Circle

約4000年前のものだとか
Tyrebagger Stone Circle
一番大きな岩(画像向かって左側)の高さは3,4メートル

石ががぐるりと輪になって並んでいます
Tyrebagger Stone Circle

古代の人も、こんな光景を見ていたのかな
Tyrebagger Stone Circle

きょうの別記事
クロウタドリのキョロちゃん
ああ勘違い

見て下さってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  風景+建造物  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.03 (Mon)

ああ勘違い

夕方のForvieにて散歩中に…。
双眼鏡に三脚付のスコープ、カメラ、それにデータ記録のためらしい
ノートを持った男性二人組にあいました。
熱心に一方向を見つめているので、なにがいるのか聞いてみると
“Lesser Whitethroat”がいると教えてくれました。
うわあ、それは見たことないわあとbinbirdも双眼鏡を覗いてみると

いるいる……♪ かなり見えにくいけれど…はじめまして(^^)
オオジュリン

ところで和名はなんて言うんでしたっけ?
オオジュリン

『それは自分で調べてくださいね』
オオジュリン
はーい(^^ゞ

確かに喉の辺りが白いから、ノドジロ○○かな…それにしてもこの鳥さんは
前にどこかで見た気がする…図鑑でかな、うん、きっと図鑑で見たんだなと
思いつつ眺めていたbinbirdに、実はイングランドからの鳥見旅行中(!!)
だという二人組の男性は『10分くらい前に二羽のコミミズクを見ましたよ』
と言うではありませんか。
コミミズク?! 本や写真でしか見たことありませーん!!

二人組にお礼を言って別れてからほどなくして、上空になにやら発見。
まさかなあと思いながら双眼鏡を見てみれば…!!!!
まあるいお面をつけたような、コミミズクさんです。しかも二羽!

binbirdのカメラでは証拠写真も撮れなかったけれど
コミミズク コミミズク
初めての出会いには感激しました。思っていたより大きかった…

一緒にいた夫も“Lesser Whitethroatを見たことが霞んでしまうほど
よいものを見た』と横でちょっと興奮気味。
ものすごくハッピーな気分で帰途についたのでした。

さてさて。
家に帰って図鑑をめくり、Lesser Whitetroatのページを見てみたら
なんとbinbirdが見たの(上の鳥さん)と姿が違う!!
ペラペラとページを繰りReed Bunting(オオジュリン)と確認しました。
夫に図鑑を見せつつ『さっきの鳥、このオオジュリンだよ~。あの二人組
さん、コテコテのバードウォッチャーさんみたいだったのに、名前を
勘違いしてたんですね~、あはは♪』と言ったら
『はっ?! ボクが見ていたのはこんな鳥じゃないですよ?!』と
言うじゃあないですか。
そしてLesser Whitethroatのページを開き、確かにこんな感じの鳥で
オオジュリンでは決してなかったと…。

ガーン…(゜◇゜)
みんなが見ていたのと、binbirdが見ていたのは…全く別の鳥という
わけだったんですね。
うううううっ。
二人組さん、チラリとでもあなたたちの知識を疑った、この浅はかなbinbirdを
お許しください。勘違いしていたのはわたしです、うわわーん(号泣)

ちなみにLesser Whitethroatの和名は、コノドジロムシクイ。
スコットランドでは400ペアほどが営巣し、その多くは南の地域に多く生息。
binbirdが住む北東の海岸地域ではとっても数が少ないのですって。
し、しまった!見逃してしまった…。

でもオオジュリンも実物を見たのは初めてだったし、これはこれで
よかったことにしましょう…トホホ。

別記事『クロウタドリのキョロちゃん』も見ていく
ついでに、4000年前のストーンサークルも見る

見て下さってありがとうございました♪
 |  鳥+オオジュリン  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |