All archives    Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.29 (Thu)

マキバタヒバリ

パフィンがいる断崖Bullers O' Buchanでよく見かける小鳥がいます

マキバタヒバリ

ヨーロッパビンズイ(Tree Pipit)なのかマキバタヒバリ(Meadow Pipit)
なのか、去年もずいぶん悩んでいた鳥です。
去年は悩みつつもヨーロッパビンズイとしてご紹介したことがある
のですが、これはマキバタヒバリで間違いないのではと最近は
思うようになりました。

マキバタヒバリ

マキバタヒバリの特徴である長い後趾を双眼鏡で確認出来たこと
ヨーロッパビンズイに比べるとクチバシが細いことなどいくつかの
条件をもとに、今回は悩まずマキバタヒバリでご紹介します。
だって、いつまでたっても埒があかないんだもの(苦笑)

崖上の牧草地にいつもいる…
マキバタヒバリ
マキバタヒバリです♪

ヨーロッパタヒバリ(Rock Pipit)である可能性も捨てきれない
けれど…やっぱりマキバタヒバリです!

『まだ自信がないのに、そんな安易に決めちゃっていいの?』
マキバタヒバリ
え~安易って…(^◇^;) これでもさんざん悩んできたんですよ

『ふーん…。じゃあ、わたしもマキバタヒバリなのね?』
マキバタヒバリ
…と、思うのですけれど…

って、それはアナタ自身がいちばんよく解っているじゃない(^^ゞ

ところで、このマキバタヒバリには、今月初め、マル島の南にある
小さな村、Kintraで会いました。

Kintraには、とっても綺麗な入り江があるのです
Kintraの入り江

むこうにいるのはダイシャクシギさんかな?
ダイシャクシギ?

ブレブレだけど(^_^;) 近くの牧草地では…
タゲリ タゲリとヒツジ
タゲリとヒツジさんが一緒の微笑ましい光景も(^^)

うーん、そろそろ戻ってきてからひと月近く経とうというのに
まだマルネタが続くというのは…。
やっぱり日にち順にサクサク更新していくべきだったかも…(^_^;)



☆庭の小鳥さん☆

キョロちゃんが片足立ち?
キョロちゃんの足

『片足立ちって結構楽なのね』
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪
ホントに? 今まで見せてもらったことないのだけど…

アオガラちゃんは、近くにいた仲間を見ています
アオガラちゃん

庭の新入り(?)ヒメモリバトさんです
ヒメモリバト

和名が示すように、小さいモリバトさん…って感じがするけれど
まあるい目はシラコバトさんのそれに似ているかな。
可愛いハトさんでした(^^)

ヒメモリバト

きょうは(いつもかも)ちょっとまとまりのない記事になりました(^^ゞ

見て下さってありがとうございます(^^)
スポンサーサイト
関連記事
 |  鳥+マキバタヒバリ  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.28 (Wed)

おなかの模様?…

薄い霧のベールに覆われた断崖のところどころに…
Bullers O’ Buchan

パフィンたち(^^)
パフィン

パフィン

見えにくいのだけど、この子は巣材の草を銜えています
パフィン

ちょっと離れた場所にも
パフィン

4羽
パフィン

このカップルはよい巣穴を見つけたようですね
パフィン

ん? おなかにまだら模様? 
パフィン

実は、今まで写真などで目にしたパフィンの一部には
こんなふうに、おなかに斑点状の“模様”があるものがあって
図鑑等ではなにも触れられていないけれど、そういう個体も
いるのかなあ…と不思議に思っていたbinbird。
実際におなかに色が付いたパフィンを目にしたのは初めてで
一瞬、ヨロコビモードに入りかけたものの、巣材を銜えたパフィンの
姿を見たあと
だったため“巣穴に出入りしてついた土だ!”って
突然気づきました。

パフィンの巣は、崖の隙間を利用したり、穴を掘って作るそう(島などで
崖以外に巣を作る場合は、ウサギの巣を借用(?)したり、地面に穴を
掘ることもある)。
巣は通常、入り口部分から70~100センチメートルほどのところにあって
乾いた草、草の根などが敷いてあるのですって。
だから、巣穴に出入りするたびに、地面におなかが擦れて、模様みたいな
汚れが付いちゃうんだ、ふーん、ふーん…なるほどねえ。

『カンタンなことなのに、気づくのが遅すぎね』
パフィン
ガーン(゜◇゜) 

さて、こちらのパフィンさんはすごい場所に立っていますね
パフィン
足の裏に接着剤でもつけているのじゃないかしらと思ってしまう(^^ゞ

『せっちゃくざいってなあに?』
パフィン
え…。え…と何でもないです、忘れて~~

『あのニンゲンさっきからブツブツうるさいわね。ね、あなた』
パフィン
『アブナイから、目を合わせちゃいけないゾ』

あんまりです(>_<)

なんちゃって(^^ゞ

崖には、ウミガラス(手前)とオオハシウミガラスの姿もありました
ウミガラス・オオハシウミガラス
なにかあったのか、一斉に上を向いたところ…

ますます賑やかになっていく崖です(^^)

『ボクたちの姿と、binbirdの妄想を見てくれてありがとう♪』
パフィン

え~っ、わたしのセリフ、横取りされちゃった!|
ヒトコト余計ですし…パフィンさん(苦笑)



☆火曜日のキョロちゃん☆

パパになる(なった)キョロちゃん。庭のテーブルに乗ったり
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪

ドア横に置いてある椅子の背に乗って大接近
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪
『は~っ…親になるって大変なのね!』

じ、実感がこもってる…(^_^;)

朝から晩まで、働きづめなのでしょう。
夕方帰宅したときには、キョロちゃんの尾羽がちょとすり切れた
ようになっていました。
人知れず、頑張っているのね。キョロちゃん、もうひと息!!

見て下さってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+パフィン  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.27 (Tue)

20時27分

夕方の散歩後…目の前には沈み行く太陽
夕暮れどき

振り向けば、月。満月までもうちょっと
月が出た出た♪
今年一番の暖かさだった1日が終わろうとしています…




『続きは?』
クロウタドリ♀
これでおしまいですよ。きょうはヨレヨレだから早く寝ます

『ヨレヨレなのは、いつもだよねぇ……。単なる手抜きよねぇ…』
クロウタドリ♀
そっぽ向いて呟いても全部聞こえてます、クロウタドリちゃん…

可愛い顔して、辛辣なのね(涙)
次回は手抜きと言われないよう、努力します…トホホ。

な~んて(^◇^;)

見て下さってありがとうございました♪
関連記事
 |  風景+自然  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.26 (Mon)

速報?! パフィンの巣作り

Bullers O' Buchanにて…

パフィンが巣作りを開始しているようです
パフィン
※4月25日午後7時半ごろ(日本時間26日午前3時半ごろ)

初めて目の前で見る姿は…
パフィン

カレンダーで見たのと同じ!!
パフィン
すごいんだ!

距離がありすぎて、写真には撮れないパフィンが多かったけれど…
こんなふうに、草をいっぱい銜えたパフィンを何羽も見ました。
みんな巣作り…あかちゃんのおふとん作りをしているのね。
去年は見られなかった、巣作り最中のパフィンの姿にヨロコビ指数
うなぎのぼり中です(^^)

見て下さってありがとうございました♪
関連記事
 |  鳥+パフィン  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.25 (Sun)

庭のクロウタドリたち

ぷぷっ…(≧m≦)
クロウタドリ♂ キョロちゃんです
※クリックで拡大します。
虫嫌いさんは気をつけてくださいね

ニョロニョロ虫を見るのは怖いけれど、これには笑って
しまいました。
ソンブレロをかぶせたらステレオタイプ的メキシコ人風に
なりそうだし、映画“パイレーツ・オブ・カリビアン”で
ビル・ナイ演じるデイヴィ・ジョーンズ(たこみたいな姿で。
口の周りからもたこの足を、口ひげのようにはやしている悪い
おじさん)みたいにも見えちゃう…。

『マジメに働いてるのに笑いのネタにするなんてひどいのね』
クロウタドリ♂ キョロちゃんです
そうね、ごめんね……ぷっ…ククク

あんまり笑うと、苦手な虫をどっさり目の前に運んで来られそう
だから、このくらいにしときましょ(^^ゞ
日曜のきょうも、朝からせっせと餌を捕り、巣に運んでいるようです。

庭にはキョロちゃんの他にも、クロウタドリが来ています。

決闘中だった♂たち
クロウタドリ♂ 

女の子
クロウタドリ♀

水浴びする男の子
クロウタドリ♂  クロウタドリ♂ 


この子は、けんかしてキョロちゃんを負かした(キョロちゃんの
怪我の原因かも?)のではないかと思っています。
怪我をして以来、このクロウタドリが庭に来ても、キョロちゃんは
見て見ぬふり、または、フェンスの上でじっと見ているだけ。
他の仲間は相変わらず猛烈な勢いで追い払うのに…この男の子には
時々威嚇されている(!!)こともあるのです。
強さがなによりも、上下関係を左右するのかな…。
小さな庭は、いつまでもキョロちゃんのなわばりであって欲しいと
ひそかに思うbinbird…。

ね、キョロちゃん♪
クロウタドリ♂ キョロちゃんです
『??』

きょうの別記事
☆Fowlsheugh - 海鳥たちのコロニー -☆

見て下さってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+クロウタドリ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.25 (Sun)

Fowlsheugh - 海鳥たちのコロニー -

先週日曜のことになりますが、週末を過ごしたエジンバラからの
帰り道、Fowlsheugh(ファウルズヒュッハ)に寄ってみました。

Fowlsheugh
黄色い花はハリエニシダ。ココナッツの香りがします

ここは、冬を海上で過ごした多くの海鳥たちが、新たな命を
繋ぐために戻ってくる場所。

スコットランドでも屈指の一大海鳥コロニーなのです。
Fowlsheugh

フルマカモメ
フルマカモメ
可愛い顔なのに、いつも不機嫌そうにしています(^◇^;)

ミツユビカモメ
ミツユビカモメ

ウミガラス
ウミガラスたち
まん中にお魚を銜えている子がいます。メガネさんも…

セグロカモメ
セグロカモメ

さまざまな海鳥が断崖のそこそこに集まっています
Fowlsheugh

binbirdが初めてパフィンを見たのもここFowlsheugh。
出会ったときの、全身が震えるような喜びは忘れられません。
残念ながらこのときには姿はみられませんでした。


先日から登場しているオオハシウミガラス
さんたちも
ここの住人です。

みんなで集まったり
オオハシウミガラス
※右端は、ウミガラス。これまたお魚銜えています

ふたりで寄り添ったり…
オオハシウミガラス

ほのぼのして可愛いなあ(^^)
オオハシウミガラス

『ん?』                   『ゴニョゴニョ…』
オオハシウミガラス オオハシウミガラス
あら、ひそひそ話でしょうか?

『ツマが、邪魔なのであっちに行ってと言っています』
オオハシウミガラス
(;゜〇゜) そ、それは大変失礼しました…

でもあっちに…言われても
Fowlsheughのオオハシウミガラス Fowlsheughのオオハシウミガラス
すでにこんなに距離があるのですけど…(^◇^;) 

ま、いいか、お幸せに~♪
なーんてね(^^ゞ

この辺りの崖は高さが60~70メートルほど
Fowlsheugh
眺めは最高。怖いのはパフィンに会えるBUllers O' Buchanと同じです



☆断崖の上のお花☆

断崖付近で見られる花で、binbirdが好きなのは

ハマカンザシだけれど…(昨年5月に写したもの)
ハマカンザシ
ちょっと時期が早くて、今回は見られず

このCommon Scurvy Grass(トモシリソウ)を楽しんできました
トモシリソウ トモシリソウ

トモシリソウの葉っぱには、ビタミンCが豊富に含まれていて
かつては壊血病の治療にも使われていたことがあるのですって。
世界には30種ほどのトモシリソウの仲間があるそうで
スコットランドで見られるこの種の学名は Cochlearia officinalis
officinalisってどういう意味だろうって調べてみたら “薬用
の(medicated)”ということで、なるほどなあと思いました。
ちなみに、日本では、北海道の東部や北東部の一部で見られるらしく
トモシリソウ(友知草)という和名は、発見された根室市友知に
ちなんでつけられたみたい。
スコットランドと、北海道って風景や空気がなんとなく似ている
ところがあって、札幌育ちのbinbirdはことあるごとにふるさとを
懐かしく思い出しているのだけれど、こんなところにも、小さな小さな
共通点を見つけたようで、嬉しくなってしまうのでした(^^)

断崖ちかくに立つ、白壁のおうち
Fowlsheugh

☆きょうの別記事『庭のクロウタドリ』も見ていく☆

見て下さってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+鳥さんいろいろ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.23 (Fri)

きょうのキョロちゃん

前記事後半で予告したわたくしたちオオハシウミガラスの登場は…』
オオハシウミガラス
『binbirdがぐずぐずしているため延期らしい…』

『そうなんだよね?』
オオハシウミガラス
ええと…まあ、そのなんというか…そうです(^_^;)

『立場がないじゃないかあ!』
オオハシウミガラス
え~、とりあえず登場したから、いいじゃない…(涙)

ぐずぐずしているのは認めるけれど、そんなに怖い顔して
怒らなくてもいいのに…(>_<)
主役としてちゃんと載せるまで許して貰えないのでしょうか。

なーんて冗談はさておき
木曜日のクロウタドリ、パパになったキョロちゃんの様子は…

水浴びする余裕なし…と言っていたけれど
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪

“カラスの行水”をしていました
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪

『ボク、クロウタドリなのに、その言い方はヘン…』
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪
細かいことは気にしなくていいの!(汗)

虫を銜えたままの姿でbinbirdの家族の前に現れたという話を
聞き(前回の記事)、キョロちゃんが来ているときにドアを
開けてみたら…やっぱり近寄って来る!!
虫をいっぱい銜えて…

クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪ クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪ クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪

これって…これって…
『うわ~たくさん虫を捕って、キョロちゃんすごいねぇ!エライ!
 なんて働き者なの? 素晴らしいわ、ブラボー♪』
と褒めちぎって欲しいのでは…と新たな妄想をしてしまうのでした(^_^;)

それにしても、キョロちゃんってヘンな鳥さん…。

『binbirdも相当ヘンなヒトよね?』
ホシムクドリ
ガーン(゜◇゜) ホシムクドリさん…それはあんまりです…

なーんて(^^ゞ



☆もっとそばへ!☆

夕方、庭の外にある街路灯の上にこんな鳥さんが…
ゴシキヒワ
不鮮明だけれど、ゴシキヒワさんです

もっと近くに…庭に来て欲しいですぅ…

見て下さってありがとうございました♪
関連記事
 |  鳥+クロウタドリ  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.22 (Thu)

庭の小鳥さん

アオガラちゃん
アオガラちゃん アオガラちゃん
葉っぱを食べているのかな? それとも虫?

フィーダーからは
アオガラちゃん

大好きなヒマワリの種を持っていきました
アオガラちゃん

キョロちゃんと並んでいたイエスズメの女の子
クロウタドリとイエスズメの女の子

写真は撮れなかったけれど、巣に敷き詰める“ふわふわ”を
運ぶ
ところ何度か見ました。

おかあさんになるのかな
イエスズメの女の子
『かもね♪』

先日驚くべき日光浴姿を披露してくれたヨーロッパカヤクグリちゃん
ヨーロッパカヤクグリ
『あのヒトとはベツジンなのね…』

そっ、そうなの? …真相は不明です(^◇^;) 

こちらはクロウタドリの女の子
クロウタドリ♀
キョロちゃんの奥さまかと思ったけど、違うようです

そして、パパになる(または、なった)きょうのキョロちゃんは

ぷぷ、クチバシの横に“ヒゲ”が生えているみたい
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪

『むっ(`_´) 失礼なこと言わないで欲しいのね』
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪
すみません…

『キッ!』
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪
(^◇^;)

水曜日の朝は、小鳥さん用水飲み場の水が凍るほど冷え込みました。
そんな寒さのなか現れたキョロちゃんは、庭のドアを開けた家族の
前に、虫をめいっぱい銜えたまま駆け寄ってきたそうです。
そしていったんポトポト獲物を落としてから、また拾い直し
クチバシをちょっと地面にこすりつけるような仕草をしてから
飛んでいったのですって。
キョロちゃん、なにを考えているんだろう……。

予想(妄想)1、獲物を見せびらかしに来た
予想(妄想)2、獲物が足りないので、おやつを要求してみた
予想(妄想)3、朝の挨拶
予想(妄想)4、ただなんとなく…特に意味はない
予想【妄想)5、大好きなbinbirdに会いに来たのに、そのオットの
        方だったので、ショックを受け、うっかり獲物を
        落としてしまった

希望は【5】
でも真実は【2】あたりの気がする…

キョロちゃんは夕方も庭に来ていたし、夜は8時半頃、虫を銜えて
フェンスの上にいるところを見ました。
家族のためにがんばるキョロちゃん。
明日もきっと姿を見せてくれるでしょう。



☆予告?☆

『次回はボクたちが登場するかもです♪』
オオハシウミガラス
わーっ、オオハシウミガラスさん、勝手に決めちゃ困ります!

マル島の写真はまだ残っているし、キョロちゃんからは目が離せないし
パフィン探しに断崖に行っちゃったりしたら、海鳥さんたちがいて
ついカメラを向けてしまうから、記事にしたいことはたくさんあるのに…
ここのところ忙しくって、もうなにをどんな順番で載せたらいいのか
大混乱です。トホホ…(^_^;)

次回は…ほんとにオオハシウミガラスさんが出てくれるのでしょうか…。

☆きょうの別記事『キラキラ』を見る☆
輝く美しい羽根が自慢の、庭の仲間が登場中です♪

見て下さってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.22 (Thu)

キラキラ

このまばゆいボディの持ち主は…
ホシムクドリ

ホシムクドリさん
ホシムクドリ
虹色?玉虫色? とにかくキラキラしていますねぇ…綺麗♪

『ボク、今最高に輝いている気がする…』
ホシムクドリ
気だけじゃなくて、ほんとに輝いています。ま、眩しいです…

お天気や、光の当たり具合によっては、こんな時も…
ホシムクドリ
渋く、キラリ☆

冬は、体全体に星(斑点)が目立って、もう少し落ち着いた
色合い
のホシムクドリさんなのだけれど、暖かな季節が近づくと
華やかになってくるのですね。
しばらくは眩しいキラキラボディを披露してくれそうです(^^)



☆ある愛のうた☆

ある日のこと…
ホシムクドリとクロウタドリ

庭でクロウタドリの女の子と一緒(?)に、餌探しをしていた
ホシムクドリさん。

何を思ったか、いきなり上を向いて歌い始めます
ホシムクドリ
『る~る、らぁら~るぅ~♪』

そこにもう一羽のホシムクさんが現れて…

『おっ、美声♪』
ホシムクドリ
『おねがい~♪ わたしと結婚してくださいな~♪』

このあとのことは一瞬でよくわからなかったのだけど
歌っていたのが♀で、あとから来た方が♂だったような
気がします。
もしかして逆プロポーズ?!

結婚式を挙げたふたりは、このあと飛び去っていきました。

いろいろなことがあるものですね。

☆きょうのもうひとつの話『庭の小鳥さん』も覗いていく☆

見て下さってありがとうございました。
関連記事
 |  鳥+ホシムクドリ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.21 (Wed)

キョロちゃん、パパになる?

先週土曜日は朝早くから出かけ、日曜の夕方に帰宅したbinbird。
家に戻るとクロウタドリのキョロちゃんの様子が一変していました。

庭にいるキョロちゃんに声を掛けると、ものすごい勢いでドアの前に
立ち、いつになく真剣な目でジリジリ近寄ってきます。
ものすごくおなかが空いているのかと、干しブラックカラントの実を
置いたら…なんと一粒ずつ吟味(?)しつつ、クチバシに頬張る(この
表現が正しいとは思えないけれど、ほんとにそんな感じ(^_^;))
じゃあないですか!!

干しフルーツを銜えたキョロちゃん
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪

クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪

一瞬『なんという食いしん坊。留守の間に、こんな“技”を身につけた
の?(驚) どこかでこっそり食べるのかな』と思ってしまったbinbird。
『それともガールフレンドが出来て、気をひくための贈り物?』とも妄想…。

だけど、ここでハッ(;゜〇゜)!と思い出したのです。
土曜の朝出かける前に、家族がドアの前で拾ったもののことを。
気になって、空き瓶に入れておいたのだけど…

これ…
だれのたまごなんだろう…

たまご…鳥のたまごですよね?
だれのたまごなんだろう…

クロウタドリのたまごについて調べてみたら、青緑にまだら模様
長さ29ミリ、直径21~22ミリと書いてありました。
色もサイズも、近くなあい?
もしかしてキョロちゃんのこどものたまごでは?

家族に『キョロちゃんが、自分にこどもが出来たことを知らせるために
殻を落としていったのかも♪』と言ったら

『大変ロマンティックな考えとは思うけれど……それはない!

そうかなあ…。全然無関係で、ただの偶然なのかなあ…。

そして、ここでギモンが。

クロウタドリの抱卵期間は14日前後、♀が担当するのです。
ってことは、このたまごがキョロちゃんベビーのものだとすると
ちょっと辻褄が合わないかなと思うわけです。
だって、抱卵のために食事を自分では捕れないはずのツマへ、餌を
運ぶ役目はオットであるキョロちゃんのはず。
でもこの2週間ばかりの間、彼は怪我をしそして快復し、相変わらず
仲間を追いかけ回し、のほほんとひなたぼっこをしたりして、ツマの
ための餌捕りなどしている様子は皆無だったもの…。

ってことは…。
たまごはベツジンのもので、ツマがまさに現在抱卵中。
よってキョロちゃんは、彼女のためにせっせと餌を運ばなければ
ならないのでしょうか…。

うーん、うーん、よくわからない…

『なにはともあれ、協力してくれてもいいよ…ボクヨレヨレなのね』
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪

きょ、協力って…(^◇^;)
干しカラントの実は、♀が食べる分にはよいだろうけれど、もしも
ヒナに与えるのだとしたら、大丈夫なものなのかしら。
レーズンよりはかなり小さいものだけど、喉に詰まらせたりしない
のか、だいたいヒナは虫などでプロテインを摂らなくちゃだめなの
では…と思うと、気軽に協力出来ませんよ?
それに、ヒトに頼っちゃダメでしょ、やっぱり。
ここぞって時には頑張らないと…ねぇ?

『キミに頼らなくてもやっていけるし!』
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪
いや~~! それは見せてくれなくていいです(>_<)

※ちゃんと見たい方は、クリックして下さいね。少し拡大します

『バカにするなよ~プンプン(怒)』
見せないで~(>_
わかったから、目の前に持ってこなくてよろしい!(涙)

キョロちゃん自力で頑張れそうです(^◇^;)

『はあ……水浴びするヒマもないのね』
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪
大事なシゴトが終わったら楽しめるよね。それまでがんばって! 

もうなったのか、これからなるのかよくわからないけれど
パパなのは間違いなさそうです。
お気楽なキョロちゃんの意外(?)な一面を見ています。

抱卵期間が14日前後。それから巣立ちまでが14日前後。
もうヒナが孵っていれば2週間ほどで、そうでなくてもひと月
以内には、キョロちゃん2世が庭に来たりすることも
あるのかもしれません。

無事に巣立ちが出来るといいな。

観察は続く…

☆きょうの別記事『春はどこに行った?』も見てから帰る☆

見て下さって、ありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+クロウタドリ  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。