FC2ブログ

All archives    Admin

2010'02.03 (Wed)

ベティのショートブレッド

『わ、おやつが減ってる…』と目が点(?)のイエスズメさん
イエスズメ♂
きのうホシムクドリさんが食べてましたからねぇ…

『なにか文句があるんでしょうか?』
ホシムクドリ
いっ、いいえ~、ないです、ないです、全くないです(^◇^;)

『補充、忘れないでネ。また作るよね?』
イエスズメ♂
うん、無くなったらね…

うーん…。なんだか最近は、小鳥さんたちのためのおやつばかり
せっせと作っている気がするなあ。

なので、今回は自分にもおやつを作っちゃおう!の巻。

スコットランドのお菓子っていうと何をイメージしますか。
タータンチェック模様の赤い箱に入った、ウォーカーズ社の
ショートブレッド
を思い浮かべる方も少なくないのでは?

ショートブレッドは、砂糖、小麦粉、バターなどで作る
スコットランド伝統の焼き菓子です。
前述の既製品が有名だけれど、家庭でも簡単に作れて、おいしい。

我が家には、お菓子の本に載っていたのをアレンジしたもの
など、いくつかショートブレッドのレシピがあって、それぞれ
美味なのだけれど、今回は、ボランティア活動を通じて知り合った
おばあちゃま、ベティさんが教えて下さったレシピで作ってみます。

☆ベティのショートブレッド(12~13本分)☆

材料はこれだけ
ショートブレッドの材料

※バターは今回、無塩のものを使っていますが、有塩でもOKです。
 その場合は、材料内の塩が不要です。

さて作り方ですが、とってもシンプル。

バターとお砂糖を泡立て器でよーく混ぜてふわふわに
バターとお砂糖、グルグルまぜます
ここで空気をいっぱい含ませておくのがサクサクの秘密

塩を加えて混ぜてから、ふるった粉類を入れて…
粉類を入れて… 練るのは厳禁
さっくりと混ぜながら(練らない)まとめていきます

ひとまとめにして、ラップに包み板状に
まとめて板状に
今回は横20×縦5~6センチ、厚みが1.5センチほど

冷蔵庫で30分休ませたら…
切り込み入れて、穴開けて♪
好みの幅に切り込みを入れ、飾りの穴を開けていきます

140~150度に予熱しておいたオーブンで約30分
※温度はオーブンの癖を見て調整して下さいね

焼けたら暖かいうちに切れ目に沿って切り離し…
できあがり♪ サクサクです♪
冷めたら、どうぞ召し上がれ♪

今回、まだ冷めないうちにお皿載せようとして、ひび割れたり
崩れたりしちゃいました(>_<)
急いては事を仕損ずるってまさにこのことですね。
暖かいうちは、とっても崩れやすいので、切れ目を入れたら
完全に冷めるまで放置、を強くおすすめします。
見た目と写真はいまいちですが(^_^;) 味はlovelyですよ♪

棒状にせず、少し生地を薄めにのばし型抜きしても可愛いです。
その場合は、焼き時間を短縮してくださいね。
ベティさんのレシピは、他のレシピよりバターが多め。
風味豊かでサクサク、そしてどこか懐かしい味がします。



『いつからお菓子のブログになったの?』
クロウタドリ♂
いいの、細かいことは!!

なーんてね(^^ゞ
クロウタちゃんは、自分が主役じゃないと、イヤみたいです。

見て下さってありがとうございました♪
スポンサーサイト



関連記事
 |  Scotland+日常  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |