All archives    Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.18 (Mon)

気がかりなコブハクチョウ

朝、8時38分
今日は晴れ!
久々に“色のついた”空。嬉しいな

午後、出かけるついでに川辺の散歩道を歩いてみる
いつものゆったりした川が、今日は違う表情
連日の雨で水量が増し、流れもとても速い川

今日はコブハクチョウに会えるかな…と思っていたら

いたいた!(嬉)
コブハクチョウさん!!

元気にしてた? 会いたかったんだよ~(^^)
コブハクチョウ コブハクチョウ

嬉しい気持ちもつかの間、コブちゃんの翼に異変を発見
傷ついたコブハクチョウ

犬に襲われでもしたのか(以前に別の川でコブハクチョウを追いかける犬を
みたことがあります)
それともどこかにぶつかったのはわからないけれど
左側の羽が、付け根部分からほとんどないのです。
お魚の骨みたいな状態になっている左翼(>_<)
おまけに付け根はかなり傷み、血が出ているようにも見えて…。
ものすごく早い水の流れに逆らうようにしながら、一生懸命餌を食べて
いるように見えるけど、動きがどこかぎこちない。
ひとりぼっちのコブハクチョウ。
仲間はもっと水流の穏やかなところに行ったのではないかしら。

コブちゃん、すごく辛そうなんですけど…。大丈夫?
コブちゃん…
『大きなお世話、ほっといて!』

シャー!!なんて威嚇の声まであげられてしまったけれど、このまま
放っておいたら傷が化膿して大変なことにだってなりかねないかも…。

家に戻ってからRSPB(英国の鳥類保護団体)のサイトで調べてみたら
RSPBでは、直接の救助活動や治療はしないけれどいくつかの組織が
そういった作業をしてくれることがわかりました。
その中の一つ“Swan Sanctuary”に電話。
日曜のせいか応答はなかったので、メールで場所と状況を知らせ
保護のうえ手当はして貰えるのか、そうでない場合はどうしたらよい
のかなどを問い合わせて、現在返信待ち中です。
早急に対応して頂けるとよいのだけれど…。
コブちゃん、がんばれ!

※1月20日追記
 動物保護団体に連絡を取り、このコブハクチョウは、ケガをしている
 のではなく、Angel Wingという病気に罹っていることが判りました。
 完治しない病ではあるものの、現状では命に危険はないのだそうです。
 詳しくは ☆こちらの記事☆ からどうぞ。


傷ついたコブハクチョウに会ったあと、ちょっと暗くなりながら
歩いていたら…

3週間前には真っ白な雪で覆われていた場所で、犬が元気に走ってる
この前の雪景色が嘘みたい 元気に駆け回る犬

遊んで、遊んで、息切れ中
ワンちゃん、休憩中

ちょっと覇気のないコブハクチョウさんを見たあとだったから
元気いっぱいのワンちゃんを見て、なんとなく複雑な気持ちにも
なったけれど…。
いい天気や緑の芝生が嬉しいのは、人間だけじゃないものね。



☆庭の小鳥さん☆

わっ、コマドリちゃんに見つられてるぅ。照れるわあ(*^_^*)
ヨーロッパコマドリ

ヨーロッパコマドリ
いっ、いいえ、言われたことないですよそんなコト…一度もない(小声)

『コマドリちゃん…』と声を掛けるイエスズメのおじさん
イエスズメ♂
それどういう意味?

失礼ねえ(怒)

なーんて。
思いこみ激しいのはほんとだから、しかたないかも(^^ゞ

見て下さってありがとうございました♪
スポンサーサイト
関連記事
 |  風景+自然  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。