FC2ブログ

All archives    Admin

2010'01.16 (Sat)

スコットランドあれこれ その1

現在英国(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)内で
流通しているポンド紙幣は、50ポンド、20ポンド、 10ポンドそして
5ポンドの4種類。
英国を旅行されたり、居住されている方には、エリザベス二世の顔が
印刷された、こんなBank of Englandの紙幣がおなじみかもしれません。

£5紙幣。Bank of Englandのもの
法定通貨の£5紙幣

でも、スコットランドには独自のポンド紙幣があるのをご存じですか?
こちらでは、Bank of Scotland、Royal Bank of Scotland、Clydesdale Bank
の3つの銀行が紙幣を発行しています。

今我が家にあるのは

£20(Clydesdale Bank発行のもの)
スコティッシュ紙幣

£10(Clydesdale Bank発行のもの)
スコティッシュ紙幣

£5(Royal Bank of Scotland発行のもの)
スコティッシュ紙幣

表にもそして裏にも、英国君主であるエリザベス二世の姿がなく、代わりに
ロバート・バーンズや、ロバート・ブルースなどといったスコットランドの
英雄的人物の肖像が描かれています。

このスコットランド紙幣、価値はイングランド紙幣となんら変わること
はないものの、実は日本では…というより世界では通用しません。
法定通貨として世界中で通用するのはあくまでも、Bank of England発行の
紙幣だけなのです。
なんか変。

それでも英国内においては、どこででも“使えることになっている”この
スコットンド紙幣、しかしイングランドなど、スコットランド以外の地域
では『こんな紙幣見たことありませぇ~ん!』と、しばしば受け取りを拒否
されることがあるのですね(^_^;

銀行や郵便局などではそのようなことは少ないと言うことですが、実際に
binbirdもイングランドを訪れたとき何度かやんわりと受け取りを拒まれた
ことがあります。(本当のところが知りたくて、わざと出してみたのです)
今のところ受け取り拒否は違法ではないので(スコットランド政府が幾度と
なくスコティッシュ紙幣を法定通貨として認めよと言っているにもかかわらず
その案が通らないため)こんな時には、引き下がるしかありません。

それでも独自の紙幣を発行し続けるスコットランド。
1707年までの約400年、独立国家として歩んでいたスコットランド。
未だに独立への夢は消えていません。
歴史的背景もあり、イングランドに対抗意識を持っているスコットランドの
意地を、binbirdは日々こんなところからも感じるのです。

なお北アイルランドにも、独自紙幣があるそうです。
どちらも、日本に持ち帰っても日本円には両替できませんので
旅行などで訪れる機会がある場合は、ぜひご注意を!



☆庭の小鳥さん(在庫編)☆

今日は全然小鳥さんの姿を見られなかったので、雪がまだ残っていた
時の在庫から…

とけた雪を飲んでいたクロウタドリさん
クロウタドリ♂

大好き! イエスズメのおじさん(^^)
可愛いイエスズメのおじさん

いつも可愛いヨーロッパコマドリさん
ヨーロッパコマドリさん

アオガラちゃん
アオガラちゃん

海辺や川、森に行って、普段はなかな会えない鳥さんたちに会いたいなと
思うのだけれど、週末はお天気、よくなってくれるかな…。

何はともあれ、みなさんもbinbirdも楽しい週末を過ごせますように!

見て下さってありがとうございました(^^)
スポンサーサイト



関連記事
 |  Scotland+日常  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |