FC2ブログ

All archives    Admin

2010'01.18 (Mon)

気がかりなコブハクチョウ

朝、8時38分
今日は晴れ!
久々に“色のついた”空。嬉しいな

午後、出かけるついでに川辺の散歩道を歩いてみる
いつものゆったりした川が、今日は違う表情
連日の雨で水量が増し、流れもとても速い川

今日はコブハクチョウに会えるかな…と思っていたら

いたいた!(嬉)
コブハクチョウさん!!

元気にしてた? 会いたかったんだよ~(^^)
コブハクチョウ コブハクチョウ

嬉しい気持ちもつかの間、コブちゃんの翼に異変を発見
傷ついたコブハクチョウ

犬に襲われでもしたのか(以前に別の川でコブハクチョウを追いかける犬を
みたことがあります)
それともどこかにぶつかったのはわからないけれど
左側の羽が、付け根部分からほとんどないのです。
お魚の骨みたいな状態になっている左翼(>_<)
おまけに付け根はかなり傷み、血が出ているようにも見えて…。
ものすごく早い水の流れに逆らうようにしながら、一生懸命餌を食べて
いるように見えるけど、動きがどこかぎこちない。
ひとりぼっちのコブハクチョウ。
仲間はもっと水流の穏やかなところに行ったのではないかしら。

コブちゃん、すごく辛そうなんですけど…。大丈夫?
コブちゃん…
『大きなお世話、ほっといて!』

シャー!!なんて威嚇の声まであげられてしまったけれど、このまま
放っておいたら傷が化膿して大変なことにだってなりかねないかも…。

家に戻ってからRSPB(英国の鳥類保護団体)のサイトで調べてみたら
RSPBでは、直接の救助活動や治療はしないけれどいくつかの組織が
そういった作業をしてくれることがわかりました。
その中の一つ“Swan Sanctuary”に電話。
日曜のせいか応答はなかったので、メールで場所と状況を知らせ
保護のうえ手当はして貰えるのか、そうでない場合はどうしたらよい
のかなどを問い合わせて、現在返信待ち中です。
早急に対応して頂けるとよいのだけれど…。
コブちゃん、がんばれ!

※1月20日追記
 動物保護団体に連絡を取り、このコブハクチョウは、ケガをしている
 のではなく、Angel Wingという病気に罹っていることが判りました。
 完治しない病ではあるものの、現状では命に危険はないのだそうです。
 詳しくは ☆こちらの記事☆ からどうぞ。


傷ついたコブハクチョウに会ったあと、ちょっと暗くなりながら
歩いていたら…

3週間前には真っ白な雪で覆われていた場所で、犬が元気に走ってる
この前の雪景色が嘘みたい 元気に駆け回る犬

遊んで、遊んで、息切れ中
ワンちゃん、休憩中

ちょっと覇気のないコブハクチョウさんを見たあとだったから
元気いっぱいのワンちゃんを見て、なんとなく複雑な気持ちにも
なったけれど…。
いい天気や緑の芝生が嬉しいのは、人間だけじゃないものね。



☆庭の小鳥さん☆

わっ、コマドリちゃんに見つられてるぅ。照れるわあ(*^_^*)
ヨーロッパコマドリ

ヨーロッパコマドリ
いっ、いいえ、言われたことないですよそんなコト…一度もない(小声)

『コマドリちゃん…』と声を掛けるイエスズメのおじさん
イエスズメ♂
それどういう意味?

失礼ねえ(怒)

なーんて。
思いこみ激しいのはほんとだから、しかたないかも(^^ゞ

見て下さってありがとうございました♪
関連記事
 |  風景+自然  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.17 (Sun)

うれしい光景

晴れて!と願ったにもかかわらず、雨…しかも暴風雨チックな
ひどい空模様の土曜日。
窓の外を見て、どよ~んとした気分になったのもつかの間…

クロウタドリさんがやってくる♪
クロウタドリ♂
おはよう、クロウタちゃん!

お気に入りのブラックカラントの実をパクッ!
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪

こちらはクロウタドリの女の子
クロウタドリ♀
落ち葉をひっくり返して、虫探しに忙しそうでした

暗い日でも、可愛い鳥たちのおかげで庭も気分も明るくなります。

今日のとってもうれしかったこと…。

カヤクグリちゃん用に地面に撒いたバードシードをチェックしに来た
ヨーロッパコマドリさん
ヨーロッパコマドリ

このコマドリさんは、落ち着いた様子から見ても新入りさんのほう
以前からいる常駐コマドリさんは、カヤクグリちゃんを見つけるや
いなや、庭から追い出しに掛かるのですが、新入りさんはこのあと現れた
カヤクグリちゃんと仲良くシードをついばんで…。

ちょっと見にくいのですが、一緒のところをなんとか撮れたもの
ヨーロッパコマドリとヨーロッパカヤクグリ
初めて見る光景に、ヨロコビ指数急上昇でした(^^)

新入りさんって性格よさそう…ほんと可愛いわあ
ヨーロッパコマドリ ヨーロッパコマドリ

…なーんて言ったら、常駐さんがまたすねてしまいそうですが(^_^; 
きょうは姿を見かけなかったなあ。
遊びに来てね、常駐さん。

さて、日曜日こそは。
日曜こそは、晴れるという予報。
当たってね! 1週間くらいお日さま出てませんよう…。



☆だれだ?☆

庭をのぞいたら怪しい影!だれ?!
怪しい影の正体は…ねこ!
『ねこです』

いかにもなシェイプですこと(^_^;
ご近所の猫さんかな?
猫さんは好きだけど、昼間小鳥さんたちが来ている間は、訪問を
ご遠慮くださいな…とちょっと勝手なお願いをしてみました。

見て下さってありがとうございました。
関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.16 (Sat)

スコットランドあれこれ その1

現在英国(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)内で
流通しているポンド紙幣は、50ポンド、20ポンド、 10ポンドそして
5ポンドの4種類。
英国を旅行されたり、居住されている方には、エリザベス二世の顔が
印刷された、こんなBank of Englandの紙幣がおなじみかもしれません。

£5紙幣。Bank of Englandのもの
法定通貨の£5紙幣

でも、スコットランドには独自のポンド紙幣があるのをご存じですか?
こちらでは、Bank of Scotland、Royal Bank of Scotland、Clydesdale Bank
の3つの銀行が紙幣を発行しています。

今我が家にあるのは

£20(Clydesdale Bank発行のもの)
スコティッシュ紙幣

£10(Clydesdale Bank発行のもの)
スコティッシュ紙幣

£5(Royal Bank of Scotland発行のもの)
スコティッシュ紙幣

表にもそして裏にも、英国君主であるエリザベス二世の姿がなく、代わりに
ロバート・バーンズや、ロバート・ブルースなどといったスコットランドの
英雄的人物の肖像が描かれています。

このスコットランド紙幣、価値はイングランド紙幣となんら変わること
はないものの、実は日本では…というより世界では通用しません。
法定通貨として世界中で通用するのはあくまでも、Bank of England発行の
紙幣だけなのです。
なんか変。

それでも英国内においては、どこででも“使えることになっている”この
スコットンド紙幣、しかしイングランドなど、スコットランド以外の地域
では『こんな紙幣見たことありませぇ~ん!』と、しばしば受け取りを拒否
されることがあるのですね(^_^;

銀行や郵便局などではそのようなことは少ないと言うことですが、実際に
binbirdもイングランドを訪れたとき何度かやんわりと受け取りを拒まれた
ことがあります。(本当のところが知りたくて、わざと出してみたのです)
今のところ受け取り拒否は違法ではないので(スコットランド政府が幾度と
なくスコティッシュ紙幣を法定通貨として認めよと言っているにもかかわらず
その案が通らないため)こんな時には、引き下がるしかありません。

それでも独自の紙幣を発行し続けるスコットランド。
1707年までの約400年、独立国家として歩んでいたスコットランド。
未だに独立への夢は消えていません。
歴史的背景もあり、イングランドに対抗意識を持っているスコットランドの
意地を、binbirdは日々こんなところからも感じるのです。

なお北アイルランドにも、独自紙幣があるそうです。
どちらも、日本に持ち帰っても日本円には両替できませんので
旅行などで訪れる機会がある場合は、ぜひご注意を!



☆庭の小鳥さん(在庫編)☆

今日は全然小鳥さんの姿を見られなかったので、雪がまだ残っていた
時の在庫から…

とけた雪を飲んでいたクロウタドリさん
クロウタドリ♂

大好き! イエスズメのおじさん(^^)
可愛いイエスズメのおじさん

いつも可愛いヨーロッパコマドリさん
ヨーロッパコマドリさん

アオガラちゃん
アオガラちゃん

海辺や川、森に行って、普段はなかな会えない鳥さんたちに会いたいなと
思うのだけれど、週末はお天気、よくなってくれるかな…。

何はともあれ、みなさんもbinbirdも楽しい週末を過ごせますように!

見て下さってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  Scotland+日常  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.15 (Fri)

雨の日は憂鬱

寒さが和らいでホッとはしているものの、連日の悪天候続きで、もう
何日もお日さまをまともに見ていない気がします。
今朝も雨。
毎日、日の出時間が早くなってきているとは言っても、今の夜明け時刻
は8時半過ぎ。天気の悪い日はどうしようもないくらい暗い外を眺め
ため息をついてしまうのです。

庭にはクロウタドリたちがやってきて…
クロウタドリ

彼らの可愛い姿や、なわばり争いなのか追いかけ追いかけられを何度も
繰り返すちょっと漫画チックな光景に、心なごみはするのですが…。
写真が…それでなくてもうまく写せない写真が、暗いと全然撮れなくって
ちょっと困ってしまう。

ぶれる。ゆれる。ピンぼけ。

可愛いヨーロッパコマドリちゃんが来てくれても
ヨーロッパコマドリちゃん ヨーロッパコマドリちゃん


露出を変えれば明るくなるのかな?とか、ここはオートモードでとか
設定でモタモタしているうちに飛んで行っちゃうし(^_^;

今日はイエスズメさんに、アオガラちゃん、シラコバトさんやホシムク
ドリくんも来ていたのに、全部ゴースト写真になってしまいました。

家のそばに来ていたズアオアトリの女の子や
ズアオアトリ♀

ゴシキヒワさんたちに至っては、表情さえよく見えず…(>_<)
ゴシキヒワ

☆『見えなくちゃ意味ないだろう!』『どんな顔しているの?』と興味の
  ある方はズアオアトリと、ゴシキヒワの過去記事をぜひご覧下さい。
  ↑よりは、鮮明です(^_^;

はあ…。パッと明るく晴れてくれないものでしょうか。

…って、天気の問題じゃなく、自分の問題ですよね、これって(^_^;



☆ヒガラちゃん、戻っておいで!!☆

先月の初めにも書いたのですが、ヒガラちゃんの姿が庭から消えて
ずいぶん経ちます

アオガラちゃんやシジュウカラさんなんかと一緒によく遊びにきて
くれていたのに、さっぱり見かけなくなってしまった…。

ひどく寒くなったときには、おなかをすかせてやってくるかも…と
期待していたのだけれど、結局来ずじまい。

元気にしているかな。会いたいな。思い出すと涙が出そう
ヒガラちゃん
大好きだよ、ヒガラちゃん…

なんだか今日はとりとめなくなってしまいました。
やっぱりお天気がわるいせい?(苦笑)

見てくださってありがとうございます。
関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.14 (Thu)

みどりの芝生ふたたび

クリスマス前に降り始め、最初は喜んでいた雪。
年が明けても断続的に降り、加えて記録的な寒さが続いたこと
からこのあたりでは珍しい“根雪”状態が続いていました。
それがここ2日ばかりの気温の上昇でぐんぐん解けています。

こんなふうに埋まる子続出だった庭にも
助けてぇ~と言ってた(?)クロウタドリ♂

みどりの芝生がもどってきました
雪がだんだんとけてきた

名残惜しそう(?)に雪を眺めるヒトもいますが
クロウタドリ♂

なんだかみんな嬉しそう
クロウタドリ♂ クロウタドリ♂

『また、土の中の新鮮な虫が食べられるもの♪』
クロウタドリ♀
そっ、そうよね(^^ゞ

『今日は、雨粒も少しあたたかいみたい』
クロウタドリ♂
凍える雪の日が続いたものね

春はまだまだ遠いけど、自然の中のいきものたちには辛いだろう
寒さが、すこし和らいだのが嬉しいです。

でも雪が消えて、今まで隠れていた枯れ葉がどっと出てきたのは
うれしくない…かも(苦笑)
怠けず片づけなくちゃね…(近いうちに(^_^;)

見て下さってありがとうございました♪
関連記事
 |  鳥+クロウタドリ  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.12 (Tue)

バードケーキを作ろう!

ちっちゃくて可愛くて、大・大・大好きなアオガラちゃん
アオガラちゃん

夢中で食べているのはバードケーキです
アオガラちゃん

バードケーキはアオガラちゃんだけでなく、イエスズメ、ホシムクドリ
クロウタドリなど、多くの鳥さんたちのお気に入り。(鳥さん以外では
ハイイロリスさんもお気に召しているようです(^_^;)もしかしたら…
もしかしたらモリアカネズミさんにも………???
フィーダーを使えない鳥たちには、砕いて地面やバードテーブルに置いて
おくとあっという間になくなってしまいます。

去年もバードケーキの作り方を一度載せたことがあるのだけれど
今回はちょっと違ったレシピ(?)でご紹介してみます。

材料はこちら
バードケーキの材料

画面左上から
☆薄力粉…400グラム
☆バードシード…100グラム
☆ピーナッツ…100グラム
 ナッツは塩味のないもの。野鳥用があれば最適かも
 フードプロセッサーかナイフで、荒く刻んでおきます
 ピーナッツは粗めにきざんでね♪

☆ラード…150グラム
☆無糖ピーナッツバター…100グラム
 加糖のものを使う時には、砂糖の量を半分に減らすとよいと思います
☆砂糖…60~80グラム

これで約100グラムのバードケーキ9個分です。
量が多い!という方は、二分の一、四分の一の分量でお試し下さいね♪

さて、作り方は、とても簡単。
電子レンジを使えば火も不要です。

電子レンジでよーく溶かしたラードとピーナッツバターに砂糖を投入
ラードとピーナッツバターを溶かします お砂糖を入れて、よく混ぜる♪

砂糖が溶けたら、バードシードとピーナッツを入れて混ぜ混ぜ♪
バードシードを入れて ピーナッツもザクザクと

さらに薄力粉を入れて、よく混ぜ、まあるく丸めたらできあがり
小麦粉どどっと入れまして… 好みの形にしたらできあがり

さっそくアオガラちゃんがフォークを携えてやってきて…
アオガラちゃん

どれから食べようか考え中…
どれから食べよ?

アオガラちゃん
冗談ですってば…。すみませんm(__)m

できたては少し柔らかいバードケーキは、時間がたつにつれて堅くなります。
フィーダーがあればそこにいれ、ない場合はバードテーブルや地面に砕いて
おいてやるとよいと思います。
まるごとテーブルの上に置いておくと、カラスやリスなどが丸ごとお持ち帰り
するので、そんな意味でも砕いています(^_^;

バードシードと、ピーナッツ、それにピーナッツバターはなくても
かまいません。
ラードと、砂糖、それに薄力粉が基本の3材料です。

この3つだけで作るときには、ラードの量を150グラムから100グラムに
減らすと、ちょうどよくなるように思います。

まだまだ続く寒い冬、こんなおやつが出ると、みなさんの周りの鳥さん
たちも大喜びかもしれません。

見て下さってありがとうございました♪
関連記事
 |  その他  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.11 (Mon)

雪だるまふう

先日ご紹介したセグロカモメさんと同一ジンブツではと思っている
こちら…

ジョナサン(庭に来るカモメは一律こう呼んでいるのです(^_^;)
セグロカモメ
たびたび姿を見せては、片足立ちをしてみたり…

『鼻のむこうをご覧下さ~い。よく透けているでしょう』
セグロカモメ
うーん、よく見えますね

『今度は反対側からどうぞ~♪ 今の時期は特にスースーするんですよ』
セグロカモメ
風通し良さそうだものね(^^ゞ

なんだかいつもより可愛く見えてしまいます。
エビフライを思い出してしまう(食いしん坊なbinbirdだけかも(^_^;)
尾の形もなんだか好きだ。
『可愛い姿で芸を見せるかわりに、なにか食べ物を!』と言っているの
ではないでしょうね。

『ないです。妄想もハナハダシイ!』
セグロカモメ
そうよね(^_^;

それにしてもなんて丸いの。
足が生えた雪だるまさんのようですよ。



☆小鳥さんたちは…☆

『小雪舞う中、ニヒルに立っているボクってかっこいい~♪』
クロウタドリ♂
ノーコメントです、クロウタドリさん(^^ゞ

『ニヒルさではボクの方が上ね!』
ホシムクドリ
最近連続登場のホシムクドリさん、やはりノーコメントとしておきましょう

アオガラちゃんは、いつも通りピーナッツに夢中
アオガラちゃん

日曜日は少しだけ寒さが緩みました。
ほんの数度違うだけだけれど、空気がとても柔らかくなったような。

午前8時半過ぎの空
夜明けがだんだん早くなる♪
夜明けも、ほんの少しずつ、でも確実に早くなっています

嬉しいな。

見てくださってありがとうございました♪
関連記事
 |  鳥+セグロカモメ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.10 (Sun)

初めてのツーショット/初見だった!

庭の仲間入りをした、フレンドリーなコマドリちゃん
ヨーロッパコマドリ
日々、可愛い姿で目を楽しませてくれています

こちらは気むずかしく、シャイ(?)な常駐さん(たぶん)
ヨーロッパコマドリ
『binbirdもカメラもダイキライ!』

常駐さんが、新入りさんを見つけようものなら、ものすごい勢いで庭
からの追い出しにかかるため、今まで2羽が一緒のところって、写せた
ことがない…というより、ちゃんと見たこともなかったのです。

はじめてのツーショット
ヨーロッパコマドリ
奥が常駐さん。不満げに新入りさんを睨んでいるような…?

このあとすぐに追いかけ、追いかけられて消えてしまったけれど、確か
に2羽一緒のところを確認できました。
今日の嬉しかった出来事です(^^)

こちらもツーショット…2羽で20羽分賑やかなイエスズメさん再び
イエスズメ
以前の2羽と同一人物?

15羽分は、♂が担当しているかも(^^ゞ
イエスズメ♂
寒くても、日差しが当たって気持ちよさそうにしていました♪

さて、テーブルを見つめていたのはホシムクドリさん
ホシムクドリ

ホシムクドリ
あなたのお仲間が食べちゃったんですよね~

『なあに、いけないの?』
ホシムクドリ
いえ、いけなくないですぅ…(^◇^;)

いけなくはないのだけど、テーブルに乗らない鳥さんたちのために地面に
撒いたおやつまで、一粒残らず食べ尽くしてしまうホシムクドリご一行様
にはちょっと困っているかも(^_^;
でも寒さ続きでおなかがすくんだよね…。

モリバトさん

『ないないないない、なんにもなーい…』
シラコバト
モリバトさん、シラコバトさん、また置いておくから早めに食べてね



☆初見だった!(訂正編)☆
去年の暮れに、夫の実家でノハラツグミを見た、と書いたのですが
実は見たのはノハラツグミではなく、ワキアカツグミでした。

不鮮明だけど、トリミングしたもの
ワキアカツグミ
確かにワキアカツグミさん。図鑑の姿とそっくりなのに見落としです(^_^;

ベルギーにお住まいのavocetさんが、誤りに気づき教えて下さいました。
avocetさん、どうもありがとうございました!

ノハラツグミは、そうじゃないかな?と思うものを以前にもチラリと
見かけているのですが、ワキアカツグミを見たのは初めてだったのです。
確かにおなかの横が赤いのに、どうしてノハラツグミと思いこんで
しまったんだろう。
鳥見初心者、やっぱり念入りに図鑑を見なくてはダメのようです(^_^;
また会えるかなあ…。

見て下さってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.09 (Sat)

キアオジさんがやって来た

まだ薄暗い中、イエスズメやホシムクドリたちに混じって、見慣れない
色の鳥がいる…。

キアオジさんです!!
キアオジさん
最後に見たのは去年の2月。11ヶ月ぶりに姿を見せてくれました。

鮮やかな黄色の頭部と模様から、♂ではないかなと思うのです
キアオジさん
1羽だけ。あたりにお仲間の姿は見あたらず

キアオジはここ英国ではレッドリスト入りしている鳥。
数の減少が懸念されています。
ほんの数十秒で行ってしまったし、画像も鮮明じゃないけれど、姿が
見られて嬉しかったです(^^)
去年も雪が積もったときに来ていたので、来たらいいな…と漠然と
思っていたからよけい。
binbirdにとっては珍鳥さん。そうそうは会えない小鳥さんなのです。
また来てくれるといいな。

☆これまでのキアオジさんの記事はこちらからどうぞ♪

珍鳥さんではないけれど…

ユリカモメさん
ユリカモメさん
赤いあんよが可愛いですね(^^)

ドアを少し開けて、クロウタドリを見ていたときにやってきたユリカモメさん。
セグロカモメさんは時折やってくるけれど、ユリちゃんが来るのは珍しいです。
最初binbirdには全然気がついていなかったようで、気づいたあとに、思い切り
ぎくりとした様子で飛んで行っちゃいました(^_^;

『ワタクシ、雪模様が美しいユキムクドリと申します』
ユキムクドリ?…いえいえホシムクドリさんです
へっ?ユキムクドリさん? ……って、あなたホシムクドリさんじゃない!

確かに雪みたいな模様にみえるけど…。
騙されるところだった(^_^;

『ちえっ…ダメか。ボクが庭に来ても驚かないんだな』
ホシムクドリ
うーん…(^_^; いつもたくさん来るからねぇ…

『どうすればいいの? どうしたら珍鳥なの?』  
ホシムクドリ
う……そうねえ、日本でなら割と珍しいかも?
ムクドリさんに混じっていると探してもらえることもあるみたい

ホシムクドリとイエスズメ♂
ホシムクさんは日本の遠さを知っているのでしょうか…

日本でホシムクさんを見かけたら、大げさに珍しがってあげてくださいネ(笑)

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.08 (Fri)

可愛い子/凍てつく道路に恐怖する・寒波の思わぬ影響とは

最近庭に姿を見せている新入りのヨーロッパコマドリさん
ヨーロッパコマドリちゃん

無愛想でカメラ嫌いの常駐ヨーロッパコマドリちゃんでは
なかなかこうはいきません。

気のせいか顔立ちもより可愛いみたい
ヨーロッパコマドリちゃん
もっともっと遊びにきてね(^^)

いじけないで(>_
常駐さん、そういう意味ではありません! 

『あ~あ…コマドリちゃんを傷つけちゃって。ボク知らない』
イエスズメのおじさん
え~っ…イエスズメのおじさん…わたしが悪いの?

『そうに決まってる』
イエスズメ♀
ガーン…イエスズメちゃんまでそんな

褒めたつもりがいつのまにか悪者に…(>_<)

なーんて(^^ゞ




☆凍てつく道路に恐怖する・寒波の思わぬ影響とは☆

週に一度、1週間分の食材などをまとめ買いしにスーパーマーケットに
行くのです。
とっても混む週末は避けて、平日…たいてい木曜の夜と決まっています。
そんなわけで今夜も夕食のあとに出かけたわけですが……。

昼間は塩(融雪剤)のおかげで危険を感じずに走ることが出来た道路が
夕方から新たに降った雪のために、正真正銘の“雪道”になっておりま
した。

これは先日お城に行ったときのものです
冬道

アスファルトが見えているでしょう
冬道
融雪剤がちゃんと効いて、雪がとけているんですね

そしてこれが今夜の道路です
恐怖の冬道
雪で覆われていました(>_<)

こんなカーブ曲がりたくないです~
恐怖の冬道

わ~っ、バスが向かってくる、恐怖のどん底です
恐怖の冬道

冬用のスタットレスタイヤではなく、こんな道を夏タイヤでって…。
信じられません…。

車内は、ハンドルを握る夫と、手に汗握るbinbirdとの間で交わされる
『気をつけて運転してください! スピード厳禁!』
『横でごちゃごちゃ言うとかえって危険です! 手出し口出し厳禁!』
『雪道をなめてはいけませんよ?!』
『ボクの運転技術をなめないでいただきたい』
から始まる口げんかに徐々に冷え込んでゆき、寒波と大雪の影響は
夫婦の仲にも影響するのでありました(^^ゞ

見て下さってありがとうございました。

☆拍手コメントくださった、どんさん。
 ご丁寧にありがとうございました。
 今日も嬉しい気持ちで、ジーンと静かに感動しながらコメント
 読ませて頂きました(^^)
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT