FC2ブログ

All archives    Admin

2009'06.16 (Tue)

イエスズメさんに恋をして…

お水を飲んだイエスズメのおじさん
イエスズメ♂

嘴にしずくなんかつけちゃって、可愛いなあ~もう
イエスズメ♂
そうだ、今日こそは告白しちゃう!

『ん? なあに?』
イエスズメ♂
可愛くって大・大・大好き! 愛してる~!!

きゃ~言っちゃった(≧◇≦)

あれ? もしもし、聞いてる? ねぇねぇ、ねえってば!
イエスズメ♂

『がっくり…。binbirdに愛されちゃってもなあ』
イエスズメ♂
ガーン(゜◇゜)

『振られちゃったねぇ』
クロウタドリ♂
うっ(>_<) おだまりっ!(怒) 

なあんてね♪

でもイエスズメのおじさんがOKしてくれたら、デートしてもいいんだもん(笑)



☆パフィンに会いたい…☆

結婚式や婚約パーティなど、おめでたいこと続きだった週末、鳥見どころでは
なかったのだけれど、あちこち移動中にパフィンに会ったことがあるFowlsheugh
そばを通りかかったので、大急ぎで寄ってみました。(家族に大顰蹙…(^◇^;))

以前見たポイントへダッシュで直行するけれど、姿は見えず、がっかり…。
それでも双眼鏡で岩壁をくまなく探すと、かなり離れた場所に1羽を発見!

海側を見ているパフィンの姿フが辛うじて写っていますが、見えるかな(^_^;)
遠くにパフィンが…
中央より少し右側、オオハシウミガラスに混じって、一番端っこに…

行ったのは午後2時過ぎ。
今に時期にパフィンを見るなら、巣に戻ってくる夕方(今だと明るさから言っても
午後7時、8時くらいでしょうか…)がベストということなので、1羽だけでも姿を
確認できたのはラッキーだったのかな…。
なかなかタイミング良くあうことは出来ないですね。
会うたび、パフィンの姿が遠ざかっているのも悲しい…。
天気のいい平日の夕食後にでも、時間を作りたいです。
そして願わくば、もう少し近い場所で、たくさんのパフィンを見たいなあ…。

断崖はいつも通り大賑わい。この日

宙を舞うフルマカモメさんや
フルマカモメ

居眠り中のセグロカモメさんなども見かけました
セグロカモメ

時間がなくて、焦っていつになく早いペースで歩き、息切れがしたせいもある
かもしれないけれど、膨大な数の海鳥が集まって生み出す独特の臭いに
ちょっとうなだれ、へこたれそうになったひとときでもありました(^_^;)

見ていただき、ありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+イエスズメ  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.14 (Sun)

庭の小鳥と、花とハチ

ひょっこり現れたヨーロッパカヤクグリさん
ヨーロッパカヤクグリ
この前のちびカヤクグリの親鳥ではないのかなあ

その後ちびちゃんの姿を見ていないので、気になっているのです…。

ちびちゃんと言えば、こちらはホシムクドリのこども
ホシムクドリのこども
1羽で庭にやってきました

昨年には、親に餌をねだるこどもホシムクドリの姿が見られたのですけれど
この子はもう自分で餌を捕ることが出来るのでしょうか。
少しの間見ていましたが、成鳥がよくするような、地中の虫を捕らえる姿
観察できませんでした。
親が近くにいればねだるのかな…。ちょっと気になります。心配。

『心配なら、餌ちょうだい。あ~ん』
クロウタドリ♂
これ、立派な大人のキミが何を言うの、クロウタドリくんたら…(^_^;)

『ちえっ、だめか。おねだりしたのに』
クロウタドリ♂
だめに決まってます!

でも、時にはこどもにかえって甘えたくなる時も…きっとあるよね(^^)



☆花とハチ☆

道ばたに咲いていた青い花
ルリジシャ
Borage…日本名はルリジシャ。ボリジとも呼ぶようです

この花の周りをブンブンしていたのが、サングラスがキマっているハチさん
ブンブンブン♪
体に花粉をいっぱいくっつけていますね(^^) 可愛いな

いろんな方のブログを見せていただいているうちに、あまり目が向かなかった
野の花や、嫌いだった虫たちにも目が向くようになりました。
ちょっとずつ花の名前を覚えたり、小さなハチが愛おしく思えたり…なんだか
とても嬉しい気持ち。
そしてこの世界には、まだまだ知らないこと、知らないものがいっぱいなんだなあ
と、つくづく思うこのごろです。

☆ 今日の別記事 『St Machar Cathedralのステンドグラス』も見てみる ☆

見てくださってありがとうございました♪
関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(20)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.14 (Sun)

St Machar Cathedralのステンドグラス

スコットランドはアバディーン(Aberdene)にある、St Machar
Cathedral(聖マハー大聖堂)。
今回はここの美しいステンドグラスをご覧下さい♪ 

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral St Machar Cathedral

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral St Machar Cathedral

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral St Machar Cathedral

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral



☆ギモン☆

『大聖堂のステンドグラスと私たち鳥に、なにか関連性が?』
クロウタドリ
いえ、あまりないです(^◇^;)

『はて…? “あまり”…じゃなくて“全然”じゃないかと思う、ボクは』
セグロカモメ
もう~、うるさいわねぇ…。言葉のアヤよ、アヤ!

鳥さんのツッコミにはタジタジです。なんてネ(^o^)

☆ 今日の別記事 『庭の小鳥と、花とハチ』 もついでに見てみる ☆

見てくださってありがとうございました♪
関連記事
 |  風景+建造物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.12 (Fri)

夜の訪問者

今の季節、夜になるとよく見かけるんです、カタツムリさんを。

真夜中近くに現れたカタツムリ
カタツムリ(プチグリ)

手元の図鑑を見ると、正式な名前は"Cmmon Snail" 和名は『プチグリ』って
いうようです。
昼間は暖かさや、外敵から身を守るために休んでいて、夜になると活発に
なって、いろんな種類の草花を食べるのですって。
うちのお花や葉っぱも囓った跡が見られるから、もしかするとカタツムリさんが
お食事をしたのかもしれないですね。

キッチンのドアに張り付いていることも(^_^;;
カタツムリ(プチグリ)
初めて見たときには、仰天しました

小雨が降る夜には、目撃率が高まるカタツムリさんです

さて、そんなカタツムリを食べちゃっているらしいのがこちらのお方…
やっぱりウタツグミさん?
ウタツグミなのか、クロウタドリの♀かで迷っている謎鳥さんです

この謎鳥さんが、庭のテーブルの下で、固い地面に何かをカチカチコツコツと
ぶつけて、食べていたのを家族が見聞きしています。
binbirdもウタツグミがカタツムリらしいものを捕まえて、殻を壊しながら食べて
いるのを見た事があるので、状況を聞くと、食べていたのは、カタツムリなのかな
と思うのです。

図鑑を見ると、ウタツグミはカタツムリが大好物とあります。
一方クロウタドリは、昆虫やミミズなどを食べるとは書いてあっても、カタツムリ
には触れられていません。
クロウタドリはカタツムリを食べないのだとしたら、謎鳥さんは、やはりウタツグミ
ということになるのだけれど…うーむ、悩みます、悩みます。

鳥さんは可愛いけれど、カタツムリさんにも気をつけて欲しい気持ち…。



☆虹ハンター☆

1日降ったり止んだりの雨が、夕方に止みました。
雲が徐々に切れ始めたのを見て、虹が見られるかも!とビーチへ。

虹がでない…(^_^; 偶然に期待するしかないのかな、残念!
虹の橋はどこに…
青い空は気持ちが良かったけれど…

見てくださってありがとうございました♪ 
関連記事
 |  自然+いきもの  |  TB(0)  |  CM(21)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.11 (Thu)

川辺の散歩道

よく散歩する川沿いから、中州に転がる物体発見!
ゼニガタアザラシ

『あ"?? 物体とはなんだ! 失敬な』
ゼニガタアザラシ
あっ…アザラシさんだったのね、失礼~ 丸太かなと思っちゃって(^_^;)

『丸太だと?失礼にも程がある!全く最近のニンゲンときたら…なっとらん』
ゼニガタアザラシ
わぁ、そんなに怖い顔をしないで(T.T) なってないのは、わたしだけですm(__)m

…なんて会話は、binbirdの脳内だけで飛び交っていたわけでして、当の
アザラシさん(ゼニガタアザラシと思われます)は、しゃちほこ型になって
みたり、チョイと前足(前鰭かな?)を出してみたりしながら、のんびりして
いる様子でした。

ちょっと太めのエビフラ……、あっ、また叱られる(笑)
ゼニガタアザラシ

数頭でひなたぼっこをしているのを見かけた事もありますよ♪

この川では他に、アオサギさん、マガモのおかあさんとこどもたち、それに
カワアイサの親子などを見かけました。

マガモさんと9羽のちびっこたち
マガモ親子

おかあさんは大変そうですね
マガモの親子 マガモの親子

いつもの場所にいたアオサギさん
アオサギさん

なんとか姿、おわかりいただけますか(^_^;) カワアイサ親子
カワアイサ親子
チビちゃんたちは、岩の周りを水しぶきを上げてはね回っていました

10℃にも満たないような最高気温で寒かったけれど、いきものたちの
姿を見て、心がほんわかするひとときになりました。

☆ 今日の別記事 『ライチョウを探せ!』 も見てみる ☆
見てくださってありがとうございます(^^)
関連記事
 |  自然+いきもの  |  TB(0)  |  CM(23)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.11 (Thu)

ライチョウを探せ!?

友人が『Bealach na Baで、ライチョウの姿を見た』と言って、その時の
写真をコピーしてくれました。
"Bealach na Ba"は、ハイランド地方のアップルクロス半島を横切る
急でヘアピンカーブの多い一本道。
周りにはゴツゴツとした岩山が広がり、山を登り切った場所からは
とてもよい景色が見えるのです。

さて、この中にライチョウさんが…?
ライチョウを探せ!
どこにいるかおわかりになりますか

実は、画像右端の下の方にいます。トリミングしてみました
ライチョウ

こちらはいかがでしょう
ライチョウ
保護色で、なかなか探し出せないですね(^_^;)

上の画像をトリミングしたもの。中央よりの、左下にいました
保護色、しっかり効いてます♪
まわりの風景にしっかり溶け込んでいますね

数メートル先にいたのを、4倍ズームのコンデジで写したのだそう。
スコットランドの高地では、比較的見るチャンスがあるらしいですが、binbirdは
まだ見た事がありません。
それらしい後ろ姿を少しと、鳴き声を聞いた事はあるのですけれど。
見たいなあ、ライチョウ。

山の上からの景色
Bealach na Ba

Bruce and Christine, thank you for the pictures

☆ きょうの別記事 『川辺の散歩道』 を見てみる ☆

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+ライチョウの仲間  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.10 (Wed)

晴れた朝には…

朝、良く晴れて明るい窓の外を見ると心が弾みます。

眩しい朝日のなか、イエスズメの女の子が水飲み場にやってきました
イエスズメ♀

『おひさまの光って、気持ちいいなあ…』
イエスズメ♀ イエスズメ♀
なあんて、イエスズメちゃんも感じていたりするのでしょうか

謎鳥(ウタツグミまたはクロウタドリの♀)さんも元気そう!
ウタツグミ または クロウタドリ♀

庭を徘徊散歩中?のセグロカモメさん
セグロカモメ

人気はないけれど、カラス(ハシボソガラス?)さんも現れました
カラスだって、野鳥の仲間♪

イエスズメの波平さんも寝ぼけまなこで登場(画像が荒くて、ごめんなさい)
イエスズメ♂ 多分、名前は波平さん…(笑)
波平さん、お顔を洗って、髪も整えた方がよいみたい(^o^)

晴れた朝には、みんなウキウキして、活発になるようです。



こちらは、朝じゃないけれど、青空の下のカササギくん
カササギ

臆病なので、庭に下りてきても、さっさと逃げてしまう事が殆どです。
綺麗な青い羽、ちゃんと見せて欲しいのに…。



☆おまけ☆

信心深いカモメさんはいなかったけれど、とっても綺麗に見えたので
教会だけ写してみました。

Kirk St Nicholas

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.08 (Mon)

ひとりで平気?

庭でぽつんとひとりぼっちだったのは、ヨーロッパカヤクグリの幼鳥さん
ヨーロッパカヤクグリの幼鳥

少し前に見たイエスズメの赤ちゃんのそばには、近くで見守るパパの姿が
あったのだけれど、この子の周りにはだあれもいないのです。

まだ頼りなげなのに、親が面倒を見ている様子はありません。
たったひとりで庭の中を歩き回っては、花の隙間を覗き込んで餌探しでも
しているようだったり、羽繕いしてみたり…。

心細くないのかな
ヨーロッパカヤクグリの幼鳥


『ひとりだって平気だもん!』
ヨーロッパカヤクグリの幼鳥
強い子なのね(^^) 立派な大人になるよう祈りながら、見守るよ!

☆車窓から☆

晴れたり
青空に雲がポコポコ

怪しい雲が広がって小雨が降ってみたり…
怪しい雨雲…
スコットランドの空はとても気まぐれ

ところで上の画像で、小高い丘のように見えているのは、“キャッスルヒル”と
呼ばれる岩山で、この上にはお城が建っているのです。

建物が建っているの、なんとか見えるでしょうか
岩山の上はお城が…
スターリング城(starling castle)です

歴史的にも興味深いお城なので、ぜひ一度じっくり中を見てみたいと思いつつ
いつも走る車の中から遠目に眺めるだけだったり、近くまで行っても他の用事で
訪れる暇がなかったり…。
いつになったら見学できるかな。

昨年、近くを通りかかった時に、岩山の下から見たスターリング城
スターリング城

見てくださってありがとうございました(^^)

関連記事
 |  鳥+ヨーロッパカヤクグリ  |  TB(0)  |  CM(22)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.06 (Sat)

あんなところに、こんな鳥

庭の外には、大きな石がどんと置いていある空き地があります。
そこにいたのは…。

カラス? いえいえい、カモメでも鳩でもなくて…
海じゃないけど、ミヤコドリ

白いタンクトップ姿のミヤコドリさんなのでした
ミヤコドリ

binbirdが住むのは海沿いの街。
街なかでも、住宅地でもカモメの姿を見ない日はありません。
このミヤコドリも、カモメほど頻繁には現れないし、街の中で見る事はない
ものの、こんな風に住宅地そばの空き地で見かけるのは珍しくないのです。
うちのそばでも幾度となく見かけていましたが、ここで見たのははじめて。

ミヤコドリ

我が家の庭にも時々来るカモメ同様、海辺の鳥が芝生の上にいる姿には
違和感を感じずにはいられないのですが…当のミヤコドリさんはそんなこと
どこ吹く風のよう。

ミヤコドリ

庭の中からコソコソ隠し撮りをするbinbirdに気が付いたのか、このあと急に
飛び去ってしまいました。
ミヤコドリさんには海がお似合いだとは思うけれど…いつかうちにも来て欲しいな(^^ゞ



☆ウタツグミ? それとも…☆

時々庭に現れるこちらの鳥さん
あなたはだあれ???
まあるくて、可愛いでしょう(^^)

ウタツグミにしては、色が濃いようで、でも、クロウタドリの♀にしては
色が薄いよう…。
長い事、ウタツグミだろうと思い続けてはきたのですが、最近読んだ鳥の
専門雑誌で『クロウタドリの♀には濃色型と、淡色型がある』という記事を
見つけてからは、淡色型クロウタドリの♀?という思いも強いのです。

クロウタドリの♂♀の見分けでも悩んでいるのに、さらに難題を突きつけ
られたような今日この頃…(^^ゞ
鳥って、ホントに見分けるのが難しいのですね…。

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+ミヤコドリ  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.05 (Fri)

イエスズメの赤ちゃん(今年初♪)

昨年に比べて、鳥の赤ちゃんたちの登場が遅いな~と思っていたら…
さっき、今年初のイエスズメのヒナちゃんが庭に!

午前9時13分(日本時間午後5時13分)、庭の片隅に登場です
はじめまして、イエスズメちゃん!!

イエスズメの赤ちゃん

今朝はアップする予定じゃなかったし、あまり綺麗に写ってもいませんけれど
うれしくってうれしくって、出かける前に大急ぎで載せることにしました。
今日は一日気分良く過ごせそうです(^^)
みなさんも良い週末になりますように♪
関連記事
 |  鳥+イエスズメ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT