All archives    Admin

04月≪ 2009年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.31 (Sun)

夕暮れ前に…

日が長いこのごろは、夕食が済んだ後に散歩に出かける事が多いのです。

日没は10時近くなので(今日の場合は21時52分)
ごはんを食べたら、散歩に行こう♪
まだまだ陽射しを楽しめるんですね

午後8時半過ぎでも、ズアオアトリくんや
ズアオアトリ♂

ヨーロッパコマドリちゃんの声があちこちから響いてきます
ヨーロッパコマドリちゃん

ヨーロッパコマドリちゃん

保護色(?)のウサギさんも。可愛いなぁ…
ノウサギ
あっでも、うちには来てくれなくても、いいからネ

原っぱにさしかかったところで目の前を横切るマガモのカップル
マガモのカップル
『キャハハ~~♪』とはしゃいでいるような? しかもカメラ目線…(^_^;

夕暮れ前のひとときをふたりっきりでロマンチックに過ごすのかな
マガモのカップル マガモのカップル

マガモの女の子、優しそうな顔で可愛いです(^^)
マガモ♀

『ボクの彼女をジロジロ見るな~』
マガモ♂
わっ、ごめんなさい。楽しい時間をね(^_^;

みんな思い思いに短い夏(涼しいスコットランドに“夏”があるのかどうか、甚だ
ギモンですが)の夕暮れ時を楽しんでいるんですね。

これは昨夜写したものだけれど、午後11時半過ぎの外の様子
おりない夜のカーテン
空の下方、すこし夕焼け色が残っているのです



☆影法師☆

斜陽の魔法で、身長差30センチを無くしてみせる~!
影法師
頭の辺りの不自然さと、足の長さの違いには、目をつぶってください(^^ゞ

なーんて、いい大人が何をしているんでしょうか。
近くで見ていたヨーロッパコマドリちゃんが、『馬鹿ね…ふっ』と呟いていたかも(^◇^;)

見てくださってありがとうございました
スポンサーサイト
関連記事
 |  鳥+鳥さんいろいろ  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.29 (Fri)

パフィンのカップル

ウミウの巣を見たBullers O' Buchanでは、この場所では初めての出会いとなる
パフィンを見つける事が出来ました。

手前の崖の上方に、針の先ほどの大きさで写っているのですが…
Bullers O' Buchan
とてもじゃないけど見えませんよね(^◇^;)

ここに!
Bullers O' Buchanのパフィン

binbirdのカメラでは、これが限界です(>_<) 
Bullers O' Buchanのパフィン

Fowlsheugh(ファウルズヒュッハ)で会ったパフィンたちは単独でしたので
ペアでいるのを見るのは初めてだったんです(^^)

キス~~??(*^_^*)
Bullers O' Buchanのパフィン

Bullers O' Buchanのパフィン

彼らにとっては快適そうな崖上のアパートメントで、2羽はちょこちょこと
動き回ったり、座ったり、がけの下を覗き込んだり、忙しそうでした。

別の崖にも、パフィンの姿があったのですが…
Bullers O' Buchan

こちらは1羽。じっと座り込んで、岩の方を向いちゃってます
Bullers O' Buchanのパフィン

Bullers O' Buchanのパフィン
声を掛けたオオハシウミガラスさんにもつれないですね(^_^;

すぐそばには、たくさんのオオハシウミガラスがいるのです
オオハスウミガラスの群
声を掛けたのは、画面右端のオオハシくん

画像では見えにくいのだけれど、このパフィン、羽がぼさぼさでちょっと
薄汚れた感じだったんです。

怪我や病気じゃないといいのだけれど…
Bullers O' Buchanのパフィン

心なしか、寂しげなパフィンなのでした
Bullers O' Buchanのパフィン



☆クロウタドリのひなたぼっこ☆

日光浴が好きなクロウタドリくん。
今回は物置の屋根の上でくつろぐ姿をキャッチしました。

ぺたりと座り込んで、置物みたいですね(^^)
クロウタドリ@ひなたぼっこ中

大きく嘴を開けるのは、お約束…かな(^o^)
クロウタドリ@ひなたぼっこ中

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+パフィン  |  TB(0)  |  CM(20)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.28 (Thu)

風見鶏?

散歩中に見かけた愉快なお顔のマガモくん
マガモくん

実は民家の屋根の上にいるのです。 風見鶏みたいね、うちにも来ない?
こんな風見鶏がいてもいいカモ

でも、てんでバラバラな方向を向いてたんじゃ、実用的ではないカモね(笑)
屋根の上のマガモたち

こちらは散歩中に見つけた花
ヤマヤグルマギク
ヤグルマギクに似ているなと思い、名前を調べたくて写してきました

Perennial Cornflower。和名は、ヤマヤグルマギクって言うようです。
標高2000m位までの土地で育つようですから、高山植物って感じですよね。



☆庭のイエスズメ☆

おじさん。可愛いなぁ…大好き(≧◇≦)
イエスズメ♂

おじょうさん
イエスズメ♀

去年の今頃はもう庭にイエスズメの雛が来ていたのですが今年はまだその様子がありません。今年もイエスズメおじさんの子育て姿、見たいなあ。

最近拍手コメントをいただく事が増えました。
お名前しかわからず、ブログにお邪魔したり、お礼を申し上げたりは出来ない方も
多いのですけれど、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
とてもとても嬉しいのです。ありがとうございます(^^)

見てくださってありがとうございました♪
関連記事
 |  鳥+マガモ  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.26 (Tue)

ヒメウの巣

パフィンに会うため、あちこちの断崖歩きをしているこのごろ。
繁殖期で賑わう断崖を歩くのにも、少しずつ馴れてきたところです。
週末は、久しぶりにBullers O' Buchanに行ってみました。

相変わらずの恐怖の断崖(>_<)
Bullers O' Buchan

Bullers O' Buchan Bullers O' Buchan

Bullers O' Buchan

最近すっかりおなじみのオオハシウミガラスやセグロカモメがいるなか
オオハシウミガラス セグロカモメ

ヨーロッパヒメウ(European/Common Shag)も、岩肌にへばりついて(?)います
ヨーロッパヒメウ

近くには巣を守るこんな姿も
ヨーロッパヒメウ ヨーロッパヒメウ

ヨーロッパヒメウの巣は通常、たくさんの草や、木の枝、海草などで作られる
のだそうで、今回見たものは木の枝が主材料にようでした。
所々にまとわりついている黒っぽいものは海草でしょうか。

ちょっと上の方にいたセグロカモメさんの巣とは雰囲気が違いますね
お昼寝中? 抱卵中?

卵を産むのは年に1度、3~4個。ヨーロッパヒメウさん、頑張ってね
ヨーロッパヒメウ

繁殖する場所柄、見る機会がある方はそう多くないのじゃないかと思い
今回はヨーロッパウミウとその巣をご紹介してみました。



☆車窓から☆

Bullers O' Buchanへ向かう車の中からの風景です
スコットランドの田舎風景・春バージョン

スコットランドの田舎風景・春バージョン

スコットランドの田舎風景・春バージョン

スコットランドの田舎風景・春バージョン

スコットランドの田舎風景・春バージョン

見ていただき、ありがとうございました(^^)

関連記事
 |  鳥+ヨーロッパヒメウ  |  TB(0)  |  CM(23)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.24 (Sun)

セグロカモメの忠告??

庭にフラリとやってきたセグロカモメさん。歩き回っていたと思ったら…
セグロカモメ セグロカモメ

『ふーーーーむ…』
セグロカモメ
なあに、その意味ありげな"ふーむ"って??

『芝生、伸びすぎだよ…他の鳥たちも唖然としてるよ』
セグロカモメ
はっ(;゜〇゜)

ホシムクちゃんや、カササギさんも呆れてたのね、きっと
ホシムクドリ カササギ

『すぐに芝刈りすべきだと思うね、怠け者になりたくなかったら』
セグロカモメ
ひと言余計な気もするけど…(^_^; ご忠告ありがとうございます

この後、芝は綺麗にかられましたとさ。ちゃんちゃん♪

『やればできるじゃん』
セグロカモメ
むっ、その言い方は気に入らない

なーんて(^_^;



☆虹色ペイント☆

雨上がりの午後、空に虹が出ました
Rainbow

空に絵の具を塗ったみたい
Rainbow

これもまたダブルレインボーだったんですよ(^^)
Rainbow

見てくださってありがとうございました♪
関連記事
 |  鳥+セグロカモメ  |  TB(0)  |  CM(22)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.23 (Sat)

The Old Man of Storr

去年は体調不良で、頂上まで登れなかったスカイ島の岩の塔
The Old Man of Storr(オールド・マン・オブ・ストー)
先月は、無事頂上に辿りつくことが出来ました。

麓から歩き始めて数十分、目の前に見えてくる岩の壁…
The Old Man of Storr

気合いを入れて登り始めます
The Old Man of Storr

目指すゴールは、画像右側の岩の塔
The Old Man of Storr

岩の塔の左下に見えるのは、違うルートで先に到着した友人の姿
The Old Man of Storr
垂直に見える岩を登って、近道したんですよ(怖)

binbirdもなんとか到着、頂上からの眺めです
The Old Man of Storr

これは真下から見た岩の塔のてっぺん
The Old Man of Storr
これだけじゃなんだかよくわかりませんね(^_^;

見た目のハードさの割に1時間も掛からずに頂上に着いたのでした
The Old Man of Storr

帰り道にお茶をしに寄った、ポートリーの港
ポートリー
去年のポートリーの様子は、☆こちらからどうぞ☆



☆今日のクロウタドリくん☆

なんだかピンぼけ、ゴメンナサイ
本日のクロウタドリ♂
『二日酔いだからじゃない?』

うう、イヤな事いうわねぇ…(‐_‐) 二日酔いはホントだけど…。
本日のクロウタドリ♂
『ま、ピンぼけはいつもの事だけどネ』

ケンカを売ってるの~?

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  風景+自然  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.22 (Fri)

キタヤナギムシクイ

散歩の途中で会ったキタヤナギムシクイ(Willow Warbler)さん
キタヤナギムシクイ(Willow Warbler)
とても小さく写っていたので、かなりトリミングしてあります

見にくい画像でゴメンナサイm(__)m
実は去年も、キタヤナギムシクイかチフチャフかで随分悩んで同定できず終い
の鳥
がいたのです。(今はキタヤナギムシクイだったのではと思っています)
今回は、かなり離れていたので写すのは途中で諦め、双眼鏡で観察したのと
聞いた鳴き声をかなり覚えていたの(つもり(^_^;))とで、RSPBのサイトで声を
確認
しつつ、キタヤナギムシクイとしてご紹介することにしました。
間違っている場合には、ご指摘いただければ幸いです。



☆気になる穴の中☆

2週間ほど前に、パフィンに会いに行った場所には、オオハシウミガラスさん
カップルが何組もいました。そのうちのひと組がこちら…

『あっ、また来たわよ~、あのヒト』
オオハシウミガラス
またって…。binbirdには君たちの見分けが出来ないんですけど(^◇^;)

手前が♂で奥が♀と勝手に決めた(あくまでも想像です(^^ゞ)binbirdの目の前で…

奥さまが穴に頭を入れてゴソゴソ
オオハシウミガラス
奥に何かあるんだよね、オオハシウミガラスさん?

妻『教えられないわよね~、ね~あなた♪』 夫「うむ、そうだな』
オオハシウミガラス
なによ、けち~。覗いてやるぅ!

とは言ったものの、こんな崖の途中では手も足もでないのです(^_^;
とてもじゃないけど、下りていけません…(>_

この穴が巣だとしたら、きちんと卵の上に乗って温めなくてもいいのか気に
なるし、かといって雛がもう生まれて中にいると考えるには時期が早すぎる
ようにも思うんですよね…。
でも、やっぱり卵かな。いやいや、ヒナがいるのかも…。

このあともずっと穴の中を気にするオオハシウミガラスさんでした。
オオハシウミガラス



☆おまけ??☆

車の中から街の様子をパチリ
北の街・カモメの街
午後8時位。人がほとんど歩いていないと思いませんか

普段は午後6時で、商店街やショッピングモールのお店が閉まってしまうので
こんなふうに閑散としてしまうんですね。
週末などは、夜が更けるにつれて、また街の中に人が集まってきます。

今日はなんだかとりとめのない内容になっちゃいました。
見てくださってありがとうございます(^^)
関連記事
 |  鳥+キタヤナギムシクイ  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.20 (Wed)

ひなたぼっこ、だいすき

庭の隅っこでひなたぼっこをしているのはクロウタドリくん
クロウタドリの♂@ひなたぼっこ中

羽繕いなんかもして、気持ちよさそうですが…
クロウタドリの♂

しばらくすると、口がこんなに大きく開いてしまいます
クロウタドリの♂
囀っているのではありません

赤ちゃん時代のように、餌を待っているわけでもなさそうです(笑)
クロウタドリの♂
これ、暑さのために、嘴を開けて体温調節をしているように思います

去年何度となく目撃したクロウタドリさんのひなたぼっこ姿
天気の良い日には見られる確率アップなのです(笑)
こんな風に嘴を開けている姿も、珍しくはありません。
暑くて、はぁはぁ言っているようでもある姿は、可愛くもあり、滑稽でもあり。
そんなに暑いなら、日陰に行けばいいのに~と思うこともあるのだけれど
きっと気持ちがいいのでしょうね。

クロウタドリの♂ クロウタドリの♂

スコットランドは冬の間の日照不足のせいもあるのか、今の時期天気が良く
なると、気温は低くても外に出て、お日さまの光を楽しむ人々の姿があちこちで
見られるようになります。
貴重な陽射しを堪能するのは、人もそのほかの生き物も同じなんですね(^^)

過去の日光浴シリーズ(?)は↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓

ウタツグミさんの、口開け日光浴
イエスズメの女の子の信じられないお昼寝(?)姿
ハイイロリスくんのうたたね
アザラシファミリーのお昼寝
夕日に染まる、ちびアザラシ
☆binbirdのぶかっこうな居眠り姿…はっ(;゜〇゜) これはお見せできません(笑)



☆最近の庭の小鳥さんたち☆

水浴びを楽しむクロウタドリ
クロウタドリの♂ クロウタドリの♂
日光浴だけじゃなく水浴びも大好きなクロウタドリくんたちなのです

クロウタちゃんの水浴び後に喉を潤していたホシムクドリ
ホシムクドリ ホシムクドリ
『なんとなくクロウタドリさん風味…』 そんな馬鹿な(^◇^;)

シジュウカラさんはほんの一瞬フェンスに留まりました
シジュウカラ シジュウカラ

尾羽が濡れてるモリバトさん
モリバトさん、瞑想中??
水浴びしたかな

木の天辺で歌うヨーロッパカヤクグリちゃん
ヨーロッパカヤクグリ ヨーロッパカヤクグリ

写すことはできませんでしたが、このほかにも、シラコバトさん、アオガラちゃん
カササギ、セグロカモメなどを見かけています。
今日は、勢いよく空を舞うツバメの姿も目にしました。
みんな元気溌剌のようです(^^)

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事
 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(22)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.18 (Mon)

帰ってきたコブハクチョウ? -7羽の兄弟-

散歩道の川で、初めてコブハクチョウの親子を見たのは、去年の今頃
それから数ヶ月に渡って、親子の様子、こどもたちの成長ぶりを楽しませて
貰っていたのですが、昨秋のある日、親子が全員揃っているのを見て以降
1度だけこどもたちの一部が一緒にいるところを目撃したきり、彼らの姿は川
から消えてしまいました。
以来コブハクチョウを同じ川で見るたびに、もしかしてコブ親子の誰かかな…
なんて思ったり、また会えたらいいな…なんて考えていたbinbirdです。

さて、散歩がてら河口に行ってみたある夕方、コブハクチョウが何羽か岸辺で
羽繕いをしているところを見かけました。カメラを向ける前に、散歩中の犬に
追いかけられ川の中へと逃げ込んだ彼らでしたが…

河口付近に留まった5羽と
コブハクチョウ

橋の方へと移動した2羽
コブハクチョウ

コブハクチョウ

全部で7羽、これが全員、まだ羽が白くなりきっていない若鳥なのです。
去年この川で育ったコブハクチョウ兄弟も7羽…これはもしかして、同じ兄弟
たちなのじゃないかしらと胸がドキドキ。

モノクロだった嘴も、黄色くなり、鼻の上のコブも大きくなっています
コブハクチョウ
羽にはまだ少しまだら模様が残っているけど、立派なコブハクチョウです

あの時のコブちゃんたちだったら、嬉しすぎる(≧◇≦)
コブハクチョウ

こんなに素敵になって~~(>_<)
コブハクチョウ

『ねぇ、どうして泣いてるの? アヤシイヒトに見えちゃうよ』
コブハクチョウ
アヤシイ?? そんなぁ(^_^;  涙が出ちゃうのはね…

去年のこどもたちが帰ってきたんじゃないか、なんて大きく立派に成長したんだろう
って思って感動してるからだよ~(T.T)

100%同じコブハクチョウだとは断言できないけれど、きっとそうに違いない…と一人
頷くbinbirdでした。また近々会いに行ってみます。

☆コブハクチョウの親子2008年ダイジェスト版(?)を見てみる☆

この夕暮れ時の河口付近と浜辺には、アジサシやセグロカモメ、ミヤコドリなども
いましたよ(^^)

アジサシ 浜辺

アジサシの群と、カモメたち ミヤコドリ

海にお船を浮かべたら…♪



☆春のモイル城☆

去年も一度ご紹介しているモイル城(Castlel Moil)
同じ様な画像になっちゃいますが、先月プロックトンに滞在中、また見てきましたのでちょこっと載せておきます(^^ゞ

モイル城

モイル城

モイル城

見てくださってありがとうございました♪
関連記事
 |  鳥+コブハクチョウ  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.16 (Sat)

久々の登場、ハイイロリスさん

こらっ、そこで何してるの?
ハイイロリス
『見ればわかるでしょ~。ピーナッツの点検でぇ~す』

点検って…食べたいんでしょうが~~。
小鳥さんのバードフィーダーからはピーナッツを取れやしないのに、まだ
あきらめられないんでしょうか…(^_^;)
一度ラッキーなことがあったから、また同じハプニングを期待しているの?

アオガラちゃんヒガラちゃんが、いよいよピーナッツはお終いだって言うから』
ハイイロリス
でも、キミには食べられないんだから、関係ないでしょうよ…

『リスの悲しいサガで、ナッツと聞くと血が騒いで、確かめずにはいられないのさ』
ハイイロリス
ふーん…そういうものなの…

『あぁ、こうやって両手いっぱいのピーナッツが食べられたらなぁ…(夢)』
ハイイロリス
そんなこと言われても…

『まだ物置に少し残ってるの知ってるよ。分けて欲しいな、ね?』
ハイイロリス
うっ、出たな必殺ポーズ。悔しいけど、ホントに可愛いわあ…(^^ゞ

少し暖かくなってからは、庭に現れる回数が断然減っていたハイイロリスさん。
ひょっこり現れたと思ったら、最後は可愛い得意のポーズでピーナッツを要求
していました(たぶん(^◇^;))
でもね。今の時期は自然のご馳走で乗り切って欲しいのよ、ハイイロリスくん。



☆ある日の散歩道☆

川辺の散歩道

岸辺で獲物を探しているのは…
アオサギさん

アオサギさん。大抵いつもこのへんにいます
アオサギさん

中州に上がって羽繕い中のカワアイサくんたち
カワアイサ

物思いにふけるユリカモメさん
ユリカモメさん

散歩道のお花たち
野に咲く花々…

見てくださってありがとうございました

関連記事
 |  自然+いきもの  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。