All archives    Admin

09月≪ 2008年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.31 (Fri)

ハイランド牛さんはご機嫌斜め?

スカイ島にそびえ立つ、オールド・マン・オブ・ストールをあとにし、港町ポートリーへと戻る途中で、ハイランド牛(Highland Cow)さん発見!

以前に、アイラ島で出会ったハイランド牛さんたちには胡散臭い目つきで見られたり、マジマジと見つめられたりしたのですが、こちらの牛さんは無関心…?

☆クリックで大きめの画像になります☆

『だあれ…?』
Highland Cow
びっ、binbirdと申します。写真をすこし撮らせて欲しいんです

『勝手にすればぁ』
Highland Cow
右前足を出してるけど、どうしたのかな…。痛かったりする?

『……』
Highland Cow
無言の背中…。答えたくないんですね…(^^ゞ

近くにもう一頭。

こんにちは~。ごきげんいかが(^o^)
Highland Cow
『よくはないですけど、なにか?』

えっと…ですから写真を…。ご機嫌悪いのはどうしてなの(>_<)

『……』
Highland Cow
ああ、こちらも背中で拒否の姿勢を示しているような…。

実は2頭のハイランド牛さんの間には微妙な距離があって、冷た~い空気が
流れていたのですね(ホントかな(^^ゞ)。

お互いにそっぽをむいてる?
Highland Cow

ひょっとしてケンカ中かな。 だったら早く仲直りできるといいね。
急に居心地が悪くなったbinbird、そそくさとその場を立ち去ります。(ホントは強風にあおられ続け、寒くて仕方がなかったからなんです)
おじゃましました~! 写真撮らせてくれてありがとう。

☆アイラ島のハイランド牛さんたちも見てみる→こちらから

見てくださってありがとうございました♪



スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

 |  自然+いきもの  |  TB(0)  |  CM(24)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.30 (Thu)

The Old Man of Storr -スカイ島にそびえる岩の塔-

スカイ島はポートリーの町から、北へ約10キロほど行った場所にあるのが、遠目にもはっきりと見える岩の塔、The Old Man of Storr(オールド・マン・オブ・ストー)

☆クリックで大きめの画像になります☆

オールド・マン・オブ・ストール

オールド・マン・オブ・ストール

山の麓に車を止め、急な坂道を上り、こんな森を抜けると…
オールド・マン・オブ・ストール

突然目の前に岩山が見えてきます
オールド・マン・オブ・ストール

オールド・マン・オブ・ストール

ここにたどり着くまでの間に、体調が悪くなってしまい、頂上に登るのを断念した
のですが、そそり立つ岩の塔から、眼下を眺めたらどんなにか気持ちよかった
だろう…と残念でなりません(>_<)

オールド・マン・オブ・ストール

目立つ姿のために遠くからも確認でき、その昔はこの周辺を航海する船からの
目印にもなったという岩山は、ものすごい存在感がありました。

オールド・マン・オブ・ストール

見てくださってありがとうございます。





関連記事

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

 |  風景+自然  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.29 (Wed)

プロックトンのハクセキレイ

プロックトン(Plockton)にて、アカアシシギ(Redshank)さんとの初めての出会い
喜んでいるbinbirdの目の前には、こんな子もいました。

☆クリックで大きめの画像になります☆

ハクセキレイ(Pied Wagtail)さんです
ハクセキレイ

『撮っていいよ~』
ハクセキレイ
それはありがとう。でも今はアカアシシギさんを見たいのね

『ムッ(-_-メ) せっかく撮っていいよって言ってるのにさ…』
ハクセキレイ

『いつもはつきまとうくせにさ…』
ハクセキレイ

『ねぇ!撮っていいよってば!!』
ハクセキレイ
はぁ…。あの…撮らせていただきましたよ~(^◇^;)

普段なら嬉しいオファーにも、この時は目の前に初見のアカアシシギさんがいて
ついつれない態度だったbinbirdに、気を悪くしちゃったハクセキレイさん(笑)

でももともとフレンドリーなハクセキレイさんなので、プロックトンにいる間は
ヨーロッパコマドリ
さんと同じくらい、間近で見かける機会が多くありました。

別の日のハクセキレイさん
『ん? モデルになって欲しいのかな』
ハクセキレイ

『じゃあ、こちらへどうぞ~♪』
ハクセキレイ

『こんな感じ?』
ハクセキレイ
あ…。そうですねぇ。(ちょっと目がコワイかな…)

『えっ、怖い?』
ハクセキレイ
いえいえいえいえいえいえ、そんなことないですぅ…

とても親切な、可愛いハクセキレイさんでした
ハクセキレイ

見てくださってありがとうございます(^^)
関連記事

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+ハクセキレイ  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.28 (Tue)

初雪

おとつい日曜に時計の針を1時間戻して『冬時間』になったスコットランド(日本との
時差は現在-9時間)。
これで名実ともに冬…寒く暗く、長~い冬が始まったという感じです。

ピンぼけやノイズがすごい画像ばかりですけれど、今日はそんな今朝の
小鳥さんたちの様子です。

まだ薄暗いうち現れたクロウタドリくん。物置の屋根の上で呆然?
クロウタドリ♂

『呆然となんかしてないよ~。妄想で話を膨らませないでよ~!』
クロウタドリ♂
妄想と勝手にセリフを付けるのが癖になっちゃったんだもん、ごめん

鳥さんたちの水飲み場も雪と氷でこんなふう
水飲み場にも雪と氷が…

木の陰からはクロウタドリさん♀が…
クロウタドリ♀
『こんなに寒くちゃ、お出かけしたくな~い』

一瞬だけフェンスに現れたズアオアトリくん。『さぶ~』
ズアオアトリ♂

アオガラちゃんもやって来ました
アオガラ

『この白くて冷たいものなにかなぁ?』
アオガラ
このアオガラちゃんにとっては初めての冬なのかもしれないですね

どういうわけか今朝はイエスズメさんたちを見かけません。
いつもは早朝から元気よく囀っているヨーロッパコマドリさんの声も聞こえて
こないのです…。
一気に冷え込んで雪が降った今朝は、まだ巣でぬくぬくしてるのかな…。
あとで元気な姿を見せてくれるとよいのだけれど。

そんな中、いつも通り元気いっぱいなのが3,4羽で現れたヒガラちゃんたち。

分厚いコートを着込んだみたいに、まあるくなって登場です
ヒガラ

『誰が丸いの?』
ヒガラ
あなたが!

『そうかなぁ~』
ヒガラ
うんうん(^^)  まんまるで可愛いわよ♪

庭の中を忙しげに飛び回るヒガラちゃんたちでしたが
ヒガラ

地面に座り込んで(??)
ヒガラ

羽繕いを始める子もいたりして…
ヒガラ
わ~っ、おしりが冷たそう~(>_<)

初雪が降った小さな庭から、撮れ立て新鮮な朝の小鳥さんの姿をお届けしました♪

見てくださって、ありがとうございました(^^)
関連記事

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

 |  鳥+庭の仲間いろいろ  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.27 (Mon)

Edinburgh Castle -お城と、エジンバラの街並み-

とある休日、binbirdはエジンバラ城の真ん前に立っておりました…。

☆クリックで大きめの画像になります☆

お城の入り口
エジンバラ城

入り口を抜け、入場券を購入して城門の中へと入ります
エジンバラ城
落とし格子門になっています

門の内側。画像右側は、ラング階段
エジンバラ城城門と、ラング階段

ラング階段は70段の急な階段で、中世にはここがお城の頂上に続く主要登り口
だったそう。

ロイヤルパレス正面
エジンバラ城

ロイヤルパレスは、王族の住居部分だったところです。
撮影禁止だったのでお見せできなくて残念ですが、この建物内のクラウン・ルームというところには、スコットランドの象徴とも言える“運命の石(※この記事の下に簡単な説明を書いておきました)”など興味深いものがたくさんありました。

スコットランド国立戦争記念館
エジンバラ城

聖堂のようにも見えますが、上の戦争記念館の裏側
エジンバラ城・スコットランド国立戦争記念館

巨大な“モンス・メグ”
エジンバラ城
重さ6トンの重砲です

エジンバラ城

モンス・メグは1449年にベルギーで造られたもので、1457年にスコットランドの
ジェームス2世に寄贈されました。
1550年には“引退”しているそうですが、活躍当時は重さ約150キログラムの砲弾を発射できたのだとか。
射程距離は3.2キロメートルだそうですよ。

波を打ったような屋根部分は、昔の火薬庫。今はカフェになっています
エジンバラ城

上の画像右端部分に、細身の大砲が見えますか?
これは“ワン・オクロック・ガン”と呼ばれているもので、クリスマスと日曜、復活祭の金曜日を除いた毎日午後1時に発砲されます。
1861年に最初の空砲が撃たれて以来、2度の世界大戦時に中断されたことはある
ものの、約150年間、エジンバラの街に轟音を響かせているそうです。
今回は聞けませんでしたが、数年前にこの大砲の発砲音をエジンバラ城近くで
聞いた時には体全体ににドン!と衝撃が伝わるほどのすさまじさだったように
記憶しています。

こちらはハーフムーン砲台
エジンバラ城
お城の正面から見ると、緩やかにカーブしている部分です

ここからは、エジンバラの街並を見渡せます
エジンバラ城

黄色いクレーン車が見えるのは、お城の正面入り口広場
エジンバラ城

砲台を下から眺めたところ
エジンバラ城

お城からの眺め。街の向こうは、フォース湾
エジンバラ城
画像右端にある小高い丘は、カールトン・ヒル

カールトンヒルには、さまざまなモニュメントが建っていて、そのうちの1つがアテネにあるパルテノン神殿を模したと言われるナショナル・モニュメント。
ナショナル・モニュメントはナポレオン戦争の戦没者記念碑として建設が始まった
ものの、予算不足で中断されたままになっています。


8年ほど前にフィルム写真で撮ったナショナル・モニュメント
エジンバラ城
※スキャナ取り込み

こちらも同じ時期に撮った写真。中央から右より部分が、エジンバラ城。
エジンバラ城
高いがけの上にお城が建っているのがおわかりいただけますか

さて、今のお城に戻って…。もうちょっとだけ景色を眺めてみましょうか。

ひときわ高さが目立つとんがったゴシック様式の塔は、スコット・モニュメント
エジンバラ城

スコット・モニュメントは、スコットランドを代表する作家、ウォルター・スコットを記念
して建てられたもの。高さは60.1メートルあるそうですよ。

エジンバラ市内
エジンバラ城

今回はエジンバラ城からの景色をご紹介しました。

※運命の石は、何世紀にも渡ってスコットランドの王様が即位する際の王座として
使われてきたもの。
1296年にイングランド王エドワード1世によって奪われて以来、イングランド君主の
戴冠式に使われていましたが(1714年以降は、グレートブリテン島すべての君主が
使用)、1996年11月にスコットランドへ返還されました。

☆おまけ☆ 
ホリールードハウス宮殿
エジンバラ城

16世紀にスコットランド王の宮殿として建てられたホリールードハウス宮殿は現在
英国王室のスコットランド公邸となっており、エリザベス女王など王室メンバーがスコットランドを訪れる時にはここに滞在するのですって。

見てくださってありがとうございました(^^)
関連記事

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

 |  風景+建造物  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.24 (Fri)

誘うヨーロッパコマドリさん

☆一部の画像をのぞき、クリックで大きくなります☆

ここのところ毎日、庭にヨーロッパコマドリ(Robin)さんが来てくれます。
でも時と場所を選ばず現れるため、なかなかうまく写せないんですね。
遠かったり、朝まだ薄暗いうちに来たり、硝子越しだとモヤモヤが掛かる位置に
止まったり…。

『ちょっと待った!時と場所を考えて現れる仲間がいたら…』
ヨーロッパコマドリ

『会ってみたいもんだわよ~だ。言い訳しないの!』
ヨーロッパコマドリ
はぁ、あなたときたら…どうしてそんなに性格が…(悲)

遅い夏休みを過ごしたプロックトン周辺には、あなたのお仲間がたくさんいて
みんな可愛くて親切だったわよ…。

そうあれは………。

プロックトンの村と湖を見下ろす場所で、気持ちの良い風景を眺めながらリラックスしていたbinbird。
プロックトンとキャロン湖

プロックトンとキャロン湖



と、すぐそばにヨーロッパコマドリさんが!
ヨーロッパコマドリ
写したいなぁ~~(^^)

『ここじゃあ、殺風景だから…。こっちについてきて!』
ヨーロッパコマドリ
誘われるままついて行きます♪

『ここよ~。ここならさっきより背景もいいでしょう?』
ヨーロッパコマドリ
うんうん! あっ、でも後ろの葉っぱにピントが合っちゃったみたい…ごめん

このあと何度も失敗を繰り返すbinbird…ううう

これでどうだっ!!
ヨーロッパコマドリ
『背景がぁ…』

『なんだかトンデモナイ人に声かけちゃったみたい…はぁ~っ』
ヨーロッパコマドリ
コマドリちゃん、スマイルスマイル! 

『ムスッ…(‐_‐)』
ヨーロッパコマドリ

『時間がないからもう行くねっ!』
ヨーロッパコマドリ

あ、ちょっと待って、待って~! まってぇえええ!

『もうちょっと修行してから出直して来てよ…(--)』
ヨーロッパコマドリ
う…。そんなぁ…。うわーん(T.T)

ヨーロッパコマドリさんは行ってしまいました。

『結局冷たくあしらわれてるんじゃない、ぷぷっ(^。^)』
ヨーロッパコマドリ
あんたは出てこなくていいのっ!

あ、でも最後にはちょっと呆れて去っていったようなヨーロッパコマドリさんでした。
せっかく誘ってくれたのに(^_^;) チャンスをものに出来なくてごめんね。
でもモデルさんになってくれて嬉しかったよ~。ありがとう!

村の近くのコーラルビーチであったヨーロッパコマドリさんといいこの辺の
コマドリさんはみんなフレンドリーで近くまで来てくれる子が多かったです。

滞在していたコテージの窓の外に毎日来てくれたコマドリさん
ヨーロッパコマドリ
朝、日が昇る前からけたたましく鳴いてくれたので、目覚ましいらず…(^◇^;)

願わくばうちに来るコマドリちゃんとももう少しお近づきになりたいものです。

☆コーラルビーチであったヨーロッパコマドリさんを見てみる

見てくださってありがとうございました♪

関連記事

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+ヨーロッパコマドリ  |  TB(0)  |  CM(19)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.23 (Thu)

Isle Of Skye -Portree-

ポートリー(Portree)は、人口2500人ほどのスカイ島最大の町。
町の名前は、ゲール語の"Port Rìgh"から来ていて、英語に訳すると
"Kings' Port"(王の港)なのだそうですよ。

高台にあるメインストリートには、レストランやパブ、おみやげ屋さんなどが並び
何でも揃っている感じ。
季節はずれのにしては賑やかな印象でした。

でもbinbirdが好きだな…と思ったのは港のほう。

カラフルな建物はホテルやレストラン
ポートリーの港

港から高台に建つ家々を眺めます。こちらもカラフル
ポートリーの港

ポートリーの港

小さくて数分もあればひとまわり出来るこの港では、こんな生き物に会いました。

『こんちはぁ~』
ポートリーのアザラシ
あら、アザラシさん、こんにちは♪

後ろにもう1頭…
ポートリーのアザラシくん

『おーい、写真撮ってくれるってさぁ。ボクたち、もうすぐ有名人だよ~』
ポートリーのアザラシくん
有名って…。いや、それはないと思うわよ、あざらしさん…(^◇^;)

カモメちゃんもこんにちは
ボートの上のカモメちゃん

見てくださってありがとうございます♪
関連記事

テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

 |  風景+街並  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.22 (Wed)

Plockton -アカアシシギとの出会い-

スコットランドの西海岸側、美しい湖に面した小さな村、プロックトン(Plockton)
滞在中のとある朝。

☆クリックで大きめの画像になります☆

湖畔lを散歩し
プロックトン

岩場にいるアオサギさんの姿などを眺めていると
カモメとアオサギ

見慣れない鳥さんが水際に飛んできました…!
アカアシシギ

細長い足と長い嘴…
アカアシシギ
これはもしやbinbirdがまだ見たことがないシギの仲間??

ワクワクするbinbirdでしたが、周囲を散策している人々の気配に、謎の鳥さんは
ピュイーピュイーという鳴き声を上げて飛び去ってしまうのです。
まだ双眼鏡で姿も確認できていないのに残念!

諦めきれずに少し離れた場所で待っていると、1羽が戻ってきました(嬉)
アカアシシギ

濃いオレンジの足と嘴を持つこの鳥は…
アカアシシギ

アカアシシギ(Redshank)のようですね(^^)
アカアシシギ

スコットランドでは年中見られる鳥と本には書いてあるのですが、海辺に近いbinbirdが暮らす街では今まで見かけたことはありませんでした。
見ていても気が付かなかっただけかもしれないけれど…(^_^;)

アカアシシギ

アカアシシギ

アカアシシギ

この時近くにはミヤコドリ(Oystercatcher)もいて
ミヤコドリ

こちらも熱心に餌探しをしていましたよ
ミヤコドリ

アカアシシギさん、モデルになってくれてありがとう!!
アカアシシギ

アカアシシギ

画像はあまり鮮明じゃあなかったけれど、アカアシシギさんを初めて見られた喜びは大きかったです。
家に帰ってからも、コブハクチョウの親子を探しに行った河口近くで、アカアシシギ
らしき姿を見ています。
アカアシシギ?

よく観察して、また見つけられたら嬉しいなあ…。

見てくださってありがとうございました(^^)

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

 |  鳥+アカアシシギ  |  TB(0)  |  CM(20)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.21 (Tue)

ウタツグミさんのかくれんぼ

☆クリックで大きめの画像になります☆

あら、そこにいるのはウタツグミ(Song Thrush)さんね。ひさしぶり~♪
ウタツグミ

花壇の中にもう1羽…
ウタツグミ
よく見えないけど、あなたもウタツグミさんよね? ね? ねーっ??

あ、やっぱりウタツグミさんだ!わーい、こんにちは(^-^)/
ウタツグミ

『ふふっ…。そこだったのね』
ウタツグミ

『ああっ、もう! うるさくするから見つかっちゃったじゃないか(怒)』
ウタツグミ

どうやら、かくれんぼの邪魔をしてしまったようですね(^_^;)
ごめんね、ウタツグミさん…。

春先から夏にかけて、時々顔を見せてくれていたのに、それ以降ちっとも来て
くれなくなったウタツグミさん。
先月1度だけ、フェンスの上にいるのを見ていたのですけれど、あっというまに
いなくなってそれっきり…。

先月一瞬姿を現したウタツグミさん。隣はイエスズメの女の子
ウタツグミとイエスズメ♀
※9月17日撮影

また来てくれるといいなぁと思っていたので、2羽一緒というのは嬉しかったです。
花壇にいた方は子どもかもしれないなと思うのですが、確かではありません。

“かくれんぼ”のしばらくあと…
ウタツグミ

たぶん、花壇に隠れていた方だと思います
ウタツグミ

暗くて見にくいですが、石の間だから虫を捕らえた瞬間
ウタツグミ


今日は、英国内では年々減少傾向にあるというウタツグミをご紹介しました。

☆日光浴のしすぎで、フウフウ言っていた(?)5月のウタツグミさんを見てみる

見てくださって、ありがとうございました(^^)



関連記事

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+ウタツグミ  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.20 (Mon)

じっとしてれば見つからない?

夏の間に時折顔を出していたハイイロリス(Grey[Gray] Squirrel)くん。
涼しくなってから、あんまり姿を見かけないな~と思っていたのですが、ここ10日間ほど毎日のようにやってくる、新しいハイイロリスさんがいます。

この子は夏に来ていた子よりもひとまわりほど小さくて、こちらに気が付いても
逃げません。
そのかわり、こちらの気配を感じると『一時停止』するのです。
動かなければこちらに気が付かれないとでも言うように制止するのですが、その
止まり方ときたら、まるで『だるまさんが転んだ』をしているみたいに、ピタッと…(笑)

☆クリックで大きめの画像になります☆

キッチンのドアを開けると即“停止”。 『透明リス』のつもりかな
ハイイロリス
あの~リスさん、そこにいるのはもうわかってるのだけれど…(^_^;)

キッチンの窓越しにbinbirdを認めると、やはり停止状態に
ハイイロリス

隙を見てちょっと動いてまた止まります。あら、笑ってる?
ハイイロリス
むぅ、やっぱり、かわいいなぁ。

ホント、可愛い子には甘いんだから~(‐_‐)』
クロウタドリ♂
そっ、そんなことないわよ~。クロウタくんもすごく可愛いですよ(^^)

一週間くらい前には、小鳥さん用のピーナッツフィーダーに掴まり、クルクルと回転するフィーダーの上で、なんとかピーナッツを口にしようと試行錯誤していた
ハイイロリスさん。
リス防止仕様になっているフィーダーなので、結局ピーナッツは食べられないわけ
ですが、それでも毎日やってきては、フィーダーを恨めしそうに見ていきます。
そして庭の中をくるりと歩いて、時折バードフィーダーの下に落ちているひまわりの
種などを食べて帰っていきますが、うちにきてもおなかはいっぱいになりそうに
ありません。
こちらでは害獣扱いされてしまうことも多いハイイロリスさんですが、近くの森や林で
大好物の木の実でも食べながらのんびり暮らせるといいよね…と思ってしまうbinbirdなのです。

見てくださってありがとうございます♪
関連記事

テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

 |  自然+いきもの  |  TB(0)  |  CM(24)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。