All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.10 (Tue)

シャルム・エル・シェイクでうれしい再会♪

昨年10月に訪れたSharm El Sheikh(エジプト)にまた行ってきました。

前回と同じホテルに泊まり、同じ風景を見ながらゴロゴロ…
SES12041001.jpg
これまた同じことの繰り返し休暇だったかな

3月中は風の強い日が多く気温も低め(と言っても25℃前後)だったけれど
4月に入ってからは風がピタリとやみ、いかにも真夏といった雰囲気になって
のんびり過ごせました(^^) 

『そんなことより、ねぇねぇねぇ、ボクのこと覚えてる?』
wegl12041001.jpg
と聞いているのは…

紅海で見かけた鳥として、以前ご紹介したメジロカモメ(White-eyed Gull)
夏羽姿になっていて、前回見たときとは雰囲気少し変わっていますが
ドウイツジンブツです。

『でも、実はベツジンなんですけどネ…』
wegl12041002.jpg
ウッ…同じ鳥…と言う意味なのでお互い深く追及しないでおきましょ(^◇^;)

このメジロカモメ、今回は海でそして空で、随分数多く見かけました。数十羽で移動していく姿もあったなあ。

wegl12041003.jpg

wegl12041004.jpg

wegl12041005.jpg

シュノーケリングを楽しむ人々のすぐそば飛びながら魚捕りをしたりも
wegl12041007.jpg

wegl12041006.jpg

右から2番目のヒトはまだ成鳥になりきっていない個体のようです
wegl12041008.jpg
昨年幼鳥?と思ったのは、成鳥の冬羽姿だったのかも

wegl12041009.jpg

ちょっぴり眠たげな印象の目が可愛いメジロカモメさんたちとの
wegl120410010.jpg

うれしい再会でした(^^)
wegl12041011.jpg

再会といえばこのヒトとも。桟橋そばの同じ場所にいた“プンスカ魚”さん
fish120410.jpg

おこりんぼ(だって顔が~(^_^;))のプンスカさんだけど、縞々模様の新しいおともだち(もしや子分?!)ができたみたいで、桟橋に見に行くと、いつも一緒にいたのがおもしろかったな。違う種類の魚でも、気があったりするのかなあ。

ところで、上の画像6枚目で、メジロカモメたちがとまっているサンゴの岩は、去年ミサゴが魚を食べていたのと同じ場所のもの。ミサゴの食餌シーン…あれは忘れられない光景です。だからSharm El Sheikhを再訪すると決めたとき、またミサゴに会えたらいいなと思ってもいたのですよ。

3月26日。ビーチ近くでゴロゴロとしていたときに…
SES12041002.jpg

上空を飛んでいくミサゴさんを見つけた!
Osprey12041001.jpg
おおっ!と起きあがってヤミクモにシャッターを押すものの…

あっという間に遠ざかってしまう~
Osprey12041002.jpg

この後も滞在中は何度も何度もビーチに足を運んだのですけれどねぇ。
二度とミサゴの姿を見ることはできませんでした。うう、残念~。

でもね、初めての出会いもあったから、文句を言ってはバチが当たるかしら。次回からは何回かにわけて、Sharm EL Sheikh滞在中に見た鳥さんをご紹介しようと思います。
エジプトと聞いて、多くの人が真っ先にイメージするであろう場所にも行ってきたので、その画像ももしかしたら載せるかもしれません。

見てくださってありがとうございます♪
スポンサーサイト
 |  鳥+メジロカモメ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.27 (Thu)

こんなカモメもいるんだね/庭の小鳥さん

Sharm El Sheikhの海で見かけたのは…
weg11102701.jpg

このヒト
weg11102702.jpg
浅瀬に点在する岩の上にいるところをよく見かけました

一見フツウ(?)のカモメに見えますが、紅海の固有種で
メジロカモメ(White-Eyed Gull)です。

『目の周りの白いリングが名前の由来ですよ~』
weg11102703.jpg
な、なるほどね^_^;

体長41センチほど。図鑑によると成鳥は、ブリーディングシーズン
にはのどの下まで覆う真っ黒なずきんをかぶっているのですって。
先端が黒い赤いクチバシを持っていて、足は黄色。
赤いクチバシに黒いずきん姿は、ちょっと夏のユリカモメにも似てるかな。

今回写した個体はいずれも頭部がぼやけたような灰色だったので
シーズンが過ぎて冬羽になる途中なのかも…と最初は思いました。
でも、1枚目の個体のクチバシは黒く、2.3枚目のそれは、うっすらと赤味を
帯びている程度。全体的な色合いも、画像検索で見つけた姿よりも薄めです。
メジロカモメが成鳥になるまでには、2~3年を要するということなので
この鳥たちはまだ成長過程にある若い鳥なのではないかしら…。

weg11102704.jpg

生息数は、wikiを見ると、英語版日本版ともに4,000~6,500ペア
(日本版では1985年のデータということになっている)と書かれている
けれども、Bird Life Internationalという機関のサイトに載っている
情報では2003年の推定として、12,000~13,000ブリーディングペア
個別では36,000~39,000という数字が出ていました。
数は多くないですよね、めったに会えない鳥さんだったんだなあ。
もっと写真撮っておけばよかった…。う~。

メジロカモメがいる周辺は浅瀬で、透きとおった水の中にはいろいろな
海のいきものが見えました。魚介類が主食だというメジロカモメは海中を
のぞき込みながら、ごはんなににしよう…って考えるのが日課かも…
なわけないですね^_^;

oc11102701.jpg

クモみたいなヒトデ? すぐそばにはミニヘビのようなヒトも
oc11102702.jpg

oc11102703.jpg

『食べられるものなら食べてみたまえよ(怒)』
oc11102704.jpg
毎日桟橋近くの同じ場所でプンスカ怒っていたお魚さん^_^;

休暇で見た鳥さん、もうヒトリいるのですよ。
海水浴するヒトビトの目を釘付けにしたある鳥さんの姿、近々アップするので
見ていただけると嬉しいです♪



☆庭の小鳥さんたち

アオガラちゃん
bt111027.jpg

ヨーロッパコマドリちゃん
robin1127.jpg

夕日色に染まる、イエスズメのおじさん
hs111027.jpg

そして可愛いクロウタドリのキョロちゃん
kyoro11102701.jpg

新しい羽に変わってつるりんとしたキョロちゃん
kyoro11102702.jpg
ますます可愛い~~(*^_^*)

キョロちゃんはわたしの一番好きな鳥さんです。可愛くってしかたない~
kyoro11102703.jpg
こんなにもわたしに思われて、キョロちゃんもさぞうれし…

『す~っごく迷惑なのネ…』
kyoro11102704.jpg
(゜◇゜)ガーン……ウソだと言って~~(号泣)

なんちゃって(^_^;

見てくださってありがとうございました♪




拍手コメントにメッセージを残してくださった方々、ありがとう
ございましたm(__)m 下の『Read More・・・』に返信コメント載せました。
いつもありがとうございます(^^)
 |  鳥+メジロカモメ  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。