All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.01 (Tue)

お魚と泳ごう

泳ごう…と言っても実は泳ぎは苦手です。

休暇で訪れた、紅海に面する街Sharm El SHeikhの海は
膝丈ほどの浅瀬が数十メートルも続き、私のようなひとでも
気軽にシュノーケリングを楽しめるのです。

こんなお魚が…
fish11110101.jpg

『やあやあ、こんにちはぁ』
fish11110102.jpg
なあんて目の前であいさつしてくれます(^^)

流れ込む河川がほとんどない紅海は、透明度が高く、絶好のダイビング
場所として知られているため、世界中からダイバーたちが集まってくるの
ですって。
浅瀬でも沢山の魚を見ることが出来ましたが、桟橋を渡って浅瀬が終わ
るところまで行くと、驚くほど碧い海に、驚くほどたくさんの魚が泳いで
いて見とれてしまうのですよ。
そんなわけで、今回はライフジャケット+専属助っ人=オット付きで
ちょっとだけ、深いいところも覗いてきました。

fish11110103.jpg

fish11110104.jpg

fish11110105.jpg

fish11110106.jpg

fish11110107.jpg

急に魚が周りに集まってきて、なんだなんだ…と思ったら
fish11110108.jpg
パンくずを持って海に入った人がいたのですって…なーんだ…

fish11110110.jpg

『こらこら、そこでなにをしているのかね』
fish11110109.jpg
と聞いてきた魚さんには後光が射していたような???

紅海のお魚さんたちでした。

今日の別記事も、よかったら覗いていってくださいね♪

見てくださってありがとうございます(^^)
スポンサーサイト
 |  旅の記憶+シャルム・エル・シェイク編  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.18 (Tue)

Sharm El Sheikh

紅海に臨むシナイ半島南部の街 Sharm El Sheikh(シャルム
エル・シェイク/エジプト)でのんびりしてきました。

*そんなことより、鳥、鳥が見たいわ、鳥にしか興味がないわよ~
というかたは、この記事を飛ばして ☆こちら☆へどうぞ♪

行きの飛行機で見た細いお月さまが
ss11101801.jpg

だんだんふとっちょになり
ss11101802.jpg
(お月さまは椰子の木の隣ね…(^^ゞ)

ss11101803.jpg

やがてまんまるになって
ss11101804.jpg

また形を変え始める十数日間
ss11101805.jpg

私はと言えば、全く変化のない日々を過ごしていました。

プールサイドでゴロゴロし
ss11101806.jpg

ビーチに移動してやはりゴロゴロ(^_^;)
ss11101807.jpg

空と海が橙色に染まり始める頃
ss11101808.jpg
またプールでひとおよぎしてから

夜はショーを見たり、他のゲストとお喋りしたりカード遊びをしたり
ss11101809.jpg
すっかり怠け癖がついてしまったかも…

今回の休暇は、あちこちに出張が続き時差ボケでややヨレヨレになって
いたオットの『なにもせずひたすらのんびりしたい!!』という希望に
添ったものだったため、本当にな~あんにもせず、どこにも足をのばさない
休暇だったのだけれど、これがなかなか悪くなかったのですよ。

Sharm El Sheikhは砂漠の中に作られたリゾート地。エジプトと聞いて
イメージするものはまったくないといっても過言ではありません。
この地に関する予備知識と言えば、ダイバー憧れの地(紅海の透明度が
すばらしいため)であるらしいことや、数年前にテロのターゲットに
なったこと、元エジプト大統領ムバラク氏のお気に入りの地だったこと
そして昨年には観光客が鮫に襲われる事件があったことなど。私としては
『情勢も情勢だし、カイロから離れているとはいえ、ここを休暇先に選ぶのは
どうなのかなあ…』という気持ちも正直なところ少しあったのだけれど
ただただリラックスすると言う目的ならば、最高の場所だったように思います。
ホテルも、雲一つない青空も、そして出会った人々も、みんな気持ちよく
ほんとうに素敵だったから。

でも一番嬉しかったのは、昨年チュニジアに行ったときには期待に反して
ほとんど見られなかった野鳥との、予期せぬ出会いが何度かあったこと。
というわけで次回からは数度に分けて、Sharm El Sheikhで見かけた
鳥などをご紹介していきます。
ピラミッドのような“ザ・エジプト!”的な物は一切登場しません(^_^;

きょうはホテル内に“常駐”していたある鳥さんを別記事『笑う鳥?』にして
載せてあります。興味のある方は覗いていってくださいな(^^)



☆拍コメにメッセージありがとうございます

コトノハさん、shuho-tさん、Yuponさん、メッセージ残してくださって
ありがとうございました♪ またブログにお邪魔します(^^)

見てくださってありがとうございました♪
 |  旅の記憶+シャルム・エル・シェイク編  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。