All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'01.19 (Wed)

チュニジアで初見 - ハイイロヒタキ -

庭の鳥さん写真不足を補うべく、以前出会ったハイイロヒタキさんに
登場してもらいましょう(^^ゞ

2010年9月にチュニジアで見かけたハイイロヒタキです
ハイイロヒタキ
(英名:Spotted Flycatcher)

スコットランドにも夏鳥としてやってくるそうだけれど、まだ
見たことがなく、このときが初めての出会いでした。

まんまるくてつぶらな瞳
ハイイロヒタキ

チュニジアには渡りの途中で降り立つことが多いよう
ハイイロヒタキ

もしかしたらスコットランドからの帰りだったりしてね
ハイイロヒタキ
『なにをブツブツ言ってるの、このヒト…ヘン!』

地面にも降りてきてくれたのですよ~
ハイイロヒタキ
『水着姿でカメラ持ってウロウロするとは、怪しさ満点だったよね』

(゜◇゜)ガーン

ここ、実は滞在していたホテルの敷地内で、プール近くの木の上に
この子がいたのですよ。ごろごろ寝そべっていたら見つけたので
慌てて起きあがって写していたのだけど…確かに怪しかったかも……
いやいや、怪しくなかったと思います、きっと(^◇^;)




チュニジアでは期待に反して、鳥さんに会う機会がほとんどなかったの
ですよ。スコットランドでも見かけるクロウタドリやホシムクドリの姿は
幾度となく見かけたものの、それ以外の鳥さんとなるとさっぱり。
前出のハイイロヒタキさんくらいでしょうか、初見の鳥は。

ただ、いつも見ているイエスズメ(House Sparrow)とはちょっと違う
雰囲気のスズメさんがいっぱい見て…

たとえばビーチで、パラソルのとんがりからとんがりへ移動していたのは…
tb11011901.jpg

イエスズメの亜種、Italian Sparrowの♂ではないかと思われ…
チュニジアのスズメたち
*胸と脇腹に薄く伸びる縞と、茶色い頭が特徴

ビーチにひとの気配が少なくなるころに…
tb11011902.jpg
砂浜に降りたって、人々が落としていった食べ物を探していたのは

胸から広がる濃いめの縞の具合から Spanish Sparrowの♂…
チュニジアのスズメたち

のような気がするのだけど…普通にイエスズメも上記2種も棲息する
地域だし、なにしろ画像が今ひとつなので、どれもこれも曖昧です。
でも肉眼で見たものの中には明らかにItalian Sparrow
そしてSpanish Sparrowとわかるものがあったのですよ(^_^;)

これはナニスズメかな…はっきりしているのは手前が♂、後ろが♀(^^ゞ
チュニジアのスズメたち

このヒトは多分Italian Sparrow
チュニジアのスズメたち

スズメさんにもいろんな種類があるのですね。
ちなみに、日本にいるスズメ(Tree Sparrow)はチュニジアにはいない
模様。ここスコットランドでも限られた地域でしか見られません。

☆チュニジア関連記事はこちらからどうぞ♪☆


見て下さってありがとうございました♪
スポンサーサイト
 |  鳥+ハイイロヒタキ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。