All archives    Admin

03月≪ 2017年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'01.20 (Thu)

砂漠の夕日

鳥さん不足=ブログのネタ不足ということで、懐かしすぎる(?)
チュニジアネタ復活です。

昨年秋のチュニジアホリデーでは『サハラ砂漠でラクダを乗りこなせ!』
ツアー(←こんな名前のツアーはないです(^^ゞ)に参加しまして…

当たり前なのだけど、どこを向いても砂・砂・砂の砂漠で
サハラ砂漠

ラクダに揺られ、揺られ、揺られてきました
サハラ砂漠

ターバン(*注1)を巻かれ、健康ランドの館内着みたいな上着をかぶせられ…
Camel Riding Camel Riding
ラクダに乗って、さあ出発!
*注1:チュニジアではシャーシと呼ぶのだったと思う


これが揺れるのですよ~。座り方もよくなかったのか、鞍についた握り手を
離したら、ずるっところげ落ちそう。恐怖感でいっぱいでした(^_^;)

ラクダさん(名前はアブドゥルくんといった)は時々嫌がらせ(絶対被害
妄想なのだけど…)をするように、歩きながらその長い足で脇腹をぼりぼり
掻いたりするのですよ。
そのたびにずり落ちそうになって、ひえ~っ!と叫び、落とさないで~!!
とお願いするbinbirdなのでありました。
直前まで思い描いていた“ラクダに乗って悠々と砂漠をさすらうわたし”
の図は形になることなく終わってしまった…(涙)
写真なんて撮る余裕ナシで、夫に全てお任せした…のだけど、彼もあんまり
写していなかったな。

Camel Riding

Camel Riding

ラクダ引きのお兄さんが写してくれた一枚
Camel Riding
ここでも握り手を離せず、顔が引きつったままでした…(苦笑)

ラクダに乗ると言ってもせいぜい15~20分くらいだろうと思っていた
のだけれど、たっぷり一時間以上。
出発地点に戻ってきたときには、日暮れの時間になっていました。

サハラ砂漠

お尻が痛くて、腰もギクギクいっていて、手には最後まで汗を握り
やっと地面に降りられた時ほどホッとしたことはなかったです。

少々ガニ股気味に歩きながら着替え場所に戻るとき…

振り返った目に映った夕日はホントに綺麗だったなあ
サハラ砂漠の夕日

ここで見た夕日と、次の日の朝“塩湖”で眺めた朝日が、チュニジアで
目にしたもののなかで一番心に残ったかな。

上のとあんまり変わりないけれど、しつこくもう一枚(^^ゞ
サハラ砂漠の夕日

ラクダに乗ることはもうないと思うけれど、こんな夕日はまた
見られたらうれしいな(^^)

☆チュニジアで出会った『ハイイロヒタキ』もついでに見ていく☆



庭に来る鳥さんが少ないこの頃。きょうもイエスズメさんがチラホラ
キョロちゃんを含むクロウタドリが数羽…。
何度か庭に出入りしていたようだったキョロちゃんは、新しいバードバス
には目もくれず、自分の(?)の青いお皿で威勢良く水浴びしていました。
物置の上から庭の片隅をじっと見ていたので、話掛けようとドアを
開けたら、キョロちゃんが見ていた場所から、ふとっちょの茶色い
ねこさんが飛び出してきたりもしたなあ。
ねこさんとにらみ合っていたのかなあ。キョロちゃん気をつけてね。

『大きなお世話なのネ』
クロウタドリ♂ キョロちゃんです
絶対そう言うと思いました!

なあんて(^^ゞ

☆『チュニジアで初見 - ハイイロヒタキ -』も見ていく☆

見て下さってありがとうございました♪
スポンサーサイト
 |  旅の記憶+チュニジア編  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.01 (Wed)

エル・ジェムの世界遺産 -円形闘技場-

すでに旅の記憶も薄れている(早すぎ…?!)チュニジアホリデー。

輝く夏の太陽のもと、ムッとした熱気に包まれていたことが幻のように
思えてしまうきょうこのごろです(^_^;)
きょうも吹雪いておりますし…トホホ。

さてさて気を取り直して…

今回はチュニジアの南東部、El Jem(エル・ジェム)にある円形闘技場の
写真をご覧ください。

エル・ジェムの大闘技場

3世紀、ローマ時代に造られた闘技場。収容人数は約3万5千人
エル・ジェムの大闘技場

アリーナ中央に帯状に見える部分には金網が張ってあり、下には廊下と
その両端にいくつもの個室が設けられています。
この場で戦った、剣闘士や猛獣の待機場所だったのですって。
写真を撮ったのだけど、暗~くてお見せ出来ない…(..;)

世界最大のローマのコロシアムよりは小さいものの(世界3位だそう)
エル・ジェムの大闘技場

保存状態は、コロシアムより格段によいのだそうですよ
エル・ジェムの大闘技場
いつかイタリアの方も見てみたいな

ユネスコ世界遺産に登録されたのは1979年
エル・ジェムの大闘技場

ちょっと不安になるくらい、どこも開放状態。見ほうだい
エル・ジェムの大闘技場

1階の回廊
エル・ジェムの大闘技場

3階の回廊
エル・ジェムの大闘技場
闘技場に集う人々の歓声が、ここを通り抜けていたのかなあ

剣闘士と猛獣の闘いの他にも、時には罪人や奴隷と猛獣を戦わせるなど
残忍な催しが多かったというここに、今その名残はほとんどないけれど
佇んでいると、猛獣の唸りや青い空を見上げる闘士たちの息づかい
目をギラギラさせて闘いを見つめる観衆の興奮が感じられるような気がして
外気の暑さにも関わらず、少しからだがすうっとした。

建物内から見えるエル・ジェムの町並み
エル・ジェムの大闘技場

砂漠の中の小さな町。オリーブオイルの生産が盛んなここはかつて
エル・ジェムの大闘技場
緑豊かな土地だったのだそうですよ

エル・ジェムの大闘技場

闘技場では入場料が必要です。
2010年9月の時点で……確か8チュニジア・ディナール(7…だったかも)
ただ確実なこと。
カメラを持っている場合、入場料の他に、撮影料(カメラチケット)として
1ディナールを支払う必要があります。
ここだけに限らず、チュニジアでは多くの施設で、このカメラチケットを購入
しなくちゃいけないのですねえ。
基本カメラ1つに付き、1ディナール。もし2つだったら2ディナールです。

☆きょうの別記事『ホシムクドリさんの憂鬱』
見て下さってありがとうございました(^^)
 |  旅の記憶+チュニジア編  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'09.30 (Thu)

ただいま♪

月曜日に旅先のチュニジアから戻ってきました。
滞在したのは首都チュニスから南に200キロほど下った海沿いの町
Port El Kantaoui (ポート・エル・カンタウィ)。

ポート・エル・カンタウィの小さな港
P1040764.jpg

ここはヨーロッパ各国からの観光客が多く訪れる、いわゆるリゾート地で
思い描いていたアフリカらしさ、そしてチュニジアらしさというのは
ほとんど感じられず、人生初のアフリカ大陸上陸に興奮気味だったbinbirdは
少し拍子抜けしてしまったりもしました。

それでも美しい地中海を眺めつつ
P1050274.jpg

真夏の空気と青空の下

P1050182.jpg

ビーチで日がな一日ゴロゴロ…というのは
P1040871.jpg
ホネ休みにもなり心安らぐことでした。色々なひとやものに感謝感謝

でもでも。
2週間ぶりのスコットランドはあまりにも寒くて帰宅するなり
風邪をひいてしまったんですよ。ゴホゴホ…。ううっ、ハナ水がぁ…。
火曜・水曜はほとんど雨・雨・雨。
チュニジアの、青いスプレーで塗りつぶしたような空の色
から一転小さな庭の周りは、灰色一色。
帰国以来お日さまだって一度も見ていないのです。

『こんな寒いところにボクを放置していったバツかもね』
IMG_6089.jpg
放置って…。キョロちゃんたらなんてこと言うんですか

旅行中にも幾度となく思い出し『留守のあとは、すぐに姿を見せては
くれないかも…』なあんて心配もしていたクロウタドリのキョロちゃんは
しかし火曜日にはいつもと変わらない様子で庭に現れました。

『だってボクの庭だもの。binbirdはいてもいなくても関係ないのネ』
IMG_6087.jpg
(゜◇゜)ガーン……。そっ、そうよね…

なあんて冗談はともかく(^^ゞ
キョロちゃんだけでなく、コマドリさん、アオガラちゃん
イエスズメさんたち、そしてカヤクグリちゃんなど、庭の仲間達は
みんなみんな変わらず元気のようです。
悪天候の中でも、幾度か姿を見かけました。
次回からはチュニジアの思い出を織り交ぜつつ
また可愛い小鳥さんたちの姿をご覧いただければ幸いです(^^)



☆コメントありがとうございました(^^)☆

ふく*たまさん、tetuさん、メッセージ残してくださって
ありがとうございます(__) 
おかげさまで、チュニジアではのんびりした時を楽しめました。
期待したような野鳥との出会いはなかったけれど、スズメや
ホシムクドリなどの亜種(違うかも??)を見かけて、その
体の模様や鳴き方の違いが興味深かったです(^^)

見て下さってありがとうございました♪
 |  旅の記憶+チュニジア編  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。