All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.24 (Fri)

断崖の鳥たち

Bullers O' Buchan
bob11062401.jpg



上の動画は、パフィンに会いに行く断崖のウミガラスたち。お魚を
くわえたハッピーそうなヒトが岩に乗っているんだけど見えたかしら。

みんなはね、断崖の下をぐいっのぞき込むといるのです
bob11062402.jpg
クリックで拡大すると見えるかも(^^ゞ 実はパフィンもポツンといます

画像中央と右角には、ふわふわの幼鳥さんもいます(^^)
gm11062401.jpg

ずっと見ていたかったのに、真ん中の子が親の下にもぐこみ…
gm11062402.jpg

続いてもう一羽も…
gm11062403.jpg

左にいるおかあさん(たぶん)の下に入っちゃった…
gm11062404.jpg
寒かったのかな、それとも『隠れなさい!』って言われたのかなあ

前回来たときには見かけなかったけれど…大きさをみたら、生まれて
から10日は経っていそう。
幼鳥は、まだきちん飛べない生後3週間以内に、生まれた断崖から
海へと飛び降りる(!!)のですって。
去年は生まれてまもないと思われる、もっと小さな幼鳥を見てから
18日後にはもう断崖からいなくなっていた
から、今回見たちびたちも
そう長くここにはいないと思います。
次に行ったときは会えるかな。

さて、お目当てのパフィンといえば…崖で見たのは計3羽
pf11062401.jpg

飛んでいたのが数羽、海に浮いているヒトも数羽…ちょっと寂しい。
去年も同じ時期には、あまり崖にはいなかったんだけれど…。

pf11062402.jpg
ヒナはいるのかな。気になるなあ。

パフィンをあまり見られないのは残念だけれど、気を取り直して
ちょっと離れた崖に移動します。

ミツユビカモメやセグロカモメが多くいるここでは…
bob11062404.jpg
(崖左内側にミツユビカモメ、右内側にセグロカモメの巣が多い)

ミツユビカモメの幼鳥さんデビュー♪
kw110624.jpg

巨大なたまごみたいに見えるセグロカモメベビーの姿も
hg110624.jpg

今年も新しい命が誕生しているんですね(^^)

このあと、ぱらついていた雨が大雨に変わったので、しぶしぶ帰宅。

さあ、次こそはたくさんのパフィンにあいたいな!
来月末にはみんないなくなってしまうんだもの。



☆本音?☆

可愛いイエスズメ3兄弟(姉妹)は…
hs11062401.jpg

いつもおとうさんの後をついてまわっている
hs11062402.jpg

『早く子育てから解放されたいわあ…ボクたいへん』
hs11062403.jpg
なあんて、おとうさんは思っているかも……ね

見てくださってありがとうございました♪
スポンサーサイト
 |  鳥+ウミガラス  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010'07.02 (Fri)

巣立つ幼鳥たち

6月最後の日、その1週間前には“ほぼ空振り”だったパフィンに
会いに行ってきました。

濃いめの霧が出ている中…
Bullers O Buchan
パフィンが崖に……

1羽もいなかった!!(涙)
待っても待っても、日没近く(22時)まで粘っても、ついに1羽も
崖に戻ってきませんでした(号泣)

海上には十数羽単位で散らばって、何十羽もいたのになあ…
海の上のパフィンたち

時期的に考えて、多くのパフィンたちにこどもが生まれているはずの今
巣の中で幼鳥さんに付いているヒトもいるだろうし、餌を捕りに
出ているヒトだっていたに違いないけれど…傍目にはのんびり
プカプカと海に浮かんじゃって、崖の上でやきもきしているbinbirdの
気持ちなんてお構いなし(当然だけど(^◇^;))

会える期間は、あと1ヶ月もないというのに…2度続けてパフィンに
振られ、がっかりでした…。

でもでも、ウミガラスさんと、その幼鳥がいるから

と思ったら…あれれ? 
ウミガラス

前に見かけた幼鳥さんがいません。成鳥ばかり…そして数が少ない
ウミガラス

先月12日に写した画像に幼鳥が写っているのを発見し、再確認したのが15日

そしてこれが23日。画像中央付近に幼鳥さんがいます
ウミガラス
まだ小さいけれど、ずいぶんウミガラスらしくなってきていました

まわりには他にも幼鳥がかなりいて
ウミガラス

親鳥にしっかり守られていたのに…(親鳥のお腹の下にいる子多数)
ウミガラス

30日には、こどもたちの姿は1羽も崖にはないのでした。
手持ちの図鑑によれば『幼鳥は、通常孵化してから3週間以内に
生まれた崖を離れる』とあります。
最初に見つけたときから数えると、時期的にもぴったり。
まだ小さいからだで海へと飛び出していったのですね。

巣立っていくとき、幼鳥たちはもちろん完全に成長しているわけでは
なく、きちんと飛ぶことも出来ません。
そこで、彼らがコロニーを去るときには、父鳥が付き添い、海上で
給餌を続けるのですって。ってことは、今回崖にいたのは
♀ばかりってことかしら。
幼鳥が飛べるようになるまでには、巣立ちから8~10週間かかり
最長で12週間は成鳥(♂♀)からの給餌が続くのだそうですよ。

ちなみに、一度見たきり今回も、その前も姿を見られなかった
オオハシウミガラスの幼鳥
は、生まれて約18日で巣立ち、やはり
海上で、父鳥が世話を続けるということです。

崖を離れても、海鳥たちの育児は続くのですね。

パフィンにも、ウミガラスさんの幼鳥にも会えなかったけれど
以前に見かけたミツユビカモメの親子や、セグロカモメの親子の姿は
確認することが出来ました。
別記事↓↓に載せたので、お時間ありましたら、ぜひどうぞ(^^)

キョロちゃんとちびキョロ
ミツユビカモメの親子その2
セグロカモメの幼鳥さん
断崖番外編



前回の記事で、前々回に引き続き再紹介した、パフィンのライブカメラ
ですが、リンク方法に誤りがあり、クリックしてもライブカメラのある
サイトに飛べないようになっていました。
見られなかった方、申し訳ありませんでしたm(__)m

パフィンのライブカメラは、☆こちら☆から
WEBCAMS』と書いてあるところをクリックすると、映像が見られる
ページに飛びます。パフィンの画像近くから、カメラ【1】または
【2】を選ぶと、巣の中や、巣の入り口周辺が見えます(^^)

見て下さってありがとうございました♪
 |  鳥+ウミガラス  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010'06.17 (Thu)

ウミガラスのちびちゃん

断崖には、ウミガラスがいっぱい
ウミガラス

まるで井戸端会議をしているみたい(^^)
ウミガラス

週末に写した中に、幼鳥さん発見(青枠の中)
ウミガラス

もう一度見に行ってみたら…いたいた。同じ子です(青枠の中)
ウミガラス
双眼鏡だとよく見えるのだけど…

見えるかなあ…
ウミガラス
クリックするとちょっとだけ大きくなります

ウミガラスは数がものすごく多いのに、去年は一度も幼鳥の姿を
見ないまま、いつのまにかみんな姿を消していました。
でも、ちゃんとこうして命を繋いでいるのですね(^^)
初めて見た幼鳥は、まだクチバシも短くて、あどけない顔つき。
親鳥のお腹の下…足の間に潜り込んだりしてとても可愛かったです。

こちらはオオハシウミガラスさんご夫妻
オオハシウミガラス

親の体の下で、がっちりとガードされていて、なかなか見えないのだけど
オオハシウミガラス

ここにもちびちゃん誕生です
オオハシウミガラス
距離があってbinbirdのカメラではこれが限界

まるでペンギンみたいなオオハシウミガラスの幼鳥。
去年も見かけたっけ。

みんな、大きくなるんだよ~♪

~きょうの別記事~
☆『水浴びクロウタドリ』☆
☆『恋するふたり(妄想編)』☆

見て下さってありがとうございました♪
 |  鳥+ウミガラス  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.22 (Wed)

メガネを掛けたウミガラス?

わぁ、パフィンに、オオハシウミガラス、そしてウミガラスがまた揃ってる
ウミスズメ科自治会議再び?
もしかして、また会議なんですね?

と、妄想スイッチオン!…のはずだったけれど、ちょっと待って、何かヘン!
違和感の原因は、右端にいる鳥。ウミガラスだと思ったけど…。

なんだか眼鏡を掛けているみたいじゃありませんか?
右端のヒト、誰?
左上の一段高いところにいるのが普通のウミガラスです

別の岩場にいたウミガラスのグループには眼鏡付きはいないみたい
ウミガラスの群

こんなの見たことな~~い!と、家に戻ってから図鑑を片っ端から
ひっくり返したところ、1つの図鑑に答えが見つかりました。

ウミガラスでよかったんです。
目の周りの模様から、"Bridled Guillemot"(馬勒*をつけたウミガラス)と
呼ばれることが多いものの、亜種とは見なされておらず、二形性の一例に
過ぎないとされているようです。
全体の数パーセントに当たる個体が、この面白い模様を目の回りにつけて
いるのだそうですよ。なるほど…。
でもbinbirdは、メガネウミガラスと呼んでしまいたい気分です(笑)

馬勒とは、馬の頭部につける、おもがい、くつわ、手綱の総称のことだそう。
ピンと来なくて、ネットで検索してみたら、確かに目の周りの模様と同じかたち
のものが、お馬さんの顔についていました。
興味のある方は調べてみてね♪

この時の様子は動画にも撮ったので、ご興味のある方はぜひどうぞ。
メガネさんがせっせと相棒(?)の羽繕いをする様子、あとからやって来た
オオハシウミガラスさんが、先に岩に陣取っていたウミガラスさんをシッシッと
追い払う(?)様子、そしてもちろん可愛いパフィンの姿がご覧いただけます。
約40秒です。



ところで…。
この夏ひたすらかよっているBullers O' Buchan
Bullers O' Buchan

Bullers O' Buchanのパフィン

崖上からの海の画像や、断崖の上にいるパフィンの姿などはお見せしたことが
あっても、実際どんな感じの場所を海鳥たちがコロニーとしているかは
なかなかわからないと思います。

今回は崖周辺の様子を少し動画でアップしてみました。
出演者(^_^;は少ないですが、なんとなく雰囲気はお解りいただけるかと思います。
約33秒





☆ほんとは目立ちたがりやさん?☆

『今日の主役はわたしじゃないの?』
Bullers O' Buchanのパフィン
最近沢山出てもらっているから、今日はウミガラスさんが主役よ

Bullers O' Buchanのパフィン
今『チェッ!!』って言わなかった?

人柄の良いパフィンさんがそんなこと言ったりしませんよね?
きっと空耳…(笑)

見てくださってありがとうございます(^^)

 |  鳥+ウミガラス  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

2009'04.13 (Mon)

春の海は大賑わい(ウミガラス編)

眩しいほどにいいお天気だった土曜日
まさに鳥見日和♪
車を飛ばして出かけた先は…

スコットランド北東の海岸にある、Fowlsheugh(敢えて仮名書きすると
"ファウルズヒュッハ"みたいな感じ。
スコットランドには、私にはどうにもきちんと発音できない地名が多いのです(^_^;))

英国の鳥類保護団体RSPBが管理する、自然保護区域です
Fowlsheugh

高いところでは70メートルにも及ぶ断崖の上を歩いて、海鳥や、様々な植物
クジラやイルカなどが見られる(運が良ければ、だけれど)ようになっています。

Fowlsheugh

パフィン見たさに、あちこちの崖を下見しているbinbird、今回も高さに怯えつつ
断崖歩きを決行です。

セグロカモメさんが、お出迎え?
Fowlsheugh
ここは彼らの繁殖地にもなっていて、保護されている場所もみかけました

さて、ただの断崖に見えますが…岩肌に沢山の鳥がいるのです
ウミガラスがた~くさん!!
クリックで拡大していただくと、見やすいかもしれません

ものすごい数の、ウミガラス(Common Guillemot)!!
ウミガラス・ウミガラス・ウミガラス!
こんなに沢山見たのは、もちろん初めてです

磯辺のフジツボみたい…と思うのはbinbirdだけ(?_?)
数の多さに圧倒!

オオハシウミガラスと同じで、やはりペンギンのような体つきの彼らは、水中を
自在に泳いで、イカなどの魚介類を捕るのが得意なのでそうです。
これだけ大量のウミガラスの胃袋を満たすとなると、膨大な数の魚たちが日々
この周辺の海では食べられているんでしょうね。
足りなくはならないのかしら…とすこーし心配…。

向かって右側は、オオハシウミガラス。体の形、似てますね
ウミガラス
断崖にはこんな風に、沢山のペアがいましたよ

ここFowlsheughには、春・夏の繁殖時期、実に13万羽もの海鳥たちが集まって
くるのですって。
今回も、このウミガラスの他に、沢山のフルマカモメ、オオハシウミガラス
セグロカモメなどを見ることができました。
そんな中、たった1羽きりの鳥がいたのですが、その鳥については次回に
ご紹介したいと思います。

春の海は大賑わい(オオハシウミガラス編)を見てみる
春の海は大賑わい(フルマカモメ編)を見てみる

見てくださってありがとうございました(^^)

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

 |  鳥+ウミガラス  |  TB(0)  |  CM(22)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。