All archives    Admin

03月≪ 2017年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'01.17 (Mon)

Loch Fyvieの鳥たち - ハイイロガン -

Fyvie Castle敷地内にある湖で…

ハイイロガン、見ーつけた
ハイイロガン

女王さまの護衛をしているのはマガモ隊だけではありませんよ
ハイイロガン
はい?(あれは確かわたしの妄想だったはず……)

『ボクたちも、水、陸ともにまもりを固めているんです』
ハイイロガン
なるほど…

『アヤシイ人物発見!!』
ハイイロガン
べ、別に怪しいモノではありません…(^_^;)

『そういうのが一番信用ならないんだな!』
ハイイロガン
え~…(^_^;) しかし見事な三枚壁。…確かに突破は難しそうね

『そう、ボクたち優秀な護衛団!』
ハイイロガン
それで、湖の中のコブハクチョウ女王も安心出来る、というわけですね

それにしても…うしろのおふたかた、よそ見していてよいのかな(^◇^;)
ハイイロガン

なーんてね。

冬になるとこの湖にはハイイロガンが何十羽もやってくるのですって。
双眼鏡でもかなりの数を確認することができました。
この他に、ホオジロガモキンクロハジロが冬の間のゲストだそうですよ。

見て下さってありがとうございました♪
スポンサーサイト
 |  鳥+ハイイロガン  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.10 (Sat)

マル島のハイイロガンたち

マル島でいちばんよく見かけた鳥。
それはハイイロガンだったように思います。

たいてい牧草地に7~8羽ずついたりして…
ハイイロガン

マル島では年中見られる鳥ということなので

常駐組さんなのか
ハイイロガン

旅の途中チームなのかはわかりません
ハイイロガン

一度に数羽まとめて見るのは初めてで、最初のうちは見かけるたびに
車を停めていたのだけれど、あんまりあちこちにいるものだから
そのうちすっかり慣れてしまい素通り…
でも家に戻ってから、あまり写真が多くないことに気づき
『わっ、もっと写しておけばよかかった! もっと見ておけばよかった!!』

ハイイロガン

普段はほとんどあえない鳥なのに…時すでに遅しです(^_^;



さて、マル島最大の町、Tobermory(トバモリー)の東端から

ハリエニシダの咲く海岸を北に2キロほど歩くと…
ハリエニシダの咲く海岸

見えてくるのはRubha nan Gallの灯台
Rubha nan Gall Lighthouse

ここに最初に明かりが灯されたのは1857年のことだそうですよ
Rubha nan Gall Lighthouse

トバモリー行きのフェリー
bt100410.jpg
後ろに見えるのはスコットランド本島のArdnamurchan半島



☆金曜日のキョロさま☆

怪我をして以来、たぶん初めての水浴び
水浴び気持ちいいな♪

あんまり羽根は動かさず、じっと体を揺らしては水に浸っている感じ。
やっぱり水浴びがしたかったのよね。水浴び大好きだものね。

『お風呂に入らないと、カユくて体がムズムズしちゃうのね』
クロウタドリ♂ キョロちゃんです♪
だよね(^_^;

元気が出てきてうれしいな。

こちらはおまけのアオガラちゃん
アオガラちゃん
『ん??』

『勝手に“おまけ”にしないでいただける?』
アオガラちゃん
す…すみませんでしたm(__)m

見て下さってありがとうございました♪
 |  鳥+ハイイロガン  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2008'11.28 (Fri)

ガチョウさんに新しい仲間?

河口近くの川にて、ハクチョウさんの姿を発見!
コブハクチョウ?

コブハクチョウかも??と少しドキドキしながら見ていると…

出た~っ(>_<)ヽ もはやここの主のようなガチョウさんカップルが…
ガチョウさんカップル
ガァガァ鳴きながら、岸辺にぐいぐい寄ってきます

そして上陸するやいなや、後ずさりしているbinbird目がけて突進してきます

『おみやげは~?』
ガチョウさん…(^◇^;)

ですから、何度も言っているように、おみやげはありません…。

『また、手ぶらなんだって!!』 『ケチぃ…』ガチョウさんカップル
またって…(^_^;) ケチとかそういうモンダイじゃないないんだもん

さてガチョウさんたちが、ケチだの、なんか寄こせだの、ガウガウ言っている間に
気になっていたのが、もう1羽の鳥さんの存在です。

水草を食べているらしいその姿は…、ガチョウさん?
ハイイロガン

実は上から2枚目↑の画像、右上、はじっこ…にも、姿が写っています。
ガチョウさんカップルの片方に、色がよく似ているので、こどももいたの?と
一瞬思ったりもしたのですが、しばらく後、岸に寄ってきたところを見てみると
ちょっと感じが違いました。

ハイイロガン

ハイイロガン

どうやらハイイロガン(Greylag Goose)さんのようです
ハイイロガン

ガチョウさんたちと違って、こちらに近寄ってくる気配は全くありません
ハイイロガン

熱心に餌探しをするハイイロガンさんなのでした
ハイイロガン


国内(UK)にいるほとんどのガチョウの祖先だという、このハイイロガンは
UKの南部、イングランドでは留鳥ということですが、スコットランドでは
冬から春にかけて、アイスランド辺りから渡ってくるものが主だそうです。
この川に突如として現れた1羽のハイイロガンさん。
群とはぐれたのでしょうか。
ガチョウさんたちとはうまくやっているのかしら…、苛められたりしてないかしら…と
少し気になるbinbirdでした。

さびしくないかな…
ハイイロガン


見てくださってありがとうございます♪

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

 |  鳥+ハイイロガン  |  TB(0)  |  CM(32)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。