All archives    Admin

03月≪ 2017年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.16 (Fri)

マヒワさんに夢中

マヒワさん!
マヒワ♂
こんな近くでお目にかかれるなんて、binbird感激です!

『そんなに嬉しいの?』
マヒワ♂
それはもう(^o^)

我が家の小さな庭にも、数度来てくれたことはあるけれど
いつも窓越しに見るだけ…しかも用心深くて、じっくり
観察できたことは皆無と言っていいほどです。
それが、それが…目の前に!!

最初の2枚は♂ですが、こちらは♀
マヒワ♀
全体的に色が薄めで、黒い“帽子”も被っていません

この子も♀
マヒワ♀

マヒワに会ったのは今月初め、マル島はLoch Frisa(フリサ湖)
のほとり近く。

フリサ湖
Loch Frisa

マル島に来たらぜひしてみたかった“オジロワシウオッチング”
の最中でした。
フリサ湖は、英国で唯一、鳥見小屋からオジロワシを観測できる
場所なのです。(※鳥見小屋からオジロワシを観察するには
予約と£5が必要です(2010年4月現在))

到着早々、オジロワシが空を舞う様子を観察することができたものの
写真はと言ったら、binbirdのカメラでは…

これが限界(^◇^;)
オジロワシ(^_^;)

この後も数度、オジロワシが鳥見小屋の上空にやってきましたが
カメラで追うのは早々に諦め、小屋の内外から見られる小鳥を
観察したり、写したりしていました。

鳥見小屋の中からはこんな景色を眺めつつ…
Loch Frisa

目の前のフィーダーに来る小鳥さんたちを観察できます
マヒワたち

この画像の中には、マヒワ、ヒガラ、ズアオアトリがいて、ウホ♪
ことりたち
アカゲラが来ることもあるそうですが、今回は会えず少し残念でした

でもほら、マヒワさんがこんなに近くにいるんだもの!(嬉)
マヒワ♂
可愛いなあ。ナイジャーシードが好きなんですね

この子はあまりにも黄色くて、他の鳥さんかと思っちゃいました

『どう見てもマヒワです』
マヒワ♂
そっ、そうよね。すみません(^◇^;)

本来の目的、オジロワシウオッチングも出来たし、可愛い
マヒワはたくさん見られたし、とても楽しいひとときでした(^^)

ところで、マル島ではここフリサ湖の他、数カ所でオジロワシが
営巣しています。
鳥見小屋での観察が終わったあと、2キロほど先にあるという
巣の監視場所(RSPBなどの団体が管理している)まで歩き
そこから巣の様子を望遠鏡でみせていただいたりもしました。
鳥見小屋から、巣の監視場所の間には、オジロワシの邪魔をしない
よう“道路では立ち止まらないこと、もし巣やオジロワシを見たと
思っても決してのろのろ歩かないこと、巣の近くで写真を撮らないこと”
などが掲げられた看板があり、監視カメラも設置されていて
結構物々しい感じ。
これらのことが守れない場合には、£5,000の罰金あるいは懲役6ヶ月が
科せられることもあるとも書いてありました。
2008年には、マル島の別の営巣場所で写真を撮り、親鳥を巣から引き離して
卵をダメにしてしまった男性が逮捕され、数百ポンドの罰金を科せられた
そうですよ。
今年のヒナたち、ちゃんと育つといいな。

☆きょうの別記事『Loch Frisaのズアオアトリ』を見ていく☆

☆ついでにもうひとつ『水浴び大好き』を見てから帰る☆

見て下さってありがとうございました(^^)
スポンサーサイト
 |  鳥+マヒワ  |  TB(0)  |  CM(21)  |  EDIT  |  Top↑

2009'01.09 (Fri)

マヒワさん、庭デビュー

最近、時々顔を見せてくれるようになったのがこちら

『マヒワ(Siskin)です』
マヒワ
あら、自己紹介ありがとう(^^)

『キミだね、どんな鳥も、手ぶれとピンぼけで台無しにするというbinbirdって』
マヒワ
うっ、そんないやなウワサが…?

『ウワサって…、事実でしょうが(--#) 今日の画像は何なんだ~。フン!』
マヒワ
ご、ごめんなさい…(>_<)ヽ


最初は1羽きりでやって来ていたマヒワさんですが、2,3羽で現れることも増えました
マヒワ

こちらはヒガラちゃんと一緒にピーナッツタイム
マヒワとヒガラ
小さいヒガラ(体長約11㎝)と並ぶとマヒワもそう大きくないのに気が付きます

初めて庭でマヒワさんを見かけた時には、アオカワラヒワ?と一瞬思いました。
色合いが少し似ているのですね。
でも、体長が約14.5㎝のアオカワラヒワさんに比べると、約12㎝とかなり小さめの
マヒワさんです。
実際、北ヨーロッパに生息するアトリ科の中では、最も小さいのですって。

見かけてもなかなかカメラを向けるチャンスがないマヒワさん。
今度はもうちょっとまともに写すよう頑張るからね~!

『説得力ゼロだから!』
マヒワ
ソッポ向かないで~~! ウム…。

反論できなくて辛いbinbirdです。
でもマヒワさん、また来てね(願)

見てくださってありがとうございます

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

 |  鳥+マヒワ  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。