All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'04.01 (Fri)

Wallace Monument

Stirling(スターリング)の中心から北へ約2マイルほど先にThe Abbey
Craig(アビー・クレイグ)という岩山があります。その上にそびえ立つ
のがウォレス・モニュメント(正式名はThe National Wallace Monument)。

ウォレス・モニュメント

13世紀、イングランドの圧政に立ち向かいスコットランド独立のために戦った
英雄 Sir William Wallace(ウィリアム・ウォレス。映画ブレイブ・ハートで
メル・ギブソンが演じたのがこの人物)を記念して1869年に完成しました。
設計者はエジンバラ生まれの建築家、John Thomas Rochead です。

山の麓にある駐車場に車をとめ、山道を登っていきます。塔に辿り着く直前にはかなりの急勾配、ちょっと息切れするかも…。歩くのは無理!という方には
マイクロバスもでているそうですよ。 

高さ約67m。近くからでは全体が写せません
ウォレス・モニュメント

ウォレスそのひとですね
ウォレス・モニュメント

幅が狭い螺旋階段は全部で246段。上り下りの際は少しめまいが…
ウォレス・モニュメント

内部は4層に分かれています。階段を60~70段登るごとに小ホールが
あり、スコットランドの歴史やウォレスに関する展示物のある博物館に
なっているんですね。

ウォレス・モニュメント ウォレス・モニュメント

ウォレス・モニュメント ウォレス・モニュメント

モニュメントがこの地に建てられたのは、ウォレス率いるスコットランド軍が
エドワード一世のイングランド軍と大激突して勝利を収めた『スターリング
ブリッジの戦い(1297年9月)』の際、まずこの岩山に集結し、頂上付近から
敵の動きを見据えてから出陣したことにちなんでいます。

一番上まで辿り着くと展望台のようになっていて、周囲を一望出来ます
ウォレス・モニュメントからの眺め
蛇行する川はフォース川

川の向こうにはスターリング城が見える(画像中央より右上)
ウォレス・モニュメントからの眺め

クラウン(王冠)と呼ばれる、頂き近くの装飾部分を真下から
ウォレス・モニュメント

クラウンはこんな感じ(この画像は昨年のもの)
ウォレス・モニュメント

2010年4月現在、入場料は£7.75(こども£4.75)開館時間は午前10時半から午後4時まで。
なお公式サイト http://www.nationalwallacemonument.com/ では今
“クイズに答えて一人分の値段で二人分のチケットをゲットしよう”的イベントが行われています。
http://www.nationalwallacemonument.com/monument-mastermind-competition.php

全部英語だけれど、今回のブログを読むと答えは全部解るようになっている
…はず(^_^)

モニュメントを見学したあとは、岩山周辺を散策。
そこであった可愛い鳥さんを見ていく…という方は ☆こちらをどうぞ☆

市内、スターリング橋から見たモニュメント
スターリング橋からモニュメントを眺める

見て下さってありがとうございました
スポンサーサイト
 |  風景+建造物  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.03 (Mon)

Tyrebagger Stone Circle

スコットランドには、紀元前3500年から紀元前1200年ごろにかけて
建てられたと言われているストーンサークルなどの巨石群が
百数十あるのだそうです。

ここはその中のひとつ
Tyrebagger Stone Circle
アバディーンシャーにあるTyrebagger Stone Circle

約4000年前のものだとか
Tyrebagger Stone Circle
一番大きな岩(画像向かって左側)の高さは3,4メートル

石ががぐるりと輪になって並んでいます
Tyrebagger Stone Circle

古代の人も、こんな光景を見ていたのかな
Tyrebagger Stone Circle

きょうの別記事
クロウタドリのキョロちゃん
ああ勘違い

見て下さってありがとうございました(^^)
 |  風景+建造物  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.07 (Fri)

とんがり

街なかのいろいろなとんがりに目がいきます。

教会のとんがり屋根

教会の尖塔

他のは教会や聖堂の尖塔だけれど、こちらは大学
キングス・カレッジ

反対側から…。王冠みたいなかたちです
キングス・カレッジ

こちらは大聖堂の塔
マカー聖堂

横に回ると2つの塔が見えるのです
マカー聖堂

2つの塔に挟まれた窓の内側はこんな感じ
大聖堂のステンドグラス
実はここ以前ご紹介した聖マカー大聖堂なんです

上のステンドグラス窓の真っ正面
聖マカー大聖堂

これからもとんがりや綺麗な建物探し、続けたいな。



☆角が立つ☆

『ぼくの嘴もよくとんがってるよ』
クロウタドリ♂
うーん、クロウタちゃんは、毛羽立っている…と言った方がいいような…(^_^;

『じゃあ、binbirdはトウが立ってるネ!』
クロウタドリ♂
なんですってぇ???(怒)

☆今日の別記事 『黄昏時のホンケワタガモ』も見て見てみる

見てくださってありがとうございます♪
 |  風景+建造物  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.14 (Sun)

St Machar Cathedralのステンドグラス

スコットランドはアバディーン(Aberdene)にある、St Machar
Cathedral(聖マハー大聖堂)。
今回はここの美しいステンドグラスをご覧下さい♪ 

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral St Machar Cathedral

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral St Machar Cathedral

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral St Machar Cathedral

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral

St Machar Cathedral



☆ギモン☆

『大聖堂のステンドグラスと私たち鳥に、なにか関連性が?』
クロウタドリ
いえ、あまりないです(^◇^;)

『はて…? “あまり”…じゃなくて“全然”じゃないかと思う、ボクは』
セグロカモメ
もう~、うるさいわねぇ…。言葉のアヤよ、アヤ!

鳥さんのツッコミにはタジタジです。なんてネ(^o^)

☆ 今日の別記事 『庭の小鳥と、花とハチ』 もついでに見てみる ☆

見てくださってありがとうございました♪
 |  風景+建造物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.24 (Tue)

信心深い?

街中に_佇むセグロカモメさん
セグロカモメ

実は教会の方を向いて、祈りを捧げているのです…
カモメと教会
信心深いカモメさんなんですね

なーんてことはもちろんないと思うけれど(笑)
この場所では、いつも1~2羽のカモメさんが、教会を眺めるようにして
佇んでいるので“今日も祈ってるね~♪”と心の中で声を掛けつつ
通り過ぎるだけなのですが、きのうはちょっと立ち止まってみました。

Kirk of St Nicholas

見てくださってありがとうございました(^^)
 |  風景+建造物  |  TB(0)  |  CM(24)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。