All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.04 (Sun)

Isle Of Mull  ~ Tobermory ~

スコットランドの西海岸側、インナーヘブリディーズ諸島の
ひとつIsle of Mull(マル島)から、昨夜帰宅しました。

滞在した町、Tobermory(トバモリー)
トバモリーの町並
画像はクリックでやや大きくなります

トバモリーの町並

カラフルな建物が並ぶのは、スカイ島のポートリーと似ています
トバモリーの町並

トバモリーのカモメさん
セグロカモメの若鳥さん

マル島の様子、少しずつアップしていきます♪



☆知らないヒト☆

留守中にスコットランドはまたまた大雪に見舞われ、庭の小鳥さん
たちのことが気がかりでした。
だれもこないかもと思っていた今朝は、それでも、イエスズメさん
ヨーロッパカヤクグリちゃん、クロウタドリさんたちいつもの面々が
姿を見せてくれて、ひと安心。

クロウタドリのキョロちゃんも来ていたのだけれど…。
『どちらさまで?』と言わんばかりのよそよそしさ。
ドアを開けたらいつもは寄ってくるのに、きょうはこそこそと草の陰に
隠れてしまうのです。

『知らないヒトとはお話し出来ないのね』
きょうのキョロちゃん
キョロちゃ~ん、わたしですよ…忘れちゃったの? (>_<)

何日たったら、思い出してくれるかな(^^ゞ

見て下さってありがとうございました(^^)
スポンサーサイト
 |  風景+街並  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.06 (Thu)

Footdee ~小さな漁村~

スコットランドはAberdeen(アバディーン市)の片隅にあるのが
ここFootdee(フィッティ)。

Footdee

かつては漁業に携わる人々とその家族が住んでいた小さな漁村ですが
現在では関係者は殆ど住んでいないそう。
2区画から成っていて、その佇まいはAberdeenの他のどの区域とも違った
独特な雰囲気を持っています。

車が入っていけない細い通り…
Footdee

石造りの小さな家が建ち並びます
Footdee

かつてはここを漁師たちが行き交い、その妻たちが通りに出て、お喋りに
興じながら漁網の繕いものなどをしていたことでしょう。

海辺の村らしい雰囲気ですね(^^)
Footdee

Footdee

“BAYVIEW” 家の中からの眺めを、建物につけたのですね
Footdee
家に独自の名前を付けるのは、こちらではわりとよくあることなのです

貝殻などの、海にちなんだ小物を窓辺に美しく飾ったお宅が多かったけれど
覗き見撮影は申し訳ないので、見るだけ。

と言いつつ、離れたところから、こそっと1枚だけ…(^_^;)
Footdee

こちらには親指姫と7人のこびとが住んでいそう
Footdee

独特でありながら、村全体がこぢんまりと、可愛い印象です。
でも、ここの雰囲気が独特なのには別の理由があると思うのです。

それが、これ
Footdee
いわゆる『住宅』ではありません。『小屋』の扱いです

各戸が1件ずつ所有しているという『小屋』には、持ち主の好みがそれぞれ見事に
反映されていて、眺めていると見飽きません

ふつうの物置場みたいなのもあれば(でも、門と塀がちゃんと付いてる!)
Footdee

↑上の『小屋』の番人?
Footdee
塀の上のクロウタドリ(ニセモノ)

貝殻をいっぱい壁に付けた海の家風なもの
Footdee

メルヘンチックなもの
Footdee

どの『小屋』も本当に個性的です
Footdee

Footdee

こんな一角を設けた『小屋』もあったりして…
Footdee
テーブルの上には灯台の置物がさりげなく置かれていました(^^)

こちらの2軒は春に来た時に見たもの
Footdee Footdee

とにかく個性的な『小屋』は見ているだけで楽ししくなるのです。
ここを見に来る観光客などがいるというのも頷けます。
住居のような役割を果たしているものも少なくないようで、binbirdも庭にこんな
『小屋』があったらな…なんて思ってみたのでした。

今回はスコットランドの小さな小さな“元漁村”をご紹介しました(^^)
Footdee



☆現実は厳しい?☆

『う~ん…』
クロウタドリ♂
なあに、唸っちゃって

『うちの庭じゃあ、Footdeeみたいな小屋は置けないんじゃあない?』
クロウタドリ♂

『庭が小さすぎるから!』
クロウタドリ♂
(;゜〇゜) だーかーら、あくまでも夢なの! あったらいいな…なの(‐_‐)

だいたいクロウタちゃん“うちの庭”ってなんなんですか。
いつからキミはうちの子になったんだ~(笑)

うちのクロウタドリさん(^o^)
クロウタドリ♂

見てくださってありがとうございました(^^)
 |  風景+街並  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.23 (Thu)

Isle Of Skye -Portree-

ポートリー(Portree)は、人口2500人ほどのスカイ島最大の町。
町の名前は、ゲール語の"Port Rìgh"から来ていて、英語に訳すると
"Kings' Port"(王の港)なのだそうですよ。

高台にあるメインストリートには、レストランやパブ、おみやげ屋さんなどが並び
何でも揃っている感じ。
季節はずれのにしては賑やかな印象でした。

でもbinbirdが好きだな…と思ったのは港のほう。

カラフルな建物はホテルやレストラン
ポートリーの港

港から高台に建つ家々を眺めます。こちらもカラフル
ポートリーの港

ポートリーの港

小さくて数分もあればひとまわり出来るこの港では、こんな生き物に会いました。

『こんちはぁ~』
ポートリーのアザラシ
あら、アザラシさん、こんにちは♪

後ろにもう1頭…
ポートリーのアザラシくん

『おーい、写真撮ってくれるってさぁ。ボクたち、もうすぐ有名人だよ~』
ポートリーのアザラシくん
有名って…。いや、それはないと思うわよ、あざらしさん…(^◇^;)

カモメちゃんもこんにちは
ボートの上のカモメちゃん

見てくださってありがとうございます♪

テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

 |  風景+街並  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.03 (Fri)

Plockton -ハイランド地方の小さな村-

火曜日には戻る予定でしたが、予想外の出来事があり、きのう木曜日にやっと
帰宅となりました。
休みは嬉しいけれど、久しぶりの家はやっぱり落ち着きます…ホッ(^^)

今回遅い夏…というより秋休みを過ごしたのは、スコットランドのハイランド地方に
ある小さな村、Plockton(プロックトン)です。

☆クリックで大きめの画像になります☆

プロックトン

メインストリートは10分もあれば歩けてしまう小さな村は、スコットランドのみならず
英国中からホリデーを過ごす人々がやってくる人気のリゾート地で、夏にはとても
賑わうのですって。
今回は季節はずれのせいもあって、大賑わいというわけではありませんでしたが
それでも観光客らしい人々はかなりいました。

プロックトン

またここは、binbirdはきちんと観たことがないのですが、日本でも放送されたことがあるBBCスコットランドのドラマ『マクベス巡査(原題:Hamish MacBeth、ロバート
カーライル主演。1995年~1997年放送)の舞台となった場所としてもとても有名で
日本からも架空の村 Loch Dubh(ロックドゥ)=Plocktonを訪ねる方が少なくない
ようですね。

プロックトン

海と繋がっているLoch Carron(キャロン湖)が目の前に広がります
Loch Carron

スコットランドの旗が翻る丘の上から湖を眺める
丘の上から…

村はずれの桟橋からの眺め
プロックトン

あっ、ほら鳥だよ!との夫の声に…思わずパチリ
プロックトン

騙されました…(-_-メ)
偽のフクロウ?

こちらは本物(^_^;の ハクセキレイ(White Wagtail)さん
ハクセキレイさん

カモメの親子にご挨拶
カモメの親子

猫さんにも こんにちは
ハンサム猫くん。海の男風?

この村では多くの猫さんに遭遇。
普段は外であまり猫を見かけないスコットランドなので、猫好きのbinbirdのヨロコビ度は急上昇していました(^^)

そんなわけで、この村で借りたコテージを拠点に、のんびりしたり、ウォーキングや
ドライブなどでハイランド地方とスカイ島の自然を楽しんできましたので、しばらくは
その時々に出会った鳥さんたち、心に残った風景などを、お伝えしていきたいと
思います。

見てくださってありがとうございます♪



テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

 |  風景+街並  |  TB(0)  |  CM(24)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。