All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'01.07 (Sat)

冬のエイリーン・ドナン城

スカイ島と本島を結ぶスカイ橋(Skye Bridge)があるカイル・オブ
ロハルシュ(Kyle Of Lochalsh)から車で30分弱のところに
まるで湖に浮かんでいるように見えるお城、エイリーン・ドナン城(Eilean
Donan Castle)が建っています。
とても美しいお城で、周りの景色との調和も素晴らしいため
プロックトン滞在中に足をのばしてみたのだけれど…

あいにくの天気と、年末&改築中のせいか周囲(駐車場)に人気はなし
edc12010701.jpg
風が強くて車から降りるのもつらいかんじ

セグロカモメが一羽だけ所在なげに立っていました
hg12010701.jpg

『フッ。こんな日にわざわざ来るモノズキはいないですな』
hg12010702.jpg
うう…わるうございましたね、物好きで(‐_‐)

セグロさんの言葉にちょっとムッとしつつ(ウソ)別のポイントに移動
edc12010702.jpg

こちらからの眺めも好きです。お天気がよい方がよかったけれど…
edc12010703.jpg
季節や天候ごとに表情を変えるのも魅力かもね

☆春のエイリーン・ドナン城☆
☆秋のエイリーン・ドナン城☆


家に帰る日、すこし離れた場所から写した一枚
edc12010704.jpg
次に見られるのはいつかなあ…

きょうの別記事『雨降るスカイ島でみた鳥は…』も見てみる

見てくださってありがとうございました(^^)
スポンサーサイト
 |  風景+お城  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.18 (Fri)

Tolquhon Castle / 庭のことりさんたち

スコットランド北東、Aberdeenshireに建つTolquhon Castle
tolquhon11111801.jpg

綴りを見ると、“トルクホン”と言ってしまいそうなこのお城の名前は
トフン、あるいはトゥフンと発音します。

Tolquhon Castleは、この地域の7代目領主
William Forbes(ウィリアム・フォーブス)が、1580年代に建てた城。
お城の一角には、15世紀の初めに、最初の領主が住居として建てたと
考えられているPreston's Tower(プレストンズ・タワー)が
取り込まれています。

The Main Houseと呼ばれる、ウィリアムが建てた部分
tolquhon11111802.jpg

tolquhon11111802-2.jpg

1420年頃に建てられた Preston's Tower
tolquhon11111803.jpg

The Main House内の大広間。タイルが敷かれています
tolquhon11111804.jpg
こういうタイル敷きの床は、当時は珍しかったのですって

城内には…
tolquhon11111805.jpg

暖炉跡があったり
tolquhon11111806.jpg

秘密めいた小さな階段があったりして
tolquhon11111807.jpg
いろいろと想像がかき立てられます

この窓辺にはどんな人が立っていたのかなあ
tolquhon11111809.jpg

tolquhon11111810.jpg

tolquhon11111811.jpg

Preston's Tower内から見たThe Main House
tolquhon11111812.jpg

今回はひさしぶりにお城の写真、載せてみました(^^)



☆庭のことりさんたち

花についている虫なのか、花そのものなのか葉っぱなのか…
hs11111801.jpg
はたまた全然違うものなのかは全然わからないのだけれど

イエスズメのおじさんが、夢中でなにかをついばんでいました
hs11111802.jpg

『おいしいよ♪』
hs11111803.jpg
それはなにより…(^^) でも何を食べていたんでしょうね、おじさん

こちらはシラコバトさん
cd111118.jpg

ピーナッツには目がないアオガラちゃん
bt111118.jpg

アオガラちゃん5秒ムービー(^◇^;)


おなじみ? クロウタドリのキョロちゃんは
kyoro111118.jpg
虫を食べたあと、のどを潤しにきたのですよ

これはキョロちゃんの娘(2010年生まれ)、ちびキョロちゃん
bb111118.jpg
サササッと水浴びをすませたところ

前回も登場したヨーロッパコマドリちゃん
robin111118.jpg
う~ん、美人(^^)

もう一回キョロちゃん
kyoro11111801.jpg
う~ん、ハンサム♪

可愛い鳥さんばっかりで、困っちゃう~♪♪

『どうして困るの? 説明してみて。ねえねえ』
robin11111801.jpg
どうしてって…えーと、それはコトバのアヤと言いますか、そのう…

説明できないので、きょうはこれでおしまい!!

なあんてね(^^ゞ

見てくださってありがとうございました♪
 |  風景+お城  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2011'07.13 (Wed)

ふるさとは古城

前記事に登場したちびカモメたちがいたのは…

ここ、Dunnottar Castle(ダノター城)
dc11071301.jpg
このブログでは数回ご紹介しているお城です

北海に臨む敷地内のそこここにセグロカモメの巣があって
dc11071302a.jpg

hg11071302.jpg

dc11071302b.jpg

可愛い幼鳥たちが親鳥に守られながらすくすく育っているというわけ
hg11071301.jpg

hg11071303.jpg hg11071305.jpg

hg11071304.jpg

クリックで画像拡大すると
dc11071303.jpg
建物の“とんがり”のあちこちに、カモメの姿が見えませんか

dc11071304.jpg

カモメさんたちも毎日見ているに違いない、お城からの眺めはこんなふう
dc11071305.jpg

dc11071306.jpg

目の前の海上には、大好きなパフィンも十数羽いたのですよ!(嬉)
pf110713.jpg
お城の近くにいることがあるとは聞いていたけど、見たのは初めて

前も似たようなのを写したな(^_^; 窓枠フォト
dc11071307.jpg

dc11071308.jpg

dc11071309.jpg

dc11071310.jpg

ちょっと離れた場所から
dc11071311.jpg

3枚の画像をつなげてパノラマ写真
dc11071312.jpg
地平線が微妙に曲がっているのは大目に見てくださいな(^_^;

このお城が“ふるさと”だなんて、いいなあ、セグロカモメさん

見てくださってありがとうございました♪
 |  風景+お城  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2011'01.17 (Mon)

Fyvie Castleと、その周辺の野鳥たち

週末は、Fyvie Castle(ファイビー・キャッスル)を訪れました。
Fyvie Castle
冬期は一般開放をしていないようで、中に入れなかったのがちょっと残念

昨年の秋に、友人がここで結婚式を挙げたのです
Fyvie Castleでのウェディング

その際はゆっくり内部の見学をしなかったので、今回は、歴代の
オーナーたちによって蒐集された品々や、エドワード朝の豪華な
インテリアなどじっくり見られたらいいなあって思っていたのだけど…。

Fyvie Castle

鎧のイメージを覆す、こんな顔(?)のヨロイさんにまた会えるのは…
Suit of Armour
暖かくなってからになりそうです

ただ今回はお城がメインの目的ではなくて、キタリスを見たい!
というのがこの場所を訪れた本当の理由。

お城の敷地内には、湖やいくつかの庭園があり…
fc11011705.jpg
前回ここに来たときにキタリスを何匹も見ているのですよ

とても人懐こそうな可愛いキタリスたちにまた会いたくて、今回は
人気のない庭園を覗いたり、湖の周りを歩いてみたわけなのだけど…

庭園で見つけたコウライキジや
コウライキジ

湖にいた水鳥など会うだけで、リスさんたちは姿を見せてくれません
でした。うーん…これもまた、暖かくなってから再挑戦かな。

※キタリスってどんなリスだろう…って気になる方は
 過去記事 → ☆ここ☆ をチェックしてみてくださいな

『これ、そこの怪しい者! 私に近づくと護衛のものに退治させますよ』
コブハクチョウ
はっ?! なんのお話?

よくよく話を聞いてみれば、ここではどうやらコブハクチョウさんが
湖の女王さまで、マガモさんたちはその護衛をかっているのだとか。

コブハクチョウとマガモたち

凍った湖面には、非常に備えて待機しているヒトビトも!
凍った湖面のマガモたち

なにかあったらすぐ飛び出せる態勢ですね、素晴らしい!
凍った湖面のマガモたち

『もしもし? それ、なんて妄想? おつむ大丈夫?』
コブハクチョウ
(;゜〇゜)…すみません、いつものクセが出てしまったようです(^^ゞ

ここの小さな湖、Loch Fyvieには、他の鳥さんたちにも
あうことが出来ました。お時間があったら覗いてみてね♪

Loch Fyvieの鳥たち
☆ハイイロガン
☆キンクロハジロ
☆ホオジロガモ
☆オオバン



土曜の朝、ポケットの中の小さなトモダチ、Sony EricssonのX10 miniが
突然うんともすんとも言わなくなってしまいました。
まだ私のところに来て、3ヶ月ちょっとしか経っていないのに~(×_×)
土曜のうちにサービスセンターに郵送したけれど、いつ帰ってくるかなあ…。
電話、カメラ、カーナビ、地図などとして便利に使っていたから
予期しない故障に愕然。
うちには家電製品がひとつ壊れると、他のものも次々壊れるというジンクスも
あるものだから、次はなに?と、ちょっぴり怯えてもいるのですよ…トホホ。

日曜日のキョロちゃん。ちょっと遠い目をしていたような…
クロウタドリ♂ キョロちゃん♪
すぐに飛んで行っちゃった。また待ってるよ~

見て下さってありがとうございました♪
 |  風景+お城  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2010'06.16 (Wed)

Duart Castle

きのうのArdvreck Castleで、このDuart Castleのことを
思いだしたので、こそっと(なぜ?(^^ゞ)載せてみます。

今年春のマル島旅行の時のもの。
Duart Castle

船の上から見たお城です
Duart Castle

見て下さってありがとうございました(^^)
 |  風景+お城  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。