All archives    Admin

03月≪ 2017年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'07.09 (Sat)

ナゾ鳥さん現る

金曜日の朝、庭に見慣れない小鳥さんを発見
mb11070902.jpg

体を芝生にこすりつけるようにしながら移動して…
mb11070901.jpg

どうやら、朝露で水浴びをしていたようなのですよ
mb11070903.jpg
可愛い(^^)

でも、あなただあれ? どこからきたの?
mb11070904.jpg


きっとまだ幼鳥だと思うのだけど…この鳥さんの正体がわかりません。
大きさはイエスズメより二回りくらい小さい感じ。
眼過線やクチバシの形から想像するに、もしかして、散歩にでるとよく
声を聞くキタヤナギムシクイか、チフチャフ…?とも思うのだけど…ナゾです。
この画像からでは判別は難しいと思いますが、どなたかおわかりになる方が
いらしたら、ぜひ教えてください。

『日光浴ダイスキ』 と『Bullers O' Buchanを歩く』は本日の別記事

見てくださってありがとうございます♪
スポンサーサイト
 |  鳥+名称未確認または不明  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'05.21 (Wed)

ビンズイ、それともマキバタヒバリ…またしても悩み中

留守中に、もう少し後になるはずだったプロバイダの切り替えがなぜか勝手に(!!)行われていたために、ネットに接続できなかったり、バタバタしたりで、予定よりも少し記事をアップするのが遅れてしまいました(>_<)
コメントをくださった方々、お返事遅れてしまってごめんなさいm(__)m


さて、先週は寒いスコットランドを抜け出して、少し暖かなイングランドへ
行ってきました。

Corfe Castleという、町の中に同じ名前のお城がある小さな街で、のんびり過ごすにはもってこいの場所です。
最初の数日間は天候にも恵まれ、久しぶりに半袖姿になれたのがうれしかったです。

カメラの設定を間違えていたらしく、ほとんどの写真が低解像度で撮れてしまうという悲しいハプニングがあったものの、ハイキングに出かけた先では、野鳥の姿を辛うじて何枚か写真に収めることができました。

今回はそのなかから、またしてもbinbirdを悩ませてくれているこちらの
鳥さんをご紹介します。


ハイキングの途中、ふと横を見ると…
ビンズイかな…


ウタツグミに似ていますが
ビンズイかな…


体が少し小さいのです
ビンズイかな…



カメラに収めた時には、ウタツグミだなと思っていたのですが、それより小さい感じだったのであとから本で調べてみると…ヨーロッパビンズイ(Tree Pipit)またはマキバタヒバリ(Meadow Pipit)ではないかと。

本にはヨーロッパビンズイの方が、やや黄色っぽい茶色がかっていて、それほど灰緑色ではないとか、腹部がより白っぽいなどと書いてあるのですが いつものごとく、写真が不鮮明なので泣微妙な色の違いがはっきりせず はたしてどちらの鳥さんなのか、悩んでいるのです。

☆11月12日追記
MGさんからのコメントで、コマミジロタヒバリでは?というご意見もいただきました。
こちらでは大変にまれな鳥ではありますが、迷い鳥としてアジアからやってくることはあると図鑑に書いてあります。
なので、可能性は捨て切れません。
私が見たこの子は、はるばるアジアから…もしかしたら日本からやって来た貴重な鳥さんだったのかもしれませんね。
MGさん、ご意見ありがとうございました!


この謎の鳥さんを見たのは

こんな海外沿いにある断崖絶壁のまさに上
P1050435.jpg


止まっている木の向こうはこんな感じに崖と海
P1050439.jpg


図鑑には、マキバタヒバリは海岸沿いにも良く姿を現すと書いてあるので そうするとこれはマキバタヒバリの可能性がアップするのかなとも思うし  そもそも今悩んでいるどちらでもなく、タヒバリだったり、実はやっぱりウタツグミだったなんてこともあるのだよなあと考えると、髪の毛をぐしゃぐしゃと掻きむしる(ウソですぅ)binbirdなのでした。

またしばらく頭を悩ませる日が続きそうです。

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+名称未確認または不明  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2008'05.05 (Mon)

この子はだあれ? (ムシクイの仲間)

コウライキジを見かけた散歩道の後半、頭上から聞こえる聞き慣れない囀りにふと上を見上げると

ん? キミはだれ?
キミはだれ?


はじめまして、だよね?(クリックで1200×900サイズになります)
キミはだれ? 



すぐに他の木に飛び移ってしまったので、写真はこれだけなんです。

ムシクイの一種だろうと見当をつけ手元の図鑑を調べると、かなりの数のムシクイ類が…。
明らかに形体の違うもの、地域的にまずみられないものを除き、残ったがこの2つ。

Willow Warbler(キタヤナギムシクイ)【RPPBのサイト】

Chiffchaff(チフチャフ)【RPPBのサイト】


う~~~~~~んうーん


とっても似ていて果たしてどちらなのかわからないままでいます。
足の色が違っているのも判断基準になるようですが、あいにくこの画像でははっきり色が確認できません(>_<)

声も少しとは言え聞いているのに、RSPBのサイトで囀りを聞いてみても、どちらもそうだったように聞こえてしまう始末です。
うう、人間の耳ってあやふやなのね。

binbirdとしてはWillow Warbler(キタヤナギムシクイ)ではないかなという気持ちが強めですが、もしかすると、このどちらでもないかも…?

可愛い鳥さんにめぐりあえたのはうれしいけれど、はっきりと名前がわからず、ちょっと心にモヤモヤが残っているところです。



11月13日追記
はりねずみさんからのコメントで、キタヤナギムシクイではとのご意見を
いただきました。
はりねずみさんは、ドイツに在住されていて、日本では見られない種類の鳥を多く
見ている方です。
キタヤナギムシクイ、チフチャフともに、鳴き声を聞いたことがある
はりねずみさんが、binbirdの記事から、推理をしてくれたのですね。
詳しくはコメント欄でご確認頂けるので割愛しますが、実際に両鳥の鳴き声を
ご存じのはりねずみさんの鋭いご指摘でした。
3拍子には聞こえなかったように思うし、やっぱりキタヤナギムシクイ??


はりねずみさんのホームページ【はりねずみの穴】では、ヨーロッパはもちろん
世界の各地域ごとに様々な鳥を見ることが出来ます。
キタヤナギムシクイとチフチャフもバッチリ見せてもらえます(^^) おすすめです♪
“VOGEL LEXIKON”って書かれてあるところが、鳥さんページへの入り口ですよ!

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+名称未確認または不明  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。