All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.24 (Mon)

夕暮れ散歩

Forvie National Nature Reserveにて夕方の散歩
IMG_4332.jpg

いつもとはコースを逆にして、最初に浜辺に出てみます
FORVIE

シーカヤックしている人がいる! 気持ちよさそうですね
シーカヤックを楽しむ人

ミユビシギたち。ハジロコチドリも1羽(右端から2番目)
ミユビシギ
ミユビシギの群れには最近会ったばかり

この日も、数カ所で小さな群れを見つけました
ミユビシギ

長い海岸のあちこちに…
FORVIE

点々とついていた足跡は、きっとミユビシギさんのもの♪
ミユビシギの足跡(^^ゞ

時計の文字盤の大きさから考えて足の長さ約1,5㎝,幅は2㎝弱かな
ミユビシギの足跡
ちっちゃいんだ~! 

ひとけがないとはいえ、浜辺に座り込んでミユビシギの足跡を
見ながらニヤニヤしたり、歓声をあげるのは大変アヤシイです。
気をつけなくては…(^◇^;)

さて日は傾いてきたけれど、まだ歩くには充分な明るさ
FORVIE

砂丘を抜けて、ホンケワタガモのいる河口付近に向かいます
FORVIE

いましたいました、ホンケワタガモさんたち(^^)
ホンケワタガモ

水の中にもいっぱいいたけれど、岸でのんびり派も多数
ホンケワタガモ

こちらは、ペタペタ足音を響かせながら歩き回っていた♂
ホンケワタガモ♂

『あのう、ボクの妻を見ませんでしたか?』
ホンケワタガモ♂
み、見たような見なかったような…すみません区別がつきません(^◇^;)

近くには、前に来たときにはなかったこんな看板が出ていました
ホンケワタガモを守りましょ♪
ホンケワタガモの営巣を守るためのちょっとした注意事項と…

ここ数年の、ヒナの巣立ち数。昨年は140…2007年はたった18です
今年は何羽巣立つかな…
もっと多いと思っていたのに、意外なほど少なくてびっくり!

今年は記録更新になればよいなあ……。

カモさんたちを夕焼け色に染めながら、一日が終わっていきます
FORVIE



☆庭の小鳥さん☆

イエスズメちゃんを前に大絶唱するクロウタドリのキョロちゃん
クロウタドリ♂とイエスズメ♀
イエスズメちゃんの感想は…聞けませんでした(^^ゞ

滞在時間数秒のアオガラちゃん
アオガラちゃん
最近さっぱり遊びに来てくれません、寂しい

庭の“外”のカササギさん
カササギさん
ひとけがなくなると、庭にこっそり来るはずです…

こちらも庭の外…ゴシキヒワさん
ゴシキヒワ ゴシキヒワ
いつになったら、また庭に来てくれるのでしょうか…焦らしますね(^◇^;)

週末は天気に恵まれ、気温もぐっと上がって、こちらでは年に1度あるか
ないかの25度位にまでなりました。
汗ばむほどの陽気に、海辺で潮風を受けつつのんびりしてきたのだけれど…
月曜からは、どーんと気温が下がり…それも天気予報を見る限り
毎日下がり続けるみたい…。
さっき確認したところでは、月曜14度、水曜12度、金曜10度、最低気温は
毎日4~5度になってます。冬?!
天気予報、大外れに外れて欲しい気がします(^^ゞ

お天気はどうであれ、よい1週間になりますように(^^)

見て下さってありがとうございました♪
スポンサーサイト
 |  鳥+ホンケワタガモ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.07 (Fri)

ホンケワタガモ(ミニ動画付♪)

Forvie National Nature Reserve
Ythan Estuary
ここはUKでも屈指のホンケワタガモのコロニーでもあります

目の前にいるのはみんなホンケワタガモ
ホンケワタガモ

♂5羽ほどに♀1羽。なにか相談事をしているみたい(^^)
ホンケワタガモ

『おじょうさん、ボクたちがお供しますから散歩に出ましょう♪』
ホンケワタガモ
と、誘っていたかどうかは不明(^_^;…
でもこのあとみんなで川の中へ入りました

動画は↑上↑のホンケワタガモさんたちが、川に入ったところ。
前半、風の音とダイシャクシギ(?)の声がかなり大きくて聞こえにくいの
だけど、『あう~♪ あうぅ~♪』というホンケワタガモの
なかなかユニークな声が入っています(^^)



これはべつのホンケワタガモさんたち
ホンケワタガモ

♂の後頭部、なかなか楽しい模様です(^o^)
ホンケワタガモ

ところでこの“Forvie National Nature Reserve”内は、現在一部が
営巣中のコアジサシを守るために立ち入り禁止になっています。

ホンケワタガモさんを見ていた場所から少し先には行けません
Forvie National Nature Reserve

Forvie National Nature Reserve

普段は自由に歩ける砂丘もこの通り
Forvie National Nature Reserve

去年は最大£2000の罰金だったのに、今年は£5000になってる!
Forvie National Nature Reserve

ここはその他のアジサシの仲間、それに多くのホンケワタガモも営巣する
場所と重なっているのだそう。
キツネやカモメなど、防ぎきれない天敵も多いけれど、ひとつでも多くの
新しい命がここで生まれることを願いたいです。




パパキョロから一転、ふたたび独身キョロに?
クロウタドリ♂ キョロちゃんです
子育てしてる様子なし~。どうなってるの?

『真実はキョロちゃんにしかわかりませんね』
シラコバト
そっ、そうですよね、シラコバトさん…(^_^;

でも気になっちゃう…。

☆ホンケワタガモの他の記事はこちらからどうぞ☆

見て下さってありがとうございました♪
 |  鳥+ホンケワタガモ  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

2009'08.07 (Fri)

黄昏どきのホンケワタガモ

昨日の午後7時半頃…。

海鳥たちで賑わう、河口付近の浜辺に…
浜辺のカモメたち

ぽつんと1羽の鳥さんがいました
ホンケワタガモ
どうやら、ホンケワタガモの幼鳥か、♀かな(♂成鳥はこちら

周りに仲間はだあれもいません。ずっと座り込んだまま…
ホンケワタガモ

ひとりぼっちで寂しくないのかな。
さっきから動かないけれど、怪我でもしているんじゃないのかな。
気になる、気になる…。

『あのねぇ、心配ご無用ですから!』
ホンケワタガモ
へっ? 

『ご覧の通りちゃんと歩けるし…寂しくだってないもの』
ホンケワタガモ
ほんとだ、怪我はしていないみたいね…ホッ

『考え事をしているの…』
ホンケワタガモ
それならよいのだけれど

1羽きりでほんとは何をしていたんでしょう。
やっぱり気になるなあ。

☆以前のホンケワタガモ記事はこちらから

☆今日の別記事 『とんがり』も見ていく
 |  鳥+ホンケワタガモ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.11 (Wed)

ホンケワタガモさん、発見!

なんだか大げさなタイトルですねぇ…。発見って…(^◇^;)

前回の記事でご紹介したフルマカモメを見たビーチでは、念願のホンケワタガモも
見ることが出来ました。

ちょっと遠い上にみんなお昼寝中…
ホンケワタガモ
黒っぽく見える中心付近の個体は、茶色い羽の♀です

やっと顔を上げてくれた1羽
ホンケワタガモ

いっこうに近くには来てくれないし、なにより散策の途中だったので、いったんは
この場を去りました。
帰り道、今度は崖の上からビーチを見下ろしたら、ミヤコドリやセグロカモメと
一緒にいるのを発見♪

水鳥たちがくつろぐビーチ

見にくい画像でゴメンナサイ。手前にいるのはセグロカモメ
ホンケワタガモ

海に流れ込む水を飲んでいるんですね
ホンケワタガモ

UK最大のカモ(体長50~70センチ)なだけあって、どっしりと貫禄があります
ホンケワタガモ
セグロカモメさんが小さく見える…(セグロカモメの体長は55~65センチ)

今回は離れた場所からしか見られなかったけれど、次はもっと近くで見たいですね。
楽しい鳴き声も録音したいですし(^^)

大げさなタイトル付けた癖に、肝心のホンケワタガモがよく見えないじゃないか!と
お怒りの方は、以前の記事もぜひご覧下さい。
写真のまずさは同じですが、今回の記事よりは、ホンケワタガモさんの姿が確認
しやすいかと思います(^_^;)



☆岬まで☆

前記事で“ホンケワタガモに会えても会えなくても海岸沿いを北上”と書いていた
けど、ホントに歩いたのかというと…もちろん歩きましたとも!

ホンケワタガモやフルマカモメにあった浜辺
Forvie National Nature Reserve
目的地はずーっと先に見える、大きな家がある岬

Forvie National Nature Reserve

到着!
Forvie National Nature Reserve

ずいぶん遠そうと思った目的地の岬までは、1時間もかからずについたのでした。
寒い上に、体がよろめくほど強い風が吹いていたのでちょっと大変でしたが
暖かくて穏やかな天気の日なら、ずいぶん楽しいウォーキングになっただろうなと
思います。

見てくださってありがとうございました(^^)

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

 |  鳥+ホンケワタガモ  |  TB(0)  |  CM(26)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.21 (Mon)

ホンケワタガモ(Common Eider)

週末"Forvie National Nature Reserve"という所に行ってきました。

動植物を保護しているこの場所は、もう少し暖かくなってくるとヘザーという薄紫色の花で覆いつくされるのだそうです。残念ながら今回は、いかにもスコットランドらしい荒れ地の趣きが強かったですけれど。
また、ここには広大な砂丘Sands of Forvie(UKで5番目の大きさ)も含まれています。

今の時期、この周辺の至る所に「鳥の繁殖期につき立ち入り禁止」の札とフェンスが設けられていて、自由にどこでも歩き回れるというわけにはいかないのですが、それでもおいしい空気を吸いながらの散策には十分です。


砂丘はこんな感じ
sands of forvie



大きな河口の向こうは北海です
Ythan Estuary



この河口に集まっていたのがホンケワタガモさんたち
ホンケワタガモ


ホンケワタガモ


実はここ"Forvie National Nature Reserve"は、UK最大のホンケワタガモ(Eider)さんのコロニーなのです。今回はあまり数が多くありませんでしたが、多い時には数千羽が集まってくるといいます。

「あ、うう~~」「あおぉ~」というとてもユニークな鳴き声が大きく響いていました。
鳴き声を聞いてみたい方は→こちらから
左上部にあるPLAYボタンを押すと聞こえますよ♪


小さいグループがいくつか散在して
ホンケワタガモ


ホンケワタガモ


ホンケワタガモ


ペアでのんびり派も
ホンケワタガモ


ホンケワタガモ


UKに生息するカモの中では、一番体が大きいというこのホンケワタガモ。
wikiによると良質の羽毛が取れることが名前の由来のようですね。
英語名のEiderにも“eiderdown(羽毛布団)”と同じ意味があるので、やはりその羽に価値があるカモさんなのですね。

もう少し暖かくなって、ヒナが孵る頃また姿を見せてもらいに行きたいと思っています。


☆ホンケワタガモおまけ写真☆

別の日に同じエリア内で撮った群れの姿
ホンケワタガモ


ホンケワタガモ



またまた別の日、これは家の近くの海で
ホンケワタガモ



最後まで見てくださってありがとうございます♪

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+ホンケワタガモ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。