All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.20 (Sun)

新入りさん?/永遠の誓いは青空の下で

最近時々顔を出すようになったカササギ
こどもカササギ

よく見かけるカササギより随分小さくて、表情も幼いので、今年生まれの
こどもでは…と思っています。
こちらでは『嫌い』という人が少なくないカササギだけれど、可愛い…。
庭の仲間になる?

☆他のカササギ記事も見てみる

一方こちらは相変わらずひとりぼっちのイエスズメ、カエデちゃん
イエスズメ♀
かなり近寄っても逃げずに見つめ返してくる

でも…

そんなところでウトウトしちゃあ、だめ~っ
イエスズメ♀

ちゃんと知恵をつけていけるのか、心配です…
イエスズメ♀

ヒガラちゃん&ヨーロッパカヤクグリさん
ヒガラちゃん ヨーロッパカヤクグリちゃん



☆永遠の誓いは青空の下で☆

9月は結婚式が多い…ような気がします。
教会での式のあと、ホテルなどで披露宴というスタイルの他に、景色の
良い場所、新郎新婦にとって思い出の場所で式を挙げてから、披露宴…
というスタイルも少なくありません。

青空の下で愛を誓う二人
屋外での結婚式

こちらは湖のほとりでの結婚式
湖の畔で結婚式

湖の畔の結婚式

永遠の愛を誓う二人(*^_^*)

お幸せに

ところで、披露宴が行われる場所からこの“式場”までは、徒歩で片道約20分。
舗装された道ではないので、高いヒール付きの靴だと歩くのに四苦八苦です。

慣れたひとは往復をこんな格好で(^^)
長靴シスターズ(^^)

次は結婚式出席の際の持ち物リストに“長靴”を入れようと思うbinbirdです(^◇^;)

見てくださってありがとうございます。
スポンサーサイト
 |  鳥+カササギ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2008'07.03 (Thu)

カササギさんがやってきた

今まで幾度となく見かけているのに、あともう少し近ければ…というような微妙な距離で逃げられてしまい、なかなか撮れない鳥さんがカササギさんです。

こんなのや
カササギ

こんな写真ばかりで…
カササギ

いつもトホホ…なんですね。

我が家にも来たこともありますが、この時にははっきり顔が見えず


今回は顔をちゃんと見せてくれました。
☆クリックで大きめの写真がご覧いただけます☆
カササギ
窓の中から見ているbinbirdにまだ気づいていないのです

ご自慢(?)の青い羽はいつも通りの美しさ。真っ白なお腹も眩しいほど
カササギ


カラス科だけに、顔だけ見るとカラスさんと間違えてしまいそう?
カササギ


これは別の日にやってきたカササギさん
カササギ
少し小さめだったので別の個体と思います

笑っているような鳴き声のカササギさん。
妙な言い伝え(興味のある方は以前の記事をご覧になってね♪)のせいもあってか
嫌いな人も少なくないようですが、binbirdはけっこう好きです。
近くで見ると、思っていたよりもうんと可愛い顔をしていましたよ♪

見てくださってありがとうございます。

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+カササギ  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.10 (Thu)

何でも食べちゃう(?)鳥さんは

カササギ(Magpie)がやってきました。
長い尾をスッと伸ばしながら飛んでいる姿は見るし、鳴き声も聞こえるのですが、こんなに近くに来たのは初めて。


いきなりフェンスに登場
カササギ(Magpie)1


光沢のある鮮やかな青い羽根が美しいです。わかりにくくてごめんなさい
カササギ(Magpie)2



地面を少し点検(?)したあと、あっという間に退場
カササギ(Magpie)3



かなり不鮮明ですが、尾はこんな感じ。長~い!
カササギ(Magpie)4




日本では限られた地域でしか見ることが出来ないそうですけれど、ここスコットランドではごくごく普通に見られる鳥さんです。2羽連れだって行動しているのを見ることがとても多いです。ちょっとした林の中に行くと、群れでいるのも見かけます。

英語名はMagpie(マグパイ)、ラテン語ではPica pica(ピカ ピカ)というのですって。
この“Pica”という言葉には『異食症』という意味があって、カササギは食べられないようなものでも食べてしまう鳥…だから、こんな呼び名がついたようですよ。決してカラス同様ピカピカの光り物が好きだからじゃあないのですね(当たり前か汗;)。

ちなみにスコットランドには『カササギは悪魔の血の滴を、その舌の下につけて運ぶ鳥』なあんていう、ちょっとコワイ言い伝えがあったりもします。
他にも、2羽なら大丈夫だけど、1羽だけ見ると不吉だ(なぜだ?)とか、カササギに遭ったら挨拶をしなくてはダメ…とか色んな言い伝えがあるみたいで、そのせいかどうか、binbirdの周囲にはあまり好きじゃないっていう人も多いです。

笑い声風の鳴き声もおもしろいし、binbirdは結構好きなんだけれど。

カササギさんの鳴き声はこちらRSPBのサイトで聴けます。
画面左上部にあるPLAYボタンを押してくださいね♪

テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

 |  鳥+カササギ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。