All archives    Admin

03月≪ 2017年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.29 (Wed)

季節の花たち

散歩や鳥見に出かけると、そこここに咲く野の花たちが心を和ませ
てくれます。

Perennial Cornflower(ヤマヤグルマギク)
fw11062901.jpg

Dog Rose(イヌバラ)
fw11062902.jpg
ビタミンCたっぷりの実、ローズヒップがとれるんですね

林の中でひっそり咲いていたのは…Herb Robert(ヒメフウロ)
fw11062903.jpg fw11062904.jpg

Germander Speedwell
fw11062905.jpg

Ragged Robin(カッコウセンノウ)
fw11062906.jpg

Meadow Buttercup(ミヤマキンポウゲ)
fw11062907.jpg

Water Forget-me-not(シンワスレナグサ)
fw11062908.jpg

Viper's Bugloss(シベナガムラサキ)
fw11062909.jpg

Common Comfrey(ヒレハリソウ)は…ベル型のお花がキュート♪
fw11062910.jpg fw11062911.jpg

Foxglove(キツネノテブクロ)
fw11062912.jpg

Roseroot(イワベンケイ)
fw11062913.jpg
パフィンがいる断崖に咲いていました

これも断崖のそばで…Marsh Thistle
fw11062914.jpg fw11062915.jpg
スコットランドで見られるアザミのひとつです

ウサギさんが眺めていたGorse(ハリエニシダ)は花の盛りを過ぎ
fw11062916.jpg fw11062917.jpg

花が終わってマメがなっているものもある。うぶげが可愛いな
fw11062918.jpg

Elder Flower? 似たお花がいっぱい咲いていて迷う
fw11062919.jpg

これはツムジヤドカリソウ。カタツムリみたいでしょ
fw11062920.jpg
ってウソです(^◇^;) ほんとのカタツムリ

fw11062921.jpg fw11062922.jpg
fw11062923.jpg fw11062924.jpg
fw11062925.jpg fw11062926.jpg

大地という名のパレットに神さまがおいたカラフルな絵の具を眺め
短い(そしてやけに涼しい)スコットランドの夏を満喫しています(^^)

ちいさな庭でも鳥さんたちがお花を楽しんで…いるかな
hs110629.jpg

そうだといいな
kyoro110629.jpg

そういえば、クロウタドリのキョロちゃんが楽しみにしているグスベリー
kyoro11062901.jpg

『食べ頃はまだなのネ』
kyoro11062902.jpg
だそうです(^o^)

見てくださってありがとうございました♪
スポンサーサイト
 |  自然+植物  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.09 (Thu)

ハイランド、野の花たち

前に書いたように、ハイランド滞在中の8日間はほとんど雨で
おひさまがのぞいたのは合計十数分だったほど。
仕方なく雨の中、ずぶぬれで歩く日が多かったのだけれど、1日だけ
2時間ほどのウォーキング中一度も濡れずにすんだことがありました。

滞在していた村から来るまで20分ほどの場所
wk11060901.jpg

曇り空で、相変わらず景色はいまひとつだったけれど
wk11060902.jpg
雨が降っていないというだけでもう幸せ!

松の原生林が残る一帯を歩きます
wk11060903.jpg

途中オットが化石を見つける。貝なのですって
wk11060905.jpg wk11060906.jpg
言われればそう見えなくもない…かな(^◇^;)

地質学を専攻していたオットは、岩石やら化石について語り始めると
オソロシク長い。この時もあれこれ語っていたのだけれど…
ただの窪みにしか見えなかった私って…ゴメン、オット。

だけどここがかつて海中だったことには、ロマンを感じちゃう 
wk11060907.jpg

かなりの急流
wk11060908.jpg
晴れた日にこの川縁を歩いたら気持ちいいだろうなあ

と、この川を渡らなければならないことが判明。でも橋が壊れてる…(^_^;)
wk11060909.jpg wk11060910.jpg

斜めになった橋を、ずり落ちそうになりながら渡るのは、冷や汗ものでした。
渡る途中で川の底が目に入るんだけど、思ったより深いし、怖かったな。

渡り終えて心底ホッ…。橋が早く補修されるといいなあ。落ちるヒトいそう
wk11060911.jpg

さて、思いがけぬスリルとサスペンス(これは大げさ(^◇^;))を味わう
羽目になったウォーキング中、嬉しかったのが、荒れ地に咲く花たちの姿。

初めて見たこの花は Common Butterwort/ムシトリスミレ
pt11060901.jpg
スミレの仲間ではなくタヌキモ科の植物なのですって

和名が示すよう、虫を捕らえる植物
pt11060902.jpg
縁付きの葉っぱの表面は粘着物質で覆われています

※この葉っぱに含まれる酵素には、牛乳を凝固させレンネット(凝乳酵素。
普通は牛などのほ乳類の胃で作られる))を作り出すため働きがあるため
かつてはチーズづくりに利用されていたのだそうですよ。本の受け売り(^^ゞ

可憐な姿をしているけれど、虫さんには敵なのね
pt11060903.jpg

こちらも食虫植物。Round-leaved Sundew/モウセンセンゴケ
pt11060904.jpg
マルバモウセンゴケとも呼ばれるみたい

この周辺には他にも食虫植物がいくつかあるのだそう。肥沃でない土地
ゆえ、昆虫から栄養をとって生き残っていく植物も少なくないのかな。

Lousewort/和名不明。ゴマノハグサ科シオガマギク属
pt11060905.jpg

Heath Milkwort、こちらも和名は判らず。ヒメハギ科のお花
pt11060906.jpg

LousewortとHeath Milkwortが一緒に咲いている場所も多かった
pt11060906-1.jpg

Tormentil/タチキジムシロ
pt11060907.jpg

Common Cottongrass/和名不明。カリツリグサ科ワタスゲ属
pt11060908.jpg
ふわふわの綿みたい

Heath Spotted Orchid/ラン科ハクサンチドリ属の植物
pt11060909.jpg

未だに名前がわからないこの植物は…
pt11060910.jpg
お星様をちりばめたみたいで、とっても可愛かったの(^^)

以前は野に咲く花に眼がいくことってほとんどなかったのだけれど
鳥に興味を持ちだして外を歩くのが楽しくなって以来、植物の姿にも
惹かれるようになりました。
人知れずひっそりと咲いている花の多いこと。
過酷な天候のなかで耐えるように岩に張り付き、それでも美しく花を
咲かせる力強さ、生命力。
静かに感動しつつ歩くひとときでした。

きょうの別記事『珍客現る!』も見ていく

見てくださってありがとうございました♪
 |  自然+植物  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'06.02 (Wed)

Handa Island -ミツガシワ-

島には小さな沼が点在していて、そこでは、可憐な
小さなお花が咲いていました。

沼に咲くミツガシワ

ミツガシワ(Bogbean)
ミツガシワ

ミツガシワ

花期は5月から7月。
スコットランド中の、沼地や湖で見られる花ということ
だけれど、もっとも分布しているのは西海岸側なのだとか。
高熱を下げる要素はなにも含まれていないにも関わらず
解熱剤として処方されていたこともあるのですって。
ただ、実際には消化や食欲を促進する成分が含まれていて
ハーブとして葉っぱを利用したりする…ってこれはみんな
図鑑に書いてあったこと(^_^;)

水の中の花と言ったら蓮くらいしか思い浮かばなかったけれど
ちょっと調べてみると、水生植物ってけっこう種類が多いのですね。
今度からは、注意深く観察していこうっと。

こちらは水中ではなく、島の至る所で見かけた野生ラン…
Heath Spotted Orchid(Dactylorhiza maculata
Heath Spotted Orchid
和名はないのかな…わかりません

何度写してもうまくいかなかったのだけど、実物は何倍も
美しかったです。濃いのと薄いの色々ありました。

☆『Handa Island -キタオオトウゾクカモメ-』を見る☆
☆『Handa Island -ノウサギ-』を見る☆

見て下さってありがとうございました♪
 |  自然+植物  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.17 (Tue)

春の花

一日家にいるので、鳥さん記事のアップをと思うのですが、日頃の家事手抜きが
たたってバタバタしてしまい、なかなか思うようにいきません(^_^;)

先日の散策時に見かけたお花
ヒメリュウキンカ
ヒメリュウキンカ(姫立金花)です

こちらでは3月から5月頃にかけて咲くのだそうですよ
寒かったスコットランドにもちょっとずつ春の気配が…(^^)

花びらの形と中心の様子が違いますが、こちらも多分同じお花
ヒメリュウキンカ
花にも鳥と同じように、♂♀あるのですよね…? その違いかな(謎)

『とかやってる暇があるなら、鳥記事アップすればいいのに!』
アオガラちゃん
え~、だって準備とか色々…

『手抜き記事ですみません』
アオガラちゃん
あっ、ホントのこと言うな!(怒)

なんてね♪
アオガラちゃんは、バードテーブルの餌をチェックしてただけです(笑)

見てくださってありがとうございました♪
 |  自然+植物  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2008'09.03 (Wed)

森の散歩道で

☆クリックで大きめの画像になります☆

こんな森の中を散歩中に…。
森の中でお散歩♪

あら、蜂さん? それともアブさんなのかな
森の中の小さな虫

『こんにちは』
こんにちは♪
あら、ご丁寧にありがとう。こんにちは(^^)

色違いの隣の花ではミツバチくんが忙しそう
ミツバチくん

子どもの頃から大小問わず、ありとあらゆる虫が苦手…大嫌いでした。
触れることはおろか、まじまじと凝視した事すら全然なかったのです。

そんなbinbirdが、草花や昆虫たち、そして野鳥などを撮られている
みぃこさんのブログ『風花日記』を拝見しているうちに、だんだんと虫にもおもしろい表情があったりして、可愛い(←数ヶ月前の自分からは想像も出来ない言葉!)かも…と思うようになってきたんですね。

みぃこさんの写真の数々の素晴らしいことと言ったら、とても口では言い表せません。
花も鳥も虫も、優しいベールに包まれているようで、とても素敵です。
スコットランドに来てから、鳥さんたちの可愛さに目覚めたbinbirdですが、草花や虫たちに目がいくようになったのは、このみぃこさんの影響が大です。
とってもおすすめの素晴らしいブログですよ♪

そんなわけで、生まれて初めて虫さんを写してみたbinbirdでしたが、下手を承知で、他にも見かけたお花をちょっとパチリとしてみました。

少し開けた場所には、目の覚めるようなオレンジ色のお花
なんの花かな

名前がわからないけれど… ヒメヒオウギズイセンのようです
ユリかな…

京花さんから ヒメヒオウギズイセンに似ているとコメントいただきました。
調べてみると、このエリアには確かにヒメヒオウギズイセンが咲くのです。
京花さん、貴重な情報をいただきありがとうございました!


ユリの仲間かな ヒメヒオウギズイセンはユリ目アヤメ科なのですって
名前がわからない(>_

こちらも名称不明のお花。ところどころにポツポツと…
たまご色が優しい雰囲気の小さいお花

今の時期、スコットランドの大地をピンクに染めるヘザー(ヒース)
wood_08090308.jpg

こちらはジギタリス(キツネノテブクロ)ですね
おーい、虫くん、出てこないの?
花の中に入った虫が出てくるのを待っていたのだけど…全然出てこずギブアップ

※夏に別の場所で撮ったジギタリスはこちら
キツネノテブクロ

ふと横を見ると…こちらは一足早く種をつけたジギタリスのよう
膨らんだ種がはじけとぶ…のかな

お花の他にも、見るからにアヤシイ雰囲気のキノコがいっぱいありました

クッションみたいに大きいキノコ。はじっこでナメクジさんがお食事中?
手のひらより2まわりくらい大きいです

ベニテングタケ…かな?
おとぎ話に登場する毒キノコみたい!

binbirdの夫が横で『これはさ~、いわゆるマジックマッシュルームで、その昔バイキングが、戦いの前に恐怖心を麻痺させ志気を高めるために食したらしいよ~なんたらかんたら…』とうんちくを語っていた様子ですが、binbirdの頭の中にはなぜだか
『親ゆび姫』とか『白雪姫と7人のこびと』などという言葉が浮かんでいたため、ろくに聞いてはいないのです。
こどものころに読んでいた絵本に、こんなキノコがのっていたからかな。
なんとなく作り物風ですよね。

巨大な椎茸のような…。食べても安全な気がする(笑)
食べても大丈夫?

うっかり食べたら一気に100年歳をとりそうな、不気味さ満点のキノコさま
不老不死のキノコならいいかも…?
うーん、どんな味がするんだ? ちょっと興味がわく意地汚いbinbird

今回は鳥さんの登場はなしです(^_^;
森の中では、高い木の上に止まり、その後上空を旋回するノスリを見たり、薄暗い、松の木が密生する場所で、たくさんのヒガラが舞うように飛んだり枝にぶら下がっている楽園のような場所を見つけたりと、心躍るようなことも多かったのですが、残念ながら遠かったり、暗かったりで、証拠写真にもならないような写真ばかりでした。

でも新鮮な空気を吸ったり、草花や、蜂が忙しく働くのを眺めるのは悪くないものですね。
これで、花やキノコの名前がわかったらもっと楽しくなるんだろうな。
花図鑑…買いたいな♪ 買わなくちゃ♪ と言い続けて結構たってる気がする…(^_^;
だれかbinbirdの背中を押して~~~(願)

見てくださってありがとうございます♪

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

 |  自然+植物  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。